smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg











eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 講習会に参加するメリット | main | プレスト音楽教室 トランペット特別レッスンのお知らせ(講師:荻原明) >>


苦手を克服する方法 1















みなさんこんにちは!

今回の記事は、経験年数が長い方に比較的多いお話です。


《できないことがずっとできない》
「あー、このパッセージ、苦手なんだよなあ」「この音域出せないなあ」「ダブルタンギングができません」

苦手なことはもちろんあります。にんげんだもの。

しかし、その苦手、できないこと、どれくらい前から続いていますか?
「これ苦手なんだよなぁ」と、いつから思っていますか?

しかも、気付いているだけでなく、それなりに意識して練習しているのに、なかなか結果にあらわれない、なんてことも多くありませんか?


そこで今回は、「苦手」がなぜ克服しにくいのか、そしてどのような方法が解決へと導くのか、書いていきます。


《苦手が克服しにくい原因》




苦手が克服しにくい原因は、様々あると思うのですが僕の経験上、一番多いのが

「自分の今持っているスキルの範囲内で解決しようとしているから」

だと思っています。

特に「ハイノート(高音域)」は顕著で、レッスンでも難しい、苦手だとおっしゃる生徒さんが非常に多くいらっしゃいます。
その理由のひとつがまさに「今持っている方法」でなんとか出そうとしてしまうことが、逆に出しにくい、もしくは大変な思いをしないと出せない、という結果に繋がってしまうのです。

今まで取り入れたことのない(スキルとして持っていない)ベストな方法(具体的なことはここでは割愛します)を模索して、頭でわかっていたとしても、どうしても今までしてきた方法ーーお腹に力を入れすぎてしまったり、口周辺にギュっと力を入れてしまったりーーと、無意識にベストではない方法を取り入れたり加えたりすることで結果に繋がらないことが非常に多いのです。

また、ハイノートを出すための具体的な方法を実現するための、直接的には関係なさそうな様々な要因(ここでは割愛します)を意識していなかったり、おろそかにしていたり(直接的なことばかりが頭の中いっぱいになっていたり)、追求しなかったりこれまでの習慣のまま放置してしまうことで、結果に繋がらない、といったこともよくあります。

あとこれは可能性の範疇を超えませんし、言い方が良いか悪いかわかりませんが、場合によっては「新しい方法を今更取り入れるなんて…」という思いが心の片隅にあることが足かせになっているのかもしれません。


《実力というフィールド》
僕の著書「トランペットウォームアップ本」に書きましたが、自分の今持っている実力は、自由に動き回れるフィールドのサイズと比例していると考えています。

例えば、やっと音を出すことしかできないトランペットを始めたばかりの方はフィールドがとても狭いため、様々なうごきを見せなければならない協奏曲やテクニカルな作品は今はまだ到底吹けません。また、要求されたことに対して的確に、しかも様々に演奏できる人ほど持っているフィールドが広い(=実力=できること)が多い、ということです。


《ウォームアップと基礎練習》
よく、ウォームアップと基礎練習を混同してしまっている方をみかけます。
僕はこれらを明確に区分しています。

[ウォームアップ]
ウォームアップとは、自分の「今」持っている実力を最大限に発揮できるコンディションに整えるために行う「毎回(毎日)の最初に行う同じメニュー」を指します。
人間の体や精神は一定ではありません。調子が良い日もあればそうでない日もあります。にんげんだもの。
しかし、自分の演奏に関しては、そのコンディションのバラつきを理由にするのは良くありません。毎日一生懸命練習していたのに本番の日に調子悪かったとして、「本当はもっと良い演奏できるんだよ!」なんて言い訳もただ虚しいだけで自分が辛くなります。

そうならないために、常に一定のメニューを取り入れて、理論的な面からコンディションを一定にする「作業」をウォームアップと呼びます。
自分の持っているフィールドを自由にうごきまわれる環境整備、といった感じです。

[基礎練習]
自分の持っているフィールド(=実力)を広げる行為です。
要するに、今まで自分の持っていなかった、もしくはモヤモヤと不確実だったものを明確に自分の実力にする時間です。

はっきり言って「面倒臭い」です。

なぜなら基礎練習は、常に「持っていないものを自分のものにする」ことばかりが続くので、研究や実験、工夫と努力の末の成功と失敗の繰り返しだからです。
本気でやるには時間もかかりますし、あまり追求しすぎると「あーーーーもう!!なんでできないんだよ!」とメンタルに響く場合もあり、時間配分や心の持ち方などに配慮してバランス良く行わないと結果が伴わないかもしれません。

基礎練習に関しては第三者からアドバイスやヒントをもらえると効率が良く、それが「レッスン」を受けることのテーマのひとつと言えます。
レッスンは、単にフィールドを広げるだけでなく、強固な地盤を持った素晴らしいフィールド、要するに変な癖も持たない方法を身につけるためにも有効です(教える人のレベルによります)。

基礎練習の範囲は多岐に渡り、具体的なテクニックの取得だけでなく、からだの使い方や知識、歌い方などの表現力、音楽へ向かう姿勢や感受性などもこれに当てはまります。

実力といフィールドは広いほうが良いのですから、基礎練習は尽きることのない挑戦とも言えます。基本的には永遠に終わらないので、慌てることなく、意欲的に楽しくできることが理想です。


ということで、ウォームアップと基礎練習はまったく違う目的を持っています。ひとくくりに「練習」と呼んでしまわないように、明確に分けておきましょう。


今回はここまでです。
それでは、また次回!




【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】

「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:33, 荻原明(おぎわらあきら), 練習に対する考え方

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。