smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< メトロノーム | main | チューナーとピッチ、音程 1 >>


1日吹かないと3日戻る?


















みなさんこんにちは!

さて、部活や一般団体での演奏を中心に行っている方はこの時期なかなかトランペットを吹くことができないかもしれません。
年の瀬ですしいろいろと忙しくされているかと思いますので、トランペットの練習どころではないでしょう。せっかくのお休みですからそれも良いと思います。

ただ、年が明け、しばらくして通常の生活に戻った時、久々にトランペットを吹いてみたら、なんだか自分の口じゃないような感覚に陥ったことありませんか?
長時間楽器を手にしてなかったせいで演奏する感覚が薄れてしまっている、といった感じ。


自分が中学生の時に先輩などから言われた言葉に


「1日休むと3日戻る」


というのがあります。読んで字のごとく、一日練習しないと3日前の状態に戻ってしまうという意味ですが...



多分、元をたどれば「練習をサボると上手くならないよ」という意味をまるでおどかすように言い、毎日練習を続けさせるために作られたのでとはと思っています。


これ、あながち間違いじゃない気がしています。


じゃあ10日吹かなかったら1ヶ月前の状態にタイムスリップしてしまうのかと言われるとそれは当然ありませんが、実際に数日間吹かないで久々に楽器を口に当ててみると、違和感を覚えてしまったり、思うように音が出せなかったりすることは自分もこれまで経験したことがあります。

トランペットや他の金管楽器を演奏するというのは、アンブシュアを作ったり体全体のバランス調整で行っていることですから、毎日練習している人がいきなり数日間楽器を吹かなくなってしまうと感覚が鈍ってしまうのは当然のことです。
それを克服するためには、休んでしまった分を取り戻すための工夫した練習が必要になります。

それを踏まえて、2通りの考え方が出てきます。

■休む時は完全に休む
■工夫して休む日を作らない

どちらでも自分に合ったほうを選んで良いと思います。が、休みを作る方は練習を再開した時に少し注意して欲しいことがあります


《完全に休む人の再開時の注意点》

あるプロの外国人オーケストラプレイヤーの方の考え方を聞いたことがありまして、そのオケは夏休みになると数週間の休暇があるそうです。人によっては夏のセミナーなどに参加したり、ソロや室内楽を積極的に行ったりもしているそうですが、その方は完全に休暇を取って家族とバカンスに行くそうなんです。もちろんトランペットを持たずにのんびりと。

で、オケが再開する1週間前に帰ってきて、そこからは毎日初心に戻ってひたすらウォームアップ等の基礎的な練習を続けるのだそうです。
で、休暇前と同じコンディションに戻った頃にちょうどオケが始まるという流れを毎年計画的に行っているようです。

オンとオフを完全に切り替えるって、まるでプロ野球選手みたいですよね。


このことからわかるように、どんなに一流のプレイヤーでも長期間休んでしまった時は急に元には戻せないということ。
ですからこの年末年始に楽器を一切吹かなかった場合は、再開した時にいきなり元の時のようにおもいきり吹いたりせず、感覚を取り戻す無理のないウォームアップから始めることをおすすめします。


頭でわかっていても体がついていかないというジレンマを払拭するまでは無理をしないように心がけて下さい。


《楽器が吹きたくても吹けない方へ》
通常、学校や公共施設などで合奏や個人練習をしているという方は、年末年始はなかなか思うように練習場所を確保することができませんよね。
かと言って自宅でトランペットを吹くというのは近所迷惑になってしまって難しい。でも年明けまで一切吹かないのもイヤだと思っている方は、せめてマウスピースだけでも毎日吹いてみてはいかがでしょうか。

マウスピースに関しては、このブログで過去に解説をしてきましたが、(「ウォームアップ 2」の記事参照)

マウスピースだけで思い切り吹いても意味がありません。ですから、この場合は「セッティングの感覚を思い出すための時間」という認識で行って下さい。詳しくはウォームアップ 2を読んでみて下さい。

また、プラクティスミュートというミュートがありますが、これを使えば確かに音量が抑えられて集合住宅などでも気兼ねなく吹くことができますが、長時間、長期間これを使うのはおすすめしません。
プラクティスミュートというのはトランペットのベルから必要以上に空気を流さないようにして、音を小さくしています。ようするに出口を塞いでいるわけです。

トランペットで一番重要なのはブレスコントロール(=空気圧力コントロール)です。プラクティスミュートは息を必要以上に楽器に入れてしまうクセがつきやすいので(息が流れない+音がよく聴こえないため)、ミュートをはずして吹いた時に感覚を戻さないとサウンドが荒っぽくなっていたり、力んでしまうクセが付いてしまったり、発音が悪くなってしまうことが多々あります。

そもそも通常よりも圧倒的高圧状態で音を出すことは、コンディションに良いわけがありません。そうした高圧で吹くクセを戻すだけでも結構な時間がかかるかもしれませんから、プラクティスミュートでの練習はできるだけしないか、どうしても使いたい場合は「プラクティスミュートによって起こる通常の場合との違い」をしっかりと認識してから短時間、できるだけ楽に吹く(曲練習などはできるだけしない。また技巧的な練習もしない)よう心がけて下さい。

プラクティスミュートって。。。粗(アラ)が目立たなくなっちゃうので(音色にこだわる必要がなくなるので)、上手くなった気になりやすいんですよ(笑)その点も気をつけて下さいね。


ということで、みなさんそれぞれの年末を過ごしているかと思います。
また来年も書いていきますので、どうぞ「ラッパの吹き方」をよろしくお願いします!

それでは良いお年を!




当ブログの写真・記事等すべての無断利用、無断転載を禁止します。

at 11:11, 荻原明(おぎわらあきら), 練習に対する考え方

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。