smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ハイノート本 原稿公開「2-2.アパチュア、アパチュアと舌の関係」”note”にて更新 | main | ハイノート本 原稿公開「2-3.呼吸の原理」”note”にて更新 >>


音痴って何?


















みなさま、明けましておめでとうございます!
「ラッパの吹き方」は今年4月の公開から10年目を迎えます。すごい。
10年目に合わせてこのブログもリニューアルする予定ですが、ひとまずこちらでどうぞよろしくお願い致します。

「ラッパの吹き方」はお正月も関係なく更新しますよ!

ということで、今日のテーマはこちら。


《音痴》



正月早々いきなりこんなテーマかい!って感じですいません。

このなんだか侮辱したような印象を持ってしまう言葉。音楽をする身としては使いたくないし、ましてや使われたくないですよね。

しかし、「美しい演奏」がある以上、言葉には相反するものもありますので「音痴」という言葉も存在せざるを得ません。


この「音痴」という言葉は、「なんだか合ってない」「しっくりこない」といった漠然とした使われ方が多く、いわゆる「絶対音感」を持っていないと、なぜ音痴に聴こえるのかを理解することはなかなか難しいと思います。


じゃあ絶対音感以外の人はみんな音痴になるか、というとそんなことありませんよね。誰でも音痴にならないためのポイントがあります。


そこで、今回は音楽を演奏する側が音痴な演奏にならないための原因と解決方法についてお話しします。


《音痴に感じる理由》

ある音のピッチが、楽譜に書かれているものから外れると「音痴だな」と感じます。

しかし、単発で聴こえた音に対して

「今の音は、今回基準にしているA=442Hz(Hz=ヘルツ=周波数=1秒間の空気振動数)とは違う周波数だ」

と判断できる人はそうそういるわけではありません。僕は無理です。これがわかるのが先ほども話題に出した「絶対音感」を持っている人で、その中でもかなり高度な音感を持っていないと難しいかもしれません(絶対音感を持っている人の中にもさらにレベルがあります)。

ですから、単音に対する多少の基準周波数の違いだけでは音痴と感じることはない、と言えます。


では我々はどのような場面で「音痴だな」と感じるのでしょうか。


その答えは「音程」にあります。


《音程とは》

音程とは、2つの音の隔たり、距離を指し、「度」という単位を用いて距離を表現します。

同じ音同士なら「1度」、オクターブの関係の音は「8度」です。数字が大きくなればそれだけ音の距離も広くなります。

我々は「音程」という言葉を知らなくても、聴こえてくる音と音の距離感を順番に聴いたその羅列で、音楽を味わっています。

「美しい」と感じる音楽がある一方で、「音痴だな」と感じる瞬間もこのときに生まれるわけです。


《音痴の真犯人は意外にも》

「音痴だな」と思ったその瞬間は、必ず音程を構築している2つの音の「後の音」に対して感じます

しかし実は「後の音」は「前の音」に影響を受けてしまっただけで、ほとんどの場合真犯人は「前の音」にあることのほうが多いのです。



その仕組みを考えてみましょう。



前述のように音程は2つの音の関係ですから、最初の音を出した時点ではまだそれは「単音」でしかありません。

そして単音での周波数のズレはほとんどの場合気づかれませんし、「ともあれ、この音から始まるんだな」と、最初の音を基準として置くことから始まるので、どうしても後に出た音にジャッジが下されてしまうのです。


例えば、1オクターブ上に上がるメロディ(星に願いを、虹の彼方になど)を演奏するとし、「最初の音が基準よりかなり高めなピッチで出てしまった(でも気づいてない)」となると「その音を基準として、1オクターブ上の音を演奏する」すると、「上の音めっちゃ高くね?」ということになりがちです。

音痴だなと思われてしまいがちですが、しかし見る角度を少し変えると、こんなことが言えます。


「音程感は良い」


音程は2つの音の距離感です。ですから、最初の音から1オクターブ上の音をきちんと意識したから、音が2つとも高かったわけです。これが例えば、それぞれ単発の音としてしか捉えていなかったら、「最初の音はとてもピッチが高い」「でも上の音は正確なピッチで演奏できた」となってしまい、音程としてはかえって美しくないものが生まれてしまうわけです。

そうならないのは音程感が良いから。最初の音がどうであれオクターブの音を感じている、と考えられます。

そういった方がとても多いので、音程感って意外にみんないいもの持ってるんです。



《良い音程を奏でるためには》

しかし結局のところこれはどちらが良いとか悪いとかの話ではありません。求めたいのは正しいピッチで美しい音程感の演奏です。


ですから目標はすべての音を正しいピッチで演奏することです。
先ほど書いたように「音程感は良いものを持っている」人が多いので、その前提があれば、もう音痴にはならないと思います。

では、すべての音が正しいピッチで鳴るためには、どうすれば良いか。それは


「音のツボに当てる」


ことです。まずは絶対にこれです。

音のツボとは、これまでにもブログで随分話してきたのでご存知かと思いますが、「楽器が一番鳴るポイント」です。「センター」と言う人もいるようです。

楽器が一番良く鳴るポイントで吹くわけですから、自分勝手なことや、無理難題をトランペットに押し付けて強引に音を出させていては一向にツボに当てることはできません。
楽器を鳴らすのではなく、楽器が鳴るように自分の体をコントロールすることを意識してください。

ほとんどの楽器はきちんと安定したピッチが鳴るように設計されています。すでに用意されたところに自分が工夫して音を出すだけで、ほとんどの場合ピッチは安定するということです。


参考までに過去の記事リンクを貼っております。

音楽的なチューニングをするために大切なこと 5(音のツボに当てる方法 その1)
音楽的なチューニングをするために大切なこと 6(音のツボに当てる方法 その2)

ぜひ研究して少しずつ音のツボにあてられるようにしてください。
いきなりはできないかもしれませんが、要するにこの意識を持っていつも楽器を吹くこと、これが何よりも大切ということです。


《美しい音程感》

音のツボい当て続ける力を持てるようになったら、次に「美しい音程感」を持って演奏します。

大切なのは「美しい」という点です。音程感の美しさは、実はすべてが正しいピッチ同士からだけ生まれるとは限りません。
本当に美しいと感じる音楽の音程はチューナーの針が±0でないことのほうが多いのです。
よって、メロディをより魅力的に歌うときも、ハーモニーを上質なものにするためにも、柔軟性のある音程感を持つことが大切です。

これはとても音楽的で簡単に習得できるものではないかもしれませんが、まずはなによりも「プロの演奏をたくさん聴く」ことから入ってください。
トランペットだけでなく、声楽や弦楽器などをたくさん聴いて、美しい音程を感じる心を育てましょう。


チューナーでは実現不可能な、人間だからできることなのです。


そして、美しい音程感を持つための基本として大切なものをひとつ書いておきます。
それは、

「五線の間隔に惑わされない」

という点です。

ご存知のように五線は、音の高さも表しています。
しかし、五線の間隔は音程的な等分ではありません。

例えばこの音。


実音読みで「ファ」ですね。
この「ファ」のひとつ上「ソ」との音程間隔は、「長(ちょう)2度」と呼ばれ、半音+半音の音程になっています。

一方「ファ」のひとつ下「ミ」との音程間隔は、「短2度」と呼ばれ、半音の音程になっています。

ですから、「ドレミファソ」と演奏する際、楽譜上では単純に音符がひとつずつ上にずれていくだけなのですが、音程で考えると

ド→レ「長2度」
レ→ミ「長2度」
ミ→ファ「短2度」
ファ→ソ「長2度」

になっています。
このように楽譜の見た目からは得られにくい音程間隔を、頭の中でイメージできるかがとても大切です。楽譜はどうしてもざっくり見てしまったり、特定の音の高さやそのフィンガリング、またはリズムなどに意識が行ってしまいがちなので、ぜひとも丁寧に音程を意識して吹くようにしてください。そのためのロングトーン練習や音階練習は有効だと思います。

これらについて、過去により詳しく解説した記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

「ファ」、高くないですか?



《ほかの理由》
音痴だと感じさせてしまう理由はこれだけではありません。すべてを書くことは不可能なので、いくつか思いついた例を挙げてみたいと思います。


[ほかの奏者と合わない]
2人以上で演奏しているときに起こりやすいのが、リズムやテンポに乗り遅れる、もしくは走ってしまうなど音楽にきちんとはまっていない状態だと、音痴に聴こえる場合があります。

[ピストンアクション]
音を出している最中にピストンをとてもゆっくり動かすと、独特なピッチ変化が起こる場合があります。これを「ハーフバルブ」と呼んで演奏効果として取り入れる場合もありますが、やはり基本はピストンを叩きつけるくら素早く動かすことが大切です。押し方が緩いとその瞬間に非常に悪いピッチが出てしまい、音痴に聴こえます。

[リップスラー]
リップスラーに時間がかかると、その間がとてもピッチが悪くなります。スラーの場面であっても、テンポに合わせてしっかりし素早く音を移動できるように意識しないとやはり音痴に聴こえてしまいます。


このほかにもいろいろと原因はあるかと思いますが、そうならないための一番大切なことは「自分の音を客観的に聴く力」を持つことです。
演奏に必死で、自分がどんな演奏をしているのかわからないようでは、音痴以前の問題ですからね。




ということで、今回は「音痴」と呼ばれないために意識しておきたいことを書きました。
ぜひ参考にしてください。


それでは、今回はここまでです。
来週は「ハイノート本」の更新です。ぜひ”note”をご覧ください!
こちらでは”次の次の週”にお会いしましょう!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:02, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark