smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【4.コンサートマーチ「青葉の街で」/ 小林武夫】その2 | main | 吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【5.きみは林檎の樹を植える/谷地村博人】その2 >>


吹奏楽コンクール課題曲2014トランペット解説【5.きみは林檎の樹を植える/谷地村博人】その1


















吹奏楽コンクール課題曲2014

みなさんこんにちは!
さて今回からは課題曲5「きみは林檎の樹を植える」について書いていきます。
この作品、課題曲5は大学、職場、一般のバンドのみが選択できるので、うちら全然関係ないよー、という方のほうが圧倒的に多いことでしょう。だからこそ、演奏をしない多くの方にも得られるものがあるよう、様々な角度から解説していきますので、ぜひ読んでみて下さい。


《現代曲という位置付け》
とりあえずこの作品、参考音源を聴いたり、スコアを見たりすると「なんだこりゃ」「細かい!」「(遠目でスコアを見ると)模様?」と感じる方も多いかもしれません。いわゆる「現代曲」と言うやつでしょうか。
ただ、何を持ってして現代曲を呼ぶのか、線引きが難しいんですよね。現代に作られた曲は全部現代曲か、と言われればそれは違いますし。
和音が複雑で、メロディがわかりにくく、表紙やリズムが普通じゃない。結果的に過去の時代の音楽(バロックからロマン派くらい)に一般的だった、楽典や和声学に則った作曲の仕方では「やってはいけない」と言われているような方法を多用している作品を、「普通とは違うもの」という意味合いを込めて「現代音楽」「現代曲」と呼んでいるように感じます。

僕は作曲をしない(できない)ので、えらそうなことを言えませんが、「これまで誰もやったことないことをしよう」という姿勢が強すぎる作曲家の音楽は実験的すぎて面白いと思いません(その楽器の本来の奏法ではない使用による発音、音色の加工などが好きではありません)。五線紙にこれまでの法則で楽譜を書くことのできないことが多すぎるのは、奏者が困るだけの作曲家の怠慢だと感じるからです。

まあ、この話をしていても仕方ないのですが、、、。
ではこの課題曲はどうなのでしょう。


《課題曲5の楽譜を見て》
先程も書きましたが、現代曲の定義がはっきりしないので何とも言えませんが、この作品は少なくとも楽譜上ではおかしな要求をしていませんし、至って普通の拍子だし、その楽器の特徴を活かして書かれているので、とても親切でわかりやすいと思いました。

ただ、スコアの最初に書いてある解説なんですが、「ヘテロフォニーを応用」とか「テクスチュアの創出を望む」だとか、作曲者プロフィールに書いてある「アルゴリズム作曲」「フラクタルを構成原理とする」とか、こういうのがねえ。。。
もっと簡単にわかりやすく言えないのか、って思っちゃいます。アルゴリズム作曲とかは、僕が知らないだけで知っている人には普通なのかもしれませんけどね。
カタカナを会話やプロフィールの中で多用すると、知的な印象を与える反面、聴く気(読む気)がおきなくなるんですよね
そういうのはルー大柴さんにお任せすればいいのです。

はっきり言います(異論は認めます)。管楽器奏者に難しいこと言わんで下さい。アマチュア、音大生、プロ関係なく、楽器を演奏している人は、「楽器を演奏していることが楽しい」「自分の好きな音楽を演奏したい(現代曲が好き、という方もいらっしゃると思いますけどね)」「自分の気持ちを音楽で伝えたい」「ステージで自分の音を聴いてもらいたい」そういった精神的な面を開放することにほとんどの神経を使っているんです。そのための練習時間なんです。
ですから、作曲家の考えている難解な言葉を奏者に要求すればするほど、作曲者と奏者その溝は深まり、理解しようとする姿勢を持たないまま、五線に書かれていることを単に忠実にこなしていくだけの「作業」になってしまうんです。

プロオーケストラで現代作品ばかりを取り上げる公演にエキストラで参加させて頂いたことがあります。作曲家の方々はいろいろ言いたいことがおありのようで、パンフレットの解説には難しい言葉を沢山並べていたのですが、演奏サイドはそんなプログラムをじっくり読んで、作曲家の意図していることを深く知ろうなんてこともありません。ただ単に、自分に与えられたパート譜の音を指揮者の動きを読み取りながらミスしないように吹いているだけでした。周りの方々も「よくわからないね」としか言っていませんでした。作曲家と奏者の温度差。そんなもんなんですよ。

だからもっと奏者が意欲的に演奏に参加できる音楽であってほしいなあと、そう願うのでありました。


《スコアがないと無理》
この作品を演奏するとなった場合、パート譜だけで演奏するのは相当大変なことだと思われます。何度も何度も練習して、少しずつ周りと自分の関係を体感して作り上げていくことになりかねません。しかし、そんな効率悪い練習をするのは良くありません。ですから、まず、ひとり一冊スコアを持ちましょう。1,000円で課題曲5曲セットのスコアが手に入りますからね。買いましょうね楽譜は。楽譜は買うものです。

ひとまず、最初の個人練習の段階ではパート譜で良いのですが、その後パート練習、セクション練習と複数人で合わせることになった場合、最初は(ちょっと小さいですが)スコアを見ながら練習することをおすすめします。スコアを見ることで、横だけでなく縦(他の奏者)の関係が視覚的に理解しやすくなります。
最終的には、もうスコアを暗譜してしまうくらいの状態にしておくことが望まれます。それは、他のパートのメロディまで全部歌えるとか、和声がどうなってるとか、そういう難しいことではなくて、「誰が吹き始めたら、どういう流れでどんなリズムで流れて、どこで音楽(フレーズ)のピークになるのか」という聴覚的にいつでも同じ結果を得られるような暗譜の仕方で充分です。
こういう曲の一番怖いところは、指揮者も含めて誰かがミスをすると、一気に崩壊するリスクが高いという点です。そうならないためにも、すぐに全員が修復できるようにしておくこと(=暗譜)が大切だと思います。この手の曲って、指揮者も振り間違えますからね(笑)


《ダイナミクス》
他の課題曲の時にも書きましたが、作曲者によってダイナミクス(強弱記号)の扱い方が異なります。
大きく分けると「作品としての音量(状態)=全パート縦に見ると同じ強弱記号を書いている状態」を優先して書くか「結果的に求めている音量(状態)になるよう楽器ごとにことなるダイナミクス記号を示している=縦に見ると強弱記号がバラバラな状態」場合です。

打楽器や金管楽器のffと、ファゴットのffでは音量差があるだろうと、金管にはf、ファゴットにはffと書いておくような場合がある、ということです。どんな作品でもまずスコアを見て、そのどちらで書かれているのかを理解しておくと、見えてくるものがあります。

で、この課題曲では、全てが同じダイナミクスで書かれています。

それがわかったら、金管楽器全パートを見ながら読み進めていって下さい。何かわかりませんか?この作品の特徴ととも言える金管セクションの書き方、特にダイナミクスについてどうなっているか、ぜひスコアを見て理解して欲しいのですが、これについては次回の記事で詳しく書いていきます。


《完璧に当てる》
トランペットは音をはずすと、他のどの楽器よりも目立つリスクの高い楽器であることは、言うまでもありません。
しかし、変な言い方ですが、曲によっては少しくらいプルっとはずした程度ではそこまで気にならない、なんてこともあります。
もちろん一度も音をはずさないこと、そういった姿勢で演奏をすることは当然なんですけどね。

今、「曲によっては」と言いましたが、逆にこういったシビアな楽譜の書き方をしていると、音をひとつ外しただけで結構な勢いで残念な結果に聴こえてしまうこともあるんです。ひとりひとりに与えられたウエイトが均一なのでどこかでアクシデントが起こると、そこがよく目立ってしまうんですね。
また、音をはずしやすい曲、とも言えるのですが、こういった曲はそもそもの和声が独特で、単純な「ドミソ」「ファラド」「ソシレ」のようなものではないからです。ですから、自分に与えられた音や他の人が出してきた音が全体で鳴るとどう聴こえるのか、わかりにくいんですよね。そのため、ソルフェージュ能力を高く持っていたほうがこういった作品は、より有利になります。ここで言う「ソルフェージュ能力」とは、これから出す楽譜に書かれている自分の担当している音がどの高さの音か理解できる力を指します。
全員で構成されている和音どうこうはひとまず置いておいて、まずは自分が出さなければならない音を声に出して歌えるくらいのソルフェージュ力を持つように、そういった練習を積み重ねてみて下さい。

関連記事として「100%の成功率を目指す」も読んでみて下さい。


《メトロノームに頼らない》
こういった作品を練習する時、より正確なリズムを刻み続けられる様に、タイミングを間違わずに入れるようにしたいと思い、メトロノームを使ってパート練習やセクション練習をしがちなのですが、それはおすすめできません。
なぜなら、アンサンブルをする、というのは、奏者同士の耳や目、呼吸を使って音楽を作り上げていくものです。これを演劇やドラマだと思えばわかりやすいと思います。以下、台本です。

A「私がひとりで行く。あなたたちはここで待っていなさい」
B「A、何言ってるの?何であなたがひとりで犠牲にならなければいけないの?私も行く!」
C「そうだよ、みんなでここまで来たんじゃん。最後まで一緒だよ!」

...なんだかよくある展開ですが、じゃあ、この台本を使ってワンシーンやってみましょう、となった時、どんなに素人の人でも、A役は「BとCに自分の意思を伝えよう」という気持ちを持つことでしょう。そしてB役は「Aが言ったことに対して反応する」姿勢でいるはずです。Aが何か言ったから、Bはそれに対して何か言っているのであって、「Aという人物が何を言っているのか特に聞いてなかったけど、喋り終わったから自分の与えられたセリフを読んでみた」では、まったくもってドラマは成立しませんよね。

話を音楽に戻しますが、アンサンブルをする、ということは、別々の楽譜を与えられた人たちが、同じ場所でリズムを数えて順番に吹いたり吹かなかったりする行為では決してないのです。楽譜はドラマで言う「台本」であって、みんながそれぞれ与えられた役があり、関係し合ってひとつの物語を作り上げている、ということを忘れてはいけません。

ですから、メトロノームのようにテンポを機械的に示し続けるだけの道具を使ってアンサンブルをしようとすると、どうしても「メトロノーム対 各奏者1名ずつ」の集団が一斉に同じ曲を吹いているだけになってしまい、会話ではなくなるんです。これでは音楽になりませんし、万が一誰かがミスすると、瞬時に復旧ができず崩壊する可能性も高くなります(台本の自分のところだけを暗記したせいで、相手のセリフを理解していないために起こる事故です)。
ということで、メトロノームは「おおよそのテンポを確認する」ための道具であり、「苦手なパッセージを克服するためのフィンガリング等の反復練習」の時に使う道具である、ということを覚えておいて下さい。

パート練習、セクション練習の時のように複数でひとつの作品を作り上げる練習の時には、お互いの呼吸、演奏を感じ取るように心がけましょう。

それでは、今回はここまでです。
次回は作品に沿って解説していきますので、引き続きおつきあい下さい。

また来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 07:36, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2014

-, -, pookmark