smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 後編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説) | main | コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 2 >>


コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 1


















みなさんこんにちは!トランペットを吹く人、教える人、荻原明(おぎわらあきら)です。


《コンクールで優秀な評価、賞をもらうためには何か必要か》



「めざせ金賞!」「めざせ全国大会!」を掲げて吹奏楽コンクールに向けて練習を開始しているところも多いかと思います。

せっかく参加するわけですから、思い残すことなく良い結果をもらいたいものですね。高みを望むことはとても素晴らしいことですし、様々な面で成長させてくれます。

ではもう一歩、深く考えてみましょう。

コンクールで良い賞を獲得するには、どんな演奏をする必要があるでしょうか。


 ミスをしないこと?
 ピッチがチューナーの指し示す±0を指し続けること?
 テンポがメトロノームのクリック音に噛み合い続けていること?
 和音が純正律の響きであること?


どうでしょう。


《芸術ーーメッセージを伝えることーー》
コンクールの審査員は人間が行なっています。カラオケの採点機能のようにコンピュータが予め持っているデータと比較して、減点対象を見つけていく方法とは違います。

そしてもうひとつ大切なことは、審査員は誰一人として手元にチューナーとメトロノームを持ち、それらの示す情報により点数の増減をしてはいません。チューナーがなくてもピッチがわかる力を持っているとか、そういうことでもありません。


では、審査員は演奏の何を聴き、何を審査基準にしているのでしょうか。


[そもそも音楽とはなんだろう?]
音楽は「芸術」というジャンルのひとつです。

課題曲解説の記事(課題曲3「インテツメッツォ」前編)でも書きましたが、芸術とは、「メッセージを相手(の心)に届けるための手段」です。

とても素敵なものを手に入れたから(生み出したから)みんなに知ってほしい、
自分が正しいと思うことを、多くの人にも共感してもらいたい、
それは間違っている!と思うことを、多くの人にも共感してもらいたい

様々なメッセージを、音に託して伝える行為が音楽です。

芸術は時として言葉のように直接的ではありませんから、そのメッセージが何なのか少わかりにくいときもしばしばあります。
ですので、それがたとえ憶測(それが作者のメッセージとは違った)としても一向に構わず、自分自身の考え、イメージすることが芸術そのものだと思います。


[読解]
そういえば国語の授業でも出てきましたよね、「読解問題」。
表面的にはこんなストーリーでしたが、作者は結局何を伝えたかったのでしょうか?というヤツ。

あなたは文章の読解、得意ですか?苦手ですか?

小説(物語)も芸術のひとつですから、音楽と同じように何らかのメッセージが込められているはずなのです。

若干乱暴な言い方になってしまいますが、作者にとっては結局、伝えたかったテーマが重要なのであって、その手段として設定した舞台や時代背景、出演者というのは、すべて道具にすぎないと考えてもいいかもしれません。


読解なんて難しい言い方しなくても、もっと身近にメッセージってたくさん転がっています。

あなたがもし(年齢的なものではなく)大人であれば、こんなふうに思ったこと、きっとあると思います。


「幼い頃見た絵本やアニメ、今見直してみると印象が違う」


例えばアンパンマンとかガンダムとかドラえもんとか何でもいいのですが、幼い頃というのは、バイキンマンが悪さしててアンパンマンにアンパンチ受けて飛んでいくと「ヤッター!」ってなったり、ザクがガンダムに攻撃されて爆発して「ガンダムつえー!」ってなったり。そんな感じだったと思うんです。
でも大人になると、もっと深く考えられるようになる。バイキンマンってもしかして、本当は悪い子じゃないのかもしれない、とか。ジオンも地球連邦もお互いが正しいを考えて戦っているんだな。戦争って正義とか悪じゃないんだな。とか。

そこからもっと深く考えてみる。それが作者のメッセージと違ってもいいからいろいろ考えてみる。

それが読解力だと思うのです。


[表面的なものばかりを受け取るから、炎上が起こる]
ここからは僕の主観として受けて止めてもらいたいのですが、最近はますます表面的なものを表面的にだけ受け止める人が増えてきたように感じます。

SNSなどのインターネット上でよく話題になる「炎上」がそのひとつ。


個人アカウントのTwitterで以前、こんなことをつぶやきました。







ユニ・チャームのCMでお母さんが子育てに奔走するストーリーです。これが炎上をしました。
なんでも、この映像にお父さん(男性)がほとんど出てこず、お母さんばかりが子育てをして、大変な思いをしている。女性だけが育児をしているいわゆる「ワンオペ育児」を肯定しているのでは、ということで話題になり、炎上したそうで。



「ワンオペ育児」っていうネーミングからもう人間味がなく。嫌悪感を抱きます。

ちょっと待ってほしいんですよ。

もちろん、物語をどう捉えるのかは個人の自由であり、それについて何を言おうが結構なのですが、最初から批判的な姿勢でしか見ておらず、指摘できるものを粗探しした捉え方すぎないか、と思うのです。

見方を、このCMを作った企業に変えて考えてみてください。企業はいわゆる「ワンオペ育児」を日本中に浸透させよう、育児は女性がするものだ!と訴えたくて、たくさんのお金と時間と人間を使って企業の顔であるCMを作ったとは考られません。

そもそも、そんな理念を持った会社がここまで成長しません。

否定的な捉え方を持ち、炎上させた人たちに言いたいのです。

「この物語の中に込められた本当のメッセージ」を読み取り、それを受け取ってください。その努力を惜しまないでください。

このCMに限らず最近では「SNS映え」する食べ物や「おもしろ動画」などの表面的なものばかりが瞬間的に流行する時代だなと感じています(それは楽しいから否定はしません)。ただ、なんでもかんでも表面的な浅い、心に到達する前に反応できてしまうような直感的面白さばかりを追い求めるのではなく、もっと深いところまで考えてみたり、相手の本当のメッセージが何なのかを受け取る自身の能力をもっと育てる努力をしてほしいのです。

クレーマーとか、モンスターペアレントとか、そういった人たちも、結局は相手の真意やメッセージ、なぜそうしたのかをまったく理解しようとせずに(受け取ろうとせずに)自分を優位に立たせ、自分の都合を最優先するために、自分の子どもまでもそのための道具として利用し(ウチの子に何かあったらどう責任とってくれるの?!というセリフはまさにそれ)、粗探しをしているだけにしか見えません。
みっともないし、人間が持つ貴重な能力である豊かな心やイマジネーションを全然発揮していない。とても残念です。


[音楽における「伝える技術」]
あなたが例えば昨日とっても面白いテレビ番組を観たとします。
翌日、その面白さを友人に伝えるとき、自分の持つイメージを可能な限り理解してもらえるように工夫や努力をする必要があります。

そうしないと全然伝わらなかったり、下手をすると違う解釈をされ、誤解を招く恐れもあるからです。

会話の流れ、チョイスした言葉、緩急や間(ま)、簡潔なまとまり、表情、トーンなどが上手であればあるほど相手は理解してもらえるでしょう。こういった技術を仮に持っていなくても努力すれば伝わりますが、苦労は伴いますから「伝えるための技術」は持っていたほうが何かと便利です。

音楽もまったく同じです。音楽で言うところの「伝える技術」とは、ピッチやテンポの正確性、音色やテクニック、表現力などの演奏技術全般を指します。

しかし、これらの技術はあくまでも「伝えるための技術」なのですから、「伝えるもの」「伝えたいもの」がなければ何の役にも立ちません。

伝えたいこと、伝えるべきことを持たずに、ただ表面的なことばかり(ピッチやテンポ)に意識が向いてしまうのは、例えて言うならプレゼントの外装にめちゃくちゃ気合いを入れて、箱の中身がカラッポだった、といったようなものです。

ということで、聴く人に届ける演奏をするならば、もちろん日々の演奏技術の向上(=テクニックの練習)は大切ですが、それは「伝えたいことを的確に届けるために行なっている」のである、ということを見失わないでください。

次回もこの続きを書いていきます。

それではまた来週!



当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:41, 荻原明(おぎわらあきら), 本番・合奏練習

-, -, pookmark