smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 1 | main | 音楽的なチューニングをするために大切なこと 1(ピッチ) >>


コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 2


















みなさんこんにちは!

さて、前回より「コンクールで良い賞をもらうために大切なこと」と題しまして記事を書いています。

チューナー的ピッチやメトロノーム的テンポが正確なだけでは良い賞、高い評価を得ることはできません。それ以上に大切なことは「芸術=メッセージを伝えるために演奏をする」という意識です。

こんなことが前回の内容でした。前回の記事はこちらからご覧いただけます。


それでは、前回の続きです。


《良いお店探し》



僕は地元の美味しい食べ物屋さん探しが好きで、気になるお店を見つけては、覚えておき機会を見つけて入っています。

ただ、たくさん行きましたが、その後リピートをするお店はかなり限定されてしまいます。イタリアンはここ、ラーメンはここ、とか1ジャンルごとに1店舗といった感じ。

味だけで言えばどのお店もとても美味しいのです。しかし、行くお店はどうしても決まってくる。

これはなぜか。


[食べ物屋なのに味以外での評価が多い]
例えばお店の清潔感、雰囲気、店員の対応、センスを感じるメニュー。あと、これは単なるタイミングの悪さなのかもしれませんが、初めて入ったときにものすごくうるさい集団がいたり、妙にタバコ臭かったり、子どもが走り回っていたりといった印象の悪さも含まれます。

だからといって別に食べログに投稿などしませんが、心の中で無意識に様々な角度から評価をしていて、高得点のところにリピートしている自分がいます。

しかも味ではないところでの(無意識的な)評価がとても多いのです。


[心に触れる部分]
高評価なところ、リピーターやファンが多いところは直接的な技術力以外の「心」に触れる部分が素晴らしいです。

おしぼりがあったかかったり、清潔感があるとか、お店の人の声色や挨拶、笑顔。BGMとか照明とか空間の印象。メニューと食器のチョイスや他のお客さんとのやりとりなど。

自分が求めていたものを満たしているか、ということではなく、様々な面でお客さんをおもてなししよう、という気配り(=心)を感じるのです。


人間にとって食事とは、もはや生命維持のためだけに行うものではなく、リラックスして心を満たすことも大切な要素になっています。ですから、同じお金を払うなら、味が良く、胃が満たされるだけでなく、心も満たされたいと思うのは当然でしょう。

「ああ美味しかった」「満腹」
「幸せ」「楽しい時間だった」「落ち着いた」
 ↓
だから「また来よう」。


《聴く人が楽しいと感じるための最も大切なこと》
「おもてなし」なんて言葉が少し前に流行りましたが、本当の意味でゲストに対しておもてなしをするためには、まず自分自身の心がどうであるかが重要です。

ここで音楽に話しを戻しましょう。

ただ正確なピッチやリズムをキープできる技術をひけらかしたり主張するだけではお客さんの心には何も届きません。
「どうだ上手いだろ」と上から目線の演奏をしたら、それがたとえ本当に上手な演奏でも聴く人はストレスにしかなりません(飲食店で店員に「どうだ美味いだろ」と言われてみてください。心底面倒臭いですよね)。

聴いてくれる方へ感謝の気持ちを持って、心から音楽をする。

よって、ゲストに心から楽しんでもらい、さらにリピーターになってもらうために一番大切なことは、音楽をすることが好きで、その好きであることも含めて聴く人に伝えようという気持ちを強く持つこと。したがって、


「自分自身が心から楽しむこと」


です。自分が楽くないのに、どうやって相手を楽しませることができるでしょうか。


[吹奏楽コンクールでも同じ]
これはコンクールという場面でもまったく同じです。音楽はどんな場面でも音楽であることに変わりはありません。

例えば2つの団体が同じ曲を演奏して、両団体ともにミスがひとつもなく、テンポが乱れず、ピッチが正しく、ハーモニーが良い演奏をしたにもかかわらずどちらか1団体しか代表を選べないとしたら、どうしますか?

演奏技術や表現力とは違う「心を感じる演奏」を選ぶはずです。

(もちろん、審査というのは上記のように技術が高いかどうかを真っ先に判断基準にしているわけではありませんから、表現力なども含め、すべての面において総合的に点数をつけているはずです。)

ですから、今まさにコンクールに向かって毎日一生懸命練習をしているみなさん、また、コンクールだけでなく、オーケストラや他の様々な本番に向けて練習をされているみなさんも、楽譜に書いてあるデータ(テンポ、リズム、ピッチ、音程etc.)を正確に再現するための必要な行為だけを「練習」と呼ばないでください。


もっと広い視野で、自分自身が心から楽しんで演奏する姿勢を忘れないでください(ここで言う「楽しい」は愉快な楽しさというよりも「やる気に満ちている状態」と考えてください)。

その「心」が、コンクールの評価にもつながります。

自分がお客さんとして聴きにいったとき、心から楽しみ、満足できる空間を作り出すために演奏技術以外に何が必要か、それを考え、実践してください。


ということで、また来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:10, 荻原明(おぎわらあきら), 本番・合奏練習

-, -, pookmark