smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< プレスト音楽教室講師による管楽器ミニコンサート&楽器体験会 | main | 吹奏楽コンクール課題曲2013トランペット解説【5.流沙/広瀬正憲】その2 >>


吹奏楽コンクール課題曲2013トランペット解説【5.流沙/広瀬正憲】その1




















課題曲解説についての進め方や曲を吹く前など個人練習でしておきたいことをまとめた記事【はじめに/最初にすべきこと】をお読みでない方はこちらからどうぞ。

みなさんこんにちは!

この時期、テスト期間で楽器が吹けない、なんて方けっこういらっしゃいませんか?
これからコンクールに向けて気合い入れていこうと思っている矢先に、って感じですよね。なんかテスト期間ってタイミング悪い(だから勉強に集中できない)。と僕は学生の時思ってました。言い訳とも言う。

まあでもテストで赤点なんて取ったら、もっと部活の再開時期が遅くなるだけですからね、とりあえず楽器も勉強も頑張って下さい。
ちなみに、部活が再開した時、すぐに曲を吹きたい気持ちはよくわかりますが、数日吹かなかった後というのは少し気をつけて再開してもらいたいです。

詳しくは

1日吹かないと3日戻る?
長期間楽器が吹けない時

を読んでみて下さい。


あと、ひとつ宣伝させて下さい。
先週にも別記事を掲載したのですが、来月の7月5日(金)の19:00より「講師による管楽器ミニコンサート&楽器体験会」を開催致します。
短い時間ではありますが、僕も含め管楽器講師の方の演奏を無料で聴くことができますので、お近くの方はぜひ遊びにきて下さい!



詳しくはプレスト音楽教室オフィシャルサイトをご覧下さい。



それでは、「吹奏楽コンクール課題曲2013トランペットパート解説」、今回からは課題曲5「流沙」について書いていきます。


この作品は、中学生の団体では演奏できないので、選曲されるところも少なくなると思いますが「楽譜を読む」ということや「合奏」についていろいろ書いていきますので「この曲は関係ないや」と言わずぜひ一度目を通してみて下さい。

この「流紗」という曲、スコアにある作曲者のコメントには「砂(砂漠)が風や水などの自然の力で、その模様や造形が変化していく様子に着想を得た」と書かれていて思い出したんですが、かなり昔になりますが、同じく課題曲で保科洋氏作曲の「風紋」という曲がありました。
僕が中学3年生の時にコンクールの自由曲(課題曲だった時はまだ小学生)として演奏したのでとっても思い入れがあるのですが、この作品の「風紋」というのも風によって作られた砂漠の模様のことで、作曲者はこういったものにインスピレーションを得やすいのかな、なんて思ったり。まあそれは今回の事とは関係ないんですけど。
「風紋」、名曲です。知らない方はぜひ聴いてみて下さい。


《楽譜を読むということ》
さて、この曲の音源か、もしくはフルスコアをご覧になった方、第一印象はどんな感じですか?
もちろん「カッコイイ!」とか「ワクワクする!」とかそういった方もいらっしゃることでしょう。

でもきっと、第一印象としては「う...ごちゃごちゃしてる...」とか「楽譜が読めない!ややこしい!」という方が多数ではないでしょうか。

課題曲って、結構毎年必ず5番目がこんな感じの楽譜ですよね。で、なんとなく敬遠してしまいがち。
確かに「ややこしい」楽譜ではありますが、きちんと読んでみるとそんなに大変なものではなくて、「見た目」がそう思わせているだけ。

過去に「楽譜を読む、ということ。」というタイトルで2つの記事を書きましたが、その中では「楽譜を理屈で読もうとすると難しく感じてしまう」といった内容を書きました。僕自身、吹奏楽部に入るまでは楽譜なんてまったく読めなかったのですが、好きな音楽を聴き、その楽譜を見ることで「このメロディを楽譜にするとこうなるのか」という普通と逆のアプローチで楽譜を読めるようになった経緯があり、楽譜というものをある程度「感覚」や「見た目」で読んでいるところがあります。

しかし、この課題曲のように理路整然とした縦の線(音を出す人全員のタイミングのことを「縦の線」と言うことがあります。指揮者の見ているスコアで縦に各パートの楽譜が積み重なっていることから。)がある作品の場合「なんとなく」とか「見た目」だけで演奏するのは危険です。

ですから、この作品をもし演奏することになった方は、ぜひともこの機会に楽譜を「感覚」の面と「理屈」の面の両方で読めるようにし、結果としてどんな楽譜でも抵抗なくすんなり読めるようになることを目標の一つとしてみてはいかがでしょうか。

先程紹介した過去の記事
楽譜を読む、ということ。1
楽譜を読む、ということ。2
はこちらからお読み下さい。


《楽譜を読みやすくする準備》

■基準となる音価を理解する
この楽譜が若干読みにくいと感じるのは、いつもよく見ている楽譜よりも「基準となる音符の単位(=音価)が短い」からだと思います。

例えばこの曲の「3/8拍子」が「3/4拍子」に書き換えられていたらもっとスッキリとして見えるでしょう。
楽譜が細かく見える原因のひとつは「連桁(れんこう)や旗が多いから」です。

ご存知の通り、音符というのは細かく分割すればするほど旗が増えてきます。休符も理屈としては同じですね。
その旗が隣の音符とくっつき合うと「連桁」という横棒に変化します。

この細かな音符や休符がそこらじゅうに沢山書いてあるものですから、見た目にはとってもごちゃごちゃした楽譜に見えてしまうんですね。

ですからまず、基準となる音符が何なのかを必ず理解して読むようにしましょう。ここで言う「基準」とは、拍子記号で言う「分母」や、テンポ記号のところに書いてある音符(音価)が何なのか、もしくは、何拍子に分けて読むと読みやすいかをスコアなどで把握する、ということです。
最後のはパート譜だけを見ていてもわかりにくいですよね。フルスコアは必須アイテムです。

基準となる音符(音価)というのは、指揮者も常に考えています。何拍子なのか理解して指揮棒を振らないとテンポを伝えることができませんからね。
だからと言って指揮者に指示されるまで何も考えないのは良くありませんから、各々の奏者もあらかじめ基準となる音符(音価)を把握しておけば、指揮者の出す指示に戸惑うことは少なくなるでしょう。


■拍のアタマに印を付けてみる
この「流紗」だけでなく、普通の楽譜でも読みにくい書き方をしている場合があります。
少し特殊なリズムだったりとか、作曲家がわざと読みにくく書いている場合もたまにありますが、ほとんどの場合、楽譜の書き方(浄書)が悪いんです。
この作品のことを言っているんじゃないですよ。この楽譜はとてもキレイに書かれています。
でも何だか読みにくい。。。

こんな時はどうするか、と言うと

「拍のアタマに印を付ける」と、グッと読みやすくなります。

要するにこういうことです。

拍のアタマ

この楽譜は「流紗」ではありません。5年前の課題曲5「風の密度」です。覚えている方もいらっしゃるかと思います。
当時この曲を演奏することになった時、もう、本当にイジワルな楽譜の書き方だな、と思いました。多分確信犯。
(この曲だったかは忘れましたが以前作曲者のコメントで「楽譜をわざと読みにくくすることで演奏者の集中力を高める」なんてことが書かれていた記憶があります。とんでもない勘違いですね。ライブでの演奏時、作品が崩壊する確率を高めているだけなのに…せっかく作った作品がステージで崩壊されたら作曲者だって嬉しいわけないはず。)
で、最初の合わせの時、とにかく読み間違えそうになって、リズムや拍を取るのに必死になっちゃったんですね。周りの奏者も同じようなことになってて、指揮者を見ることもできないし、これでは音楽にならないと思って、少しでも読みやすくなるように、かなり楽譜に書き込みをしたことを覚えています。

「流紗」も、例えば練習番号Aの4小節目からって、何拍目のどこに音があるか、パッと見わかりにくいですよね。そういった場合に、拍のアタマに印を付けておくだけでもかなり違うと思うのでオススメです。
全部の小節に書いてしまうのは、かえってごちゃごちゃして良くありませんが、何度やっても見間違えてしまいそうな箇所にはしっかりと書いておくと、ミスしなくなると思います。


《正確な音価》
この「流紗」のような理路整然とした楽譜の場合「正確な音価」で演奏しないと、とてもゴチャゴチャしてしまいます。
音符の長さ、処理のタイミングをとにかく正確にキッチリとするのもそうですし、休符に対しても同じ様に配慮が必要です。

この作品によく出てくる「3連符の真ん中が休符」のリズムを曖昧に演奏してしまうと付点のようになってしまったり、休符を感じきれずに走ってしまったりしそうですね。そうならないよう、個人練習の譜読みの段階からきちんとしたリズムで演奏できるようにしましょう。

正確な音価を演奏するためには

キレの良いタンギング(音の出だし)
「揺らがない音の持続(中身のある音色)」
音の処理の正確さ

の3点を常に心がけ、演奏して下さい。

そして、この作品、3rdから順番に音が積上ってくる箇所がいくつかあります。
ということはその時3rdが場面ごとの音色やタイミングを作り上げるパートのリーダーになります。
ですから、3rd奏者の方は決して奥手にならないよう、自信を持って入っていけるようにしっかりとスコアを読み、他の楽器との連携も理解しておくようにして下さい。

1st,2ndパートの方は3rdが先に入ってくる場面では、どんな音色で入ってきたか、そんな雰囲気で演奏しているかを良く聴き、統一感のある演奏になるようにしましょう。
パート練習やセクション練習を沢山することが大切かもしれませんね。


《指揮者の手腕》
この曲の楽譜をお持ちの方はテンポの変化に着目して下さい。
指示がとても頻繁に、しかし微妙な変化が多いのに気付きますでしょうか。

ここまで細かな指示になってくるとメトロノームで把握するのも限界があります。
ですので、こういった楽譜の書き方をしている場合にはとりあえず個人練習をする時点で

 1.メトロノームで「確認」しておく(おおよそのテンポ感)
 2.前後のテンポとの比較を把握する(今吹いているテンポがこの後どのくらいどうなるのか)
 3.ざっくりと奏者同士のテンポ感を統一しておく

そして、合奏になったら
 4.その時の指揮者のテンポで決定

という流れにしておくと柔軟に対応できて良いと思います。

まずはメトロノームでそれぞれのテンポを体に叩き込みます。それが出来たら、メトロノームを使わずに「その前よりもどのくらいテンポが速い(遅い)のか」を把握しておいて、不自然にならないよう、つなげて吹いてみます(長休符で演奏しないところも把握する)。
その後、一緒に演奏するメンバーとそれぞれの場面でのテンポ感覚を統一させる目的でパート練習やセクション練習を行います。

良くないのは、いつまでも「メトロノームに合わせようという姿勢で練習をする」行為です。
メトロノームは単なるテンポ確認をするための道具であって、そのカチカチ音や電子音に奏者が従っていくものではありませんので注意して下さいね。

そして、いざ合奏になったら「指揮者が示してくるテンポに忠実に合わせていく」という姿勢を崩さないようにしましょう。
こういった曲でテンポを勝手に揺らしたりする行為はバンド全体を崩壊させてしまう恐れがあります。
ということなので、最終的には楽曲を正しく構築できるかは指揮者の手腕にかかってくるんですよね。まあそれはこういった作品に限ったことではありませんが。


関連記事として「メトロノーム」もぜひお読み下さい。



《譜面台とイスの配置》
重要な役割である指揮者の動きを視界にしっかり入れるためには「イスの置き方」と「譜面台の置き方」が重要になってきます。
ほとんどの団体の方が、合奏をするたびにイスをみんなで並べていると思います。しかし、イスの配置や置き方についてそんなに神経を尖らせたことってないと思うんですね、特に練習の時は。
でも、このイスの置き方ひとつでアンサンブルが大きく変わるんです。詳しくは過去の記事

イスの配置1
イスの配置2

を読んでみて下さい。
そして譜面台の置き方なんですが、やはり今でも譜面台を(右)斜めに置いて正面に遮るものがない状態で演奏している団体が本当に沢山いるのですが、指揮者はよく見えるかもしれませんが僕は(吹奏楽やオーケストラ等の時に限って言えば)賛成できません。


ということでこの作品に関しては、まずは譜面に慣れるための準備と練習に時間をかけましょう。
正確に演奏するための繊細な練習を初期の段階で行って下さい。そうしないと、感覚だけでアバウトに演奏するクセがついてしまうのは良くありません。

ブログを読んでもいまいち理解できない、もっと詳しく実際の演奏で学んでみたいという方はぜひ僕が講師をしている「プレスト音楽教室」までいらして下さい。
特設の「吹奏楽クラス」というのがあって、入会金など不要の1回から受講できる講座があります。お一人でもトランペットパート全員でもレッスンができますので、特にこの作品はパートみなさんでレッスンができるととても良い結果を得られるのではないかと思います。

詳しくは「プレスト音楽教室オフィシャルサイト」をご覧下さい。

プレスト音楽教室トランペットクラスのページはこちら

プレスト音楽教室吹奏楽クラスのページはこちら↓



プレスト音楽教室へ行くのは距離的に難しい、という場合は学校等へ訪問することも可能です。毎年コンクールシーズンになるといくつかの学校におじゃましています。詳しくはこちらのメールフォームにご連絡下さい


それでは、次回は楽譜に沿って解説していきます。
また来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 07:56, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2013

-, -, pookmark