smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 音楽的なチューニングをするために大切なこと10(揃える、とは 1) | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと12(揃える、とは 3) >>


音楽的なチューニングをするために大切なこと11(揃える、とは 2)


















みなさんこんにちは!

”note”というサービス内において、「ラッパの吹き方 Ver.2.0」と題し次の教則本「ハイノート本」のプレ公開を考えております。
ぜひ多くの方にご覧いただき、皆様と一緒に教則本を作っていければ、と思っておりますので、ぜひ”note”へのユーザー登録をお願い致します。詳細につきましては”note”にて公開しておりますのでぜひご覧ください。

RappaVer2Bana_waku.jpg

では、始めます。

《二人以上で音を合わせる》

c83d12d7627213451885b6a1ee8053c1_s.jpg

チューナーでピッチを調整した二人が一緒に吹いたらピッチが合わなかった。

こんな経験みなさんあると思います。
なぜこのようなことが起こるのか、考えてみましょう。


《チューニングBbは合っていたけれど、他の音が全然合わないときに考えられること》

1.ソルフェージュの問題。
美しい音程感を持っていない可能性が考えられます。
チューナーでどんなにピッチを合わせたとしても、「歌」を持っていなければ絶対に合いません。

実際に声で音程を取れることもそうですが、頭の中でこれから演奏する素晴らしい完成系を強く想い描いているかがポイントです。
そして、この美しい歌は、それぞれの音がチューナーの示す±0の連続から生まれてくるとは限りません。

二人以上で合わせる場合はさらに、他の人が演奏するパートを知っておくこと、できればそれも歌えることが理想です。そして、二人以上で合わせた素晴らしい完成系を想い描き、それを実現するために頭と心をフル稼働することが非常に大切になります。

「素晴らしい完成系」というのは、自分が演奏できる限界などというちっぽけなことではなく、超一流のプレイヤーが演奏しているクオリティのレベルです。これから自分が超一流のプレイヤーになって演奏するのです。

ですから、チューナーがどうとか言ってる場合じゃないんです。我々は正しい周波数を聴いてくれる方々の耳に届けるのではなく「美しい音楽」を聴く人の心に届けることが使命なのです。


また、ここで言うソルフェージュとは「音楽の詳細な全体イメージ」と捉えてください。音程感だけにとどまらず、音の輪郭(タンギング)、音圧(音量)、音のベクトル(印象として受ける音のスピード感、圧迫感、疾走感)など、どんな雰囲気で音楽が完成しているのかを豊かにイメージする、ということです。


2.音のツボに当たっていない可能性
これはもうずっと言い続けていることですが、音のツボに当たっていなければ、その楽器の持つ正しいピッチは当然のこと、聴く人へ説得力のある「鳴る音」を届けることができずに、他の奏者とバラつきが生まれてしまうのです。

言い換えれば、音のツボに当たっていれば、自分が頑張らなくても楽器そのものが鳴ってくれるので、楽に吹いてもきちんと客席へと音を届けることができます。
そもそもトランペットは大きな音が出るように設計された楽器です。自分が頑張ったぶん、トランペットがそれを反映してくれるのではなく、自分はとても楽に吹いているのに、楽器が鳴る音を出してくれる、という関係でいられるはずなのです。


これら2つの点をクリアした奏者同士で、イメージの方向性が合っていれば、自然と揃って聴こえてくるはずです。


《音程感と音域コントロールを身につける練習》

[声に出して身につける]
美しい音程感を身につけるには、やはり「歌」で身につけることが必要だと思います。

まずは「コール・ユーブンゲン」という教本がおすすめ。
これは歌って練習する本なのですが、前半は基礎的な練習が多く、中でも2度音程から3度、4度とそれぞれの音程をしっかりと身につける短い曲が出てきますので、そこを重点的に練習するだけでも良いかもしれません。

「コンコーネ」という歌の教本も良い練習になると思います。こちらはピアノ伴奏が必要になりますが、とてもシンプルなメロディを「音楽的」に歌うことを要求されますので、「美しい音楽的音程感」を身につけるためには重宝すると思います。

歌えるようになってきたら、これらをトランペットで吹けるように練習するのもいいかもしれませんね。

ただし、これらの教則本はレッスンなど確認や指摘をしてくれる人がいるところで使うほうが効果的です。ひとりだけで黙々と練習しても効果を発揮するのは少々難しいかもしれませんのでご了承ください。


また、自分の好きな歌をきちんと声に出して丁寧に歌う、という練習も良いと思います。
カラオケで丁寧にじっくり歌ってみる、なんてのはいかがでしょう。
できれば、その歌の楽譜を見て歌う練習ができたらとても良いです。


[インターバル練習]
歌の練習と並行してトランペットの練習メニューのひとつに「インターバル練習」があります。

有名な「アーバン金管教本」にも掲載されていますが、広い音程感を力技ではなく柔軟なコントロールで美しく演奏することを目的として練習します。
インターバル練習について触れている過去の記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

教本の応用練習
広い音域をカバーする吹き方 2


《合奏前の長時間に及ぶチューニングは今すぐやめましょう》
これまで解説してきたようにトランペットのチューニングはピアノの調律とは全く異なり、本来は「基準となる音の高さを確認する時間」でしかありません。ですから、いくらその場でハーモニーディレクターだかなんだかの電子音を鳴らしたり、チューナーの示す針が±0になったとしても、それが正しいピッチで演奏できる保証にはなりません。

結局、トランペットが「美しいピッチ感、音程感」で演奏し続けるには、美しい音楽を心に強く持ち続けることが何よりも大切なのです


吹奏楽部でよく見られる、合奏前の長時間に及ぶチューニング。
ひとりずつBbの音を機械の爆音とチューナーの数値で周波数を合わせていく作業は本当に意味のないどころか音楽的にはマイナスになる行為ですから、今すぐやめましょう


そんなことに時間を費やすのであれば、みんなで美しい声で美しい音階やハーモニーを歌い、楽器が一番鳴る吹き方をそれぞれ研究し練習するほうが何万倍も意味があります。音楽的に成長をすることを常に意識してください


それでは次回は役割の違うパートとピッチや音程を揃えるために大切なことを書いていきます。
また来週!



当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 05:40, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark