smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 2 | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと 2(音程) >>


音楽的なチューニングをするために大切なこと 1(ピッチ)


















みなさんこんにちは!

《チューニング》



他の楽器と一緒に演奏するとき、まず「チューニング」をしますよね。

例えばオーケストラのコンサートのときは、指揮者が入ってくる前にオーボエ奏者がAの音をのばすと、コンサートマスター(ヴァイオリン)が音の高さを合わせ、それをもとに全員が調整する、という時間が必ずあります。

ところであれ、しないとマズいんでしょうか?コンサートなんだから、いきなり曲を演奏し始めてもらったほうが良くないですか?

「そうもいかないでしょ!」と思った方、それはなぜですか?
チューニングをしないとどうなってしまうのでしょうか。

説明できる方もそうでない方も、今一度チューニングに関して考えてみましょう。
特に今回からの記事ではより「音楽的」な観点からのチューニングをするためにはどうすれば良いかを中心に書いていきます。


[ピアノと管弦楽器のチューニング事情]
音楽室でも見かけるピアノ。ピアノは鍵盤ひとつひとつに弦が張ってあって、それぞれの音の高さを生み出しています。
しかし、音の高さはずっと同じではいられません。時間の経過とともに弦の張力が少しずつ変化することで音の高さが不安定になってくるので、定期的に専門の調律師さんを呼び、調律をしてもらいます。
そうしたケアにより、それぞれの鍵盤に定められた音の高さをキープしていられるわけです。

そんなピアノはひとりの奏者が88個ある鍵盤を操り、ひとりで作品を完成させることができますが、私たち管楽器や弦楽器は、基本1人1音しか出せませんし、ましてやピアノのように広い音域をひとりでカバーできませんから、必然的に複数で集まって作品を完成させることが多くなります。

管楽器や弦楽器はピアノと違って、数ヶ月に一度の調律だけで同じ高さの音が出る、というわけにはいきませんね。ですから、みんなで演奏する直前に音の高さを調整することになるわけです。

しかし、調整すると言っても、「基準」がないといけませんから、オーケストラの場合はオーボエが基準になるAの音を出し、それをヴァイオリンのトップが受けて調整し、それを元に全員が合わせていく、という順序を取っているのです。

したがって、管弦楽器にとってのチューニングとは「(これから演奏する際の)基準の音の高さを確認し、調整」することを意味します。


《「ピッチ」と「音程」》
チューニングや音の高さの話になると必ず出てくるのが

「ピッチ」

そして

「音程」

という2つのワード。


それではみなさん、「ピッチ」と「音程」、それぞれの意味を答えられますか?

話を聞いていると、混同している方も多くいらっしゃるように感じますが、この2つはまったく違う意味を持っていますので、覚えてしまいましょう。


[ピッチとは]



ピッチとは「周波数」のことです。

周波数とは、1秒間に空気を何回振動させたかを数値化したもので、単位はHz(ヘルツ)です。

チューニングの際に「440」とか「442」とか数字を聞いたことがありませんか?
まさにそれが周波数です。


例えば、1秒間に空気を440回振動させると、人間の耳にはA(アー)の音が聴こえます。
(440Hzで聞こえてくる音をA(アー)と名付けた、と言ったほうが正しいかもしれません)

440Hzよりほんの少しずれた442Hzでも445Hzでも音楽的にはAの音ですが、周波数が増えると音が高く聴こえます。よって、440Hzと445HzのA音が一緒に発生すると、音がうねり、とても気持ち悪い響きに感じます。

このように耳ではある程度の音の高低は聞き分けることができますが、正確な数値を聞いただけで導き出すことはほぼ不可能です。そこで周波数を可視化するために用いるのが「チューナー」という機器です。

ちなみに、なぜA音=440Hzが基準ピッチになったのかと言いますと、今から80年ほど前に国際的に決められたのです。ただ、世界中でこのピッチで演奏しなければならないと決められているわけではありませんので、最近では442Hzとか443Hzなどを基準ピッチにしているところが一般的ですし、ウィーンフィルでは445Hzを基準ピッチにしているそうです。
基準ピッチが高いほうが同じ音楽でも現代的というか、明瞭でシャープな印象を与える印象を持っているように感じます。

ちなみに400年ほど前のバロック音楽では、今よりも基準ピッチが相当低く、当時の楽器を再現したいわゆる「古楽器」での演奏は、楽譜よりも半音ほど低く聴こえます。そう考えると、100年後には基準ピッチが450Hzになっていてもおかしくありませんね。


[オーボエだけがチューナーを見ている]
絶対そうだとは言い切れませんが、オーケストラの演奏直前のチューニングでは、正確なピッチを示すお仕事をするオーボエ奏者1人だけがチューナを見て吹いています。他の人は「耳」を頼りに音を合わせているのであって、各自がチューナーを見て個人個人で勝手に合わせている時間ではないのです。



[管楽器のチューニングは不安定?]
実際に演奏されているみなさんならすでにおわかりの通り、チューニングスライドなどの管を抜き差ししただけでピッチが完全に合うか、というとそうではありませんね。
セッティングや体の使い方、音域や特定の音、頭の中にある音のイメージの有無(強さ)によって実に様々にピッチが変化します。

中でも、金管楽器に関してはピッチがかなり自由に上下できる…と言ってしまえば聞こえが良いですが、言い換えればこんなに不安定な楽器も他にないのでは、と思います。

だからと言って「だって金管はピッチが不安定なんだもん!しょうがないじゃん!どうせピッチ悪いですよー」と開き直るわけにもいきません。

そこで、周りの奏者に迷惑をかけてしまわないよう安定したピッチで演奏するためにはどうしたら良いか、何を心がければよいかを、数回にわけてお話ししたいと思います。


ということで、今回は「ピッチ」について解説しました。

今回お話できなかったもうひとつのキーワード、「音程」については次回詳しく解説します。
それではまた来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:28, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark