smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ハイノート本 原稿公開「1-1.実際に吹いてみよう」”note”にて更新 | main | ハイノート本 原稿公開「1-2.心理的分析、負の足し算」”note”にて更新 >>


合奏練習時に隙を見つけては音を出してしまう


















みなさんこんにちは!

《合奏の隙を見つけて音を出してしまう》

conductor-1029198_640.jpg

吹奏楽やオーケストラの合奏練習のとき、指揮者(指導者)がスコアで確認するなどのほんの少しの無言や、隙をみせると途端に奏者(たち)が音を出し始める。

間もなく音を出す人がどんどん増えて、集団個人練習状態になり、指揮者に「うるさい!勝手に音出すな!」と怒られる。

こんな経験ありますか?

僕はあります。
というか、僕も中学生のとき、その音を出しているひとりだった気がします。

だからわかります。不安なんですよね。
指揮者からいろんなこと要求されて、その要求に答えなきゃいけない。次に指揮棒が動いたときにはその要求に答えなければ、

怒られる(かもしれない)

こんな緊張感があるものだから、ちょっとでも隙があれば音を出して確認したい。

わかります。わかるのですが、指揮者から「勝手に音出すな!」って怒られるこの状態は、良いわけがありませんよね。


合奏練習では個人練習をする時間は最初から用意されていないのです。



《吹かないとできない悪循環》

指揮者から怒られるからやってはダメ、と言いたいのではありません。

「音出さないと確認できない」「音出さないとわからない」「音出さないと安心できない」という状態が良くないのです。

だって音出して練習してこそじゃん!と思うかもしれません。が、本番のときを想像してください。
舞台上に上がって練習できませんよね。
演奏中、次の出だしがとても重要だから、事前に音を出しておこう…できませんよね。

いつもの練習時にはいくらでも好きなだけ音を出せていたのに、本番のときはそれができない。
必要な音以外を出すことができない、いつもの調子で演奏できない。違和感。ストレス。不安。緊張。

こんな流れになってしまうのです。


《合奏練習は作品を作り上げる場》
もちろん「反復練習」というスタイルはありますし、場合によっては有効な方法です。しかしそれはできないことを実現するための方法のひとつですから、理想を言えば合奏までに克服するための個人練習時に行うことです。

個人練習には個人練習の方法やスタイルがあります。
ですから、合奏練習には合奏練習の方法やスタイル、そして「約束」があります。

合奏は作品を作り上げる時間です。奏者それぞれが培ってきた自分の演奏すべきパートをしっかりを演奏することが最初の目的です。
それを指揮者を中心に奏者同士が影響を受け合って完成へと進んでいくわけです。

個人練習の不足を補う時間はここには存在しません。

しかし、指揮者は指揮者の中にある完成形を追求するわけですから、奏者の表現に対し、注文をしてくる場面はとても多いわけです。

奏者が「この場面はこう演奏しよう」とイメージを膨らませて練習して合奏に臨んでも、真逆なことを要求される可能性があるのですが、そのときにどう考えるか、感じるのかがその後の展開に大きく影響するのです。


《考え方でその先が大きく変わる》
「せっかく作ってきたのに否定された」と思ってしまうと自分にとってもストレスで、指揮者からしてみると自分のイメージと違った方向で演奏されてしまうし、そうなると作品の完成度も低くなってしまいます。それを聴くお客さんの身になったら…

なんだかみんなが悲しいし、残念ですよね。だから、そこは指揮者のイメージに近づける努力をするべきなのです。

まずは脳内でイメージします。指揮者はどんな演奏を求めているのだろう、どんな完成形を持っているのだろう。

それが見えてきたら(仮定でも構わないので、具体的にイメージすること)、自分がその演奏をしているイメージを膨らませます。

そして、ちょっとでいいので、からだやからだの部分をどう使うことでそれが現実により近づけるのかも考えてみます。いわゆる「奏法」と呼ばれる側面で、これをまったく考えないでも様々にスタイルを変えられるスキルを持っている人であれば考える必要がありませんが(それは相当レベルが高い人!)、大体の場合はそうもいきませんので、これまで受けてきた指導や自分で見つけてきたコツなどを元にちょっとだけ考えます。決して奏法が前面に、そして全面になってはいけません。

そして、指揮者が「じゃあ、もう1回同じところから!」と、指揮棒が動いたとき、イメージを全開に、奏法の引き出しはちょっとだけ開けて、自信を持って「こういう演奏を求めているのでしょ!わかってるよ!」と思い切り主張しましょう。

その結果がどうであるかは二の次です。まずはこのスタンスで合奏に臨む習慣を身につけることが大切なのです。

個人練習で培ってきたスキルを、合奏や本番で発揮するという二段構造になっていることを理解してください。
「練習」とひとくくりにしてしまわず、自分が今どうあるべきかを考えてみましょう。


ということで、合奏のときはたとえ不安であっても勝手に音を出さないよう、気を付けましょう!

それでは来週は「ハイノート本」の更新です。来週は”note”をご覧ください!


こちらでは次の次の週にお会いしましょう!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:39, 荻原明(おぎわらあきら), 本番・合奏練習

-, -, pookmark