smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< アーバン金管教本 | main | CHARLES COLIN/ADVANCED LIP FLEXIBILITIES >>


H.L.クラーク/テクニカクスタディーズ


















みなさんこんにちは!
受験シーズン、体調にはくれぐれも注意して入試を乗り切って下さいね。
それにしても東京に雪が降ったのも積もったのもホント久々です。寒いけどたまには良いものですね〜。


さて、前回からトランペットの定番(と自分が思っている)教則本の紹介をしています。今回もその続きです。

《H.L.Claeke/Technical Studies for The Cornet》

クラーク
日本語に訳せば「コルネットのための技巧的練習曲」とでも言うのでしょうか。自分や周りではこの教本を「クラーク」と呼んでいます。ぶっちゃけ正式名称を今初めてちゃんと把握しました(笑)
この教本の表紙を見ただけでは全然知らないという方でも、この中に書かれているメロディを聴くと「あ、どっかで聴いたことある」と思う方もいるかと思います。それだけメジャーに使われている教本です。

先週紹介した「アーバン金管教本」は総合的なテクニックを磨くための教本でしたが、このクラークはおおまかに言えば「フィンガリング(=運指)の練習」を集中的に練習するための教本と言えます。

全50ページちょっとの薄めな本で、10通りのパターン化されたテーマを徹底的に練習するように書かれています。


《最大の特徴》
この教本の最大の特徴は「1つの短いフレーズを全ての調で練習する」というところにあります。
ひとつひとつのメロディは非常に短いのですが、その短いメロディが半音ずつ上がっていくんです。

例えば表紙をめくって最初にある「FIRST STUDY(1番目の練習曲)」は半音階の練習です。
ひとつは楽譜にしてたったの5小節の非常にシンプルなメロディになっていて、練習番号1はトランペットの最低音から始まっています。
そして練習番号2はまったく同じフレーズで、練習番号1の半音上から開始されています。これがずっと続いて、最後の25番になると頂点がHigh Bbになっています。

このパターンで教本は最後まで書かれています(10個目の練習曲は別)


《フィンガリングの落とし穴》
普通、どんな曲を演奏するにしてもそれらの調はあらかじめ決まっています。しかも吹奏楽曲に関して言えば、かなりの確率で非常に吹きやすい調号(=フラットやシャーブの少ない調号)で書かれていることが多いです。フラット7個の曲とかってあんまり見た事ないですよね。ですから、あまりにテンポが速くて細かな動きのメロディが出てきた時は別として、フィンガリングに悩まされるということはそれほど多くないかと思うんです。

でもこれはトランペットを演奏する上で「落とし穴」になってしまうんです。

どういうことかと言うと、例えば「かえるの合唱」をBbから(in Bbの楽譜ではドの音=Bb dur(ドで始まる音階)で)演奏してみて下さい、と課題を出したとします。ある程度トランペットが吹ける人なら、かえるの合唱をBbから吹くことは簡単ですよね。
ではBbの半音上、のH(in Bbでド♯)から始まる調で吹いてみて下さいと言われて全員が完璧に吹くことはきっとできないと思うんです。上手く吹けたとしても、ほとんどの人がフィンガリングが難しいと感じるのではないでしょうか。ちなみにド♯から始まる音階を楽譜にすると、シャープ7つ(全部)に付いていることになります。そんな楽譜もらったらギョっとしませんか?

そもそも半音上がっただけなのに上手く吹けなくなる、難しく感じるのはなぜでしょうか。

それは「シャープやフラットが沢山ある調号に慣れていないから」「フィンガリングに慣れていないから」です。


《見慣れない調号》
ほとんどすべてのトランペット吹きは音が出せるようになると次は音階を吹けるようにするという課題を出されると思います。
で、Bb durをロングトーンとかでドレミファ…と音階練習をしているうちに1オクターブのBb durが吹けるようになります。

しかし、多くの人は他の調の練習をしないまま(もしくはあといくつかの調だけで)長い期間過ごしてしまっています。
まさしく自分自身がそうで、中学生の時は他の調、例えばC dur(in Bbでシャープ2つ)とかAs dur(in Bbでフラット2つ)とか、全然練習しませんでした。というか自分はもっとひどくて「調」というものを理解してなかったんです。
理解していなかったのは教えてくれる人が誰もいなかったというのもありますし、様々な音階でロングトーンなどを練習する機会が全然なかったというのも理由だと思いますが、まあそれは言い訳にしかなりませんね(笑)

なので部活で新しい曲をもらった時に調号のないBb dur以外の調の曲はすべて「臨時記号が常につきまとっている吹きにくい曲」のような感覚で練習をしていました。

例え調号が簡単な曲であっても部分的にシャープやフラットが連続して出てくる箇所があるかもしれませんし、半音階のようなメロディが出てこないとも限りませんから、どんな調のどんなメロディが出てきても指がひっかかることなく吹けるように準備しておくことは基礎練習としては絶対に必要なことのひとつと言えます。


《慣れないフィンガリング》
Bb durの音階を素早く吹くことって、慣れてくると結構できちゃいますよね。
でも、同じBb durであってもCの音から始めると(Bb管で臨時記号を何も付けずにレミファソラシドレ)どうでしょうか。ちょっとオタオタしませんか?

これは「Bbから始めるBb durの指の順番を感覚で覚えているから」なんです。いわゆる「慣れ」です。

まあそれはともかく、in Bbで下の「レ」の運指は「1,3」というトランペットを吹く時以外は日常あまり使わない指の動きですよね。
それなのに毎日毎日トランペットの練習をしているうちにそんな変わった指の動きだって普通にできるようになってしまいます。

これも完全に「慣れ」です。ドレミ、って結構速いテンポであっても吹けちゃうのは「一連の指の動きとしてインプットされている」からなんです。しかしあくまで「一連」なので、途中の音が1つ抜けている音階的なメロディやリズムが不規則な音階だったり、先程のような開始音が違う場合だと上手く吹けなくなってしまったりするんですね。

ですからトランペットを吹いていてどうしてもフィンガリングが上手くいかない箇所が出てきた時、それは単に慣れていないフィンガリングだ、ということです。
細かいことを言えば「3」の指(=薬指)は最も発達していない指なので、例えば「2,3」の運指が出てくると動かしにくく感じるのはある程度しかたのないことなのですが、でもこれも慣れてしまえば良いだけの話で、慣れてない、使ってい、ないから動かしにくいだけです。

慣れていないなら慣れてしまえば良いだけの話です(簡単に言うなって感じですけどね(笑))。それも基礎練習のひとつですから。


《クラーク教本》
そういったトランペットを吹く上で吹きにくいという意識を持ってしまいがちなフィンガリングや調号を徹底的に練習できるのがこの「クラーク教本」です。

先週紹介した「アーバン金管教本」とは違って、ひとりでも充分使える教本だと思います。
前述の通り演奏しづらいフレーズばかりが続きますのでそれこと「慣れる」まではかなり根気がいるかもしれませんが、じっくりとゆっくりと毎日練習を続けることによって確実に自分のテクニックにプラスされるはずです。
そして様々な調号にも慣れることができますし、自分が苦手な指の動きなどを具体的に知ることもできます。
ほとんどがスラーで書かれているためにリップスラーの練習にもなり、また全調で練習するということは低音域から高音域まですべてを吹かなければならないのでおのずと吹ける音域も広がっていくはずです(ちゃんとした吹き方で練習をすれば、ですけどね)。

また、楽譜に書かれている通りのフレージング(ほとんどスラー)で練習するだけでなく、これをスタッカートにしてみたりリズムを変えてみたりして練習することによって、よりフィンガリングを強化することができます(様々なリズムで練習する方法については後日詳しく紹介します)。すべて外国語(教本には3カ国語)で書かれているのでわかりにくいかもしれませんが、クラークさん自身も解説文にタンギングなどでもやりましょうといったことが書いてあったりします。

そしてこの教本を練習する時に注意してほしいことは、必ずメトロノームを使うということです。最初は非常にゆっくりで構いません。できるようになってきたら徐々にテンポを上げていって、速いテンポ(楽譜に指定されているテンポ)で吹けるようになればかなりテクニックがついてきていると思います。ともかく、どんなフィンガリングが来てもひっかかることなく一定のテンポで吹けるようにならなくては意味がありませんから、常にメトロノームを使って下さい。

ちなみに過去にこのブログで「ウォームアップ」について解説した時に、自分はすべての音をキレイに並べて吹くことと指馴らしを目的として毎日のウォームアップメニューにクラーク教本の一部分を使っていると書きました。
また、個人練習の時間を多く取れる時はかなりの割合でこの教本を使っています。


ということで「クラーク教本」ぜひ使ってみて下さい!
それではまた来週!



当ブログの写真・記事等すべての無断利用、無断転載を禁止します。

at 05:05, 荻原明(おぎわらあきら), 教則本

-, -, pookmark