smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 教わったことを自分のものにする | main | ベルが極端に下がってしまう(後編) >>


ベルが極端に下がってしまう(前編)


















みなさんこんにちは!
とんでもなく暑い日が続いています。水分をこまめに補給して倒れないように気をつけてくださいね。
トランペットは口の中が乾くとコントロールが上手くいきませんから、ご注意ください。

それでは、今回はこれまでに頂いた質問にお答えします。

==================================
私は吹く時、ベルが下がり顔は上に向いています(あごを突き出すようになっています)。周りからよく吹きにくそう、きつそうと言われます。私は歯並びの関係で顎が下がっており、顎を出して吹こうと思うのですがとても吹きにくいです。どうしたら良いですか?
(一部抜粋、修正)
==================================



コメントありがとうございました。
実際に見てみないと確実なアドバイスはできませんが、この吹き方になってしまっている方、結構多いですね。僕が見た限りの記憶なので統計的なものではないので正しいかわかりませんが、中学校の吹奏楽でトランペットを吹いている人が一番多いように感じます。そのあたりに関しては後ほど書きます。

では早速、ベルが大きく下がってしまうのはなぜなのか、いくつかの考えられる原因を挙げてみたいと思います。


《本当に歯並びの問題なのか》
楽器を吹いている時に上下左右に曲がってしまう状態を「歯並びの問題」と考えることが多いと思います。
確かに、歯並びによってはマウスピースを唇に当てた時、まっすぐ構えることができない場合もあります。

しかし、この質問者さんのように非常にベルが下がってしまい、なおかつ顔が上を向くということは、よほどの歯並びでないとそうならないのではないか、と思うのです。噛み合わせとかそういうレベルではなく、正常に食べ物を噛むことができないほどの。
もしもそうだとしたら、きっと僕のところに質問をしてくる前にとっくに歯医者さんに行って治療していることでしょう。

要するに、歯並びによるものが原因のすべてではないと僕は考えています。


《マウスピースの当て方、吹き方を再考しましょう》
そこで、マウスピースを唇に当てる時のことを順序立てて確認してみます。

[支点は上唇]
唇は上下で働きが違います。ですので、まずマウスピースを唇に当てる時に、ハンコを押すようにマウスピースのリム全面を上下の唇にベタっと乗せないように注意しましょう。
最初に上唇だけにリムを乗せます。柔らかな唇にふんわり沈み込むマウスピースのような感覚があると良いですね。押し付けすぎず、かと言って触れるか触れないかのような不安定な状態なのも良くありません。そして、一番大切なのは、

「マウスピースと唇が貼り付いている」状態であることです。

例えばリップクリームや汗などでマウスピースがツルツル(or ヌルヌル or サラサラ)滑ってしまうと、位置を安定させるために口周辺の筋力を必要としてしまうからです。これは、音色の不安定さ、音域を広げられない問題点、そしてバテやすさを助長してしまいます。まずこれらに問題がないか確認しましょう。

上唇のみが貼り付いている時、口は軽く「ぽか〜ん」と開いておきます(顎の力を抜いた時、ほんの少しだけ唇どうしが離れている状態と考えてください)。この「ぽか〜ん」としている口の開きが、結果的に「アパチュア」になります。


[下唇『が』リムへ向かう]
マウスピースが上唇だけに貼り付いている時、下唇に触れてはいけません!とは言いません。触れていて一向に構わないのですが(むしろそれくらいでちょうど良い)、先ほども書いたように上唇と同じレベルでプレスをしないようにしていてください。
結果的には下唇もリムと貼りつくことになるのですが、こちらは貼り付ける順序が上唇と違うのです。

下唇がリムに向かっていく

ことが大切です。

※ここは言葉だと誤解を招きやすいのでできるだけわかりやすいようにしっかり書きますが、よくわからなかったら実践しないほうが良いかもしれません。今回の「ベルが下がる」問題を解決する最大のヒントがここにあるので書いているだけで、実際この内容は僕の個人レッスンで時間をかけてお話しと実践としている部分です。ですので、理屈だけ理解してもらえれば今回のところは充分です。

人間の唇をぐるりと囲むように「口輪筋(こうりんきん)」という名の筋肉が存在しています。
この口輪筋の主な働きは「口をすぼめる、尖らす」運動で、口笛を吹く時や、キスをする時、熱い食べ物を「フーッ」っと冷ます時などに使っています。
この下唇周辺の口輪筋「のみ」を使うことで、マウスピースのリムに向かって下唇が貼りつきます。

口は軽く「ぽか〜ん」と開いている状態で、下唇が口輪筋によってリムと貼りつきあったその状態で、顎全体を「閉じる」方向へ動かしていきます。「ぽか〜ん」の開きでは息の通り道としてはあまりにも大きいので、顎を使ってアパチュアのサイズを小さくしていきます。この動きによって、マウスピースよりも外側、口角近くの開いていた隙間も閉じることになります。

実際には下唇がリムに向かう動きと、顎が閉じていく方向への動きは同時進行です。


これらの動きによって、アパチュアの穴は確保しつつ、その穴の上下の唇の距離が近づいていくその経過で、振動が発生します(空気の圧力によってそのサイズはまちまちです)。なお、唇の振動はマウスピースや楽器の抵抗感があってこそ発生しますので、いわゆる「バズィング」のように唇をギュッと絞って振動させる方法とはまったく違うものです。


以上が唇の振動を正しく発生されるための順序とその方法でした。
これを元に質問の内容を再度検証してみたいと思います。


《ベルを極端に下げた時の状態を確認する》
楽器から音を出している時は、上唇とマウスピースはしっかりと密着しているため、結果として前歯(上)とマウスピースに唇が挟まれている状態と言っても良いと思います。
一方、下唇は、下唇のほうからマウスピースに接近しているぶん、上唇に比べればプレスの力は弱いと言えます。
ですから、この吹き方であれば前歯の生える角度が大きく影響しているとは言い切れないというのが僕の持論です。

では今度はベルの角度を優先した時に、マウスピースと唇がどのように接しているのかを確認してみましょう。

実際に楽器から音を出そうと構えた時、わざとベルを極端に下げていきます。
すると、下唇のほうにマウスピースのプレスが強くなっていくのがわかると思います。

僕はどちらかと言うと歯並びが良いほうですが、マウスピースの支点を下唇にすれば、クラリネットのようにかなりベルを下向きにすることができてしまいます。

しかしこれでは、かろうじて音を出すことはできますが音色も悪く、音域を変えることもほとんどできません。音を出した瞬間に「あ、もうバテそう」とすら感じます。
トランペットは可動できる顎全体(舌も含まれる)が音色も音域もコントロールする場所なのですから、そこを支点にして動けなくしてしまっては何もできなくなる、というのは容易に理解できるはずです。


結果として、根本的な吹き方の間違いがベルを大きく下げてしまっている可能性がとても大きいと考えられます。

では、間違った吹き方をなぜ身につけてしまったのか、思いつく原因をいくつか挙げてみると、

 ・最初に教えた人の影響
 ・ベルが下がってはいけない(まっすぐでなければならない)という風潮
 ・楽器を支える筋力の不足/構え方の問題
 ・誰かの見た目を真似した結果

これくらいでしょうか。
これらについては次回の記事で詳しく書いていこうとおもいます。
まずは、ベルが極端に下がっていて直したい!と思う方は最初のセッティングについてまず確認をしてみましょう。
ただし、奏法を見直すことは、様々な副作用が発生する可能性がありますので、確実に正しいことを教えてもらえる講師の指導のもと、行うことをおすすめします。また、本番前などに行わないようにしてください。音が出せなくなって余計に混乱してしまうかもしれませんので。

それでは、次回はこの続きです。
また来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:14, 荻原明(おぎわらあきら), 構え方・操作

-, -, pookmark