smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
profile


荻原明トランペットウォームアップ本発売のお知らせ

まるごとトランペットの本

不定期開催トランペット特別レッスン

ラッパの吹き方フェイスブック

ラッパの吹き方bot

     
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1300以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
recommend
ISM (トランペット) アーバン金管教則本
ISM (トランペット) アーバン金管教則本 (JUGEMレビュー »)

トランペットの技術をマスターする上でも非常に重要な教則本です。荻原が講師をしているプレスト音楽教室でも多く使用しています。
recommend
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版)
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版) (JUGEMレビュー »)
全編リップスラーしか書かれていない究極のリップスラー教則本です。全てを練習するというよりも自分のレベルに合わせてできる場所から練習すると効果的です。
recommend
Technical Studies for the Cornet
Technical Studies for the Cornet (JUGEMレビュー »)
Herbert L. Clarke
アーバン金管教本と平行して練習したいテクニカルな教本です。最初は難しく感じるかもしれませんが、同じリズムであらゆる調が掲載されているので、非常に効率的にフィンガリング(指使い)の練習ができます。
プロ奏者や音大生の多くもベーシックなウォームアップ練習として使用しています。
recommend
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング (JUGEMレビュー »)
バーバラ・コナブル,ベンジャミン・コナブル
「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『呼吸』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『からだ』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
mobile
qrcode
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories
links




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説) | main | 課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 後編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説) >>


課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 前編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説)

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい





みなさんこんにちは!

只今、「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」と題しまして記事を書いております。
今回取り上げる課題曲3が最後の解説となります。他の作品に関しては以下のリンクよりぜひご覧ください。課題曲をご存知ない方にも理解でき、参考になる内容になっています。

==============================

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象

==============================


そして今回から課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 です。

今年度の課題曲が発表されたときに保科先生の名前があり、とても期待度が高まりました。

保科先生といえば僕の中では大昔の課題曲だった「風紋」がとても印象深く心に残っています。僕は中学3年生のときの吹奏楽コンクールの「自由曲」としてこの作品を演奏しました。課題曲として発表されてからかなり経過してからです(そう言っておかないともっと年上に見られちゃう(笑))。

吹奏楽といえば管楽器も打楽器もみんなでドンチャンドンチャン大賑わいのイメージばかりだった中学生の僕にとって、保科先生の持つ世界観、吹奏楽でもこんな音楽が奏でられるのか、という新しい体験をさせてもらった作品です。

今回の「インテルメッツォ」もやはり保科節と言ってもいいでしょうか、美しい管楽器アンサンブルの世界が終始繰り広げられています。

やはり保科作品の中心軸にあるのは「うた」だな、と思います。

そこで今回の記事では「うた」「うたう」ということについて掘り下げてみます。


《「うた」ってなんだろう》
音楽の世界では「うた」「うたう」という言葉が頻繁に出てきますね。

トランペットを始めたばかりの頃、先生に「もっとうたって!」と言われ、「楽器を吹いているのに歌えるか」と本気で思ったことを覚えています。もちろん、楽器を演奏しているときの「うたう」とは、声に出して「ラララ〜」とうたうのとは違います。

では、「うた」「うたう」とは具体的にはどういったことなのでしょうか。


[歌心]
美しい演奏を聴いたとき、「あの人は歌心があるね」という表現をします。

「うたう」+「こころ」=その人の心の中に「うた」がある

そんな感じでしょうか。


「うた」とは音楽や、その演奏のことを指していると考えられます。


では「心」とはどういう意味なんでしょう。非常によく使う単語ですが、説明するとなると難しいですね。
辞書で調べてみましょう。

====================================
こころ【心】
■人間の体の中にあって,広く精神活動をつかさどるもとになると考えられるもの。
1.人間の精神活動を知情意に分けた時,知を除いた情意をつかさどる能力。喜怒哀楽快不快美醜善悪などを判断し,その人の人格を決定すると考えられるもの。「―の広い人」「―の支えとなる人」「豊かな―」「―なき木石」
2. 気持ち。また,その状態。感情。「重い―」「―が通じる」
3.思慮分別。判断力。「―ある人」
4. 相手を思いやる気持ち。また,誠意。「母の―のこもった弁当」「規則一点張りで―が感じられない」
5.本当の気持ち。表面には出さない思い。本心。「―からありがたいと思った」「笑っていても―では泣いていた」
6.芸術的な興趣を解する感性。「絵―」
7.人に背こうとする気持ち。二心。「人言(ひとごと)を繁みこちたみ逢はざりき―あるごとな思ひ我が背子」〈万葉集538〉

■ 物事の奥底にある事柄。
1. 深く考え,味わって初めて分かる,物の本質。神髄。「茶の―」
2. 事の事情。内情。わけ。「目見合はせ,笑ひなどして―知らぬ人に心得ず思はする事」〈徒然草78〉
3.言葉歌文などの意味内容。「文字二つ落ちてあやふし,ことの―たがひてもあるかなと見えしは」〈紫式部日記〉
4. 事柄の訳根拠などの説明。また謎(なぞ)で,答えの説明。「九月の草花とかけて,隣の踊りととく,―は,菊(聞く)ばかりだ」
(スーパー大辞林より抜粋)
====================================

なるほど。そもそも幅広い用途があるから説明するのが難しいんですね。
では、前回の記事で書いた、アーティキュレーションをつける意味や方法が見えてこないときの対処法と同じように、こういったときは逆転の発想をしてみましょう。


「心がない」


これだと、どんなイメージを持ちますか?


冷たい、感情がない、人間味がない、そっけない、機械的


こういった感じでしょうか。
中でも「機械的」という表現はわかりやすいですね。

機械は、自分の意思や欲求を持っていません。
自分が「こうしたい」というものを実現しようと努力をしません。

それが人間と機械の(現在の)線引きだと思います。時間の問題なのかもしれませんが。

「欲」と聞くとなんだかネガティブなイメージで用いられることが多いのですが、相手に対して「自分の思いを伝えたい」「こう感じてもらいたい」「共感してもらいたい」「考えてもらいたい」とういった気持ちは決してネガティブなものではなく、特に音楽では必要不可欠です。ほとんどの場合、作曲家は何かを伝えたいから作品を書き上げています。音楽にはメッセージが込められていることがほとんどです。


ということで、「うたごころ」とは、「自分が思うことを、音楽(=うた)で聴く人へ伝える力」


と言えるのではないでしょうか。


【「伝える」方法はいくつもある】
テレビやインターネットで面白いもの、興味深いものをみつけたとき、他の人にも伝えたい、知ってもらいたいと思うことはよくありますよね。

「伝えたい」と思ったそのとき、あなたの心の中では「私の感情を理解してもらいたい」「共有したい」「共感してもらいたい」といった状態になっています。

そしてその伝達方法は、ほとんどの場合言葉やジェスチャーによって行われます。一番身近な手段だからです。


しかし「伝える」方法は他にもたくさんあります。


例えば文字におこすという方法。これによって生まれたのが小説やエッセイ、詩、ブログなどです。

視覚で伝える方法もあります。絵画や彫刻、書、写真、建築などです。

そして、音で伝える方法が、音楽です。

いくつかの方法を合体させたものもたくさんありますね。映画、演劇、歌舞伎、能、狂言、バレエ、オペラなど。


このような五感に直接訴えかける表現方法を「芸術」と呼びます。


しかし、使い慣れている言語(言葉、喋り)でさえ、自分の思ったことを理解してもらえるのは苦労がいります。
一生懸命に伝えようとする気持ちだけでは、相手の心に深く刻み込ませることは難しいのです。

方法を間違えると、まったく違う受け捉え方をさせる可能性もあります。例えば、明るく楽しい話題で、それを相手にも感じてもらいたいと思っていたにもかかわらず、声のトーンが低く、ボソボソと暗い顔をして話していたら、内容がどんなに楽しくても「これは怪談なのか」と思われるかもしれません。

そうならないためにも、自分が伝えたいことを的確に届けるにはある程度のテクニックが必要になります。言葉で伝える場合には「喋り」のテクニックです。発する言葉のスピード(緩急)やトーン、滑舌、リズム、強弱、間(ま)、わかりやすい文法や話題の展開、単語のチョイス、ジェスチャー、表情、視線など。

これらは音楽でも同じです。


[まとめ]
これまでの話をまとめてみると、こうなります。

 ■人間は心を伝える気持ちを持っている
 ■音楽は心を伝える手段のひとつ
 ■心を伝えるには技術が必要



【うたいかた】
では具体的にどのような表現方法をとるのがいいのか、という説明をしだすとこのブログ記事が終わらなくなってしまいますし、これまでの内容でご理解いただけたと思いますが、自分がどんなことを想い、その作品を介して伝えるのかによってメッセージは様々に変化していきます。
ですので、感情や作品それぞれのシーンの数だけ表現方法があるわけですから、ここですべてを伝えることは不可能です。

ということで重要なことだけお伝えします。


[自然]
ここで言う自然とは、「地球上」で起こりうる現象を指します。
話題が突然壮大になったように感じますが、とても身近なことです。例えば、以下をイメージしてください。

ボールを上に投げたら…しばらくして絶対に落ちてくると思いますよね。
重い物を落としたときと、軽いものを落としたときのうごきや結果は…絶対違いますよね。
矢を遠くへ放つとどんな軌道を描くか…イメージできますよね。
車や自転車が発車するときのうごきは…少しゆっくり動き出してから速度が上がりますよね。
ブレーキをかけて停車する電車や車は…徐々にスピードが落ち、やがて止まりますよね。

逆に、ボールを上に投げても落ずに浮いていたら、それは不自然であり、地球にいないのかな?と思うはずです。
さっきまでものすごい速さで走っていた電車が、前触れなくピタっと停車したらそれは現実ではない、と思うはずです。


演奏でも、例えばアウフタクトのメロディの出だしをほんの少し時間をかけて演奏すると、「うた」を感じます。テンポは一定でありキープするもの、と思われがちな音楽ですが、車や自転車がスタートしたときの運動に似ているテンポの揺れは、かえって「自然」なものと感じられます。

メロディ(フレーズ)の最後を、楽譜に指示が書いていなくても、少しブレーキをかけて演奏すると「丁寧さ」や「優しさ」を感じる演奏になります。

拍やビートから乱れずに均一な演奏をもとめられがちな音楽ですが、矢を遠くへ放った軌道のような長いフレーズ感でメロディを演奏すると、気持ち良い流れが生まれます。そのとき、多少のリズムのずれやテンポのゆれがあったとしても、強いフレーズ感を持った演奏であれば違和感がありません。


これらは地球上でおこる当たり前のうごきなので「自然」なのです。
「自然(=地球上で起こるであろううごき)」な演奏は聴く人に安心感や共感を与えます。


人間は呼吸をしています。呼吸は自然であり、必要不可欠な存在なので、それが音楽に組み込まれているか、も大切な要素です。
よく「カンニングブレス」とか、「できるだけブレスをしないで長く演奏する」とか「打楽器だからブレス関係ない」とか聞きますが、まったく違います。
メロディでもなんでも、音楽は呼吸を感じられる瞬間が定期的に存在していなければなりません。「ブレスは悪」「(本当はしてはいけないので)コソコソブレスする」といった意識を持っているからこそ、ブレスが音楽と一体にならず、違和感を生み出してしまうのです。ブレスはしっかり時間をかけてとることを基本と考えてください。


[不自然]
しかし、最初から最後まで自然体でいすぎると、リラックスはできますが刺激がありません。
音楽は地球上にいながらどんな表現もできてしまうわけですから、ときには想像を裏切る「意外」な演奏をするのも面白いです。

上記の真逆な表現をする、ということですね。

「うたう」表現には、そういったものも含まれて良いと思います。


[不安定]
テンポや運動について書きましたが、他にも音色の変化やヴィブラート、強弱なども含めた多様な「うた」の表現ができるようになると、より聴く人が引き込まれていく演奏ができるようになります。

しかし、どんなに美しい表現であってもそれを濫用しすぎて不安定になったり、TPOにそぐわないものだと逆効果になってしまいます。


そういったことも念頭に入れて、まずはとにかく機械のように演奏しないことを目指してください。


また、音楽は必ず「サイズ」が存在しています。テンポと拍子、そして小節数によって演奏する時間が決まっているのです。ですから、たとえばうたおうと思ってアウフタクトに時間をかけたり、テンポをゆるめっぱなしにすると、あらかじめ与えられた時間枠に収まらない事態が発生します。
これでは音楽になりませんから、注意が必要です。
テンポが緩まったら、どこかでそれを清算できる箇所が必要になります。

ただ、それは作品や場面、そのときの演奏によって変化しますので、ここでは具体的なことは言えないのですが、こう覚えてもらえるといいかな、と思います。

 ■メロディ以外を音楽を基盤として尊重する(メロディにすべてが合わせていくわけではない)
 ■フレーズの入りや終わりのタイミングは揃うようにこころがける
 ■緩めたら取り戻す時間を設け、常にプラスマイナス0になるようにこころがける
 ■和音が変わる瞬間は、うたい込みすぎず、タイミングを合わせる

こんな感じでしょうか。

ちなみに、うたうのはメロディに限ったことではありません。作品全体が最初から最後まで機械的にならないことが「うた」なので、演奏者全員がうたを感じて演奏することが大切です。ただ、心の中にある「うた」を具体的に表現として出すか、そうではないか、もしくは他の奏者の「うた」を感じて共感したり、うたい込みすぎないように一定の流れをキープするなど、それぞれの役割や意識がどうであるかは変化します。

ぜひたくさんの上質な演奏を聴き、「うたう」とはどういうことか、そしてどんな表現方法があるのかを研究してみてください。

奏者の数だけ「うた」があります。


ということで、今週はここまでです。
また来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。






当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

JUGEMテーマ:吹奏楽


at 07:30, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2017

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://trp-presto.jugem.jp/trackback/522