smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM


頬が膨らむ 2


















みなさんこんにちは!
今回もこちらの記事に頂いたコメントのお返事をしたいと思います(現在は質問を受け付けておりません)。


前回からのご質問はこちらです。

======================================
私は昔からのくせで左頬が少し膨らんでしまいます。治そうとおもって口を膨らまさないようにすると音がきたなくなってしまい困っています。
(中略)
この間、ある先生に「頬が膨らむのなおしたほうがいんじゃない?」と言われました。なおそうとすると音がきたなくなってしまうし、でも将来は音大に進みたいと考えているのでこのまま頬を膨らませて演奏しているといけないんじゃないか、と思っています。どうしたらいいんでしょうか!
======================================


頬が膨らむ2のコピー.png

先週の記事では、「片方の頬が膨らむ原因」について詳しく書きましたので、今回は次の「直そうとすると音色が悪くなる」原因を考えてみましょう。


《音色を作っている場所はどこか》
まずは音色というものがどこで作られているのか考えてみましょう。もちろん、楽器の質やマウスピースもそれが決まるひとつの要素です。骨格や息の入れ方もそうですし、言ってしまえば吹いている部屋、環境、温度湿度など、本当に様々なことでその時の音色が決まります。ただ、少なからずそれらの中には「耳に聴こえてくる音」が変化しているにすぎないもの(自分の音色そのものが変わったのではなく、環境によって変えられたもの)も含まれますので注意して下さい。
話がそれてしまいましたが、音色が決定される一番重要なパーツは「唇」であり「唇の状態(コンディション)」です。サックスやクラリネットなどの木管楽器で言えば私たちの唇という部分はリードということになります。このリードはお店に行くと様々な硬さに分けられ、さらに奏者は好みの硬さの中から厳選した質の良い(使える)リードを選別することになります。

しかし、トランペットはそうはいきませんね。自分の唇はひとつしかありませんから、自己責任で管理し、質を良くしていく必要があります(傷を付けたり荒れてしまわないようにケアすることは言うまでもありません)。そして、上質な唇を使って、良いサウンドを作るための吹き方をしなければならないのです。こうやって書くとなんだかとても難しいことのように感じますが、ほとんどの場合、もともと持っている唇が悪いという方はとても少ないのです。それなのに音色に納得ができない人が多いのは、「無意識に悪い音を出す方法で楽器を吹いてしまっているから」なんです。


《唇の振動が発生する仕組み》
僕が初めてトランペットを手にした中学生の時、金管楽器を吹くためにはどうすればいいのか、という説明を先輩から教わりました。どう教わったか、と言うと、

「唇をビービーふるわせることができれば、トランペットからも音が出せる」

ということ。
要するに唇を「自力で(自分の筋力で)」振動させ、それをマウスピースの中でもすればいい、ということだったのですが、こう教わった方って、とても多いのではないでしょうか。
ですから、トランペットを担当すると決まってからしばらくは、マウスピースすら与えられず「指でVサインを作り、それを唇の中央に当てて、ビービー音が出せるようになったらマウスピースを吹かせてあげる」という条件を出されたり「唇を強く引っ張り、食いしばることができなければトランペットを吹いていてもすぐにバテてしまう」ということで、アンブシュアのような形を作り、唇の筋力だけでエンピツをくわえ続けるトレーニングをしたものです。まあ、25年も前の話ですし、今は音大生やプロ奏者が沢山指導に来てくれる時代なので、ここまで嘘の情報が蔓延しているとは思えませんが、でもやはり正しい仕組みを理解している人は結構少ないように感じます。

どういうことかと言うと、トランペットを吹くための唇の振動は、正しくは「楽器とマウスピースがあって、初めて振動が開始する」のであって、振動させられる状態を自力でまず作る、ということは必要ないのです。マウスピースに上下の唇がバランス良く触れ、その間にバランス良いアパチュアが存在し、それらのバランスに合ったバランスの良い息のスピードや量が流れることで、唇の振動が自然に発生するのです。
ですから、唇の周りに過剰に力を込める必要などなく、アンブシュアというものは「バランス」を良くすることのみが求められているだけにすぎないのです。もちろん完全に力を抜いてしまっては上下の唇がバランス良く「保ち続ける」ことができませんが、それは本当にたいした筋力ではありません(振動させるだけならば)。


《音色が悪くなる原因》
トランペットから音を出している時、指先などでほんの少し唇周辺のどこかを軽く押してみて下さい。もうそれだけで途端に詰まった音が出たり、鳴らない音に変化したり、とりあえず悪い方向に変化しませんか?
トランペットの音色というのは非常に繊細なバランスによって成り立っていることがわかると思います。ですから、口周辺に自分の意思で(無意識だったとしても)必要のない力を込める行為は、それだけで充分音色を悪くしているのです。
先程書いたように、トランペットから音を出すにあたって、無駄に力を込める必要はないのですが、音の出る正しいシステムそのものを勘違いしていては、いつまでたっても音色も改善することはできません。

質問にあった「昔からのくせで左頬が少し膨らんでしまいます。治そうとおもって口を膨らまさないようにすると音がきたなくなってしまい困っています。」というのも、頬を膨らまさないようにしようと口周辺の力の込め具合を意図的に変えてしまっていると思われますから、音色が悪くなってしまうのはある意味当たり前のことだと言えます。
もし質問を書いていただいた まこ♪ さんの片頬が膨らんでしまうことが、演奏面で問題ないのだとしたら(実際に見てみないと言い切ることができませので、あくまでも仮説です)、見た目が一般的でないことだけで無理に直す必要はないと思われます。このような「その人にとってのみ、必要である条件」というのは結構あるんです(何度も言うように、頬が膨らむことが必要かどうかは見てみないとわかりませんが)。

演奏上のコントロールが問題なくできて、音色も良いのでしたら特に気にしない、というのがひとまず結論です。

それではまた来週!

当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 11:00, 荻原明(おぎわらあきら), アンブシュア

-, -, pookmark


頬が膨らむ 1


















みなさんこんにちは!

今回もこちらの記事に頂いたご質問よりお答えしたいと思います(なお現在は質問を受け付けておりません)。

それでは、今回のご質問。まこ♪さんから頂きました。ありがとうございます。


======================================
私は昔からのくせで左頬が少し膨らんでしまいます。治そうとおもって口を膨らまさないようにすると音がきたなくなってしまい困っています。
(中略)
この間、ある先生に「頬が膨らむのなおしたほうがいんじゃない?」と言われました。なおそうとすると音がきたなくなってしまうし、でも将来は音大に進みたいと考えているのでこのまま頬を膨らませて演奏しているといけないんじゃないか、と思っています。どうしたらいいんでしょうか!
======================================



頂いたご質問がもうひとつありましたが、それはまた後日書かせて頂きます。

さて、楽器を吹いていて片方の頬だけが膨らんでしまうということでした。頂いたコメントに関して3つのテーマにわけてみます。

ひとつは「片方の頬が膨らむ、ということ」
もうひとつは「直そうとすると音色が悪くなる」
そして「先生に直した方がいいのでは、と指摘を受けた」

という3つです。


《頬を膨らます方法》

頬が膨らむ1のコピー.jpg

まず、トランペットを吹くことに限定せずに「頬を膨らます」行為はどうやって行われているのか、思い出すために実際にやってみましょう。この時、わかりやすくするために「息を強めに吹き続ける」という状態にして下さい。それでは次に、息を強く吹き続けながら「頬を膨らまさない」ようにしてみましょう。
いかがでしょうか。この2つの行為で、変化したところはどこでしょうか。いくつか可能性が考えられますが、ひとつは「舌の位置」ではないかと思います。頬を膨らまさないようにしようと思った時、自然と舌が上がってきませんでしたか?
舌は何も変化していない、という方は、きっとトランペットを吹く時と同じように、唇の周りや顔の筋肉全体に力を入れた(アンブシュアを作った)のではないでしょうか。

これらに共通している点は「歯と頬の間に空気の入る隙間を作らないようにしている」という点です。まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。
舌が落ちている状態だと、上下の歯の間全体に隙間ができるので、おのずと膨らんでしまいます。また、顔の筋肉が緩んでいれば、(横並びの)歯の隙間や前歯と唇の裏側との間が空気の圧力で広げられてしまいますから、結果として頬が膨らんでしまいます。

頬を膨らますためにはこのようなことが行われていたんですね。


《片方の頬が膨らむ原因》
それでは、頂いた質問のように片方の頬だけが膨らんでしまうのはなぜでしょうか。コメントしていただいた方の吹き方を実際に見ていないので、原因はこれだ!と言い切る事ができません。よって、いくつかの可能性を挙げてみようと思います。

ひとつは「舌の位置」です。
舌は基本的に左右が同じ状態になっていることがふさわしいのですが、発音のクセや歯並び等が原因で左右非対称になっていることも充分考えられます。そのため、片方だけが落ちている状態になって、頬が膨らんでしまうのではないか、という可能性。

もうひとつは「歯並び」です。
あくまでも憶測ですが、これが一番可能性があると思っています。左右の歯並びがもし違っていた場合、片方だけに(若干であっても)隙間があるかもしれません。ここが空気の通り穴になって、トランペットを演奏している時に膨らんでしまうのではないか、という可能性。

もうひとつは「アンブシュア」もしくは「マウスピースを当てる位置」です。
もしもマウスピースを当てる位置が極端に左右どちらかに傾いている場合、支えるバランスも大きく非対称になります。これが原因なのでは、という可能性。そして、マウスピースがほぼ中央であっても、アンブシュアが大きく左右非対称になっている可能性も考えられます。

僕が考えられるのはこれくらいなのですが、大事なことは頬が膨らんでしまう状態ではない、と思っています。


《結果としてどうなのか》
頬が膨らんでしまうことが原因で、演奏に支障が出ているかどうか、これが一番重要です。というのも、これまでに出会ってきた沢山のトランペット吹きの中には、マウスピースを当てる位置が中央から大きく外れている方や、頬が膨らんだ状態で演奏している方がいらっしゃいます。しかし、どちらの方も問題なく(問題があるようにまったく感じずに)素晴らしい演奏をしているんですね。もちろん中にはそういった吹き方が原因になって思うようなパフォーマンスができていないという方もいるのですが。
このブログでも何度か書きましたが、アンブシュアなどの奏法というのは決して見た目で良いとか悪いとすぐに決めてしまってはいけないんです。ですから、ご質問頂いたまこ♪さんも、結局のところ、今の吹き方で問題があるのか、という点についてまず見て欲しいのです。


長くなりましたので、続きは次回にまわさせて頂きます。
それでは、また来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 14:25, 荻原明(おぎわらあきら), アンブシュア

-, trackbacks(0), pookmark


アパチュアは力をかけずに作れる簡単なもの。


















みなさんこんにちは!

夏休みも明け、新学期が始まりましたね!今年の夏は充実した練習ができたでしょうか。
コンクールに出場した方は夏休みもほとんど練習に費やしたのではないかと思います。これからコンサートシーズン。ぜひ今のうちに基礎力を高めていきたいものです。ぜひこのブログを参考にして下さいね。



さて、今回の記事は先週の続きで、このブログに頂いたコメントを元に書いていきます。
コメントはこんな内容です。

====================================
高校2年でトランペット吹いています。
小中とフルートを吹いていて、高校生に入ってからの楽器替えでトランペットを始めました。しかし、始めて1年たつのですが第四線のC以上を出すのがきついんです。それに、中音域を吹いていてもすぐにバテてしまいます。
先輩に相談したところ、練習していれば出るようになるよ、と言われたのですが音自体が出ないので練習の仕方がわかりません。
私はトランペットにむいていないのでしょうか。
具体的なアドバイスをいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
(のあさんから頂いたコメントより抜粋)
====================================


この中から特に、メンタル面について書いたのが前回の記事です。この記事では「弱音を吐くのは早いんじゃないか?」「自分で追求できることは沢山あるのでは?」と、若干厳しめに書いてしまいました。ネガティブになりすぎず、前向きになってもらいたいという気持ちから書かせてもらったのですが、やはりメンタル面だけでは克服できないことも沢山あります(逆もあります)。そこで今回の記事では具体的に「音が出ない」「中音域を吹いていてもすぐにバテてしまう」ということについて奏法面から考えてみたいと思います。


《フルートを吹かせてもらった時の話》
僕は中1の時に吹奏楽部に入り、初めてトランペットを手にしました。それまで他の楽器は音楽の授業で演奏した以外では全く触れたことがありませんでしたし、今現在に至るまでに他の楽器に転向したこともありません。トランペットしかちゃんと吹いたことないんです。

もちろん、お遊び程度だったら吹奏楽で使われるほとんど全ての管楽器は吹いたことがあります。でも中学高校の部活では楽器交換禁止だったので、なかなか触る機会もありませんでした。
それが音大だったりプロの世界になってしまうと個人で所有している楽器があまりにも高価すぎて怖くて触れないんですよね。自分もそうですが他人に吹いてほしいとは思わないでしょうし。

そもそも僕はトランペットの奏法が崩れてしまうかも、という恐れを持っているので他の楽器を吹くことに興味がありません。

そんな中、一度だけフルートを吹かせてもらう機会がありました。それも結構最近の話です。

プロのフルート奏者の方と雑談していた時に、僕がフルートから音をちゃんと出せたことがないということを言ったら「吹かせてあげる!」と、なぜかレッスンが始まりました。

楽器の構え方は何となく知っていましたが、頭部管の角度とか、どこに向かって息を当てると良い、といった具体的なことは知らず、これだけレクチャーしてくれれば音くらいは出せるだろ、と思ったのですがシャーシャー言うだけで全然音にならないんですよね。

するとフルート奏者の方から「アパチュアが大きすぎる」と指摘を受けました。

アパチュアとは唇とその周辺で形作った息の通り道(穴)のことですが、このサイズが大きすぎるので音にならないのだそうです。フルートはトランペットに比べて息のスピードが結構早いんだな、と感じました。


自分の中ではトランペットを吹く時のアパチュアが無意識に基準になっているので、そのサイズを変えるなんて発想には至らず、それが音の出ない原因だったんです。
結果、確かにアパチュアをもっと小さくしたら少しだけ音が出ましたけど...感覚的にこのフルートから音が出せるアパチュアに慣れてしまうことがトランペットの演奏に悪影響を及ぼすのではないかと考えたら少し怖くなって(持たせてもらってるフルートの値段を考えたらもっと怖くなって)すぐ返してしまいました。


《感覚的に身に付いている奏法》
なぜこんな話を書いたのかと言いますと、コメントを頂いた のあさんが元々フルート奏者だったからです。

ようするに僕のこの経験と真逆の状態なのではないか、と思ったんです。

もし、のあさんがフルートを吹いていた時のアパチュアの感覚でトランペットを吹いていたとしたら、それはかなり小さいのではないでしょうか。
トランペットの吹いていて中音域なのに苦しいという方のほとんどは「息の出口が小さすぎるか、塞がっている状態」と思われます。

アパチュアは、あくまでも「息の通り道」にすぎず、その周辺のアンブシュアと呼ばれる部分も含め、無理に力をかける場所ではないんです。
アパチュアという息の通り道に振動する部分(唇)がたまたま存在しているだけと考えて下さい。

したがってアパチュアは穴が空いている状態を維持していればそれで良いのです。深く考えすぎないことが大切。


《アパチュア》
日常、例えばロウソクの日を消すように息を「フーッ」と吹こうと思った時、自然に唇に小さな穴を作ろうとしますよね。それをマウスピースの中でも行えば(バランスさえ良ければ)唇は勝手に振動します。

ただしこの時、唇がマウスピースに貼り付いて固定されていなければなりません。マウスピースのリム(唇が直接あたる枠の部分)に唇を当てた時、唾液などで滑ってしまうと固定できず、上下の唇が塞がってしまいます。

「塞がりたくない!」と思えば、力を無理にかけることにつながり、バテてしまいます。
もしくは塞がった状態のままにしておくと、息の圧力でこじ開ける必要が出てきてしまいます。

これがいわゆる「トランペットを吹くのは大変で苦しい」と言われる原因の一つなんです。

唇が塞がった状態で息を出しても、一応音は出ます。ただこの場合アパチュアがとても狭いか完全に塞がっている状態で、ある程度勢いのある息を入れ、破裂させるようにしないと音が出ないので柔らかい音も出にくくなり、サウンドも細くてキツくなってしまいます。
そして塞がった状態を維持しようとして無駄に力をかけ続けたり、息で無理矢理こじ開けられたものを戻さなければ、と無意識に考えてしまうので口周辺の筋肉疲労がすぐに起こります。

バテやすい、音の反応が悪いなどの悩みを持っている方はぜひ自分のアパチュアや口周辺をどのように使って音を出しているか客観的に観察してみて下さい。

アパチュアに関しては過去の記事「アンブシュア 5(アパチュア)」などの記事も読んでもらえると参考になると思います。


ただ、プロでもこの吹き方(アパチュアが大きめに空いた状態が基本になっている吹き方)ではない人がいるのは事実です。
もっと小さいアパチュアでしっかりと固定して吹いているようで、そういった方たちは「バズィング(唇だけでビービー音を出す行為)」ができるんですが、僕はそれができません。


さて今回は頂いたコメントの中から「音が出ない」「中音域を吹いていてもすぐにバテてしまう」といった点について自分なりに思いついたことを書かせてもらいました。


このブログを読んでいる皆さんもご意見やご質問などありましたらぜひこちらの記事にコメントして下さい(他の記事にはコメントができないようになっています)。他の人に読まれるのが気になる方はこちらのメールフォームからでも構いません(ただし、コメントを掲載した上で記事にさせて頂く可能性があります)。お返事は必ずします!

それでは、夏休み明け、これから吹奏楽部のイベントも増えてくる事でしょうから、ぜひ今のうちに基礎的な練習をしっかりやっておきましょう!楽器交換はほどほどに。

また来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 09:03, 荻原明(おぎわらあきら), アンブシュア

-, -, pookmark