smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 音楽的なチューニングをするために大切なこと 6(音のツボに当てる方法 その2) | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと8(チューナーの有効活用) >>


音楽的なチューニングをするために大切なこと 7(音のツボに当たったときの3つのピッチの特徴)


















ただいま「音のツボ」のお話をしております。

音のツボに当てることができると、楽器本来の響き、楽器の持っている基準となる一番良い音が出るのはこれまでお話したところです。

【音のツボとピッチの関係】
楽器を設計する上で、音色や反応の良さなどを追求するだけでなく、もっと根本的な「ピッチ」が安定するように設計されていることは容易に想像できると思います。よって、音のツボに当たると「安定したピッチ」も得ることができます。

ただし、勘違いしないでほしいのは、「安定したピッチ」は「チューナー的に±0のところに来るピッチ」とは言い切れないことです。
「安定したピッチ」とは、あくまでも「ある音はとても高く(上ずり)、ある音はとても低く(ずり下がる)」といったムラが起こりにくい、ということです。

では、以下に具体的な音のツボに当たっているときに起こるピッチの理論的な特徴を3つ挙げてみましょう。


【音のツボに当たったときの3つのピッチの特徴】

1.楽器の設計上の特性が顕著になる
楽器の設計上、どうしても起こりうるピッチが定まらない音がいくつかあります。
みなさんもご存知かと思いますが、まずはこれです。



この2つの音は、ツボに当たった状態でも非常にピッチが上がります。特に記譜上ドのシャープ(レのフラット)は場合によっては半音くらいピッチが上がってしまうこともあるので、そのまま吹くわけにはいきません。よって、3番管を抜くことでピッチを安定させるわけですが、この管が動かない、もしくは力をかけないと抜けない、動きが重い状態の楽器が本当に多いです。みなさんの使っている楽器は3番、そして1番管はトロンボーンのスライドのようにストンと抜けますか?

他にも例えば1,2番で音を出すD音やG音(Bb管の場合)も若干ピッチが高くなる傾向にあります。五線を越えたすぐのFの音(Bb管の場合)もしっかりとツボに当てられないと、とても高くなってしまいます。

では、そういった音を安定したピッチで出すために3番管ないしは1番管を抜けばいいか、というと単純にそういうわけにもいきません。やみくもに管を抜いても、その抜いた長さによってピッチは大きく変化しますから、抜きすぎて低くなりすぎたり、中途半端なピッチ変化で定まらない可能背もあるからです。

大切なのは「音程感」です。例えば、私たちトランペットのようにピストンを押せば良いわけではないトロンボーンは、それぞれの音を出すとき、スライドの明確な抜き具合が設計上わからないので、耳できちんと自分の音を聴き、音程を感じながら演奏しなければなりません。トランペットで管を抜いてピッチ調節する際にも、トロンボーン奏者のように音程感がとても重要になります。


2.全音域のピッチが均一になる
ツボに当たり続けた場合、上記のような特定の音以外は基本的に安定します。安定というのはチューナー的に正しい、±0のところに針がくるわけではありません。
これは簡単な原理で、例えばチューニングスライド(主管部分)を必要以上に抜いてしまえば、そのぶんだけピッチは低くなるわけですから、ツボに当たっていてもずっと均一に低い状態が続くわけです。しかし、ツボに当たり続けることで音色に一貫性が生まれ、響きのある音になりますので、安定した演奏をするためには、やはりまず音のツボに当たった状態をキープする必要があります。


3.ソルフェージュの影響が強い

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s.jpg

音のツボに当てることは非常に大切ではありますが、それ以上に大切なのが「ソルフェージュ」です。
ソルフェージュという言葉は、この場では「自分の心や頭の中にこれから演奏する音楽を具体的にイメージする力」と捉えてもらえればと思います(実際には音楽の基礎力を高めるための教育や訓練を指す言葉です)。ソルフェージュのことを単純に「歌」とか「歌心」と言うこともあります。

音のツボに当てる技術に限ったことではありませんが、心の中に歌(ソルフェージュ)がなく、奏法ばかりを意識して機械的に楽器を吹いている人は聴いていてわかります。

また、ソルフェージュ力がトランペットの演奏に与える力は本当に強く、トランペットの演奏(トランペットから出てくる音)と強くリンクします。音程がきちんと取れていなかったり、いわゆる(部分的にでも)音痴だと、トランペットでもその通りになりやすく、正しく歌える力は大切と言えます。

逆に言えば素晴らしい歌心、高いソルフェージュ力を持っている人がさらに音のツボに当てる技術を持っていれば、音色や響きだけにとどまらず、音程やピッチも安定するということです。
チューナーの指し示す値を見てから高い低いだと判断し、奏法を捻じ曲げて強引にピッチだけを修正するのとは違い、自主的、自発的なアプローチから生まれる『音楽的音程感』で演奏できるようになりたいものです



したがって、正しいピッチで、美しい音楽的音程感のある演奏をするためには、

1.音のツボに当てる技術
2.素晴らしい音楽性=高いソルフェージュ力


を両方とも高めていくことが絶対に必要
なのです。

チューナーだけを見ていても高い音楽表現はできませんし、そんな奏者が集団になって吹奏楽やオーケストラ、アンサンブルをしても一向に作品が完成することはないのです。

正しいピッチで奏でたいという気持ちは大切ですが、だからと言ってチューナーばかりを見ていても絶対に解決しない理由、おわかりいただけたでしょうか。
もっと多角的なアプローチ、遠回りに思える様々な方法を見つけて核心部に迫っていける広い視野で練習を重ねていきましょう。

それではまた来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:25, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark