smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【3.「斎太郎節」の主題による幻想/合田佳代子】その1 | main | 吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【まとめ】 >>


吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【3.「斎太郎節」の主題による幻想/合田佳代子】その2


















吹奏楽コンクール課題曲2014

みなさんこんにちは!今回は課題曲3「『斎太郎節』の主題による幻想」の後編です。今回で、それぞれの課題曲の解説は完了となります。では早速、曲に沿って解説をしていきますね。


《冒頭/1st(全パート)》
冒頭からロングトーンでフォルテという始まり方って、結構緊張するんですよね。なぜ緊張するか。それは、出だしのタイミングを全員で揃えなければいけないというプレッシャーや、ピッチ、ハーモニーの安定に関しても不安があるかもしれませんが、何と言っても「音をはずすのではないか(ちゃんと狙った音が当たるのだろうか)」ということが一番大きいと思います。この箇所に限って言えば、2nd,3rdの音域は大して高くないのでそれほど緊張しないかもしれませんが、1stの音の高さ(五線を越えるくらい)になってくると、心理的に不安になる人が多い傾向にあるように思います。もちろん、経験年数や得意不得意もあるでしょうけどね。

では、これから出そうとする音の高さを的確に当てる時に大切なこととは何でしょうか。

 「ソルフェージュできているか(音の高さを心、頭の中で歌えているか)」
 「舌や顎が、これから出す音のセッティングになっているか」
 「音の出るシステムが崩れていないか」


これらが特に重要でしょう。
ソルフェージュ能力を高めるためには、それなりの学習(コール・ユーブンゲンやコンコーネなどの歌の基礎練習を継続して的確に指導を受けて続けている等)が最大の効果を発揮しますが、そこまで本格的でないにせよ、ピアノなどでこれから出すべき音を鳴らし、声に出して歌い、その後ピアノなしでも同じ高さを歌えるようになってから、トランペットで吹く、という流れを練習に取り入れるだけでもかなり違うと思います。やみくもに、勢いで音を出すのではなく、きちんとした基礎を持った上で冷静に音を出すということです。

そして、舌や顎のセッティングはどんな音域でも必要なことです。仮に出しやすい中音域、低音域であっても、やはり一番鳴る音、ピッチの安定した音を出すには、その音にふさわしい状態をセッティングできていなければなりません。


3つ目の「音の出るシステムが崩れていないか」については、ちょっと考えれば当たり前なのに、ついやってしまう悪いクセのようなものです。例えば、音域が高くなるにつれて、口周辺の筋肉(中でも鼻の下)を使って固めてしまったり、プレスを必要以上に強くしてしまったりというのは、音域どうのこうの以前に「音が出しにくくなる行為」ですから、まったくもって意味がありません。また、首を中心として肩や腕、手、指、胸などの必要のない筋肉に無駄に力を込めてしまうのはマイナス要素でしかありませんから、注意して下さいね。
まずは「音が鳴る状態で吹く」ということ。この当たり前で根本的なことを忘れては、何にもなりませんからね。


《3小節目/全パート》
音を伸ばしてdim.する時、多くの人が「力を抜く」行為を行います。しかしこれは間違いです。音が弱くなることと、体が弱くなることは比例しません。他にも、(こことは無関係ですが)音をなめらかに演奏することと、ピストンを滑らかに押す行為も間違いですし、高い音を出す時に体全体が上に向かってしまうのも間違いです。このような「体の反応」や「体を使って表現すること」と、実際のコントロールすべき方法が異なる、というがトランペットを吹く上で非常に多いことですので注意して下さい。
具体的にどうすべきか、と言うと、dim.していく時に大切なことは「体の支えが一定の状態でいること」が挙げられます。ピアノ、ピアニッシモで演奏する時、楽に吹くと考えるのではなく、フォルテを出す時と同じように体が必要な「緊張状態」でいることです。弱い音を維持するためにも、やはり体は支え続けなければ単に体がグニャグニャになるだけで、関連性がありません。したがって、体が動かないようにすること、息をまっすぐぶれないようにし続けること、これらを意識して、dim.をかけていくようにして下さい。
ついでに、滑らかに演奏する時もピストンは「叩く」くらいの勢いがあるように心がけます。また、高音域になればなるほど意識も息を入れる方向も下がっていく、いわゆる「反比例している」と考えて下さい。


《練習番号B 3小節前/全パート》
前回の記事でも書きましたが、この作品はトランペットパート内、バンド全体で同じ音、同じ動きのいわゆる「ユニゾン」で演奏していることが非常に多く、この部分がまさに「最初の」トランペット全員がユニゾンになるところです(多くの木管楽器もユニゾンです)。音域こそ低いのでそこまで緊張感はないと思いますが、テンポ感、ベクトル感(※テンポとは違う前へ進もうとする意思)、フレーズ感、ピッチ感、これらをできるだけ統一させて、トランペットがまるで1本で強力に演奏しているような演奏ができると良いですね。

ピッチを合わせようとすると、途端にチューナーを取り出して譜面台に乗せ、ピックアップマイクをベルに挟んで演奏を始める人がいますが、こういった練習にはあまり賛成できません。なぜなら、「ピッチを合わせるためにピッチを合わせている」だけだからです。おかしな日本語ですが、要するに発想がストレートすぎということ。考えて欲しいことは「ピッチはなぜずれるのか」「ピッチはどういった時に合うのか」という様々な角度からのアプローチによる正しいピッチを出すための方法を考えて実践することです。チューナーはピッチの正誤を正確に示してくれはしますが、それが「なぜ正しく吹けているのか」もしくは「なぜピッチがずれるのか」を教えてくれるわけでもなく、その修正方法なども導きだしてはくれません。単なる周波数を拾って視覚的にわかるように示しているだけの機械では、根本的に正しいピッチを鳴らす奏者を生み出すことはできないのです。
したがって、ピッチを合わせるためにはどうすればいいのか、どのような演奏をするべきなのか、そういったことをまず理解し、実践することで遠回りかもしれませんが、普遍的なピッチの安定を望むことができるのです。


曲解説に戻ります。この部分のピッチを合わせるための大切な要素や練習方法は上記リンク記事を読んで研究してもらうとして、ひとつ大切な指標になるものがこの場面にはあります。それが、2nd,3rdが吹き始める1小節前の1stの音です。
先に吹いている1stは、2nd,3rdが吹き始める1小節前でD音(記譜ミ音)を伸ばしています。2nd,3rdは次の小節からD音(ミ)から吹き始めます。ということは、1stが伸ばしているD音(ミ)2nd,3rdはしっかりと耳を使い、その音を受け継ぐようにピッチ、音色、音量バランスなどを意識して吹くことができれば、バラバラな音が一斉に鳴り始めるような不安定な演奏開始になりにくいはずなのです。
この箇所はちょうど1stが指標を掲げてくれましたが、どんな曲を演奏していても、吹き始める直前にどこかの楽器が何らかの参考素材を提示してくれていることは多くあります。ぜひ演奏中はすべての楽器に耳を傾けているようにしましょう。それが「アンサンブル」の大事な点です。パート譜はひとりが担当することしか書かれていませんが、合奏は大勢でひとつの音楽を作り上げています。あまりにパート譜に集中しすぎると、その単純なことを忘れて、大勢いるのに「孤独な演奏」をしてしまう(そのような精神状態になってしまう)ことは多々あることですから、ぜひ合奏中でも視野を広く持ち、「みんなで演奏してるんだ」という自覚を持てるようにしましょう。共演者は良い演奏を一緒に作る仲間です。


《練習番号B〜/全パート》
ここもユニゾン。しかも多くの木管楽器ともユニゾン。それぞれのパートに書かれているダイナミクスは「f」で、トランペットは出しやすい音域ですね。ですから、ここは吹きすぎないことが大事です。メロディだから、というだけで頑張ってしまうのはセンスがありませんよ。fひとつでこのユニゾンの厚さですから、とにかく形だけ出すようにして(スラーなどのフレージングには注意しつつ)、楽に吹きましょう。(楽に、というのはさっきも言いましたが体がグニャグニャになるようなことではありませんよ。)


《練習番号C 10小節目〜/1st》
2nd,3rdパートが休みだからと言ってsoloなわけではありません。ここもやはり木管楽器とのユニゾンです。3小節吹いたらすぐ終わりますが、その後ホルンがメロディを受け継いでいますから、吹き終わるつもりではなく、バトンを渡す意識を持っておくと良いでしょう。


《練習番号D 10小節目〜/全パート》
ここから、1stだけ→2nd加勢→3rd加勢というようにだんだんと奏者が増えます。音量が徐々に上がっていく箇所ということからも、音量を増やしたいというオーケストレーションなのだろうと思いますが、ここも全部ユニゾンです。もっとハーモニーにすればいいのに。。。


《練習番号E/全パート》
この作品を演奏する中で、一番目立ち、そして吹きにくい箇所のひとつです。簡単そうで難しい。気を抜くとはずしてしまったり、鳴りにくいフレーズがあるので、きちんと楽譜に書かれている演奏をするにはしっかりした意味のある練習をしなければなりません。まず、練習番号Eの1小節目の十六分音符2つ、この音をきちんと鳴らすのが難しいですね。テンポを落としてリップスラー、リップトリルの練習です。リズムを変えたり、反復回数を変えたり。メトロノームを使って、落としたテンポを徐々に上げていき、指定テンポよりも速いテンポでも演奏できるようになるまで、正確な反復練習が大切で、効果的です。
スラーの付き方を正確にすることも忘れず意識をしましょう。

付点四分音符を長くとりすぎると、どんどん遅れてしまうので、付点四分は早めに切り上げて、十六分音符をできるだけ長めで(時間をかけて)演奏するように心がけましょう。それでやっと客席には楽譜通りの演奏に聴こえます。聴衆とのギャップを理解した上で演奏したいですね。

そして、合奏やパート練習など、複数で演奏する時に一番なってしまいがちなのが「力が入りすぎてテンポの制御ができなくなる状態」です。落ち着いて「これでは少し遅いんじゃないか?」と思うくらい落ち着いて、ひとつひとつの音をしっかり演奏できるように心がけて下さい。

音の並びにムラができるのが一番みっともないので、とにかく「全ての音のツボにあたった状態で演奏し続ける」ことです。


《練習番号G 1小節前/1st、2nd,3rd》
和音を伸ばしている時、トランペットの2nd,3rdだけがバンドの中で動きます。ということは、とても目立つし、重要。とりあえず2ndと3rdの動くタイミングがずれないように心がけることが大切ですが、指揮者にそれぞれが合わせようと思わないようにしましょう。2つのパートがきちんとタイミングさえ合えば良いのですから、2ndがアインザッツを出して3rdと合わせられればそれで良いのです(どのくらい伸ばしてから動くか、というきっかけは指揮者ですけどね)。
dim.の中で動いていますが、しっかりと動きを見せるようにしたいので、F音(記譜上ソ)の音を吹き終えてからdim.するようにしましょう。
また、この時の1stですが、2nd,3rdが動いていることを理解しつつ、dim.しないといけません。先にdim.して音を小さくして時間を持て余すようなことにならないようにしましょう。


《123小節目/1st》
A.Saxとのユニゾンです(オプションでEb Cl.も)。なんでこんなにユニゾンなのでしょうか。
ということで、A.Saxとフレーズ感、ベクトル感、ピッチ感などを合わせたいので、一緒にパート練習をしましょう。


《129小節目/1st》
しかし、この小節に入った途端、他のどのパートも一緒の動きをしているところがなくなります(オプションでOb.はいますが)。突然の実質のsolo(soli)です。しっかり吹きましょう。スコアを見て、どのような流れになっているか把握しておくと良いと思います。あなどれないぞ、このオーケストレーション。


《練習番号 I /全パート》
この箇所の前から、先程の練習番号D 10小節目以降と同じ展開なのですが、調が違います。練習番号 I からの調は、トランペットとしてはフィンガリングがとてもやりにくいですね。もともとが吹きにくいメロディなのに更に輪をかけて吹きにくいのですから、しっかり練習して、お客さんにそういった事情(吹きにくくて難しいんだ、ということ)を悟られないようになるまでレベルアップしておく必要があります。「トランペットは吹きにくいよね、あの楽譜は」というのは奏者同士でしか共有できない話題ですから、お客さんに言い訳めいた演奏をするのはもってのほかですし、そもそもお客さんはそんな演奏者事情なんてどうでもよくて、良い音楽を聴きたいだけですからね。
そいうことで、練習番号Eと同じようにじっくり練習しましょう。特に五線下のH音(記譜上ドのシャープ)、C音(レ)のふたつは必ず3番トリガーを使ってピッチを安定させて下さい。それができないと、トランペットだけ音痴になって、ユニゾンのオーケストレーションを崩壊させてしまいますからね。


《練習番号J/3rd》
ここから1st,2ndがオクターブ上がります。こういったオーケストレーションの時、どうしてもオクターブ下を吹いているパートが埋もれてしまいがちなのですが、できるだけオクターブ下が率先して鳴らすようにして欲しいです。そうすることで耳に心地よいバランスになります。ですから、この箇所に関しては1st,2ndの足された音量の更に倍くらいの音量で3rdが吹けたら良いですね。ということは相当吹く必要がありますし、そういったバランスになることを望む1stと2ndでなければただの音量のケンカになるだけですから、パート練習で最適なパランスになるように練習して下さい。


《最後3小節間/全パート》
4.コンサートマーチ「青葉の街で」その2」の記事にも書きましたが、音を伸ばすとすぐに抜いてしまう吹き方をクセにしてしまう吹奏楽奏者が多いのですが、音を抜く行為は「特殊な指示の時にのみ行う特殊な奏法」ですから、むやみやたらに音を抜かないようにして下さい。この箇所ももちろんそうです。パイプオルガンのようにしっかりと音を伸ばしてほしいのですが、きっと音を抜きたくなる方、抜くように指示を出してしまう指導者、指揮者の方は、「他の動きをしている木管楽器の音をかきけしてしまうのではないか」という不安があるはずです。しかし、これを覚えておいて下さい。

「自分が演奏している時、他のパートの音が自分の耳に聴こえてきていればバランスは悪くない」

とりあえずはこれで充分です。


《まとめ》
ということで、本当にユニゾンばかりです。皆さんのコンクールの自由曲にもよりますが、もし大変な自由曲であるならば、この課題曲は相当手を抜いて、馬鹿正直に全員が楽譜に書かれていることを全部吹く必要はないと思います。だってユニゾンなんだもの。そうすることで、更に少人数の演奏になり、バランスを合わせやすいのではないかと思います。でも、あくまでもそれはオフレコで。課題曲は楽譜に書いてあることを全員がしっかりを再現することも得点のうちということになっていますから、規則としては書いてあるのに吹かない、というのはダメです。でもステージの現場にいる人にも事情がある。作品を壊すことなく、より良いものを作り上げ、聴く人が喜べる演奏をするということが目的であるということを忘れないようにすれば問題ないでしょう。



では、来週は課題曲についてのまとめの回、課題曲解説最終回にしたいと思います。
引き継ぎおつきあいくださいね。
それでは、また来週!

当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 08:09, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2014

-, -, pookmark