smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 理想的なパート練習 2 | main | セクション練習/様々な練習形態 >>


理想的なパート練習 3


















みなさんこんにちは!

さて、現在「パート練習」について書いています。
部活などではあたりまえのように存在しているパート練習ですが、あたりまえに存在しているからこそ「単なる習慣」で行ってしまっていたり、パート練習の持つ効果やその方法などを考えずに時間ばかりを費やしてしまってはいないでしょうか、というところに焦点を当てていますので、ぜひ一度みなさんが日頃行っているパート練習についてもう一度考え直してみて下さい。

前回までの記事はこちら
理想的なパート練習 1
理想的なパート練習 2

では、今回はパート練習についての最終回です。


《自分たちでどこまで完成させるか》

painting-2891857_1280のコピー.jpg

パート練習をする時、必ず目標を掲げた上で行う、と前回までの記事で書きました。
楽譜が配られた最初の頃なら譜読みという目的で行うことになるでしょうが、だんだんと練習が進んでくると「この場面はどんなふうに演奏しようか」といったいわゆる「曲作り」の領域に入っていくはずです。

室内楽(アンサンブル)なら、自分たちでどんどん曲作りをし、完成を目指していけば良いのですが、吹奏楽でのひとつのパートにすぎないメンバーでどこまで具体的に曲を作っていけばいいのか悩んでしまうことがあるかもしれません。
沢山の注文をしてくる存在感の強い指揮者がいる団体ならなおさらでしょう。せっかく作ってきたことを否定されたら嫌だから無難なところまでで終わらせてしまおうか、なんて思いたくなりますよね。

では、いっそのこと「まっさらな状態(ただ通せるだけ等)」でパート練習は終わりにしてしまったほうがいいのでしょうか。


《プロデューサーとアーティスト》
少し話が飛びますが、中田ヤスタカさんという方をご存知でしょうか。Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅといったアーティストへ楽曲提供をしている音楽プロデューサー、ミュージシャンです。

彼の生み出す音楽は、どこか懐かしいようなコンピュータ(ファミコン)サウンドのようでもあり、また近未来的なサウンドにも感じ、僕自身はとても好きなスタイルです。
そして、その「音」や「楽曲スタイル」だけ...要するにカラオケ状態で聴くと、Perfumeもきゃりーぱみゅぱみゅもどちらもとても似ているな、と感じる人は多いはずです。

でもやはりアーティストが違えば、その楽曲の持つイメージも変わってきますよね。

その楽曲を歌うアーティストがどんなキャラクター性を持っているのか、という「個性」と、彼の作り出す楽曲がぶつかったり調和されたりした「効果」が、ひとつのアーティストに留まらずにヒットする要因なんだろうな、と思います。

これは中田ヤスタカ氏の作る音楽だけでは成り立たなかったことでしょうし、アーティストの存在だけでも成り立たなかったことです。


《指揮者と奏者》
さて、この話をみなさんの所属している吹奏楽に置き換えてみましょう。

みなさんは「指揮者」というのが本来どんな役割を持っているのか考えたことはありますか?
部活動の指揮者という存在は、どうしても「(学校の)先生が指導してくれてたので、その延長上で本番も棒を振っている」と考えがちです。なので、イメージでは

 指導者>指揮者


と、本番でも見えてしまう人、多くないですか?

部活動の場合は、「テンポ!」「音程!」「ピッチ!」「リズム!」なんていつも叫んで指揮棒カンカン鳴らしているので(自分の中のイメージですけど)、ある意味仕方のないことではありますが、本来の指揮者というのは「演奏する楽曲を作り上げるプロデューサー」なんです。

そして、指揮者の下で演奏している各奏者はPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅと同じ「アーティスト」です。アーティストの個性なくしてはそれぞれのバンドの良さは生まれてきません。

したがって、指揮者のイメージする楽曲の完成図と、奏者のイメージする完成図が調和し、刺激し合うことが音楽を作り上げる上では必要になります。

奏者は指揮者のいいなりではない、ということです。


《パート練習で完成させる》
話を元に戻すと、パート練習でテンポ感やハーモニーバランス、ダイナミクスなどを統一することはもちろん必要なことですが、それだけでなく「トランペットパートとしては、この楽曲(この場面)はこう演奏する!」と具体的に完成させた上で合奏に参加することが、そのバンドでしかできない素晴らしい音楽を作る上ではとても重要になってきます。

パート内で楽曲を完成させる!という目標に沿ってそれぞれのトランペット奏者が個人練習の中で完成させてきたものをパート練習でひとつにまとめ、トランペットパートの奏でる音楽はこうです!と合奏で主張できた時は指揮者や他のパートにも大きな影響を与えるはずです。

「指揮者が否定してくるかもしれない」と思ってしまったり、実際に合奏で演奏を否定されてしまった場合は、その程度の音楽作りしかできなかったんだ、というひとつの指標だと思って下さい。もっと具体的に、もっとチームワークを高めたトランペットアンサンブルを作り上げることができれば、指揮者も絶対に認るでしょうし、トランペットの作り上げた演奏を中心に全体の曲作りが始まるかもしれません。

どんなにやっても否定しかしてこない指揮者は、単にその楽曲を理解していないか、奏者の音を全然聴いていないか、エゴが強すぎて奏者を単なる音の出るパーツとしか思っていないだけです。そういう場合は、その指揮者をおろしてしまうのが一番良いのですが、そうもいかない場合は、否定されても、もっともっとトランペットパートで統一したアンサンブルをできるように練習を重ね、本番を目指せば良いのです(悲しいことですけどね)。

結局は音を出すことができる奏者のほうが音を出せない指揮者よりも客席へアピールする力は強い、ということなので、曲作りの段階から決して弱気にならないようにして下さいね。


《パート練習の進め方》
さて、それでは実際にパート練習を進めるにあたって覚えておいて欲しいことを書いていきます。

前々回の記事でも少し触れましたが、パート練習を行っている間は先輩後輩という年齢差はまったく関係ありません。全員が音楽を作り上げる仲間であって、誰が偉いとかそういうのはないのです。
ですから、先輩ばかりが仕切っていくのも良くありませんし、後輩は黙って言うことを聞いている(自分の主張を押し殺す)のも良くありません(ただし、1st奏者、トップ奏者は演奏する上でのリーダ的存在です。これに関しては過去の記事「トップ奏者、1st奏者の役割」を読んでみて下さい)。
まずは各自が個人練習で作ってきた音楽を演奏で主張して下さい。

最初は音楽表現がぶつかり合っても構いません。場合によっては演奏が続けられず崩壊してしまうかもしれませんが、それくらい全員が個性を発揮しなければ面白い音楽はできませんからね。

その後、誰かが「ここはこんな感じで演奏したい」「こんなイメージを持っている」「こんな音色で出せたらいいね」などと言うかもしれません。口頭ではなく演奏で主張してくるかもしれません。
それらの提案を全員が否定せず(討論会にならないように!)、イメージを少しずつ近づけていこうという姿勢ならば、個性を潰し合わずに徐々に方向性が定まってきて、音楽全体がまとまってくるはずです。

これらのやりとりは最初のうちはまとまらず時間がかかってしまうかもしれませんし、上手くいかないかもしれません。でも、本番ごとにメンバーが変わるわけではありませんし、パート練習を頻繁に続け、それぞれの個性(音色や表現など)をみんなが理解してくるうちに「トランペットパート」というチームの特色というのが共有され、パート内のレベルも相当上がってくるでしょう。そうなればかなり面白い演奏ができるようになるはずです。

文章にすると難しく感じるかもしれませんが、何も別にハイレベルな会話や演奏をしなさいと言っているわけではありません。
自分たちでできる範囲で、気付く範囲でやっていけばいいのです。


例えば、友達とおしゃべりをしていて、みんなで盛り上がる時とそうでない時を思い出して下さい。
盛り上がる時の会話って、どんな感じですか?

例えば、みんながひとつの話題でいること。バラバラな会話をしていてはまとまらないですよね。
例えば、真っ向から否定をしてくる人がいない時。「なにそれ?つまんない!」なんて言われたら全体の雰囲気が悪くなるだけですよね。
例えば、ひとりで喋り倒している人がいた時。その人は自分だけは楽しいかもしれません。しかし、そのグループの中に黙ってうん、うん、とうなずいているだけの人(もしくは全然聞いてない人)がいる時は、楽しいと感じるテンションに差ができてしまっているかもしれません。喋り倒している人は他の人が会話に参加できるように少しスペースを譲ってあげて欲しいですし、黙っている人はもっと積極的に参加して欲しいです。みんなが積極的に話題に参加している時のほうが楽しいはずです。

このようなおしゃべりしていて本当に楽しい!と思っている時を思い出して、演奏でパート練習の時に同じことをすれば良いんです。そう考えれば難しいことではないと思いますよ。

一番大切なことは「個性豊かな人たちが演奏で仲良くひとつにまとまっている」ことです。


《評価してもらう時間を作る》
毎回のパート練習で目的を決め、目標を設定し、みんなで作り上げてきた音楽を他の誰かに聴いてもらう時間を作ると、より客観的に自分たちの演奏を理解することができると思います。
聴いてもらう人、というのは何も指揮者や先生でなくても良く、違う楽器の人を何人か呼んできて、率直な評価をしてもらえるのも効果的です。
聴いてもらう人にはパートで設定した目的や目標を伝えないほうが面白いでしょう。評価してもらった内容が、その時の練習で行ってきたことと一致したら、それは充分聴く人(=お客さん)にも伝えられる力を付けられたんだということになります。また、逆に同じ目的について指摘された時、悪く評価されたら「なぜそういう結果になってしまったのだろう、何が足りなかったんだろう」ともう一度パート内のみんなで作り直す必要があります。

演奏者はステージに立ち、お客さんに演奏を聴いて楽しんでもらうことが最終的かつ重要な目的ですから、このように「誰かに聴いて評価してもらう時間」はとても大切です。本番で聴いてくれるお客さんは良くも悪くも「高評価ぎみ」で言ってくれることが多いので(特に身内関係)、練習の段階で厳しめの客観的評価をもらえることは貴重なことです。

また、他の楽器の仲間に聴いてもらえるということは「トランペットパートはこんな感じで曲を作りました!」と主張することにもなります。それが他のパートにも良い影響を与えて、結果バンド(オーケストラ)全体が活性化するはずです。ですから、トランペットのみなさんも他のパート練習を積極的に聴きに行き、率直な評価をしてあげてください。


《休憩をこまめに取る》
パート練習など、複数で練習している時というのは、どうしても休憩を入れるタイミングを見失いがちです。
「休憩しよっか」って言うの、結構勇気いりませんか?後輩の方はもっと言いにくいでしょう。しかし、バテた状態や疲れて集中力がなくなった状態で練習を続けるのは無意味で非効率的です。

そうならないよう始める前にあらかじめタイムテーブルを作りましょう。20分吹いたら10分休憩とか。

もし練習が盛り上がって、良い感じのタイミングであっても時間を厳守する。そうすることによって、与えられた時間内でこなす力もつきます。
長時間練習することが上達に直結するわけではありません。短時間でいかに効率的に行うか、これが一番大切なことです!



さて3回に渡って書いてきたパート練習について。参考になりましたでしょうか。
吹奏楽やオーケストラでトランペットを演奏されている皆さんはぜひ、こういったパート練習を実践してみて下さい。

また来週!




当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 06:43, 荻原明(おぎわらあきら), 練習に対する考え方

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。