smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 吹奏楽コンクール課題曲2015トランペット解説【2.マーチ「春の道を歩こう」/ 佐藤邦宏】前編 | main | 吹奏楽コンクール課題曲2015トランペット解説【1.天空の旅 −吹奏楽のための譚詩− / 石原勇太郎】前編 >>


吹奏楽コンクール課題曲2015トランペット解説【2.マーチ「春の道を歩こう」/ 佐藤邦宏】後編





















みなさんこんにちは!
只今「ラッパの吹き方」ブログでは、2015年度吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説を行っております。先週は課題曲2「春の道を歩こう」に頻繁に出てくる付点+スラーについてじっくり解説をしました(前回の記事はこちらからご覧ください)。今回はこの作品を順を追って書いていきます。


【冒頭】
まず1小節目と3小節目の4分音符は息の勢いがなくならないように(ひとつずつ叩きつけるような音にせず)次の小節のアタマの音に届く息で演奏しましょう。そうすることで、「舌で頑張るアクセント」から「息で表現するアクセント」になります。
前回の記事でちょうどこの小節も含めた動画を掲載しましたので、参考にしてみてください。



コツとしては、冒頭1拍目にある4分休符を単に「まだ吹かない時間」にするのではなく、この休符を「ストレス(パワー)を溜めるための時間」にすることです。1拍目からすでに演奏をしている様々な楽器と一緒に音楽を(感覚的に)開始し、でも休符のために音を出せないストレスを2拍目で解放しましょう。そのパワーが2小節目の最後まで届く威力を持っていれば、おのずとひとつひとつの音を叩きつけるように演奏することはできなくなります。
タンギングをしていても(それがスタッカートであったとしても)フレーズはつながっている、という点を常に持っていて下さい。

過去の記事に息とタンギングの関係を書いていますので、そちらも参考にしてみてください。
タンギング 5(息のタンギング練習)


6小節目でバンド全体が盛り上がりますが、7小節目で「sub.mp(すぐにmpに)」という指示により、突然落ち着きます。そのギャップをできるだけ大げさに表現するためには、(トランペットは吹いていませんが、バンド全体の解釈として)「mp」の表現にこだわるというよりも6小節目の最後ギリギリまでクレッシェンドをし続ける、音を抜かないことを意識してください。結果をコントロールすることは不自然につながります。したがって、具体的な結果を求めるのであれば、それまでの過程がどうであったか(どうしたか)、が重要なのです。


【冒頭の2nd、3rdのスラーについて】
なお、2nd,3rdを担当している方は、パート譜だけ見た時、冒頭2小節目1拍目についているものがスラーなのかタイなのか悩んでしまうかと思います。ハーモニーを作っていると、同じフレージングで書いた時にどうしてもこうなってしまうことがあるのですが、判断に迷った時は、まずスコアを見てみましょう。

春の道を歩こう02

動きのあるパート(ここでは1stトランペット)を参考にすれば、どのように演奏したら良いのかもわかると思います。ここでは1stがスラーで動いていますから、それに合わせて書かれているんだな、ということがわかりました。したがって、演奏としてはタイではなくてスラーですから、結果的に1stと同じフレージングで演奏ができれば良いということです。

春の道を歩こう03

楽譜にするならばこのほうが適切でしょうか。結局はタンギングをせざるをえないので、できるだけ1stと同じニュアンスで演奏できるように音の質や音の向かう方向性について研究し、1stと一緒に演奏してどう聞こえるかたくさん練習してみましょう。そのために2nd,3rd担当の方も1stの楽譜を練習してください。


【練習番号C〜】
ここからいわゆる「Bメロ」になります。コンサートマーチではBメロになると中低音楽器がメロディを演奏することが定番で、この作品ももれなくそうなっています。したがってトランペット他、高音域の楽器は伴奏を担当することになり、以下の譜例を担当しています。できるだけスタッカッティシモ(スタッカートよりも音を鋭く短く)演奏するのが良いでしょう。音の形をしっかり出しつつ、低音域のメロディをジャマしないようにそれぞれの音のサイズをコンパクトにすると立体感が生まれます。ただし、ハーモニーも同時に作っていることを忘れず、打撃音だけにならないよう、「音の中身」が充実した演奏を意識しましょう。
また、リズムが独特なので、16分音符の箇所は以下のようにシングルとダブルを使い分けると雑にならないと思いますので、やってみてください。

春の道を歩こう04


【練習番号D,4小節前アウフタクト〜】
フルートから受け継がれたメロディを担当しています。裏拍で動くことの多いメロディで、こういったリズムを「シンコペーション」と呼びます。
シンコペーションは簡単に言えば「わざと表拍をはずして動いているリズム」なので、それを聴いている人にも伝わるように演奏することが大切です。そうしないとリズム感のない演奏だと勘違いされる可能性があります。
しかし、スラーがつきまとうメロディですから、先ほども紹介した「タンギング 5(息のタンギング練習)」を有効に使い、表現すると良いと思います。ぜひ記事を参考に、練習をしてみて下さい。

そして楽譜上では「練習番号D 1小節前」の1拍目でffを迎えているので、ここでピークになっていると感じやすいのですが、その先を見ると2拍目の裏に山型のアクセントがあります。ですから、「練習番号Dの4小節前アウフタクトから始まったメロディはこの山型アクセントに向かっている」と考えて演奏しましょう。

そのあとから生まれる新しく担当するメロディ(練習番号Dアウフタクトから)は、その前までの影響を受けることなく、仕切り直します。冷静に軽やかに演奏してください。スタッカートとスラーのコントラストが聴いている人に伝わるように意識しましょう。


【練習番号E〜】
カップミュート指示です。ミュートの付けはずしにあまり時間がかけれらないので、上手なON/OFFをしたいですね。過去の記事「ミュート1」を参考にしてください。

カップミュートはメーカー(素材や形状)によっても音色がだいぶ違いますから、できるだけ同じものを使いたいですね。この曲では、結構カップミュートでの演奏箇所が活躍ポイントになっていますから、あまりこもりすぎて鳴らないものではなく、音の立ち上がりがハッキリしたものを選ぶと良いでしょう。


【練習番号G〜】
2小節目、4小節目は練習番号Eと同じ動きをしているのですが、ミュートをはずしたということで、先ほどよりも元気に吹いてしまいがちです。もちろん、雰囲気としては練習番号Gになって若干開放的になりましたが、スコアを見てください。
トランペットと同じ動きをしている木管楽器が増えました。しかも良くみてみると、それぞれ2拍目ウラからは木管楽器はトランペットの音よりも上に行っていますね。メインはトランペットではなく、木管楽器にある、ということです。ここは注意です。要するに、1stトランペットも、バンド全体からするとこの部分はハーモニーを作っているパートであり、メイン(トップ)の立場ではなくなっているのです。したがって、練習番号Eから何も考えずにずっとトランペット先導の意識で吹いていると、バランスが悪くなってしまいます。自覚を持った上で演奏して下さい。
そして、練習番号Gで同じ動きをしている楽器だけで集まり、セクション練習を行いましょう。


【練習番号G,5小節目アウフタクト〜】
トランペット+トロンボーンでファンファーレを演奏しています。金管楽器の魅力を伝えるチャンスです(ここくらいしかチャンスがありません)。この箇所で大切なのは、「3拍目にTutti(総奏)になる」という点。トランペットとトロンボーンの演奏で他の全員を連れてこなければならないのです。
「別に意識しなくてもみんな3拍目になったら入ってきてくれるじゃん」と思うかもしれません。もちろんみんな入ってきてくれるはずです。「1,2!ジャンジャン!」といった具合に。
しかし、それでは「アンサンブル」と言えません。単に同じ楽譜を同じタイミングで演奏している者たち、になってしまいます。アンサンブルというのは「音の会話」です。誰かが何か提案したり、アクションを起こした結果、誰かがそれに答えたり、反発したり。そういった「やりとり」をすることがアンサンブルです。各自がそれぞれ台本通りにタイミングを合わせただけのものは、アンサンブルと呼ぶにはふさわしくありません。ですから、トランペットがみんなを

「さあみんないくぞ!」

と先導できる演奏をして、他の楽器の人たちがが「トランペットとトロンボーンに乗せられて、思わず吹いてしまった!」音楽の流れになってほしいんです。

僕は以前、オーケストラでとても素晴らしいティンパニストとの演奏し、彼のとても強いカリスマ性と先導力のある演奏で、乗せられてしまった経験があります。決して悪い意味ではありません。多分オケ全体がそうであったと思います。どの楽器もティンパニが司令塔になって動かされているように感じました。そういった奏者がたくさんいる団体の合奏はとても刺激的で(彼らがその時その時、各自の立場を理解していればですが)、聴いている側もエキサイティングに楽しめます。僕は何でもかんでも予定調和の上で完成度を上げていけば良いとは決して思いません。台本通りの演奏は安定感があり評価がブレないのでそういった完成度を求めていく部活が多いのですが、たとえコンクールであっても、中高生であっても、音楽はそれではつまらないと思うのです。

話がそれてしまいましたが、練習番号Gの5小節目からのファンファーレはバンド全体で演奏しているんだ、自分たちが中心になっているんだ、という自覚を持って吹いて下さい。


【練習番号H,2小節前】
この部分のロングトーンは「盛り上げよう」と思うあまりに身勝手に鳴らしすぎないように注意しましょう。なぜなら、他のパートにはとても重要な動きをしているところがたくさんあるからです。
トランペットやトロンボーン、打楽器などは、編成によっては「うるさい」立場になる可能性がありますね。鳴らしすぎて他のパートがお客さんに聴こえないようでは、アンサンブルになりません。では自分たちトランペットが萎縮することなく、動きの違うたくさんの楽器とバランスを保ち、全員でクレッシェンドしていくにはどうしたら良いでしょうか。ポイントは、

「他のパートの音がきちんと自分の耳に聴こえていればバランスは保たれている」

という点です。自分の音で周りの音がかき消されている時には、客席にも同じように聴こえていると考えてください。トランペットという楽器の中での「ff」と考えてしまうと、例えばファゴットなどが限界まで鳴らそうとしてもかなうわけがありません。ですから、一緒に演奏している他の楽器が自分の耳に届いている状態をキープしていれば、客席にもバランスよく聴こえている、ということです。これは、どんな編成でもどんな時でも使えますから、ぜひ覚えておいてくださいね。


【練習番号H〜】
このメロディは吹きやすいし、クライマックスに向かっているので、ついつい吹きすぎてしまいやすいです。しかし、ここはまだ「f」。この後に「練習番号I」で「ff」が待っていますから、静に演奏して下さい。楽譜は、今演奏しているところだけに注目しないように、前後の関係がとても重要になりますので、いつでも視野を広く持つようにしましょう。
f(フォルテ)があるからff(フォルテシモ)の基準ができるのです。クレッシェンドが書いてあるのは、その時点から変化がある、ということ。そしてその先に結論が待っているということです。


【練習番号 I,4小節目〜】
ここでトランペットだけ一旦引き下がります(演奏しなくなります)。多分ドンチャン騒ぎのまま楽曲を終わらせたくなかったのでしょう。少し落ち着きを取り戻す(冷静さを取り戻す?)場所ですから、4小節目にあるデクレッシェンド指示は単に「音を小さくしていく(オーディオのボリュームツマミを操作する)」と考えず「木管楽器に主導権を(一時的に)譲る」「スポットライトを木管楽器に当てる」とイメージして下さい。そう考えることで音楽が立体的に表現されますし、7小節目アウフタクトで復活する時にも吹きやすいと思います。


【練習番号J,3小節目】
この部分も2分音符で伸ばしている奏者が多いのですが、いそがしく音階を吹いているフルートやクラリネットがいることを忘れないようにしましょう。先ほどの練習番号H 2小節前と同じです。


さて、いかがでしょうか。冒頭からざっくりとポイントを書いてみました。ぜひ参考に練習をしてみて下さい。
わからないところ、もっと具体的に聞いてみたい、教えてほしいことがありましたら、携帯アプリ「BOLERO」プレスト音楽教室にいらして下さい。詳しくはこちらの記事をご覧下さい


それでは、また来週!
来週は他の曲の解説です。


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 08:00, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2015

-, -, pookmark