smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile


noteBana03.jpg



recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 楽譜への書き込みは、後で練習するためのメモ。 | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと 2(音程) >>


音楽的なチューニングをするために大切なこと 1(ピッチ)

みなさんこんにちは!
吹奏楽コンクールに出場する方はだいぶ本格的な練習になってきたのではないでしょうか。
課題曲を演奏される方もそうでない方も、先日全曲掲載完了しました「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」をぜひご覧ください。
それぞれの作品に関して、というよりも合奏の時に意識すべきことなど、どんな場面でも関係してくる重要な内容をちりばめています。

下記からダイレクトに記事をご覧いただけますのでぜひご覧ください!

==============================
吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017 全作品の記事リンク


課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 「うた」ってなんだろう/うたいかた

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 自分の思う音楽を作り上げよう/指揮者との関係

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象


課題曲解説をまとめてご覧になる場合はカテゴリー「吹奏楽コンクール課題曲2017」からお入りください(こちらをクリック)

==============================


《チューニング》



他の楽器と一緒に演奏するとき、まず「チューニング」をしますよね。

例えばオーケストラのコンサートのときは、指揮者が入ってくる前にオーボエ奏者がAの音をのばすと、コンサートマスター(ヴァイオリン)が音の高さを合わせ、それをもとに全員が調整する、という時間が必ずあります。

ところであれ、しないとマズいんでしょうか?コンサートなんだから、いきなり曲を演奏し始めてもらったほうが良くないですか?

「そうもいかないでしょ!」と思った方、それはなぜですか?
チューニングをしないとどうなってしまうのでしょうか。

説明できる方もそうでない方も、今一度チューニングに関して考えてみましょう。
特に今回からの記事ではより「音楽的」な観点からのチューニングをするためにはどうすれば良いかを中心に書いていきます。


[ピアノと管弦楽器のチューニング事情]
音楽室でも見かけるピアノ。ピアノは鍵盤ひとつひとつに弦が張ってあって、それぞれの音の高さを生み出しています。
しかし、音の高さはずっと同じではいられません。時間の経過とともに弦の張力が少しずつ変化することで音の高さが不安定になってくるので、定期的に専門の調律師さんを呼び、調律をしてもらいます。
そうしたケアにより、それぞれの鍵盤に定められた音の高さをキープしていられるわけです。

そんなピアノはひとりの奏者が88個ある鍵盤を操り、ひとりで作品を完成させることができますが、私たち管楽器や弦楽器は、基本1人1音しか出せませんし、ましてやピアノのように広い音域をひとりでカバーできませんから、必然的に複数で集まって作品を完成させることが多くなります。

管楽器や弦楽器はピアノと違って、数ヶ月に一度の調律だけで同じ高さの音が出る、というわけにはいきませんね。ですから、みんなで演奏する直前に音の高さを調整することになるわけです。

しかし、調整すると言っても、「基準」がないといけませんから、オーケストラの場合はオーボエが基準になるAの音を出し、それをヴァイオリンのトップが受けて調整し、それを元に全員が合わせていく、という順序を取っているのです。

したがって、管弦楽器にとってのチューニングとは「(これから演奏する際の)基準の音の高さを確認し、調整」することを意味します。


《「ピッチ」と「音程」》
チューニングや音の高さの話になると必ず出てくるのが

「ピッチ」

そして

「音程」

という2つのワード。


それではみなさん、「ピッチ」と「音程」、それぞれの意味を答えられますか?

話を聞いていると、混同している方も多くいらっしゃるように感じますが、この2つはまったく違う意味を持っていますので、覚えてしまいましょう。


[ピッチとは]



ピッチとは「周波数」のことです。

周波数とは、1秒間に空気を何回振動させたかを数値化したもので、単位はHz(ヘルツ)です。

チューニングの際に「440」とか「442」とか数字を聞いたことがありませんか?
まさにそれが周波数です。


例えば、1秒間に空気を440回振動させると、人間の耳にはA(アー)の音が聴こえます。
(440Hzで聞こえてくる音をA(アー)と名付けた、と言ったほうが正しいかもしれません)

440Hzよりほんの少しずれた442Hzでも445Hzでも音楽的にはAの音ですが、周波数が増えると音が高く聴こえます。よって、440Hzと445HzのA音が一緒に発生すると、音がうねり、とても気持ち悪い響きに感じます。

このように耳ではある程度の音の高低は聞き分けることができますが、正確な数値を聞いただけで導き出すことはほぼ不可能です。そこで周波数を可視化するために用いるのが「チューナー」という機器です。

ちなみに、なぜA音=440Hzが基準ピッチになったのかと言いますと、今から80年ほど前に国際的に決められたのです。ただ、世界中でこのピッチで演奏しなければならないと決められているわけではありませんので、最近では442Hzとか443Hzなどを基準ピッチにしているところが一般的ですし、ウィーンフィルでは445Hzを基準ピッチにしているそうです。
基準ピッチが高いほうが同じ音楽でも現代的というか、明瞭でシャープな印象を与える印象を持っているように感じます。

ちなみに400年ほど前のバロック音楽では、今よりも基準ピッチが相当低く、当時の楽器を再現したいわゆる「古楽器」での演奏は、楽譜よりも半音ほど低く聴こえます。そう考えると、100年後には基準ピッチが450Hzになっていてもおかしくありませんね。


[オーボエだけがチューナーを見ている]
絶対そうだとは言い切れませんが、オーケストラの演奏直前のチューニングでは、正確なピッチを示すお仕事をするオーボエ奏者1人だけがチューナを見て吹いています。他の人は「耳」を頼りに音を合わせているのであって、各自がチューナーを見て個人個人で勝手に合わせている時間ではないのです。



[管楽器のチューニングは不安定?]
実際に演奏されているみなさんならすでにおわかりの通り、チューニングスライドなどの管を抜き差ししただけでピッチが完全に合うか、というとそうではありませんね。
セッティングや体の使い方、音域や特定の音、頭の中にある音のイメージの有無(強さ)によって実に様々にピッチが変化します。

中でも、金管楽器に関してはピッチがかなり自由に上下できる…と言ってしまえば聞こえが良いですが、言い換えればこんなに不安定な楽器も他にないのでは、と思います。

だからと言って「だって金管はピッチが不安定なんだもん!しょうがないじゃん!どうせピッチ悪いですよー」と開き直るわけにもいきません。

そこで、周りの奏者に迷惑をかけてしまわないよう安定したピッチで演奏するためにはどうしたら良いか、何を心がければよいかを、数回にわけてお話ししたいと思います。


ということで、今回は「ピッチ」について解説しました。

今回お話できなかったもうひとつのキーワード、「音程」については次回詳しく解説します。
それではまた来週!


【”note”版ラッパの吹き方へご登録ください】

note_logo_catch.jpg

先日「note」というサービスに登録しました。”note”では「ラッパの吹き方 Ver.2.0」と題しまして、今後出版予定の「トランペット ハイノート本」の原稿を掲載していく予定です。なぜそのようなことをするのか、今後どのように展開していくかは、”note”上で順次お伝えしております。今皆様にお願いしたいのは、”note”のユーザー登録です。登録をされた方にしかできないサービスが多いため、ぜひ今のうちにお願いしていただきたいと思っております。お手数ですがよろしければぜひフォローをお願いします!(ラッパの吹き方 Ver.2.0はこちら)



[ラッパの吹き方著者 荻原明のレッスンを受けませんか?]

PrestoBana.jpg

荻原が講師をしている音楽教室「プレスト音楽教室」です。現在、音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層のトランペット奏者およそ30名が定期会員として毎月レッスンを受けております。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。

奏法に関する分析力と、からだの使い方の知識の豊富さで、トランペットを演奏する上での疑問や悩みに対して的確な解決方法を導くことに定評がある荻原明のトランペットレッスン、まずは無料体験レッスンにお申し込みください!

プレスト音楽教室 トランペットクラスの紹介ページはこちら

オンラインで時間を気にせず楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらから



【「ラッパの吹き方」Facebook、Twitter bot 】

 
 ラッパの吹き方bot

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしています!ぜひページフォローをお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。

また、Twitter「ラッパの吹き方 bot」では現在1,300ほどのツイートストックを1時間間隔で配信しております。本文のキーワードになる部分や記事タイトルをリンクとともに紹介しておりますので、ぜひご登録ください。

[Twitter ラッパの吹き方 bot]


[こちらは著者 荻原明の個人アカウントです]





【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見ご感想、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

お返事はgmailにていたします。スマートフォン等の携帯端末へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合はそのままになってしまいますのでご了承下さい。


JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:28, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://trp-presto.jugem.jp/trackback/527