smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 吹奏楽コンクール課題曲2013トランペット解説【2.祝典行進曲「ライジング・サン」/白岩優拓】その2 | main | 理想的なパート練習 1 >>


吹奏楽コンクール課題曲2013トランペット解説まとめ【合奏練習〜本番に心がけておきたいこと】




















みなさんこんにちは!
遂に夏休み到来!という学生の方が多いと思います。でもこの時期、吹奏楽コンクールに出場される方は授業がなくても毎日学校へ通い、練習に励んでいるのではないでしょうか。コンクールに出場しなくても夏休みの長い時間を部活動に費やしているという方も多いはず。
そこで、前回までで「吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説2013」は完了しましたが、夏の長い練習やコンクール、本番に向けての自分なりのアドバイスを書いていこうと思います。

これから書く内容はいままで記事にしてきたことが多いのですが、まとめとして読んでみて下さい。


《長時間の練習時に心がけたいこと》
いつもの部活動って授業が終わって放課後にだいたい2〜3時間程度しかできませんよね。その中で準備して基礎練習や個人練習、パート・セクション練習、合奏練習、片付けをするとなると実質ほとんど楽器を吹くことができません。
それにくらべると夏休みはとても長い時間練習に費やすことができますね。でも、ただダラダラと長い時間練習をしていてもそれが音楽の成長につながるかと言うと、そうではないんです。
練習というのはいかに効率良く結果を出すかが大切で、もちろん長時間効率よく練習ができるのであればそれは最高かもしれませんが、人間そう集中力も体力ももたないのが現実。かと言ってこの時期しっかり練習しておきたいと考えるのも現実。

そのためにいくつか覚えておいて欲しいことを書いてみます。

■ウォームアップの必要性
このブログでは何度もしつこいくらいに書いていることです。ウォームアップなしにトランペットを吹くという行為は準備運動もなしにプールへ飛び込むようなものです。
そして、ウォームアップというのは毎日少しずつ違う(肉体的、精神的)コンディションを楽器を演奏する上でバランスよく保つために行うことです。「今日は調子悪い(理由わかんないけど)」と言い切ってしまうのは簡単ですが、その毎日一定ではないコンディションの中で、もしコンクール当日が調子悪い日になってしまったら、自分自身がとても辛くなりますよね。そうならないためにも毎日のウォームアップは絶対に欠かしてはいけないのです。練習時間が長いのでしたらなおさら。ぜひ練習時間開始すぐ(楽器を吹く準備が整ってから)の30分から1時間程度、休憩を交えながらゆっくりゆっくりウォームアップを行うようにして下さい。それだけでもコンディションのバランスはとても良いものになるはずです!

ウォームアップの具体的な方法や考え方については過去の記事をまとめたカテゴリ「ウォームアップ」をぜひ読んでみて下さい。

参考記事「個人練習とは


■調子が悪かったら
ウォームアップをしっかり行っても、様々な理由で調子が良くない、思ったように演奏ができない、昨日は良かったのに今日は何だかダメだな、という日は必ずあります。
理由は様々ですが、無理して吹きすぎたことによる疲れや、夏バテしてしまっている、体力が弱っている、集中力が維持できない何かがある、奏法のことを考えすぎて混乱している、などが挙げられます。

まずは調子が悪くなったら、何が原因なのか時間をさかのぼって考えてみて下さい。昨日夜更かししたとか、朝ご飯食べてないとか、無理して吹きすぎたとか、彼女にフラれたとか。その原因を払拭、解決できれば調子は徐々に戻ってくると思います。

いくつかの原因による調子の悪さを克服するための記事を過去に書いていますので、カテゴリー「バテ・不調・緊張・ミス」の記事を読んでみて下さい。


■練習に飽きる
夏休みの長時間練習の中で個人練習の割合が多い時、はじめはコンクール曲を吹いていても、一度通してしまうと次に何をして良いのかわからなくなる=飽きてしまう、なんて状態になったことはありませんか?
練習に飽きてしまう最大の原因は「目標がないから」そして「自分の演奏を客観的に聴くことができない」からです。

どんな演奏を目指し、今の自分の演奏がその目標とどのくらいかけ離れているのか、どう改善すれば目標に近づけるのかを自分自身で気付き、練習方法を工夫できれば練習時間がいくらあっても足りないはずです。

これについて詳しくは過去の記事「練習に飽きる(全編)」「練習に飽きる(後編)」を読んでみて下さい。

逆に、頑張って練習している人にありがちなのが「自分の限界を超えて無理をした練習を続けてしまっている」状態です。バテても根性で吹いてしまったり、休憩を取らないで練習を続けてしまったり。
管楽器は他の楽器と違い、精神力だけではカバーできない面がどうしてもあります。バテていても吹き続ける練習は決して能率が良いとは言えません。休憩することも練習のひとつ、と思うことが必要です。
このような方はぜひ関連記事「バテる前に休憩を」を読んでみて下さい。


《合奏時に心がけておきたいこと》
合奏練習の時にも円滑に、毎回の練習でステップアップできるようにするための心構えや考え方というのもあります。みんなが協力して良い時間になるようにしたいものです。

■合奏練習時のマナー
合奏というのは他の練習時間と違って指揮者や指導者が指揮台に立ち、行っています。こうなった時に「指揮者が何か教えてくれる」とか「私を(バンド全体を)上手にして下さい」と思っていたら、それは大変良くありません。受け身の姿勢になっていると上達するのも難しくなります。
また、合奏は大勢で同じ時間を共有していますので、個人で勝手なことをするのも良くありません。例えば、指揮者が話しているのに勝手に音を出すとか(例え小さい音であっても)、個人的な質問を合奏中にしてしまうのは効率が悪くなるだけです。

これらについては過去の記事「合奏練習時のマナー」を読んでみて下さい。

関連記事「料理人とプレイヤー
関連記事「次の合奏、レッスンまでにすること


■複数のコーチがいる場合
最近はどこの学校にもコーチ(講師)の先生がいることが多く、ひとつのパートにひとりのコーチがいることも珍しくありません。
コンクール前に数回だけ来るというパターンも多いですよね。実際僕もそういう指導に行くことがあります。

そういった環境で、みなさんの中に「それぞれのコーチの言っていることが違う」と混乱してしまったことはありませんか?
トランペットパートを教えてくれる(自称)プロのトランペット吹きや音大生などが言っていたことと、指揮者の言っていることが真逆だからどちらを信じればいいのだろう?と悩んだり。

ある意味、教える人がいればいる程この問題に直面する可能性は高くなります。音楽は正解がひとつではありません。ですから自分たちが教わってきたこと、考えていること、アプローチの仕方が個人個人で全然違うのはあたりまえなんですね。
ではどうするか。教わる側が上手に受け止めていくのが良いと思うんです。

これについては過去の記事「複数の指導者に教わる、ということ」をぜひ読んでみて下さい。
コーチの人に「◯◯先生は違うこと言ってましたよ」と言って雰囲気を悪くすることのないようにしたいですね。

関連記事「教わる、ということ


《本番時に心がけておきたいこと》
練習を重ねてきて、いざ本番の日になった時にも心がけておきたいことが沢山あります。
僕が中高生の時に感じたのは「演奏以外のことでひどく疲れる」ということ。真夏の暑い中、朝早く集合して最終リハーサルをする(ために打楽器などを急いで運搬する)、そして気持ちはわからないでもないのですが念入りにチューニングをして時間ギリギリまで合奏をし、また急いで片付け→運搬。ホールまで移動。また搬入、気付けば舞台袖。
とても忙しかった記憶があります。もちろん、打楽器などの運搬は当たり前ですが、あまりに本気になって体力を消耗しないように気をつけて下さい。これらは「あくまでも本番で良い演奏をすることがメイン」ということを忘れないで欲しいんです。

関連記事
チューニング1
チューニング2


■こまめに水分補給を
これは音楽に関係なくよく耳にする事ではありますが、やはり管楽器を演奏する上でも水分補給は欠かせません。
熱中症で倒れないため、というのももちろんありますが、喉が乾くということは、正常な呼吸やタンギングなどの「口の中のコントロール」が上手くいかない原因になりますし、唇の振動も悪くなります。
「喉が乾いた」と感じてから水分補給をしても回復するまでにはかなりの時間がかかる、というのは聞いたことがあるかもしれません。ですので、こまめに水分補給をするようにして下さい。
また、スポーツドリンクは吸収が良いのですが糖分が含まれているので楽器を吹く前にはすくなくとも口をすすぎましょう。そして個人的に思っていることですが、お茶などに含まれるカテキンやポリフェノールなどを飲んだあとの口の中のギシギシ、ザラザラ感が演奏に支障をもたらしている感覚があります。なので楽器を吹いている間は常に水を飲んでいます。

関連記事「口の中が乾く、ということ


■やはりウォームアップ
コンクール会場に到着して、自分たちの順番を待っている時間は待機時間、直前音出し時間などがあると思います。この時、可能な限り再度ウォームアップをするようにして下さい。「朝さんざん練習してきたからもう大丈夫」と思わないようにしましょう。
ウォームアップというのは「ずれたピントを合わせる作業」でもあります。朝練習をしてから本番までは結構な時間が空いているはずです。その間に感覚が変わっている可能性もありますから、もうすぐ本番だあ!といきなり曲練習をしたりハイノートを思い切り出すことのないよう、マウスピースで軽く音を出すこと、呼吸を安定させること、口の中(舌)や顎を柔らかくすることなどを確認するように落ち着いて音を出し始めるようにして下さい。また、ウォームアップをしないでいきなりみんなでチューニングをしても、まず合いませんし、それはチューニングの意味をなしていませんので注意して下さい。


■緊張
コンクールというのは他の本番と違って具体的な結果が公表される場です。普通のコンサートだってもちろん緊張しますが、コンクールは「審査される」というプレッシャーと会場の独特な雰囲気が非常に緊張しますよね。
今はもう言わなくなったかもしれませんが、一昔前は「お客さんをカボチャやナスだと思えばいい」なんてことを言って緊張を和らげる人がいたものです。
でも僕から言わせてみれば、お客さんをカボチャだナスだなんて思うとはもってのほか。そんな失礼な考え方をしていては音楽は成立しません。
このブログで何度も書いていますが「自分たちの演奏を聴いてくれる人(=お客さん)がいるから音楽は成立する」ということをコンクールでも思っていて欲しいんです。上手いとか下手とか、そんなことではなく聴いてくれる人(他の出場校や審査員も含めた客席にいる人全員)に自分たちの音楽・演奏に込められたメッセージを伝えることが奏者のすべきことです。

演奏している作品の素晴らしさや自分たちのこれまでに取り組んできたこと、経験してきたこと、伝えたいこと、そういったものを音として客席に投げかけて下さい。そんなこと考えていたら「ミスしたらどうしよう」なんて消極的な考えを持つことも、「他の学校のほうが上手だな」なんて比較すること自体意味の無いことだ、ということもわかると思います。
こういった悪い方向の緊張は持っていても良いことありません。

しかし緊張は誰でもするものです。プロだって緊張します。ですから、その緊張をどのような「質」にするのか、それが大事になってきます。

一緒に演奏する仲間を信じ、ぜひ楽しんで演奏をして下さい。それが例えコンクールという異質な場であっても同じです。

参考記事
緊張1
緊張2


■コンサートホールでの演奏
中学生の時、狭くて響かない音楽室で合奏練習ばかりしていて、コンクール会場の規模の大きさ、響きの良さにまったく慣れないまま本番の演奏が終わる、なんてことを毎年繰り返していた記憶があります。
自分の音が客席に吸い込まれていく感覚に陥り、吹いても吹いても聴こえてないんじゃないか、と不安になってどんどん大きな音で吹いてしまう。挙げ句、ステージにいるほんの数分で信じられないくらいバテてしまったこともあります。

きっと同じ経験をした方が沢山いらっしゃるはず。

コンサートホールは実際の演奏をより良いものにするために工夫して作られた建物です。
しかし、慣れていないとその「良さ」が逆に奏者の負担になってしまうことがあるんですね。

そうならないためにも、学校で練習してきたことを絶対に否定しないこと。そして本番だけ特別なことをしないように心がけること(大きな音で吹いてしまうなど)。いつも通りに音を出していればきちんと聴こえているんです(と考えておきましょう)。

「と考えておきましょう」と書いたのは、本番の時にいきなり違うことをしても良いことないのでそう言ったんですが、本番の響くホールでの演奏を考慮して毎日の練習をすることは大切です。どういったことに気をつけていればいいのか、これについては過去の記事「聴衆とのギャップ」「響きのギャップ」をぜひ読んでみて下さい。


■審査結果、というもの
音楽に限らず、何か審査されるようなもので、あなた自信が「これが一番上手い!(すごい!)」と思っていたのに、その人(作品)の結果が芳しくない、なんで?あんなによかったのに!という経験をしたことはありませんか?
自分やお客さんたちの考えと審査結果が異なるのは、審査している人がどこに着目しているのか、何を基準にしているのか、どういった採点方法を取っているのかが違うからなんです。

音楽というのはひとりの人間が評価してどうにかなるものではありません。それがプロであっても個人で価値観はまったく異なります。
ですから、審査結果が良くても悪くても、それが「すべての人が感じている自分たちの演奏」などとは絶対に思わないで下さい。

しかし、審査員はやはり聴く耳を持っています。音色やピッチ、音程、表現力、練習量などもほんの少し演奏を聴いただけでおおよそわかるものです。ですから、審査結果と一緒にもらえる一言アドバイスはとても貴重なものとして素直に受け止め、今後の演奏に活かせるようにしましょう。


さて今回はまとめとしていろいろ書いてきました。

ブログについてもっと詳しく実際の演奏で学んでみたいという方はぜひ僕が講師をしている「プレスト音楽教室」までいらして下さい。
特設の「吹奏楽クラス」というのがあって、入会金など不要の1回から受講できる講座があります。お一人でもトランペットパート全員でもレッスンができますので、特にこの作品はパートみなさんでレッスンができるととても良い結果を得られるのではないかと思います。

詳しくは「プレスト音楽教室オフィシャルサイト」をご覧下さい。

プレスト音楽教室トランペットクラスのページはこちら

プレスト音楽教室吹奏楽クラスのページはこちら↓



プレスト音楽教室へ行くのは距離的に難しい、という場合は学校等へ訪問することも可能です。毎年コンクールシーズンになるといくつかの学校におじゃましています。詳しくはこちらのメールフォームにご連絡下さい



それでは、次回からはまた通常のブログに戻ります。
コンクールに出場するみなさんの素晴らしい演奏を期待しています!頑張って下さいね!

それでは、また来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 05:46, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2013

-, -, pookmark