smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「ラッパの吹き方」Facebookページを作りました! | main | 吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【3.「斎太郎節」の主題による幻想/合田佳代子】その2 >>


吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【3.「斎太郎節」の主題による幻想/合田佳代子】その1


















吹奏楽コンクール課題曲2014

みなさんこんにちは!只今、吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説を実施中です。今回からの記事が最後の作品です。ついに最後。


あと、先日「ラッパの吹き方」Facebookページを作りました!公開4日目にして100いいね!を頂きました。ありがとうございます!Facebookページでは、このブログの更新情報や、過去の埋もれてしまった記事を掘り起こしていければと思っていますので、ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」を押して下さいね!




それでは、課題曲3について書いていきます。


《原曲について研究する》
ご存知のように、この曲の「斎太郎節」は民謡です。ご存知でなくとも、「◯◯節」と書いてあれば大概民謡だな、と検討がつくかと思いますが、宮城県松島で歌い継がれてきた「漁師の民謡」です。

そしてスコアの作曲者による作品解説に、このように書いてあります。「(前略)原曲をよく聴きその素朴で勇壮な表現を研究して下さい。(後略)」
確かに、原曲(原曲と言われても、民謡は何が原曲なのかわからないのですが、一応三味線と歌のパターンとか…)を聴くと、力強さを感じますね。他の漁師の民謡で有名なのが「ソーラン節」です。確かにこれも力強い。男の歌って感じ。

なるほどわかりました。さて、もうこれ以上この「斎太郎節」の原曲(?)について学ぶ必要はないのでは、と思うのです。

いや、もちろんその歌の歌詞がどうなのか、とか、歴史とか、実際はどんなシーンでどんな歌われ方をしているのか、深く研究することは何も悪くありません。勉強になりますし、素晴らしいことです。

しかし、この課題曲を演奏するにあたっての情報収集は、そこまで必要のないものかな、と感じたんです。

なぜなら、この作品は、主題こそ「斎太郎節」ですが、曲の作りは完全に西洋音楽なのです。


《変奏曲(ヴァリエーション)》
しかも、タイトルに「幻想」とありますが、具体的に音楽の形式は「変奏曲(ヴァリエーション)」の形式です。「幻想曲」というタイトルの書き方をしている作品は数多くありますが、これは特に「こういった形式で作曲した」という定義はなく、作曲家が自由に書いているものなのですが、トランペットを演奏している方にとってなじみ深い「アーバン金管教本」の中にある(現在の全音から出版されているものでは完全に分離してしまいましたが)「12の幻想曲とアリア」という作品群があり、有名な「ヴェニスの謝肉祭変奏曲」が収録されています。
これも「幻想曲」という言い方をしていますが、この中の作品もすべて「変奏曲」なんです。関連性はありませんけどね。

で、変奏曲というのは「主題」と呼ばれる何かひとつのメロディが様々な形に変わっていく音楽形式のひとつで、作曲者がちゃんと「変奏曲」だと言っている作品には、変奏するごとに「Ver(ヴァリエーション).1」といったように書かれているものも少なくありません。有名なところでは、モーツアルト作曲「きらきら星変奏曲」であったり、壮大なものではエルガー作曲の「エニグマ(謎)変奏曲」などがあります。

「斎太郎節」にはVerは書いてありませんが、完全に変奏曲です。なので、課題曲解説の一番最初の記事「吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【はじめに/課題曲を聴いてみて】」にも書きましたが、J.B.チャンス作曲の「朝鮮民謡の主題による変奏曲(YouTubeにリンクします)」と、J.バーンズ作曲「パガニーニの主題による幻想変奏曲(YouTubeにリンクします)」を足してニで割って、時間かかるから半分に切ったみたいに聴こえたんです。

ですから、もし楽曲について研究するのであれば、元になっている「斎太郎節」についてより、「変奏曲」について研究したほうが良いのではないか、と思います。いろいろな変奏曲をぜひ聴いてみて下さい。


《オーケストレーション》
オーケストレーションとは、どの楽器に何を演奏してもらうように当てはめていくか、という作曲や編曲をする上でとても重要なものです。どんなに素晴らしいメロディであっても、オーケストレーションがダメダメだったら作品は活きず、台無しになります。
有名なところでは、「展覧会の絵」という作品がありますが、元々これはムソルグスキーの作曲したピアノソロ曲です。そして現在、数多くオーケストラで演奏されている「展覧会の絵」はモーリス・ラヴェルの編曲によるもので、実は他にも数多くオーケストレーションされているのですが、ほとんど演奏も録音もされていないんですね。それはラヴェルのオーケストレーションがあまりにも秀逸だから、これが一番良いとみんなが言うから、という理由です。以前、違う人の編曲した展覧会の絵を聴いたことがあるのですが、悪くないけど「何か変」と思ってしまったんですよね。ラヴェルが秀逸すぎるからなんでしょうかね。

ということで、オーケストレーションも作曲家、編曲家によって個性的であって、腕の試されるものです。
では、「斎太郎節」はどうか、というと、これも【はじめに/課題曲を聴いてみて】に書きましたが「分厚い」んですよね。とにかく全員で演奏しているところが多い。でも、吹奏楽のパートはとても細かく分かれていますから、全員が違うことを担当しているわけではないのです。したがって、同じ動きをしているパートが複数あるということをまず覚えておく必要があります。

同じ音を出している、同じ動きをしている他の楽器、違うパートがあるということは、演奏していてとても心強い反面、ピッチやフレーズの捉え方、統一感を出すことができないと、単なる「大勢で音を出している集団」になりかねないのです。

今の中高生の方は馴染みが薄いかもしれませんが、僕が中学生の頃はJ.スウェアリンジェンという作曲家が日本で大ブームでした。もう、どこの学校でも吹奏楽コンクールB組(30名くらい?)の演奏曲はスウェアリンジェン。なんでこの作曲家が人気あったのかというと、アメリカのスクールバンドでも演奏できるように、というコンセプトで書かれて作品が数多くあった、という点が一番だと思います。要するに楽器初心者の集団でも音域もメロディもリズムも演奏しやすいんですよね。易しく書かれているわりに、迫力があり(打楽器担当の人も飽きさせないように全員が叩きっぱなしだったりするせい)、メロディも覚えやすい。変な仕掛けとか、変な和音もないから教える先生も安心(だから全ての曲が同じように聴こえる)。こんな好材料ないですよね。だからどの学校も演奏していたのでしょうね。僕、好きですよ。
で、スウェアリンジェンのオーケストレーションも斎太郎節と同じように分厚いんです。誰かがミスったり、どこ吹いているかわからなくなる「落ちた」状態になったとても、演奏が止まらないでいける、というメリットがあるんですよね。

ということで、分厚いオーケストレーションのメリット、デメリットを理解した上で、どのように練習をしてけば良いのか、何を重視していく必要があるのか、ということをしっかり考えて練習して頂きたいと思います。

同じ動きをしている人たちとの特殊な編成によるパート、セクション練習が多くなるかと思います。
そして、その人たちとのピッチや音程、リズムを合わせていくことになるのですが、間違っても「チューナーを使ってのピッチ調整」だけはしてはいけません。そんなことしても意味ないどころか、本来の奏法に問題を発生させていくだけでなく、結果としてピッチは一生合いません。
ピッチはそれぞれの奏者がまず楽器の特性を理解して、その楽器の持つ「正しいポイント(音のツボ)」に当てる技術を身につけるところから始まります(これはポイントさえ把握しておけば難しいことではありません)、それができた複数の奏者が、演奏する箇所の雰囲気、ベクトル感覚を統一させ、呼吸(吸気)を合わせることができれば、ほぼ合わせることができるはずです。

テンポに関しても決してメトロノームのカチカチピッピに全員が集中し、合わせていくような練習をしないように注意して下さい。それでは一生合うことはありません。

それでは、次回は課題曲3を曲に沿って解説していきますので、引き続きお読み下さい!
それではまた来週!

当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 06:04, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2014

-, -, pookmark