smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile


noteBana03.jpg



recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説) | main | 課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 前編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説) >>


課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説)





みなさんこんにちは!

只今、「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」と題しまして記事を書いております。
すでに課題曲1「スケルツァンド」と課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」、課題曲5「メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜」の記事は掲載していますので、以下のリンクよりぜひご覧ください。課題曲をご存知ない方にも理解でき、参考になる内容になっています。

==============================

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象

==============================


そして前回から課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 について書いております。前回の記事はこちらからご覧いただけます。


《アーティキュレーション記号の表現》
この作品にも多く出てくる「アーティキュレーション記号」ーーアクセントやスタッカートといったそれぞれの音に対しての演奏の仕方の指示記号ですが、具体的にどう演奏していいのかわからない、という声をよく聞きます。

スタッカートだったら音を短く、アクセントだったらタンギングを強く…確かに大雑把な言い方をすればそれも間違いではないかもしれません。
しかし、ここで視点を変えて考えて欲しいのです。

「作曲者(編曲者)は、どんな演奏をしてほしくてこの記号を付けたのだろう」
「作曲者(編曲者)の中にある完成したイメージとはどういったものだろう」

演奏者側として見た楽譜は「指示書」「マニュアル」のような印象を持ってしまい、「指示されているからその通りやらなきゃ」と、なんだか他人事のような受け取り方をしがちです。しかしそれらの記号ひとつひとつには作曲者の思い、どのように演奏して欲しいか、という気持ちが込められています。

ということは、「その『音符』をどのように演奏すべきか」をもっと視野を広げ、「その『メロディ』は(作品の中で)どのような演奏になることを作曲者は望んでいるのか(どんなイメージを持って作曲したのか)」とまずは考えてみましょう。

もし、もっとイメージを広げることができるのであれば、「この作品(場面)はこのように演奏できたらベストだろうな」と、作曲者の持つイメージを汲みつつ、自分だったらどう演奏するのか、というところまで発展させられるのが理想です。

ただテンポ通り音価通りの機械的な演奏ではなく、イメージを膨らませ、表現力を豊かに発揮して演奏してください。


[イメージがわかないときは]
でも、どうしてもイメージが湧かない、どうやって演奏していいのかわからない場合はこのように考えてみましょう。

「もしその記号がなかったらどんな演奏になるのか」
「その記号と真逆の演奏をするとどうなるのか」

逆転の発想です。

例えばスタッカートが連続している場面があったとします。その部分をわざとテヌートのような真逆の表現で吹いてみましょう。
すると、その演奏は「作曲者が一番望んでいなかった表現」の可能性が高いわけです。

他にも、アクセントのところをわざと棒読みならぬ棒吹きで演奏してみるとか、スラーのところを全部区切ってみるなど、とにかく真反対の表現をしてみます。

このように作曲者のイメージに近くのが難しい場合は、一旦遠ざかってみると比較対象ができて見えてくるものがあります。
ぜひやってみてください。


《ダイナミクス変化の仕組みと演奏方法》
この作品の最後に「fp(フォルテピアノ)+クレッシェンド」が出てきます。
fpは様々なジャンルで要求される奏法ではありますが、なかなか上手に表現できない方が多いように感じます。

なぜか。

それは、fp以前に「ダイナミクス(強弱)の変化を感覚的に行っている」ことが原因ではないか、と思うのです。

そこで今回は、ダイナミクス変化の原理から解説してみたいと思います。


[音量の変化はどこで行われているのか]
音量変化は、「体内の空気圧」によって変化します。みなさんフォルテで演奏するときのほうがお腹にかける力を(無意識であっても)強くしていますよね。詳しいことはここでは割愛しますが、いわゆる「腹筋」に力がかかると腹圧が高まり、横隔膜を下から強く押し上げ、その結果肺を中心とした空気が充満しているところの圧力も高くなります。これがフォルテ時の「体内の空気圧変化」です。


[空気圧は他にも作用する]
体内の空気圧変化によって音量は変わりますが、空気圧が高くなると、同時にアパチュア(唇部分で作った空気の通り穴)を通過する「空気のスピード」も変化します。

空気スピードが速くなると、音のピッチが上がります。
この空気スピードの変化が同時に起こることを理解しているかで、音量変化のクオリティが変化するのです。


[f(フォルテ)演奏時]
大きな音量で吹こうとしてお腹により強い力をかけるところまでは良いのですが、同時に起こるピッチの上昇を抑えなければなりません。
かと言って、アパチュアやその周辺を意識的に変えてしまうと音色を悪くしたり、ツボからずれてしまうことになるので他の方法でピッチコントロールをする必要が出てきます。
こうなると手段はひとつ。「口の中=舌の位置やうごき」を使います。

舌が上アゴから離れていけばピッチは下がるので、fで演奏するときは(それよりも弱い音と比較して)、舌を下げぎみ(口の中を広め)にすることでバランスを整えます。


[p(ピアノ)演奏時]
p演奏時はこの逆です。

fのときと比較して音量を下げていく場合は、空気圧を下げる(お腹の力を少しずつ弱める)とともに、高いピッチを出す方向に舌を移動(口の中の一部を狭く)して、ピッチを上げる状態にします。


このように同じピッチの音を出していても、音量が違えば口の中のセッティング(ピッチコントロール)も変化する、ということなのです。


[cresc.(クレッシェンド)/deceresc.(デクレッシェンド)]
音量が徐々に変化していくcresc.やdecresc.(dim.)の場合は、それらが演奏中に変化していきます。cresc.の場合はお腹の力をかけていくにつれて口の中を広くしていきます。

ところでcresc.はできるけど、decresc.が苦手、うまくいかない(うまくいっていない)方、多くないですか?
音量を小さくしていくと、ノイズが増えたり音色が悪くなったりピッチが上ずってしまったり…。この原因はアパチュアでコントロールしてしまっているからなのです。

音量を下げようとお腹の力を緩めていったとき、同時にピッチが下がっていくことに気づき、ヤバい、なんとかしなきゃ!と咄嗟にアパチュアや口周辺でピッチを保とうとしてしまうと、途端に音色が悪くなってしまいます。

こうならないためにも、

 1.アパチュアは音色を生み出すための仕事だけ!意図的にコントロールしない!
 2.口の中(舌とアゴ)でピッチコントロール
 3.お腹で音量をコントロール

と、それぞれの役割をわけておくことが大切です。


[fp(フォルテピアノ)]
ということで、fp(フォルテピアノ)を表現するためには、ひとつの音の中で素早くからだをコントロールする必要があります。

ただ、fpというのは名前の通り「fのあとpにする」という指示ですから、「f」であると聴く人が理解できる程度の時間は必要です。よく音を出した瞬間に、あまりにも素早くpにしようとしてしまう方がいますが、それだと受ける印象はfpではなくなってしまうかもしれません。

もし可能であれば、イメージしていた結果と実際の演奏のギャップがなくなるまで、自身のfpの演奏を録音し、聴いてみましょう。そして、他の奏者とどのくらいの時間fの状態をキープするか、演奏の統一を目指して一緒に練習してください。


ということで、今回はアーティキュレーションの表現と、強弱の付けかたについて解説しました。
ぜひ課題曲にも反映させてくださいね。

それではまた来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。



JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:08, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2017

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://trp-presto.jugem.jp/trackback/521