smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「ファ」、高くないですか? | main | 強すぎるプレスをしないように >>


安直な解決方法を優先しない


















みなさんこんにちは!


さて、今回はブログ経由で頂いたご質問からお答えしようと思います(現在は質問を受け付けておりません)。


======================================
現在高2でトランペットを吹いていますが、チューニングのBbを合わせるときにいつもみんなより高めになってしまい、大げさに言うと、だいたいみんなの倍ぐらい管を抜いています(約2cmくらい)。
先輩や先生、同級生にも音が上ずっているから高くなると言われてはいたのですが、具体的にどうすればいいのか分からないのが現状です。
たぶん口の周りに力が入りすぎているのは分かるのですが、これも対処方法がわからずじまいです。

アドバイスをいただけたら嬉しいです!
(抜粋し、一部文章を修正しています)
======================================



《原因の特定より解決を優先してしまうと》




ピッチが安定せずに悩んでいる方、多いのではないでしょうか。中でもトランペットは高めのピッチになる方が多いように感じます。

ピッチが安定しないことには必ず原因があり、それを特定することが大切です。
「そんなのあたりまえでしょ!」とおっしゃるかもしれませんが、多くの方は原因を特定することを後回しにして、解決することを最優先にしているように思います。わかっちゃいるけど、、、という感じで。
例えば合奏中に指揮者や指導者から「ピッチが高い!」と言われたら、その場ですぐに何が何でもピッチを下げなければ!という焦りに頭の中が支配され、強引な行為で解決し、その場をしのいでしまうのです。

個人練習をしていても、次の合奏、パート・セクション練習、本番まで時間がなく、短時間で解決しなければと焦ると結局同じように、とにかく解決最優先となってしまうんですね。

このように原因の特定をせず、その場しのぎの解決方法を優先してしまうと、いくつもの矛盾が生まれ、楽器の成長の妨げて悪循環に陥ることが数多くあります。

限られた忙しい時間で何とか与えられた楽譜を吹けるようにしなければならないので、気持ちはわかるのですが、やはり原因が何なのかを特定することが先決ですし、それを見つけられればずっと安定した吹き方ができるのです。

とは言うものの、こうなってしまうのはしかたがないとも言えます。なぜなら具体的な改善方法を伝えず、現状や結果のみを伝え逃げをする指導側に原因があるからです。方法を教えてくれなきゃ、いくら高い低い言われても直し方なんてわかりませんからね。

こういった原因の特定や正しい解決方法に導いてくれるには的確に指導できるプロの先生による個人レッスンがやはり効果的なんです。部活だけで充分と思う管楽器奏者が多いのですが、そうではない、と思うんですよね。



《ピッチが高い低いと言う前に》
話を戻しますが、ピッチが高い(低い)からと言って、むやみにチューニングスライド(主管)を沢山抜差しするのは良くありません。
確かに、管楽器は管の長さを変化させればピッチも変化しますが、それ以上にピッチ変化に重要な部分があることを忘れてはいけません。

そもそも、ピッチが高い低いという言葉に囚われてしまうのが良くありません、要するに「不安定」なのですから、「安定」したピッチで演奏できる方法を見つけることが先決です。


《音のツボを見つける》
ということで、このブログを以前より読んで頂いている方は、もう馴染みの言葉になりました。「音のツボ」に当てることが安定したピッチを手に入れる方法なのです。

そしてその音のツボを見つけるには「舌」の存在が欠かせません。

舌の位置が変われば、ピッチも音色も大きく変化します。
では舌がどうなればどうなるのか、それは過去に沢山書きましたので参考にして下さい。

「舌」の役割 1 
※「舌の役割」は上記リンクの「1」から「7」まで記事があります。ぜひ読んでみて下さい。


結局のところ、舌の状態だけでピッチを安定させることはできると思います。
しかし、先程も書いたように、その場しのぎの解決方法を沢山してしまうと、やがてそれがクセになってしまい、成長を妨げてしまう原因になります。

今回の質問を書いて下さった方はピッチが常に高めになっているというお悩みなのですが、それも結局「クセ」=「必要のない行為」がそうさせていると思われます。
多分「音を出すために+(プラス)の行為ばかりを詰め込みすぎた結果」ではないでしょうか。

憶測ですが、音を出す時の流れがこのようになっていませんか?


 とにかく音を出さなければと息のスピードをとても速くする
 ↓
 それに耐えられるプレスが必要になる
 ↓
 それに耐えられる口周辺の力が必要になる(口角を左右に引っ張ってしまっているかも)
 ↓
 腕や肩、首に力が入る
 ↓
 大きな呼吸ができなくなる
 ↓
 常に細く、スピードが速い息になってしまう
 ↓
 最初に戻る


この悪循環はピッチが高い人の特徴です。中学生の時の僕です。
当時僕は、トランペットは体力がいるものであり、耐えることで鍛えられ、上達するものであると信じて疑いませんでした。
そして成長しませんでした(笑)

上記すべてに当てはまらないかもしれませんが、ピッチが高いのには必ず原因があります。
その原因を自力、もしくはそれを見抜ける指導者にレッスンを受けることで、本当の解決につながります。


安直な解決をすることなく、原因を見つけ、的確に修正できるようにしたいものですね。

ということで、今回はここまで。


また来週!

当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:14, 荻原明(おぎわらあきら), ピッチと音程

-, -, pookmark