smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ベルが極端に下がってしまう(前編) | main | 指摘のジレンマ >>


ベルが極端に下がってしまう(後編)


















みなさんこんにちは!
先週から、こちらの質問について書いています。
演奏している時、ベルが極端に下がってしまう(顔が上を向いてしまう)というお悩みです。

==================================
私は吹く時、ベルが下がり顔は上に向いています(あごを突き出すようになっています)。周りからよく吹きにくそう、きつそうと言われます。私は歯並びの関係で顎が下がっており、顎を出して吹こうと思うのですがとても吹きにくいです。どうしたら良いですか?
(一部抜粋、修正)
==================================


前回の記事では、「本当に歯並びの問題なのか」というテーマで、正しいセッティングの仕方や順番について再確認し、歯並びが悪くない僕もベルを下げようと思えばかなり下げることができてしまう、というところまで書きました。

よろしければ前回の記事を読んでいただいた上でこちらの続きをお読みいただければ、と思います。(前回の記事はこちらをクリック)


《ベルが下がるようになってしまった原因は?》
前回の記事の最後に、「もし歯並びが直接的な問題でないとしたら、これらが原因になっているのかも」という可能性をいくつか挙げてみました。

 ・最初に教えた人がの影響
 ・ベルが下がってはいけない(まっすぐでなければならない)という風潮
 ・楽器を支える筋力の不足/構え方の問題
 ・誰かの見た目を真似した結果

今回はこれについてまず書いてみます。


[最初に教える人の影響/ベルを下げてはいけない、という風潮]
様々な吹奏楽部のステージ演奏を実際に目の当たりにした時だけでなく、動画や写真などで偶然拝見したものも含め、トランペットとトロンボーンのベルの高さが演奏中、完全に一致しているところが数多くあります。

人間の体型や骨格などに個人差がある以上、トランペットを構えた時のベルの高さ、そして一番演奏しやすい角度にも個人差があります。したがって、偶然奏者のベルの高さが一列に揃うことなど考えられず、これは意図的に合わせているのだ、ということがわかります。

僕もはこれがとても疑問で、気持ち悪ささえ感じてしまいます。
マーチングバンドでしたら、演奏表現以上に動きなどの見た目が考慮されますからベルの高さを統一するという「パフォーマンス」要素が追加されることは納得いきます。音楽芸術という要素よりもスポーツに近いものですから。
しかし、ステージで演奏するプレイヤーの構え方や、今回は話題に出ていませんが姿勢全般についても統一する方向に意図的にさせているその考えが理解できません。

あまり言うと愚痴みたいになってしまうのですが、大切なことなのでしっかり書かせてもらいます。

「なぜ奏者にとって吹きにくい可能性のある姿勢で演奏させるのでしょうか」

ベルの高さを統一される指示をした指導者(その伝統(笑)を否定せず、そのままにしている指導者も含む)は、それぞれの奏者の最大のパフォーマンス(演奏能力)を発揮させない吹き方をさせて、なおかつ「演奏に関する指示、指導」をさせているという矛盾についてどう考えているのか、ご意見を聞かせていただきたいです。

「ベルの高さがバラバラだと何か不具合でもあるのでしょうか」

楽器を構えた時に、ベルが真正面を向く人というのは少数派です。多くは、若干ベルが下がった状態がベストな角度になります(歯並びよりも噛み合わせによるもの)。しかし前回の記事でも書いた通り、クラリネットを吹いているかのように極端に下がった角度でないと吹けない人は極めて稀(まれ)ではないかと思います。

音を出しているところ(唇の振動)、そしてその音をコントロールする重要な部分(顎、舌など)が奏者自身のベストな位置、角度があるにもかかわらずベルの高さの統一を優先しているのは、それぞれの奏者の力が発揮できないことにつながります。よって音質の悪化、ピッチが定まらない、音域が狭い(高音域、低音域がきちんと出せない)、したがって様々な演奏技術が正しく身につかないので楽譜に書いてあることが表現できない、という悪循環に陥ります。それだけ最重要な部分を、単なる「見た目」のほうにウエイトをかけているのですから、変な話だな、と僕は感じるわけです。

そして、ちゃんと演奏する(音を出す)ためにベルを若干下がり気味にしたいけれど、指導者から「ベルを真っ直ぐ前へ!」と言われるものだから、仕方なく「首を反らす」「背中を反らす」「肩をあげる(脇を開ける)」の運動を開始してしまいます。

首を反らせば喉が詰まり、空気の流れを遮断します。首は舌の筋肉が張り巡らされていますから、舌のコントロールができず、ロックされてしまいます。肩をあげれば結果的に胸や首を絞めることにつながり、呼吸の循環や演奏に必要な身体の部分のコントロールが発揮できなくなります。

背中を反らすことに関しては、全部を否定はできません。この動きは腹圧が高まり、スピードのある息を生み出すことができるので、使い方が正しければ演奏する上では重要なものになります。しかし、あくまでもこれは演奏する時に限って必要なもので、ブレスをする際には必ず解除しなければなりません。そうしないと空気がほとんど肺へ入ってこないので常に息苦しい状態になってしまいます。
演奏中はベルを上げ続けなければならない。これは見た目な要素から来ている指摘でしょうから、きっと演奏中のブレスをする瞬間もこの姿勢を崩すことがないはずです。よって、演奏し続けていればいるほど息苦しくなり、正常な演奏ができなくなってしまう、ということになります(空気不足の演奏は、本来楽器演奏に必要のない身体の様々な力がかかるから)。



これでもベルの高さを統一させますか?



[楽器を構える筋力が不足している/構え方の問題]
小学生や身体の小さな中学生に起こりやすいのですが、楽器を構え続ける力が足りずに、演奏中だんだんとベルが下がってきてしまいます。その結果、マウスピースの支点が下唇に移動してしまいます。
また、楽器の持ち方によっては、楽器が重く感じやすくなったり、ベルが必要以上に下がり気味になってしまうこともあります。

構え続ける力が弱い場合は、筋トレも推奨しますが、長時間構え続けさせず、休みを多く取らせながら常に演奏するにふさわしい構え方を確認(自覚)してもらいます。
また、トランペットは長くて重く感じやすいので、最初の段階ではコルネットで始めてみるのも良いと思います(コルネットはトランペットのようにベルが前へ伸びていないので、重心バランスが安定しています)。


[誰かの見た目を真似した可能性]
憧れのトランペット奏者がそう吹いていたから、という理由だけで形から入るとベルが極端に下がってしまうかもしれません。ベルが下がる、というよりも真下を向くというべきでしょうか。誰とは言いませんが(笑)。
音楽的表現や、音色を目標にして真似てみることはとても大切なことですが、姿勢などに関しては何度も言いますが個人差があるので完全コピーをすることはできないのです。無理が祟って逆効果になる可能性のほうが高いですから、見た目を真似するのは避けたほうが良いでしょう。


さて、2回に渡って「演奏中ベルが極端に下がってしまう」というお悩みについて書いてみました。

普通に考えたら、日常生活において自分が一番自然でいられる動き、姿勢、状態になっていくものなのに(それが健康的、医学的に正しい方向性であるかは別として)、自分にとって違和感があり、結果としても得るものがない動き、姿勢、状態をしているのは、外部からの指摘(指示、命令)か、もしくは何か器具等を誤って用いているからでしょう。本当はやりたくないのに、という気持ちもなくなるくらいそれが習慣化してしまい、疑問すら持たない人も多いのでは、と思うと、このブログを読んで気づいてくれる人がひとりでも増えてもらえればと願ってやみません。

人間は肩を上げて上を向き続ける姿勢が楽なはずがありません。しかし、ベルを下げたほうが吹きやすいと思っている奏者が(それが正しい奏法であるかは別として)、上を向き続けなければならないのは、第三者からの指摘、指示、命令、そうしなければならない暗黙のルールがあるからでしょう。
指導者というのは、新しいこと、知らないことを伝えていくことだけでなく、その団体や個人に存在する解釈や伝統の中にある正しいこととそうでないことを速やかに判断する力も必要ではないかと思うのです。

いろいろと愚痴めいたことを書いてしまいましたが、大切なことですのでしっかりと書かせてもらいました。

それでは、次回はまた違う話題を書いていきます。
また来週!

当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 05:51, 荻原明(おぎわらあきら), 構え方・操作

-, -, pookmark