smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 音楽的なチューニングをするために大切なこと 4(チューナーの正しい使い方) | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと 6(音のツボに当てる方法 その2) >>


音楽的なチューニングをするために大切なこと 5(音のツボに当てる方法 その1)


















みなさんこんにちは!
只今、数回に分けてチューニングについて書いております。今回はピッチと音のツボについてです。

【無理難題を要求していませんか?】

bad-gastein-113848_640.jpg

ここ数年、トランペットの傾向として、やたらとフワフワしたような、モコモコしたようなフリューゲルホルンのような音色を出している方を多く見かけます。
柔らかくて良いではないか、と思うかもしれませんが、ほとんどの場合その音は金管楽器本来の音の出る原理とは違う方法によって生み出された「トランペットとしては」きちんと鳴っていない状態なので、様々な面で支障が出てしまうのです。

なぜフワモコな音を出す人が増えたのか。

これは憶測にすぎませんが、思いつくことが2つあります。

ひとつは「人数が減ってきた部活動や団体」、もうひとつは「加工された音を耳にする機会が多くなった」。この2つです。

[少人数吹奏楽]
吹奏楽部の人数が少なくなって、バランス的な問題から指揮者が「トランペットうるさい」「音量もっと抑えて」、そして「もっと柔らかい音で」などの要求が多くなったのではないでしょうか。
以前よりアマチュアのオーケストラではよくあることでした。古典作品を演奏している時などは特にそうで、もうとにかく「金管は音を小さく」を連呼する指揮者にたびたび出会ってきました。

聞いた話ですが、オーケストラの合奏練習中に、指揮者があまりにも「トランペットもっと小さい音量で」を連呼するものだから、だったらもうトランペットは吹かいほうが良いのではと、音符が書いてある箇所をわざと演奏しなかったそうなのです。その直後、指揮棒が止まり、これはさすがにマズかったかな、と思った矢先、指揮者が驚きの言葉を口にしました。

「トランペット、まだ大きい」

これは本当にあった話だそうです。ここまでくるともはやトランペットに対する先入観、固定観念、もしかすると嫌悪感を抱いているのかもしれません。何か過去にイヤな目に遭ったのでしょうか。

そういえば「タンギングするな」と言われた話も聞いたことあります(笑)

ここまでではないにせよ、確かに小編成のオーケストラでは弦楽器のプルト数(弦楽器は隣り合う同じパートを担当する2人を1プルトと数えます)もとても少ない場合もありますし、そういった作品を選んでいる時点で、そもそもの団員が少ないという理由もあるのかもしれません。
もちろん、音量バランス的にトランペットが大きすぎる可能性も大いに考えられますが、本当にそれだけが原因なのでしょうか。「デシベル的音量バランスが悪い」と安直に結論づける前にもっとたくさんの可能性を見つけることが大切だと思うのです。
例えば、

・楽曲の解釈、オーケストレーションの解釈はどうか(トランペットの存在感は意外にあるのでは?)
・弦楽器がもっと鳴る音で演奏できないか
・アンサンブル的なタイミングの問題
・ピッチが合うことで解決できないか
・フレーズの捉え方がもっと揃ったらどうなるか
・音のベクトルや音のスピード感、呼吸がもっと合ったらどうなるか
・トランペットの響きが大きい(よく鳴っている)とは考えられないか

場面によっても違うと思いますが、「トランペットが目立ちすぎるからトランペットを抑える」という発想はあまりにも安直すぎると思うのです。まさに「出る杭は打たれる」的発想。日本人ならでは(?)なのかもしれません。
なぜ弦楽器をもっと鳴らす(本来、弦楽器は非常によく鳴る楽器です。決して音量は小さくありません)練習やアドバイスを考えられないのか、音楽の捉え方、フレーズと取り方が違いすぎてアンサンブルとしてのバランスが悪い可能性も多いにあるわけですから、そういった角度から完成度を高め、バランスを調節していくという発想にならないのか、疑問が残ります。

そうやって指揮者に「抑えて抑えて」と言われ続けてたどり着いたところが、何の楽器の音だかわからないフワモコなサウンドです。金属的で鋭い音など必要にされたことがないトランペット奏者は、自らの奏法を変化させて独自に開発した謎サウンドで「うるさい」と指摘されないように頑張って小さく吹いているのではないかとも思うのです。

フワモコの音はトランペットの「音の出る原理」から逸脱して発生させたものですから、当然様々な支障が出ます。その最たるものが「不安定なピッチ」です。
体の使い方を駆使して人工的に生み出した音色は、トランペットがもともと用意してくれている「その楽器の持つ音色のポイント」に当てることはできませんから、結果として「その楽器の持つ正しく鳴るピッチのポイント」にも当てることができません。よって、ピッチがはまらずに大変不安定な演奏になってしまう、ということです。

ですから、指導者は楽器の鳴るポイントを無視した「もっと柔らかい音で」という要求と「ピッチを安定させて」という二つの要求を同時にすることは、「前進しながら後退しなさい」と言っているようなもので、これでは奏者がかわいそうですよね。


そして、次に挙げるもうひとつの大きな理由も見過ごすわけにはいきません。


[加工された音を耳にする機会が多くなった]
トランペットに対して謎な要求をしてくる人の多くは、トランペットが実際にどのような音を出すのか、よくわかっていない人が多いです。

そういった方は、大きくわけて3つのイメージがあるように感じます。


ひとつは「レコーディングされたCDなどの音」
ひとつは「音響の良いホールの客席で聴いた音」
そして近年では「録音して、さらに加工した音」

どれも生音とはかなりのギャップがあります。

CDなどの音は、スピーカーやイヤホンなどで聴いたときにバランス良い状態になるよう調節しているわけですから実際とは違います。
ホールも「音響」を考えられて作られているわけですから、ステージで演奏している音だけがそのまま耳に届いてくるわけではありません。これは後述します。
最近ネットで演奏を配信する人も増えてきましたが、音を加工している場合が非常に多いですね。また、自分でも経験がありますが、そういった加工をしていなくても「録音」という段階で音はかなり違って聴こえますし、それをインターネットにアップロードするとさらに変化する場合があることを経験しています。


【ホルンの音はとても硬い?】
こんなことを書いている僕も、実は音大に入ってから数年間は「柔らかい音」を追求するイメージを非常に強く持っていました。「とにかく柔らかくふくよかな音を」がつきまとっていた理由は上記に挙げた通り「プロが実際に出している音を知らなかった」からなのです。

音楽に入り、プロの演奏をたくさん耳にするようになりましたが、響きの良いホールで、ちゃんと客席から聴くばかりでなく、リハーサルや響きのない空間での演奏を間近で聴くことも増えてきて、大学4年のころからはN響の公演にエキストラで参加させていただく機会もあり、実際の現場で様々な楽器がどのように演奏しているのかをたくさん勉強させてもらいました。

その中で一番驚いたのが、ホルンの音色です。

french-horn-1566587_640.jpg

N響をはじめとしたプロオーケストラは高校生の頃からたくさん聴いていて、ホルンは元々持っているイメージもホールで聴こえてくる音も「柔らかい」というイメージをずっと持っていました。しかし目の前で聴いた音は意外にも金属的で輪郭がしっかりしていた、というギャップを体験しました。ややもすると硬すぎでは?と感じるくらいしっかりした音なのですが、自分が降り番(編成的にパートが少ないなどで、同じ公演の中で自分が演奏に参加しない作品)のときに客席で聴いた音は、今までたくさん耳にした「あのホルンの音」だったのです。

「聴こえてくる音にここまでギャップがあるとは!」

という衝撃と、音に対するイメージが変わった瞬間でした。

したがって、奏者も指導者も、響きの少ない空間で目の前で聴いた音と、その音がホールの客席に届いたときの音の変化、ギャップを理解することが大切です。CDで聴いた音や、ホールの客席で聴いた音、特に今は動画投稿サイトに出回っている音などを真に受けて、その音を出そうとしてもそれは無理な話です。

トランペットの持つ素の音を理解して、それを出すことを目指してください。


【すべては用意されている】
トランペット本来の持つ音色のことを僕は「ツボに当たった音」と表現しています。

ある程度値段のする楽器は、それぞれのメーカーが研究を重ねて作り上げられた素晴らしい完成品です。もちろん、見た目だけではなく吹奏感、音色や響き、安定したピッチ、ダイナミクスレンジ(音量)の広さなど、様々な面で研究し、何らかのテーマや目指すものがあって作られています。

例えるならこれらは「土地から設計され、家具や家電、生活用品がすべて用意された物件」です。

f5b0810e23fdbc18724e04e6383153c6_s.jpg


生活しやすい構造(と設計者が考えて)、テーマが統一された家具や壁紙。そういったひとつの完成された空間で自分がどう生活するか、ということになるのですが、自分の求めているデザインや欲しかった機能のある家電があれば、それはとても居心地の良い部屋になるでしょうし、そうでない場合は不満やストレスが出るかもしれません。

楽器はこのように「すでに用意されている状態を理解し、自分の求めている方向性と一致するか」という判断で選んでいく必要があります。

しかし、それらを無視し、「これじゃない」と家電を破壊し、壁紙を破き、最悪の場合は「この廊下が通りにくい」と壁に穴を開けて新たな動線を作り出すような吹き方をしてしまう人が少なくありません。そういった人は楽器の試奏ですぐにこういった言葉を発します。

「吹きにくい」
「これはダメな楽器だ」

と。
違うのです、本当にダメな楽器など実際にはほとんどありません。吹きにくいのも印象が悪いのも「用意された家電や壁紙が自分のイメージと合っていない」もしくは「部屋の形や廊下のサイズを理解せずに自分の勝手なわがままで暴れている」だけなのです。

ツボに当たった音を出す、ということはそれぞれの楽器の特性、テーマを理解することです。
それが自分の求めていたものなのかそうでないのかはもちろんありますが、イコール「ダメな楽器」ではありません。「自分の求めているものとは違う」というだけであり、他の人にとってはその楽器がベストで、まさに求めていたもの!となるかもしれないのです。


楽器の試奏は「物件探し」のような楽しさがあります。その楽器の持っている音のツボを見つけて吹いてあげると「なるほど、こういうコンセプトがあるのか」「こんな音色を開発した人は追求したのかな」「こういう人に演奏してほしいのかな」などのイメージがたくさん湧いてきます。その中で「この部屋に住んでみたい!」と思うものに出会える、そんなタイミングがあると良いですよね(僕は今は新しいC管がほしいです)。

ということで、楽器の持つ本来の音、音のツボとはどういったものなのかを書きました。

この話題は実際に出ている音を体感するのが一番手っ取り早いのは言うまでもありません。レッスンを経験することはその一番身近で確実なものです。ぜひ僕のレッスンにも一度いらしてください。定期レッスンだけでなく、単発でできる「吹奏楽クラス」という形式も用意しています。吹奏楽クラスはホームページにはいろいろ条件が書いてありますが、それとは無関係にどなたでも受講できますのでご安心ください。

次回は実際に音のツボに当てるための方法を解説していきますので、引き続きご覧いただければ幸いです。
それでは、また来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:16, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark