smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ミスと向き合う | main | スランプ、潰れにならないために 後編 >>


スランプ、潰れにならないために 前編


















みなさんこんにちは!

今回は「スランプ」そして「潰れ」についてです。


==================================
高校3年生で、小学校4年生のときから部活でトランペットを吹いている者です。
私は去年の夏頃から、いきなりスランプになってしまい、五線内のBb音さえまともに出すことができなくなりました。
1ヶ月ほど前からようやく五線内のBb音より上の音が出せるようになってきたのですが、それでも五線の上のF音までが限界です。

原因はいろいろあると思うのですが、今一番困っているのは、楽器を吹くときに、体にものすごく力が入ってしまって、ワンフレーズ吹いただけで体がくらくらして立ちくらみがするほどです。口にも力が入ってしまい、高音だけでなく五線下のBb音あたりでも口をものすごく締めてしまいます。
力を抜こうと思っても、音を出そうとするとどうしても力がはいってしまいます。
どうすればいいでしょうか。
(一部訂正)
==================================


というご相談でした。
この方へすでにお送りしたメッセージを元に、こちらにまとめてみます。なお、現在は質問を受け付けておりません。ご了承ください。

《「潰れ」とは》

785502のコピー.jpg

この質問の中で「去年の夏頃から」という言葉がまず目に入りました。これはきっと吹奏楽コンクールの練習がひきがねになっているのかな、と思ってお返事を書きました(実際にはコンクールが原因ではなく、他のいろいろなことの積み重ねが招いたことだったとお返事をいただいております)。

なぜ吹奏楽コンクールが原因だと思ったのかと言うと、コンクールの直前になってくると練習量が増え、普通のコンサートに比べるとピリピリムードになってしまうこともあり、しかも夏の暑い最中でのことですから体力的、精神的負担が重くなりやすいのです。

トランペットは存在的に勘違いされやすいのですが、こう見えてかなり繊細なんですよ。トランペット吹きなら共感してもらえますよね。ホルンの人にも共感してもらえるかと。。。
ただでさえ音を外しやすい楽器である上に、精神的な影響が露骨に出てきますし(これはどの楽器でも同じかと思いますが)、演奏している時はもちろんおおらかに、自信持って朗々と吹こうとは心がけているものの、その後ろでは、慎重さや神経質さが必ず見張っているような状態で吹いています。

ですから、体力的、精神的に負担をかけられるような言動が第三者からあると、結構まいってしまいます。指揮者や指導者から「音はずすな!」とか「ピッチ悪い!」とか言われると、その指摘(要求?期待???)を裏切らないようにと真っ先に「奏法」で試行錯誤をしてしまいがちです。奏法をいじりはじめると、本来追い求めている「音楽」というステージから1ランク下がってしまい、機械的な判断や、根拠のない(根拠の見えない)やみくもな奏法を繰り返し、挙げ句の果てに自分自身がそれまでどうやって吹いていたかがわからなくなってしまうのです。

音を出すって、どうやってしていたんだっけ?音の高さを変化させるって、どうするんだっけ?
あれ?マウスピースって口に当てるとこんな感触だったっけ?

そんな疑問を持ち始めてしまうと、ハイノートとか、そういうレベルではなく単純に「トランペットを吹く」方法すらわからなくなってしまいます。この状態を「潰れ」と僕は呼んでいます。「スランプ」という言葉もほぼ同じだと思います。

この質問メールを送ってきていただいた方は、まさしく「潰れ」、もしくは潰れ予備軍になってしまったのだと思います。


そこで今回は、「潰れ」を回避するための方法や考え方について様々な角度から書いてみたいと思います。
コンクールに出る皆さんはもちろんですが、楽しく健康的に楽器を吹き続けるための大切なことをいくつも書きますので、ぜひ多くの方にこれから書くことを覚えていただき、実践してもらえればと思います。



《ウォームアップの必要性 〜健康管理のバロメーター〜》
まずは何と言っても「ウォームアップ」です。活動時間の限られている部活動や、その都度練習場所をレンタルしている楽団にとって、全員で集合して演奏活動ができる時間は1分も無駄にしたくない、という気持ち、持っていませんか?とってもよくわかります。どんどん合奏して曲作りしていきたいですよね。
しかし、だからと言って集合して準備が整い次第いきなり合奏開始!もしもそんな流れで活動をしているところがあったら、ぜひ検討しなおしてもらえればと思います。

安直な例えですが、スポーツをする際、各プレイヤーが充分すぎるくらいのウォームアップをして体を温め、関節や筋を伸ばし、そして精神的に集中させる時間は当たり前のように長時間確保しています。

管楽器を演奏する際に、どのくらいウォームアップ時間を確保すべきかは、それぞれの奏者によっても変わってくるかもしれませんが、何にせよ、この時間を必ず確保させてあげること、そして各奏者は、その与えられたウォームアップ時間でどんなメニューを行うのかを常に決めておくことが大切です。

ウォームアップメニューや流れに関しては、こちらから過去の記事をお読みください(クリックでウォームアップカテゴリにジャンプします)

まだ楽器経験の浅い方などは、まずは負担がかからない程度の簡単なウォームアップメニューを決め、それを毎日(毎回)同じ流れで行ってみましょう。最初はよくわからないかもしれませんが、しばらく続けていくうちに「あれ?昨日はできていたのに、今日はいまくいかないぞ」と感じることがあるかもしれません(逆のパターンもあると思います)。

それに気付けた時、「昨日吹いていた時と今との違いは何かあるだろうか?」と、奏法面だけでなく、生活全般での身体的、精神的変化がなかったか思い出してください。できれば調子が良かった(そのメニューをこなせていた)時の状況を思い出して再現するように心がけると良いのですが、ともかく「自分はどんな音を出したいのかな?」「どんな吹き方ができるといいかな」と、イメージを強く持ち、決して機械的な作業だけにならないように吹いてみましょう。

このようにウォームアップは毎日同じメニューを繰り返すことで、自分の今持っている実力を確実に出すためのものですから、その目的以上の要求をしてしまう基礎練習(基礎合奏)と混同しないようにしてください。

 ウォームアップは今の実力をキープするためのもの(調子の悪い日を作らないためのもの)
 基礎練習は自分の実力を上げるためのもの

です。


《「潰れ(スランプ)」の予兆を見逃さない》
質問を送っていただいた方は「いきなりスランプに」と書いてありました。ご本人にも同じことをお伝えしたのですが、果たして本当に「いきなり」だったのでしょうか。

「なんか最近調子悪いなあ」
「今までできていたことが思うようにできないなあ」
「イメージする音質が出せないなあ(前はもう少し良い音出せてたはずなんだけどなあ)」

こんなことが、実際に調子が悪くなったと本格的に感じられる1ヶ月前くらいからなかったのかな?と感じました。

というのも、多くの場合「潰れ(スランプ)」になる前に少なからず予兆があります。

最初のうちは、自分自身にしかわからない「違和感」のような状態もあります。ですから、いつも横で一緒に吹いている友人に「ねえ、なんか音悪くなってない?」と聞いても「えー、そんなことないよ」と言われるだけだったり。それが本当に変化に気づいていないだけなのか、励ましやお世辞、気を遣ってくれているのかはわかりませんが、何にせよ、最初は自分でしか変化に気付けないくらい些細な違和感、不調であることがほとんどです。

その程度の状態であれば、毎日のしっかりしたウォームアップで回避できるのですが、それが何日も続くようになると、思ってもいない音の外し方をしたり、今まで出せる音域が徐々に狭くなったり、経験したことのないバテ方(これまでに経験したことのない顔面筋部分の疲労)や楽器を吹き始めて数分でバテてしまうような状態があらわれて、周りにもわかるようになっていきます。

そうならないためにも「潰れ(スランプ)」はできるだけ早い段階で気づき、対処することが大切です。

そしてこの予兆を本人以外の人、周りの一緒に演奏している人、特に指導する側の人が真っ先に気づいて欲しいのです。


《予兆を感じたら》

[本人がすること]
予兆(違和感)を感じたら、まずはウォームアップや中・低音域の狭い簡単な動き(非常にゆっくりな音の往復など)を休憩をたくさん取りながらリラックスして吹いてみてください。それをするためにも、自ら指導する人や友人、先輩など周りの人にそのことを伝えて、合奏やパート練習などを一時的に離れる許可を取りましょう。
もしも音が出ない、吹き方がよくわからなくなった、気分的に楽器を吹きたくない(楽器に触れたくない、見たくない)状態でしたら、勇気を出してそのことを伝え、お休みをさせてもらうようにお願いしましょう。言いにくい場合は一番伝えやすい人にお願いして伝えるとか、手紙を書いて読んでもらなどの対処をしましょう。
活動に参加する意欲があるなら、裏方でお手伝いをしたり、後輩を指導してあげたり、できることはいろいろあると思いますし、そうでなければ一時的に団体から離れてのんびり過ごすのも良いと思います。

[周りの人がすること]
なんだか調子悪そうだな、と思ったら今どんな状態か聞いてあげてください。そして、客観的にどんな状態に聴こえるかも伝えてあげてください。言い方や言う人との関係もあると思いますから、配慮が必要になってくる場合もあるかもしれませんが優しく聞いてあげてください。言いたくなさそうであれば無理に聞き出す必要もありません。
あとは、指導している講師や先生に伝えるなど、間接的な手助けをしてあげるのもいいかもしれません。
別メニューで活動したり(合奏などに参加しないなど)、欠席をしても周りの人たちが「なんであの子だけ合奏出なくていいわけ?!」とかにならないようにすることが大切でしょう。
ですから、調子を崩した本人が後輩であるならば、少し様子をみてあげたり、一緒にウォームアップメニューのような簡単なものを吹いてみるなど、ケアしてあげると安心するかと思います。

[指揮者、先生、講師がすること]
本来は本人よりも先に気づいてあげられると良いですね。演奏上のアドバイスが的確にできる人であるならば奏法的アプローチで練習メニューや時間配分、奏法的な話などでケアをしてあげてください。そうでない人ならば、お話を聞いてあげるとか(本人が話したいことだけで充分)、それによって練習の参加の仕方を変更してあげたり、合奏をお休みする許可を出したり、違う事務的な仕事をお願いしたり、思い切って数日休んでもらうなどの判断や指示ができるのであればそれで。とにかく最高に悪くなる前に対処をしてあげてください。同時に周りの人への対応もしなければなりません。

ともかく、何があっても絶対に「もっとちゃんと吹け!」とか、他の奏者と比較するとか、休ませないとか、そんな昭和な熱血指導は悪化する一方ですし、そもそも奏者が潰れてしまったりスランプになってしまう一番大きな原因は指導者にある場合(直接的、間接的ともに)が大きいと思いますので、注意が必要です。潰れてから休みにさせるというのも良くありません。できるだけ未然に防げるようにしてあげてください。


《潰れ(スランプ)になる原因》
潰れてしまう奏者というのは、とっても真面目で一生懸命で(手を抜くことができない)、責任感が強く、また、ネガティブな発想で自分を奮い立たせたり(自分なんてまだまだ!といつも思ってる)、周りからの反応や評価をとても気にするような方に多い気がします。

そこで、この質問をしていただいた方からの返信にも書いてあったものを含め、いくつか原因になってしまうことを書いてみたいと思います。

[練習時間が思うようにとれない]
例えばテスト勉強、テスト期間、塾や他の習い事などで、本当はもっと練習をしたいのにその時間や場所が取れない、というストレスや焦り。これがきっかけでウォームアップそこそこにおもいっきり曲を吹きすぎて調子を崩すなんてこともよくあります。
今の時期、まさしくテスト期間の方も多いはず。テスト明けはゆっくりと感覚を取り戻すように、ウォームアップ→基礎メニューなどに時間をかけて、いきなり合奏や曲練習をしないように心がけましょう。気持ちはとってもよくわかるのですが、こそはあえてガマンで!

また、テストが最優先なのはよくわかりますが、そんな中でも例えば30分や1時間、公共施設やカラオケボックスなどを予約して楽器を吹いてみるのもストレス解消になりますし、吹く感覚を忘れないためにも良いことだと思います。だいたい、ノンストップで休憩も取らずにテスト勉強をしている人なんてほとんどいませんよね?休憩という名の楽器を吹く時間があっても良いと思うのです。個人的には。


[楽器やマウスピースを最近替えた]
これも奏法的に影響が出やすいです。特にマウスピースのサイズ変化は、吹き加減が大きく変わるきっかけになります。
かと言ってあまり意識しすぎるのもよくありません。
僕としては、マウスピースを替えた半年から1年は様子見の時期と考えています。特に最初の1ヶ月くらいは、自分のイメージと吹き加減、その結果の音のギャップがある期間です。それを理解した状態で「このマウスピースはこんな反応をしてくれるんだな」と受け入れてあげましょう。「前と違う!吹きにくい!」としか思えないのであれば(マウスピース的/自分の性格的関係なく)、マウスピースを替えなければ良いだけです。今までのマウスピースの良さを感じてしまうのであれば、新しく変えた意味がありませんから、未練があるならば早急に元のマウスピースに戻しましょう。少しでも可能性が感じられるのであれば、それに賭けて、前使っていたマウスピースは目に入らない場所にしまっちゃいましょう(個人的見解です)。どっちつかずは良くありません。


[周りの人が上手というプレッシャー]
ある意味とてもよくわかります。周りの人って上手いですよね。なんであんな高音域出せるんだろう、なんであんな良い音出せるんだろう?なんであんなに指がまわるんだろうって思います。

でも、もしかすると周りの人があなたに対しても思っているかもしれません「なんであんなキレイに歌えるんだろう」「なんであんなに丁寧に吹けるんだろう」うらやましい、、、って。

そもそも、比較をする人は自分を低く評価する傾向にあります。周りの人と比較することで、「よし、自分も頑張るぞ」と前向きになれるならいいのですが、もし意気消沈してしまうのであれば考えないほうが良いでしょう。

その人はその人、自分は自分。

謙虚にならず、自信を持てること、なんでもいいので見つけてください。誰よりも音楽が好き!トランペットが好き!でも充分です。演奏して楽しければそれでよくないですか?

周りの人が上手なのは、その人を追いかけられる目標にもなりますし、その人の演奏で「いいなあ」と思えることは盗んで自分もできるように努力すればいいのです。そもそも上手な人と一緒に演奏できるって、いい刺激になってとっても楽しいことです。

今より上達したいのであれば、その方法はいくらでもあります。自分を卑下したり、相手を羨んだりする時間があるならば、実行に移したほうがよっぽど効率的だと思います。
上達するための手段はいろいろあります。自身の生活スタイルや、性格に合った方法を見つけてください。



いかがでしょうか。ここに書いたものはあくまでも一例ですから、その人の性格や環境の数だけ原因もあるはずです。まずは、もし調子が悪くなってきたな、と感じたらその原因は一体何なのかを冷静に見つめなおし、わかったらそれを回避、解消できる手段を考え、実行に移してください。

ということで今回はここまで。
次回は解決編を書いていきますね。

それではまた来週!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:46, 荻原明(おぎわらあきら), バテ・不調・緊張・ミス

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。