smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 音楽的なチューニングをするために大切なこと8(チューナーの有効活用) | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと10(揃える、とは 1) >>


音楽的なチューニングをするために大切なこと9(音のツボが2つある?!)


















b45b7ee40156f54cbb341d0184400970_s.jpg

前回の記事で話題にしました「吹きグセ」は、初期段階で気づき、修正していけば大したことにはなりませんが、実はこれ、放置していると「新たな第2の音のツボ(ニセツボ)」になってしまうかもしれません。今回はそんなお話です。

《新たな第2の音のツボ(ニセツボ)》

なんだかまるで虫歯みたいな話ですが、実際にたくさん経験しています。

その話をする前に、先日掲載しました記事「音楽的なチューニングをするために大切なこと5(音のツボに当てる方法 その1)」からの引用をまずはご覧ください

================================
楽器は「すでに用意されている状態を理解し、自分の求めている方向性と一致するか」という判断で選んでいく必要があります。

しかし、それらを無視し、「これじゃない」と家電を破壊し、壁紙を破き、最悪の場合は「この廊下が通りにくい」と壁に穴を開けて新たな動線を作り出すような吹き方をしてしまう人が少なくありません。そういった人は楽器の試奏ですぐにこういった言葉を発します。

「吹きにくい」
「これはダメな楽器だ」

と。
違うのです、本当にダメな楽器など実際にはほとんどありません。吹きにくいのも印象が悪いのも「用意された家電や壁紙が自分のイメージと合っていない」もしくは「部屋の形や廊下のサイズを理解せずに自分の勝手なわがままで暴れている」だけなのです。

ツボに当たった音を出す、ということはそれぞれの楽器の特性、テーマを理解することです。
================================


引用の中に出てくる「廊下が通りにくいと壁に穴を開けて新たな動線を作る」というこれが、「新たな第2の音のツボ」です。


《第2の音のツボ(ニセツボ)の特徴》

レッスンをしていて、特定の音、特定の音域だけが異常にピッチが合わない(ほとんどの場合とてもピッチが高い)と感じたとき、その楽器を借りて吹かせてもらうことがあります。

そのときに「第2の音のツボ(ニセツボ)」に出会うことが多いです。

ピッチが不安定だと思った音を出そうとすると、まるで強い引力を持っているかのように吸い込まれていく方向性を感じます。
それに逆らわずに出すと、生徒さんと同じようにピッチがとても高くなり、そしてそのとき、音色も似ています。

抜けが悪い、音が詰まって響かない感じです。しかし、そこに吸い寄せられるかのような誘惑があります。

これがこの楽器の持つツボなのでしょうか。


そして、そうした音には必ずもうひとつのツボがあります。

しかしそのツボは先ほどの吸い寄せられる音の陰に隠れていて、若干見つけにくいのです。

コントロールを変化して冷静に吹くとそのもうひとつのツボに当てられます。
その時、ピッチはとても安定し、音色も済んでいて、他の音域と同じ鳴り方をしてくれます。


言うまでもなく、前者が第2のツボ、ニセモノのツボなのです。

ではなぜニセツボが生まれてしまったのでしょうか。


《ニセツボを持った楽器とその奏者の特徴》

※これからお話するのはあくまでも経験則です。ご了承ください。

まず楽器ですが、往々にして高音域にニセツボがあることが多く、特に五線を超えたBb管でいう実音F(ソ)やその上のG(ラ)音に目立ちます。
このあたりはある程度楽器を経験してきた人がまず出会う関門で、曲でも頻繁に出てくるのに鳴らしにくくて、苦手意識を持ってしまいがちな音域ではないでしょうか。

そしてそうした奏者の特徴として(しつこいですが経験則です)、小中高生でトランペットを始め、初心者だったころは中低音域(おおよそ五線内以下)だけしか出てこないようなパートを任せられ続けていたのに、先輩が引退した途端に1stなど、高音域が出てくる目立つパートを吹くようになった人がとても多いように感じています。

ようするに、これまでの記事と合わせて考えると、「とにかく出ればいい」「とにかく出さなければならない」という発想や周りの圧力によって、正しい方法で出さないまま楽器を吹き続けてしまった場合に「ニセツボ」を不本意に作り上げてしまっている、と考えられます。


《指導者への警告》
上記のような流れでニセツボを作ってしまったり、そこに当てて吹くクセを持ってしまう奏者にしてしまったのは、トランペットの吹き方をきちんと教えていない指導者に問題があります。

吹奏楽などを知っていれば、トランペットの音域変化は、ピアノを弾くように鍵盤を選びさえすればどんな音の高さでもとりあえず出せるとは絶対にいかないことくらいは誰もが知っているはずです。
ですから、上級生になったからといっていきなり高音域が出せるわけでもなく、経験年数に応じて音域が広くなるわけでもありません。ですから、高音域が頻繁に出てくる作品を学年が上がったからと言って吹かせてしまうリスクが高いことも理解してほしいと思います。

高音域を出せない奏者に対して「ちゃんと吹け」とか「当てろ!」とかいう言葉は脅迫にしかすぎません。
指導者から指摘され、怒られる恐怖から逃れるためには、手段を選ばずにとにかくその音のピッチを生み出すことしか方法がなく、それが結果的におかしなコントロールで演奏し始めるきっかけになっているのだと指導者は自覚すべきです。

指導者は初心者の段階で「音域変化の原理と方法」をきちんと伝えて、計画的に無理のないようアドバイスをし続けることが必要です。

その具体的な方法も知らないのに「なぜ出ないんだ」といった言葉を投げかけるのは、自転車に乗ったことない人に「なぜ運転できないんだ!」と叱りつけるのと同じです。

[しっぺ返し]

ですから、そういったニセツボで吹いてしまっているトランペット奏者に対し、合奏時にハーモニーが合わず「1stトランペット!ピッチが悪い!合わせろ!」と言ってしまうのは無理難題を要求しています。

ピッチが不安定なのは、元をたどればその指導者がきちんと教えてこなかったしっぺ返しなのです。

指導者のみなさん、そのあたり、大丈夫ですか?


《どなたか原理を教えてください》

さてここまでニセツボの話をしてまいりましたが、実を言うとこの音のツボがなぜ生まれてしまうのか、原理を理解しておりません。ごめんなさい。
「中古楽器は吹いていた人のクセがある」という話も度々耳にしますが、これも同じです。

ただ、今回のことは実際に何度も経験していて、決して都市伝説的なものではありません。

どなたかこの原理を説明できる方、いらっしゃいましたら教えてください。

ということで、今回は以上です。
また来週!

当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 03:18, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark