smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ブランクからの復帰 2(練習編) | main | 頬が膨らむ 2 >>


頬が膨らむ 1


















みなさんこんにちは!

今回もこちらの記事に頂いたご質問よりお答えしたいと思います(なお現在は質問を受け付けておりません)。

それでは、今回のご質問。まこ♪さんから頂きました。ありがとうございます。


======================================
私は昔からのくせで左頬が少し膨らんでしまいます。治そうとおもって口を膨らまさないようにすると音がきたなくなってしまい困っています。
(中略)
この間、ある先生に「頬が膨らむのなおしたほうがいんじゃない?」と言われました。なおそうとすると音がきたなくなってしまうし、でも将来は音大に進みたいと考えているのでこのまま頬を膨らませて演奏しているといけないんじゃないか、と思っています。どうしたらいいんでしょうか!
======================================



頂いたご質問がもうひとつありましたが、それはまた後日書かせて頂きます。

さて、楽器を吹いていて片方の頬だけが膨らんでしまうということでした。頂いたコメントに関して3つのテーマにわけてみます。

ひとつは「片方の頬が膨らむ、ということ」
もうひとつは「直そうとすると音色が悪くなる」
そして「先生に直した方がいいのでは、と指摘を受けた」

という3つです。


《頬を膨らます方法》

頬が膨らむ1のコピー.jpg

まず、トランペットを吹くことに限定せずに「頬を膨らます」行為はどうやって行われているのか、思い出すために実際にやってみましょう。この時、わかりやすくするために「息を強めに吹き続ける」という状態にして下さい。それでは次に、息を強く吹き続けながら「頬を膨らまさない」ようにしてみましょう。
いかがでしょうか。この2つの行為で、変化したところはどこでしょうか。いくつか可能性が考えられますが、ひとつは「舌の位置」ではないかと思います。頬を膨らまさないようにしようと思った時、自然と舌が上がってきませんでしたか?
舌は何も変化していない、という方は、きっとトランペットを吹く時と同じように、唇の周りや顔の筋肉全体に力を入れた(アンブシュアを作った)のではないでしょうか。

これらに共通している点は「歯と頬の間に空気の入る隙間を作らないようにしている」という点です。まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。
舌が落ちている状態だと、上下の歯の間全体に隙間ができるので、おのずと膨らんでしまいます。また、顔の筋肉が緩んでいれば、(横並びの)歯の隙間や前歯と唇の裏側との間が空気の圧力で広げられてしまいますから、結果として頬が膨らんでしまいます。

頬を膨らますためにはこのようなことが行われていたんですね。


《片方の頬が膨らむ原因》
それでは、頂いた質問のように片方の頬だけが膨らんでしまうのはなぜでしょうか。コメントしていただいた方の吹き方を実際に見ていないので、原因はこれだ!と言い切る事ができません。よって、いくつかの可能性を挙げてみようと思います。

ひとつは「舌の位置」です。
舌は基本的に左右が同じ状態になっていることがふさわしいのですが、発音のクセや歯並び等が原因で左右非対称になっていることも充分考えられます。そのため、片方だけが落ちている状態になって、頬が膨らんでしまうのではないか、という可能性。

もうひとつは「歯並び」です。
あくまでも憶測ですが、これが一番可能性があると思っています。左右の歯並びがもし違っていた場合、片方だけに(若干であっても)隙間があるかもしれません。ここが空気の通り穴になって、トランペットを演奏している時に膨らんでしまうのではないか、という可能性。

もうひとつは「アンブシュア」もしくは「マウスピースを当てる位置」です。
もしもマウスピースを当てる位置が極端に左右どちらかに傾いている場合、支えるバランスも大きく非対称になります。これが原因なのでは、という可能性。そして、マウスピースがほぼ中央であっても、アンブシュアが大きく左右非対称になっている可能性も考えられます。

僕が考えられるのはこれくらいなのですが、大事なことは頬が膨らんでしまう状態ではない、と思っています。


《結果としてどうなのか》
頬が膨らんでしまうことが原因で、演奏に支障が出ているかどうか、これが一番重要です。というのも、これまでに出会ってきた沢山のトランペット吹きの中には、マウスピースを当てる位置が中央から大きく外れている方や、頬が膨らんだ状態で演奏している方がいらっしゃいます。しかし、どちらの方も問題なく(問題があるようにまったく感じずに)素晴らしい演奏をしているんですね。もちろん中にはそういった吹き方が原因になって思うようなパフォーマンスができていないという方もいるのですが。
このブログでも何度か書きましたが、アンブシュアなどの奏法というのは決して見た目で良いとか悪いとすぐに決めてしまってはいけないんです。ですから、ご質問頂いたまこ♪さんも、結局のところ、今の吹き方で問題があるのか、という点についてまず見て欲しいのです。


長くなりましたので、続きは次回にまわさせて頂きます。
それでは、また来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 14:25, 荻原明(おぎわらあきら), アンブシュア

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。