smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 吹奏楽コンクール課題曲2016トランペット解説【1.マーチ・スカイブルー・ドリーム / 矢藤学】前編 | main | 吹奏楽コンクール課題曲2016トランペット解説【2.スペインの市場で / 山本雅一】前編 >>


吹奏楽コンクール課題曲2016トランペット解説【1.マーチ・スカイブルー・ドリーム / 矢藤学】後編


















みなさんこんにちは!

先週より課題曲1「マーチ・スカイブルー・ドリーム」の解説をしております。
現在、課題曲2を残してすでに掲載を終えています。これまで書いてきた課題曲解説の本文をご覧になりたい方は以下をクリックしてください。

課題曲4.マーチ「クローバー・グラウンド」前編
課題曲4.マーチ「クローバー・グラウンド」後編
課題曲5.焔 前編
課題曲5.焔 後編
課題曲3.ある英雄の記憶 〜「虹の国と氷の国」より 前編
課題曲3.ある英雄の記憶 〜「虹の国と氷の国」より 後編
課題曲1.マーチ・スカイブルー・ドリーム 前編


では、今週は曲に沿って書いていきます。
この作品を演奏しない、という方も、きっと参考になることがたくさん書いてあるはずですので、とりあえず一度ご覧いただければと思います。


【冒頭】
[ダブルタンギングは表現方法のひとつ]
冒頭部分の印象的なファンファーレは、サックスやユーフォニアムも一緒に演奏しているとは言え、この動きは金管だからこそ発揮できるスタイルですから、ほぼトランペットに託されている場面と言えるでしょう。

ここはダブルタンギングで演奏することが好ましいと考えます。「え、シングルでできるよこれくらい(俺シングルタンギング速いもん!)」なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。

「俺、シングルタンギングでこのテンポまで速めてできるようになったぜ」といった「シングルタンギング速い速い自慢」は、「ハイノート出る出る自慢」の次くらいに耳にします。リップトリル速い速い自慢なんてものありますね。

確かに、シングルタンギングで速いリズムを演奏できるならば、それはそれで表現の選択肢が広くなるわけですから大変結構なことです。しかし、ダブルタンギングやトリプルタンギングは「シングルでできない人が妥協して行う方法」ではありません。

シングルタンギングでは表現できない独特な「演奏表現方法のひとつ」なんです。

ダブルタンギングでファンファーレを「タカターン!」と吹くのと、シングルで「タタターン!」と吹くのでは、同じメロディであっても受ける印象は変わります。ダブルで演奏した時特有の「音符どうしがやや接近している印象」はトランペットをはじめとした金管楽器特有のかっこよさを醸し出します。一方、シングルで演奏すると「丁寧さ」や「正確性」「落ち着き」の印象を与える力を持っています。

ですから、どのように表現したいのかでどちらのタンギングを使うのかを考えることも必要であり、この場面では、シングルでできるできない関係なく、全員がダブルで演奏することが望ましいと個人的には考えます。

シングルかダブルのどちらで演奏するのか、パートで話題になることもあると思うのですが、常にどちらかに統一すべきだと僕は思います。「シングルでしかできないから」という人はぜひ沢山練習して身につけてください。「シングルでできるよこんなの余裕!」という人はまずその言葉を慎んだ上で、そのフレーズ、メロディはシングルとダブル、どちらが相応しいのかを「音楽的観点から選択」するようにしてください。

[ダブルタンギングの練習方法]
では、タブルタンギングの練習方法についても少し触れておきましょう。
タンギングはシングルも全て含めて「舌の使い方」に焦点を当てて練習しすぎてしまう場合がとても多く見られます。もちろん、舌によって行う奏法ではありますが、一番大切なのは「空気の流れ」を意識することです。
発音は、空気の流れや空気圧が存在して初めて「音(おん)」となり、舌の動きだけでは音にならないのです。

ですから、ダブルタンギングを練習する上でも、まずは空気の流れをしっかり確保し、意識することから始まります。
この作品の冒頭を使って練習してみましょう。



この楽譜を演奏できるようにするには、まずはすべてをつなげて吹けるようにします。



こうすることで、「このメロディは空気の流れ(ブレスコントロール)によって演奏できている」ことを自覚できますね。何度か吹いてみましょう。

次に、このように吹きます。



タンギングを添えても、空気の流れが遮断されずに吹けているかがポイントです。タンギングの方法によっては空気を遮断することで明瞭な発音をする場合もありますが、この場合は空気の流れを止めないタンギングの方法を模索しましょう。

これができたら、ダブルタンギングに変更します。空気の流れを意識できるようにオリジナルでは休符になっているアタマにも音符を入れました。



タブルタンギングであっても空気の流れを遮断しないで吹けるようになるまで研究を繰り返した練習をしましょう。
ここで詳しくは書きませんが、もうひとつ大切なことは「TKTK」の「K」の発音位置です。我々が日常発音している「K」、いわゆる「カ行」の発音は舌の奥(口の奥)で発音していますが、ダブルやトリプルの「K」はそこではなく、もっともっと前方位置の「T」のすぐ近くで行う、ということだけここに書いておきます。



ちなみに、この部分でいうところの八分音符はスタッカートで演奏するのが一般的だと思います。こういうのがきっと作曲者の言う「楽譜に書かれていない(中略)演奏をする上で自然に発生する表現」のひとつだと思います。


[ダブルタンギングはテヌートで演奏するもの]

ダブルタンギングというのは、素早いリズムで演奏することが通常です。
ですので、ダブルで演奏している時に、やたらとスタッカートぎみに表現しようと心がける必要はありません。聴こえてくる音は短い時間で次々と繰り出されていくのですから、結果的にスタッカートに聴こえてしまいます。

したがって、どんなに速く演奏する場面であっても、空気の流れを遮断しないで、テヌートぎみに吹けば、そのほうがむしろしっかりした音の連続に聴こえてきます。無理にスタッカートにする必要はありません。

ダブルタンギングについては過去の記事

タンギング7(ダブル、トリプルタンギング)
タンギング8(ダブル、トリプルタンギング)

を参考にして頂くか、これから始まる僕のトランペット講習会で、「タンギング」がテーマの日が数回あります。そちらに参加して頂けると非常に効率よくテクニックを身につけることができますので、ぜひご検討下さい。詳しくはこちらをクリック。
なお、上記の解説はトリプルタンギングにおいても同様の解釈です。


[吹き初めが休符の場合]
そしてもうひとつここで書いておきたいことがあります。
この作品はトランペットの吹き始めが休符になっています。このような拍のアタマや1拍目から音が始まっていない場面にはよく遭遇しますよね。ポップスやジャズでもとても多く出てきます。

こういった時、音を出すところが「吹き初め」と考えてはいけません。『最初の休符もメロディに含める』と捉えましょう。

どういうことかと言うと、演奏するとき、我々は空気を取り込んでタンギング準備をし、舌をオープンする(音が出る)、という流れで演奏をしていますね。そのときの「音を出し始めるところ=音楽(メロディの始まり)」と解釈すると、フレーズを表現できない場合がとても多いのです。



この作品の場合は、冒頭の八分休符がそれにあたります。この八分休符から吹き始めるつもりで呼吸の流れから音を出すセッティングまでを行います。もちろん、休符ですから音を出すわけにはいきませんが、舌がタンギング準備を完了していれば、口の中から空気が漏れ出ることはありませんから、意識も体も、休符の部分ですでに吹き始めている状態にしてしまいます(舌で密閉されているので実際には音が出ていない)。

「音は出さない(出せない)けれど、休符もメロディ部分と捉えてすでに演奏している状態」です。

休符の部分は舌で密閉していますから、空気を外に出せず「ストレス」を感じることでしょう。そのストレスが、1拍目のウラにある音符に対して強い力で開放され、より推進力のあるフレーズを生み出せるのです。

休符も含めて音楽と捉える。これは非常に大切なことですから、他の作品で出てきた時に思い出して下さい。


【練習番号B】
[2nd,3rdの方へ]

1stのみ、アウフタクトからメロディとして参加します。では2nd,3rdはもう少しの間ボーっとしていて良いかというと、もちろんそうではありません。

話がそれますが、みんながワイワイ盛り上がっているパーティ会場やカラオケ、飲み会などの席に後から参加したことありますか?僕はあれ、すごい苦手なんですね。最初からみんなでワイワイやっていれば何てことないのですが、途中から参加するとあのテンションに最初ついていけず、どうしたらいいか非常に戸惑ってしまうんです。みなさんはどうでしょうか。

何の話かと言いますと、この練習番号Bのように1stだけ先に演奏していて、2nd,3rdが後から一緒になる場面の時、自分の出番のところだけ意識して吹き始めようとすると、音楽に乗り遅れてしまうのです。

これ、結構聴いている人に「なんかずれたぞ」と露骨にバレてしまいます。

ですから、2nd,3rdの人たちはぜひ、練習の時には1stと一緒にメロディを吹いてみましょう。合奏ではもちろん一緒に吹けないでしょうが(指揮者に一度だけ吹かせてくれるようにお願いしてもいいかもしれません)、ともかく自分の演奏する箇所だけが音楽ではなく、ずっと演奏に参加しているのだと意識して合奏に参加してください。

[ジャンプするメロディ]
このメロディは八分音符の間に休符が入っています。
メロディの間に休符が含まれている場合、どのように表現するかを必ずイメージして演奏しましょう。

この部分はどのように演奏すると自然な表現になりますか?

ひとつの案としては「軽やかに飛び越える」というのはいかがでしょう。
その表現を実現するためにはどのようなブレスコントロールやタンギングをすると良いか、ぜひいろいろ研究してみてください。

参考までに過去の記事「スタッカート」や「「走る」ということについて3」も読んでみてください。


【練習番号C】
いわゆる「Bメロは中低音楽器がメロディ担当」のシーンで「この時トランペットは裏打ちをする」という更に定番シーンですが、ここであまり一生懸命に吹かないようにしましょう。その理由は「バテ防止」だけでなく、一音一音を一生懸命吹きすぎることでフレーズ感(音楽の流れ)をせき止めてしまい、非常に重々しく聴こえてしまうからです。

タンギングの質にこだわり、形をはっきり出すことを第一に、トロンボーンなどの近くにいる楽器のメロディをよく耳に入れてアンサンブルをしてください。音を短くする意識が強すぎると、「音」としての存在を忘れて「打楽器」のようなアタック音だけの演奏をしてしまいがちです。必ず「1つの音がたとえ短くても、全パートに音律があり、みんなで和音を作っている」ことを忘れずに演奏しましょう。

この場面は木管楽器の多くも同じことをしていますから、トランペットが前面に出てきて音楽を先導する必要もありません。バランス感を重視しましょう。


【練習番号D 1小節前(1st,2nd)】
この部分の短いファンファーレはトランペット(とユーフォニアム)だけで演奏している部分です。かっこよく「ダブルタンギング」で決めて下さい。その直後のアウフタクトに現れる主題に勢い余って流れ込まないようにしましょう。切り替える時間がないのですが、役割としても立場としても別物ですから、個人練習を積み重ねて、上手に切り替えられるようにしましょう。


【練習番号E 2小節前 Trio】
転調し、それを聴く人に感じさせる最初の動機をトランペットが担当しています。

この部分のように、順番に音を出して積み重ねていく表現を「ベルトーン」と呼びます。ベル(鐘)のように聴こえるからそう呼ばれているのだと思いますが、よく「ベルなんだから音を出したらすぐ抜いて」とfp指示をする人がいます。しかし、それをあまり極端にしてしまうと「積み重なった(和)音」がよくわからずベルトーンの魅力を充分発揮できません。音を強く張れ、とは言いませんが、やたらと音を抜こうとせず、しっかりと和音を積み重ねている自覚を持って演奏して下さい。ぜひパート練習でじっくり研究したいところですが、客観的にどう聴こえるのかを重視しないと意味ないですから、いろんな人に聴いてもらったり、録音してみたり(録音方法には注意が必要)、工夫して練習をしてみましょう。

また、この部分で重要なのは2ndの実音Hです。この音を聴いた時に「あれ?何か(雰囲気が)変わった?」と聴く人は強く感じることでしょう(転調します)。だからといってやたら強く吹いたり、特別なことをする必要はありません。きちんとバランス良く、ツボに当たった良い音で吹ければそれで充分です。

自分のパートだけでなく、結果的にこの部分はどんな和音を奏でているのか、トランペット奏者全員が予め自覚しておきたいところです。個人練習やパート練習の時に、ピアノなどを使って和音を確認し、各自インプットをしてから吹いてみましょう。


【練習番号E】
この場面は演奏はしていませんが、ミュートをセットする時間です。
結構時間があるので、余裕を持ってセットすることはできますが、とても静かな場面です。変に勢いを付けてねじ込むと「キュッ!」とコルクが鳴ってしまう恐れがあります。ゆっくり丁寧に付けましょう。(かと言って緩く入れると演奏中に落ちるかもしれないので注意)

参考までに過去の記事「ミュート1」「ミュート2」を読んでみてください。


【練習番号F】
この場面にしかない、しかもトランペットしか担当していない伴奏リズムです。課題曲マーチにたびたび出てきますね、こういうの。
手が抜けないのです。この先もずっと吹かないといけないのに。

ともかく、ここはすべてシングルタンギングでいくのが良いと思います。2拍目がシンコペーションの書き方をしていますが、あまり大げさに意識的なシンコペーションの表現をする必要はないと思います。「シンコペーションによって推進力が強まる」ことができる演奏はまわりにも良い影響を与えられると思いますので、丁寧に練習してください。

しかし、テンポが速い中での演奏ですから、2拍目真ん中の八分音符にもスタッカートを付け、結果的に1拍間すべて16分音符で吹いてしまうのが良いと思います。練習番号Cと同様、スマートに、しかしリズムをしっかり聴かせるためにタンギングの質にはこだわりましょう。ミュートをしている時には音がモゴモゴしやすいのですが、これは音のツボに当たっていない時顕著にそうなってしまいます。音のツボにしっかり当てるコントロールを得るために、まずはそれぞれの音をロングトーンで見つけてください。その後、楽譜のリズムで練習してみましょう。

もし1つのパートを複数人で吹いているようでしたら、この場面はそれぞれ1本ずつにしてもいいかと思います。交代制にすれば、この後にくるすぐミュートopenのシーンも慌てずに済みますし。
ミュートの素早いopenの仕方も、先程リンクしたミュートの記事に書いてありますので参考にしてください。


【練習番号G】
冒頭と同じ練習をしてみましょう。どんどん和音が変わって、聴いていても吹いていても不安定で気持ち悪い流れではありますが、こういった場面こそ前後の音程感が曖昧にならないよう、声に出して歌ってみるなどのソルフェージュの力で安定性を高められるよう心がけましょう。

前回の記事(前編)に書きましたが、作曲者曰くこの作品はテンポの変化がありません。ですから、練習番号Hに入る時にも、いわゆる「タメ」をしないように注意しましょう。感覚的にそうしたくなるとは思うのですが(こういったスタイルの作品の演奏経験がある人は特に)、むしろ突っ込んでいくくらいの気持ちがないと、どうしても重くなってしまいます。

また、この場面はフォルテがまだ1つです。次の練習番号Hからがff(フォルテシモ)ですから、頑張って吹きたい場面ではありますが、まだもう少しガマンしましょう。推進力のある音と明瞭なタンギング、そして感覚的テンポをしっかり持ち、スピード感溢れる演奏をすれば、f(フォルテ)でも力強く感じさせる演奏はいくらでもできます。決してデシベル的要素だけで強弱を捉えないように注意してください。


【練習番号H】
[バンド全員での音量競争にならないで!]

Animatoと書いてあるので、通常でしたらテンポは上がるはずですが、前回の記事に書いたようにテンポ変化はしないと作曲者からコメントがありましたので、気をつけて下さい。

生き生きしたメロディを表現するためにはまず「音形(音のキャラクター性)」を統一させます。具体的には「八分音符以下はスタッカート(歯切れよく)」「四分音符以上は音価を守ってしっかりテヌート(推進力を作る)」にします。

これだけ守って統一させれば、それほど頑張って吹かなくても曲の求めている雰囲気はしっかり出せます。

吹奏楽でよくやってしまうのが、音量競争です。特にTutti(全員での演奏)時に f や ff が出てくると、ここぞとばかりにみんなが一生懸命デシベル的大音量を出そうと頑張ってしまいます。中でもトロンボーンなどの猛烈に大きな音が出せる楽器や、太鼓やシンバルなどの噪音楽器は、一台だけでも全員をかき消してしまう威力を持っているので注意が必要です。

音量ばかり大きくして注目を集めようとしている政治家の街頭演説って、「うるさい」と思うだけで聞きたいと思いません(むしろ離れたい)。
それよりも美しい声やイケメン声で心地よく耳に入ってくるほうがよっぽど魅力的で聴きたい!と思うはずです。

生き生きとした雰囲気や力強い響きは、筋肉に負担をかけて絞り出すものではありません。それぞれの楽器がその楽器らしさを失わずに響かせるための様々な「コントロール」が大切です。

ぜひ街頭演説ではなくて魅力的なサウンドで演奏するように心がけましょう。


【練習番号 I (1st)】
さて出てきました、トランペットソロ。他の数多くある課題曲マーチと一線を画してユニークな箇所ですよね。

しかし、何か特別なことをしようと思う必要もありません。ここまでのffの演奏そのままで突っ込んでいくほうが失敗もしないし良いと思います。
ひとりで吹くわけですから、相対的な観点からすれば結果的に音量もfに落ちますし、場面が変わるわけでもないので吹き方も変える必要はありません。

ですので、僕が思うに、ソロのためにその前を休ませておいて、変な緊張感を煽るよりは、その前からずっと吹いていて、シレっとソロも担当してしまうのが一番安定すると思います。

吹く人も周りの人も、あまり特別扱いしないほうが良いのではないでしょうか。

ただ、少しヴィブラートをかけて「ソロらしさ」を感じさせるのも良いと思います。結局はソロを務める奏者のセンスですね。



ということで、課題曲の曲解説を一回で書くのは文字の量が多くてしんどいです(笑)。読んで頂いている方もしんどいですよね。申し訳ないです。来年からは3回か4回に分けて書こうかな。

ともかく、この作品を演奏する団体が一番多いであろうと勝手に予測していますので、ぜひパートの皆さんで読んで参考にして頂ければ幸いです。


次回からは、ついに最後、課題曲2について書いていきます。
次回も曲解説に留まらない記事にしますので、演奏されない方もぜひ読んでくださいね。

また来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 05:50, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2016

-, -, pookmark