smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< アンブシュアを直すべきか 3 | main | メロディを演奏する、ということ。1 >>


アンブシュアを直すべきか 4(まとめ)


















みなさんこんにちは!

現在、「ラッパの吹き方」では「アンブシュアは直すべきか」というテーマで記事を書いています。今回はまとめ。
頂いた質問はこちらでした。


========================================
アンブシュアをなおしたいと考えているのですが、アンブシュアを変えてきちんと吹けない期間が出来てしまうのが怖いです。そこで質問なのですが、アンブシュアを変えた場合どのくらいの期間で新しいアンブシュアに慣れることが出来るでしょうか。
========================================



《見た目にこだわってしまう》
トランペットを吹いていて、いつでも絶好調なわけではありませんよね。やはり調子の悪い時は必ずあるわけで、そんな時、真っ先にアンブシュアが悪いのでは?と疑ってしまうこともよくあります。何がどう悪いのか、それをどうすれば解決して、調子の良かった時に戻れるのかなんて根拠は何もなく、ただアンブシュアに対して「おまえが悪いんだろう」と疑念を抱いてしまいます。
ただ、そう思ってしまうのもある意味しかたがないもので、実際に、調子が悪い時というのは、マウスピースを口に当てた時、もしくはその前後あたりで、何だかバランスや感触が違うな、と感覚的に捉えてしまうところから始まることが多く、アンブシュアが崩れているように感じるんですね。唇という非常に繊細な部分しか、実際に演奏するために触れている部分がないのですから、アンブシュアや唇がいつもと違うのであろうと思ってしまうのも無理はありません。
僕自身もマウスピースを唇に当てた時、何やら違和感があると思い、一応音が出せても、まるで自分の口ではないような、そんな気分になって、今どんな崩れ方しているんだろうと鏡で見てみたんです。そうしたら、いつもと何が違っているのか、見た目にはさっぱりわからないんですよね。そんなものです、アンブシュアなんて。自分の中で感じているほど見た目は崩れないんです。

そもそもアンブシュアというのはどこを指しているのでしょうか。それすらもかなり曖昧な状態でお話していますし、仮にアンケートを取っても、明確に「ここからここまでの範囲です」と共通した回答が来ることは望めません。しかも今話している内容は「表面」のことだけです。鏡を見てわかるのも、表面の状態だけです。
しかし、トランペットを吹いている時のその表面を作り出しているのは、鏡では見ることのできない筋肉の働きや、顎関節の動き、舌の状態、歯並びなど、内部の状態が作り出した結果である、ということを決して忘れてはいけません。それなのに、鏡を見て、どこか、何かを変えようとしても、思うような結果が表れないのは、当然のことと言えます。

アンブシュアには奥行きがある、ということを忘れてはいけません。


《意識するポイントを分散しよう》
では、アンブシュアに違和感を覚えた時、もしくはアンブシュアに問題があるのでは、と感じた時にどうしたら良いか、ということですが、

「アンブシュア以外に意識を分散」してみましょう。

前回書いたように、アンブシュアは製造工場で言うところの、製品の「出荷口」です。この場所を息が通っている時には、すでに製品は完成しているのです。「アンブシュアに違和感」というのは、結局のところ「(いつもより)思うように吹けない、コントロールが上手くいかない」ということですから、その原因は他のいくつもの場所にあるのだ、と思うことが大切です。



□ これから演奏するために必要なガソリン(=吸気)は、ふさわしい量が入っていますか?
□ これから演奏するために必要な息の流れを生み出す姿勢、腹筋(みぞおち等)のバランスはいかがですか?
□ それによって流れている呼気は、まとまりのある密度の濃い、圧力を持っていますか?
□ リラックスと支えは区別できていますか?
□ これからどのような音、どのような演奏をするか、理想の完成図が頭の中にありますか?
□ 目的と意味を持ったウォームアップを充分に行いましたか?
□ 自分自身が、ではなく、聴いてくれる方が「楽に音を出しているな」と感じてもらえるサウンドですか?(奏法ではなく)



まだまだ沢山あると思いますが、このように意識を分散させてあげることで、アンブシュアにこだわっているヒマもなくなります。そしてこの分散させたどこかに問題があると気付くかもしれませんし、意識を分散させてことで、しらないうちにアンブシュアが安定している(ように感じる気持ちが復活した)かもしれません。


《まとめ》
何らかの理由で「自分の性格を直そう」と思って、スイッチを切り替えるかのように直せるなんてことは不可能ですね。「こんな人になりたい」「自分はこういう人間でありたい」「周りにこんな人だと思われたい(うわべではなく、実際にそうでありたいという考えの下)」、そんなふうに思ったこと、多くの方があると思います。
「優しい人間になりたい」と思っても、先程書いたように明日から急に優しくなれるか、と言えば、それなりの努力で継続することは可能でも、それが本当に自分のものになった上での「優しさ」ではないことは自分自身が充分に感じることでしょう。なぜなら、生まれてきてから今までの生活環境、接してきた家族、親戚、友人、読んできた本、見てきたテレビや映画、遊んできたおもちゃ、場所、好んでいたもの、嫌いなもの、食べたもの、その自分に関わるすべての人、もの、空間すべてが今ある自分の性格につながっていきます。それを一日そこらで変えようなんてことは到底不可能なのはわかりますよね。というか、そういったこれまでの人生を全部(一部だとしても)否定してしまうのは、どんなことだったとしても、良いことだとは思いません(強制させなければならない性格が、とかそういうでっかい話はここでする気はありません)。それが個性であり魅力であり、成長のきっかけであったことは明確だからです。
しかし、悪いことは良いものに変えたいのがあたりまえですから、「もっと優しい人間になりたいんだ」と思うのであれば、「優しさ」とはいったい何なのかを知ること、考えること、触れること、学ぶこと(「優しさ」の方向へ導いてくれる人が欲しいですね)、経験することが必須です。そうやって方向性や結果を模索していくうちに、少しずつ、ほんの少しずつかもしれませんが、優しい人に一歩一歩近づいていくのではないでしょうか。その過程では、やはり変わる前の自分が、しょっちゅう見え隠れしてしまうことでしょう。そうすることでまた反省し、でもなかなか直らなくて悔しんだりの繰り返し。性格を直すってのは生半可な気持ちでは無理です。ホントに大変ですよね。(半ば自分自身に言ってます。すいません)

本題からはずれましたが、アンブシュアも結局同じです。直そうと思って一日で直るわけもなく、体や頭(理想の完成イメージ)など様々なところを良いものにし、良い演奏、良い音楽をしたいと強く思うことによって得られる貴重なご褒美だと考えて、焦らずに音楽をトランペットを楽しんで下さい。

そして一番覚えておいて欲しいことがあります。過去のブログでも書きましたが、アンブシュアというのは、

「良い音、良い演奏ができている時、それが自分にとっても正しいアンブシュアである」

ということです。これを決して忘れないようにして下さい。


それでは、4回に渡って書きました「アンブシュアを直すべきか」」は今回で完了です。
お読み頂き、ありがとうございました。


アンブシュアについての記事はカテゴリー分けされています。ぜひこちらからまとめて読んでみて下さい。


次回からは新しい内容になります。引き続き「ラッパの吹き方」をよろしくお願いします!
それではまた来週!



当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:17, 荻原明(おぎわらあきら), アンブシュア

-, -, pookmark