smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ミスを活用する(後編) | main | 頭ではわかってるのにできないのはなぜ? >>


楽器を構えていると軸が傾いてしまう


















みなさんこんにちは!

今回は頂いた質問から。楽器の構え方についてです。

============================================
手首と楽器の傾きについて質問です。
構えた時に(自分から見て)右に傾いてしまうことがあります。両手首、ピストンボタンが右側に傾く状態です。
その状態が一定しているならいいのですがまっすぐに構えても演奏中に傾いていったり、最初から傾いていたりと不安定です。
吹き始めは安定していることが多く、楽に吹けない音域に挑戦したあとになりやすいです。
どうしたらよいでしょうか。(一部修正、抜粋)
============================================


構え方なんて楽器持てればなんでもよくね?と思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。
しかし、個人レッスンをしていて感じることは、この楽器の構え方がパフォーマンスの向上を邪魔しいる原因であることも結構多いということ。
そこで今回は、楽器の構え方、持ち方について書いてみます。確認の意味も込めてぜひ読んでみて下さい。


《基本はまっすぐ》
結論から入りますが、トランペットの構え方(今回はマウスピースを軸として回転する角度について)は基本、まっすぐ(ピストンがまっすぐ上を向いている状態)であるべきだと考えています。
その理由は簡単です。以下の写真のように右腕の手首の角度を変えてみて下さい。


このようにまっすぐ持つのが基本です。


今回の質問者さんはこのような状態になってしまうとのこと。


このように逆に手首が折れてしまう場合も考えられます。

これらの写真の状態で、楽器があればピストンを押してみましょう。手元になければ押す時の動きで構いません。
この中でどれが一番楽に動かすことができますか?

まっすぐですよね。手首が曲がっていると、腱(けん)のうごきが鈍くなるので、トランペットのピストンアクションにも大いに影響が出てしまう、ということです。素早い動きだけでなく、リズムに合わせて正確に運指を変化させていくことにも影響が出ます。フィンガリングが苦手、という方、もしかして構え方が原因だったりするのかもしれません。


《左手首の動きが楽器の角度を変えている》
右手首について書きましたが、楽器の角度を変えているのは逆の腕、左手と考えられます。トランペットはどちらかと言えば左腕を中心に楽器を構えています。

そして今回の質問者さんは、「楽に吹けない音域の時に楽器が傾きやすい」と書いてありました。楽に吹けない音域というのは、きっとハイノートの時でしょう。


《手首が内側に動く時》
ところで、手首が内側に動く(動かされる)時って体にどんな力をかけた時だと思いますか?どんな動作をした時に手首が内側に向かうでしょう。

それは、強く握りこぶしを作った時ではないかと思います。では、握りこぶしを作った時、もう少し範囲を広げて観察するとどんなことが起きているでしょう。

まず、腕全体の筋肉が強く働いています。上腕に力こぶを作る時など、まさにその力です。そして肩に力がかかっていきます。肩に力がかかっている時、脇周辺、肩、胸、背中、首などにも力がかかっていることがわかると思います。上半身のかなり大きい範囲に力が入っているのです。

ですから、質問者さんはハイノートを吹く時に、これらの力がかかった状態になっている可能性があるのです。単なる楽器の傾きと考えていても、よく観察してみると演奏上、不利になる力を使ってしまっていたのかもしれないということです。


《楽器を構える時に必要な力》
楽器を構える時に最低限必要な力は、

・楽器を落とさない
・一定の角度を保ち続ける

この2点だけです。
楽器を落とさないのは当たり前なのですが、そのために強く握りしめる必要はありませんね。筋力で落とさないようにするのではなく、持ち方を工夫して落ちないように心がけるほうが合理的です。いくつかの支えるポイントが安定していれば、持っているトランペットが落ちるなんてことはまず起こりません。

(余談ですが、楽器の持ち方(指の位置)で、結構大変そうな方が多いように感じます。例えば、手が小さいのに左手薬指と小指を3番管の下に持っていく、いわゆる「マシンガングリップ」という持ち方。プロでもこういった持ち方をしている方がいらっしゃるので、もしかするとそれを真似しているのかな?と思ったりもするのですが、マシンガンが持ちやすいと感じてその持ち方をしている方は、基本、手が大きいのだと思います。中に収まらないからそうしているとかも考えられます。
要するに、自分が一番安定する握り方を研究し、決して憧れのプロの奏者がそうしているから、という理由だけで真似しないほうがいい、ということです。アンブシュアや姿勢に関しても同じです。余談でした。)

安定した楽器の持ち方ができたら、肘だけをゆっくり曲げて楽器を持ち上げてみてください。その動きだけでマウスピースと口がかなり近づくと思います。あとはほんの少しの微調整だけで吹ける状態になるはずです。
ですから、肩の力はかける必要がないのです。

トランペットから音を出すことに関しては、これまでにも幾度となく書いてきましたが、息が流れて唇が振動すれば音は出ますし、その音の高さを変化させるためには舌やアゴの動きが中心となっていますから、音の高さによって肩や背中、胸、首に力をかける、ということはまったく必要がないのです。


《傾きは警告》
今回の「吹いているうちに楽器の角度が変わってしまう」という悩みを解決するためには、体の使い方を見直すことが必要だとわかりました。

「楽器の角度が傾くから(そう指摘されたから)じゃあまっすぐに直そう」このストレートな発想だと、一向に直らないか、かなりの時間がかかってしまうと思われます。
ですから、楽器が傾いていることに気づいたら、それは体の使い方に対しての警告と捉えることが良いと思います。

楽器の角度が変わってしまう根本的な原因を見つけて、そこから意識し、直していく。この流れは今回のお話に限らず、楽器の練習、音楽の練習において非常に役立つ考え方です。

今悩んでいること、解決したいこと、練習中に気づいた(良くないな、と感じた)ことを解決したい場合、ぜひその原因の根本はどこにあるのかを見つけるようにこころがけてください。仮にそれが見つけられなくても、直すことができなくても、この考える行為そのものが必ず成長する要素になります。

ということで、また来週!

当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:02, 荻原明(おぎわらあきら), 構え方・操作

-, -, pookmark