smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
profile


荻原明トランペットウォームアップ本発売のお知らせ

まるごとトランペットの本

不定期開催トランペット特別レッスン

ラッパの吹き方フェイスブック

ラッパの吹き方bot

     
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1300以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
recommend
ISM (トランペット) アーバン金管教則本
ISM (トランペット) アーバン金管教則本 (JUGEMレビュー »)

トランペットの技術をマスターする上でも非常に重要な教則本です。荻原が講師をしているプレスト音楽教室でも多く使用しています。
recommend
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版)
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版) (JUGEMレビュー »)
全編リップスラーしか書かれていない究極のリップスラー教則本です。全てを練習するというよりも自分のレベルに合わせてできる場所から練習すると効果的です。
recommend
Technical Studies for the Cornet
Technical Studies for the Cornet (JUGEMレビュー »)
Herbert L. Clarke
アーバン金管教本と平行して練習したいテクニカルな教本です。最初は難しく感じるかもしれませんが、同じリズムであらゆる調が掲載されているので、非常に効率的にフィンガリング(指使い)の練習ができます。
プロ奏者や音大生の多くもベーシックなウォームアップ練習として使用しています。
recommend
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング (JUGEMレビュー »)
バーバラ・コナブル,ベンジャミン・コナブル
「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『呼吸』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『からだ』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
mobile
qrcode
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories
links




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 2 | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと 1(ピッチ) >>


楽譜への書き込みは、後で練習するためのメモ。

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい

みなさんこんにちは!

吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説はご覧いただけたでしょうか。
今回はそれぞれの作品についてのポイントを書かず、課題曲を演奏されない方、吹奏楽以外の方にも参考になる様々な内容について書きました。

その作品を知らなくても読める記事になっておりますので、ぜひご一読いただければと思います。

以下に各作品のリンクと見出しを掲載しておきます。

==============================
吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017 全作品の記事リンク


課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 「うた」ってなんだろう/うたいかた

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 自分の思う音楽を作り上げよう/指揮者との関係

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象


課題曲解説をまとめてご覧になる場合はカテゴリー「吹奏楽コンクール課題曲2017」からお入りください(こちらをクリック)

==============================

それでは今回の記事に入ります。

《貼り紙》


 


いきなりこんな写真ですいません。
これ、ある場所のトイレに貼ってあった注意喚起の貼り紙です。

よくありますよね、こういうの。
多分皆さんの学校や会社、公共施設などにもいろいろ貼ってあると思います。

昔バイトしていたお店は、それはそれはすごくて、バックヤードの壁という壁に通知書類が貼ってあって、それ全部把握しておかないと「ここに貼ってあるのになぜ覚えてないんだ」と怒られるという、とても理不尽な職場でした。

ちなみに経験則ですが、外資系の会社ってこういう貼り紙が極端に少ないように感じます。

ともかく、みなさんの身の周りにあるこういった貼り紙、どこに何て書いてあったか思い出せますか?
僕はその場にいるときに目にしても、次の瞬間忘れるのでまったく覚えていません。

でも別にいいんです。
例えば先ほどの写真に書いてあること。トイレから手を洗わずに出るなんてこと、とてもじゃないけど気持ち悪くてできません。
部屋に誰もいなければ電気を消すのも僕にとっては当たり前。

こんな当たり前なこと言われなくてもしているので、覚える必要もない、ということです。

どう考えても納得できない貼り紙もありますが、そもそも受け入れるつもりもありませんから、この場合も覚える必要もありません。


[理解し、納得することが大切]

逆に、どれだけ目立つように真っ赤な大きな字で書かれていても、それが目に入ったとしても、実行にうつせない場合があるのも事実で、それにも理由があります。


それは、貼り紙に書いてあることが、理解できていないか、納得できていないからです。


例えば「廊下は走らない!」という貼り紙があったとしましょう。

学校ではよく言われますよね。しかしなぜ廊下は走ってはいけないのでしょうか。まずはこれを理解することが必要です。

理由はいくつもあると思いますが、例えば何か大切なものを運んでいたところを気づかず突進してしまう可能性があります。それが理科の実験器具だったり、給食の熱いスープだったり、大切な美術の作品だったりしたら、取り返しのつかないことになるかもしれません。

また、そうでなくとも、人と人がぶつかってしまったら大変危険です。学校には大きな階段や角だらけで死角も多く、常に人が多いので大怪我に繋がる可能性もあります。

これがおおまかな理由と考えられます。


理由がわかり、もしそれを守らなかった場合の最悪な結果をイメージすることができれば、「確かに、危険だから走らないほうがいいな」と思うことでしょう。

これで「納得」ができました。

理由があって、納得がいけば大概のことは言われなくてもやらなくなるのです。


したがって、「廊下は走らない!」と端的に書くことは一見わかりやすいかもしれませんが、それを見て、なぜそんなこと言うのか、それを守らなかった場合どんなことが起こってしまうのかを各自が脳内シミュレーションできる書き方にしたほうが、たとえ文字数が増えても効果があると思っています。


「衝突事故を起こさないよう、廊下はゆっくり歩きましょう。」

とか。

頭ごなしに上から目線で「○○するな!」と言われても、「なんでだよ!(イラッ)」と思ってしまうのはきっと僕だけではないはずです。


《楽譜への書き込み》



ところで、みなさんは楽譜に書き込みをどれくらいしますか?

コンクールに向けて練習がハードになってきたこの時期、徐々にパート譜が黒く(もしくはカラフルに)なってきてはいませんか?

合奏や講師のレッスンを受けるたびにいろんなことを言われますから、忘れないように楽譜にどんどん書き込みしていく。

とても勉強熱心な良い姿勢です。


しかし


どんなこと書いていますか?
そしてそれらの書き込み、パート譜を見なくても、思い出せますか?


[勉強のノートとは違うものです]

楽譜にたくさんのカラーペンを使い分けて書き込みをしているのを見かけることがあります。

きっとその人は、授業で使っているノートもとってもキレイにまとめられているのだろう、と思います。

しかし、楽譜とノートは役割が全く違います。

ノートというのは授業で先生が伝えた「知らなかったこと」を蓄積するものです。
基本的には、その後に待っているテストで正解を導くための「資料」になるわけです。

一方、楽譜というのは作曲家が生み出した楽曲をデータ化した紙であり、すでにその状態は完成されたものです。

その作品を知らなかったとしても、楽譜の書き方は基本どれも同じですから、リズムもテンポも音程もそこには全て書かれています。したがって特別なことがなければそれ以上書き込む必要がないのが楽譜です。
そして、ひとつの作品として書かれた楽譜すべての音符には優劣がなく重要な(必要な)音ですから、「この部分だけおさえておけばいい」なんてことはありません。

よって、楽譜に敢えて書き込むとするならば、「作曲者の指示とは違う解釈を用いる」か「楽譜の浄書ミス」、もしくは「ミスをしないための予防」だけです。


[書くだけでは意味がありません]

指揮者から、

「そこ、走る!」と言われたら、「テンポ!」と書き込んだり、
「ピッチが高い!」と言われたら「↓」と書いてみたり。
「周りの音を聴きなさい」と言われたから「まわりのおとをきく」と書いてみたり。

あと、何と言われたか覚えていないけれど、ひとつの音符をグルグル囲むとか。


というところで先ほどのお話を思い出してください。注意喚起の言葉は、理由を理解し、納得しないと実行には移せない。

これは楽譜の書き込みでも同じなんですね。

「テンポ!」と書いただけでは何の意味もありません。


[書き込みは後で練習するためのメモ]

合奏での指摘は、様々なレベルがあるので、言われた瞬間直せるものと、そうでないものがあります。

ですから例えば「そこ走るよ!」と言われても、すぐその場で直せないようでしたら確かに楽譜に「走らない」とか「テンポ!」とか書いておくのも良いかもしれません。

しかしそれは単なるメモにすぎません。

翌日の個人練習のときに指摘を受けたそれぞれの箇所の原因を見つけて、練習し、克服して次の合奏に臨むためのメモです。


理由や原因を知り、試行錯誤を繰り返して走らない演奏ができるようになれば、もう楽譜に書いた「テンポ!」は必要ありません。消してしまったほうが精神的にも自由になり、演奏にゆとりが生まれます。


[書き込んで満足していませんか?]

よろしくないのは、書いて満足してしまうことです。
そうなると、合奏のたびにその場面にくると「テンポ!」と書いてあるので「そっか、この場所は走るって言われてたな。じゃあ注意しよう。テンポテンポテンポテンポ…」

呪文のように念じても、具体的にどうすれば走らないのか、研究をしていないので解決方法も知らないし、克服練習もしていないわけですから、きっとまた指揮者に「走るよ!」と言われてしまうことでしょう。


[私、頑張っているアピール?]

楽譜が真っ黒になっていると、確かに「使い込んでいる感」はありますが、それで音符が見えにくくなって楽譜が楽譜としての機能を果たせなく立ていくその先に何かあるのでしょうか。

もしかして「私、頑張っているアピール」ですか?

そんなの必要ありません。楽譜というのは通常、誰かに見せるものではありませんし、音楽は演奏を聴けばどれだけ理解し、効率良い練習を重ねてきたのかはすぐにわかります。

むしろ、楽譜が楽譜の機能を果たせなくなってしまうと、もしこの先「やっぱりこの箇所はこうやって演奏します。変更!」と、本当に楽譜の書き込みが必要となったときに困ってしまいます。



ということで、今回は楽譜の書き込みについて書きました。
実はだいぶ前になりますが楽譜の書き込みについての記事をすでに書いています。そこには今回触れなかった、実際に楽譜に書き込む必要のあるものと、その書き方が掲載していますので、参考にしてください。

楽譜の書き込み1
楽譜の書き込み2


それでは、また来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。



JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 05:17, 荻原明(おぎわらあきら), 本番・合奏練習

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://trp-presto.jugem.jp/trackback/526