smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< スランプ | main | 潰れ 1 >>


長期間楽器が吹けない時


















みなさんこんにちは!

以前より記事の上に「ご意見募集」のリンクを貼っています。ありがたいことにいくつか投稿して頂きましたので、ひとつずつ回答できる範囲で1つの質問に対して1つの記事で書かせて頂こうと思います。

今回は時期的にもみなさんに当てはまりそうなのでこちらのご質問を。

=======================
最近、学校の行事などで連休が続いていてトランペットが吹けない環境にあります(うちの部活は持ち出しダメなんです)。
唇がだれないように、家で何かできる方法があったら教えてください。
=======================


はいはいさん から投稿して頂きました。ありがとうございます。

過去に「1日吹かないと3日戻る?」という記事を書いたことがあります。
みなさんも一度は耳にした言葉ではないでしょうか。

詳しくは記事を読んでもらえればと思いますが、実際こんなことがあるはずがありません、要するにこれは「練習をサボらせないための脅し文句」だと思って下さい。
だからと言ってやはり何日も吹かなかったり、練習をちょいちょい休んでしまったりすることは良いことだとは思いません。できるのであれば毎日コンスタントに行うことが最適です。
ただ、もっと大切なことは「きちんと目的を持って練習をすること」であって、ただ何となくダラダラとラッパを吹いていることは決して「練習」とは言えず、こちらのほうがよっぽど重要なことだと思います。

意味のある練習を限られた時間内で行い、必ず結果を求めていく。

例え練習時間が1時間しかなくても実のある内容をするようにしましょうね。


さて、ご質問の内容ですが、はいはいさんは部活動の楽器を借りて演奏しているので、長期休暇の時には手元にトランペットがない状態とのこと。この文章だけだと詳しいことはわからないのですが、いくつか提案してみたいと思います。

■マウスピースだけの練習、呼吸の練習は毎日欠かさないようにする(楽器を吹く感覚を常に取り戻しやすい状態にしておく)
■安くていいのでトランペットを手に入れる
■練習を放棄する(他のことをする)


このあたりでしょうか。ひとつずつ書いてみます。


《楽器を吹く感覚を取り戻しやすくしておく》
まず最初に書いた、マウスピースと呼吸の練習ですが、多分ここで書かなくてもやってるんじゃないかと思います。せめてマウスピースだけでも吹いておこう、という気持ちは質問の文章からも感じられます。
ただ、ここで大切なのは「マウスピースと楽器を吹く感覚はまったく違うもの」ということを忘れないようにすること。

過去に「ウォームアップ」について詳しく解説した時にも書きましたがマウスピースの管の長さと楽器の管の長さはあまりにも違いすぎます。ですから、マウスピースだけで音を出す時、まるで楽器を吹いているかのように息を入れたりタンギングの練習をしたりすることは良い練習とは言えません。

空気の抵抗が全然違うので楽器を吹いた時とのギャップがあるんです。

マウスピースだけで練習する時には「力まず、無駄なプレスをしないでも心地よく反応する唇(バズィングの反応を良くする)」を感覚的に得られる、という目的を持っていることが望ましいです。ベンディング練習で唇の柔軟性を高めるのも良いと思います
タンギング練習はマウスピースで行うものではありません。なぜならタンギングは空気の流れがあってこそ行えるものなので、トランペットを吹いている空気の抵抗感がないマウスピースだけの時にタンギング練習をしてもそれが正しく反映できるとは思えないからです。

グイグイ息を入れて大きな音量で音階を吹くのは避けましょう。

トランペットは筋力が衰えるから思うように吹けなくなるのではなく、感覚が鈍るから吹けなくなるというほうが大きいんです。


呼吸だけの練習もしっかりできますよね。
楽器を吹いて練習をしている時というのは、テクニカルなもの、楽曲をきちんと吹けるように楽譜を見て練習する、なんてことがどうしても優先されてしまいます。
ですから、この機会に楽器を演奏するための正しい呼吸の仕方だけに絞って練習してみてはいかがでしょうか。
目指すところは、部活が再開した時に無意識に質のいい呼吸ができていることです。

呼吸が変われば音色もコントロールも変わります。管楽器にとって呼吸は何よりも大切なことです。


《楽器を手に入れてしまう》
「それができるんだったら最初からしてるし!」と怒られてしまいそうですが。。。
でも、根本的に解決するなら本来はこの方法しかないと思います。ちょっと贅沢な話になってしまいますが練習用として安いもので良いと思います。
3万円台で買える新品もありますし、中古で探せば良い物が見つかるかもしれません。
この機会にちょっと良い自分の楽器を手に入れるチャンスかもしれませんし。

部活が休みの時に吹けないのがとても不自由に感じるとか、もっと練習をしっかりやりたい!ずっとトランペットを吹いていきたい!という気持ちを伝えられれば親御さんも理解してもらえるかもしれません(学校の先生を説得して持ち帰らせてもらうようにお願いするのも手段ですよね)。

もし楽器を手に入れられることにになっても、家では吹けないという方も多く、練習場所に困るかもしれませんね。
地域によっても違うと思いますが、公共施設には音楽の練習室があります。専門のレンタルスタジオ(ロックバンドの練習スタジオなど)もありますが、そういったところは場所を貸すことが商売なので決して料金は安くありませんが調べてみる価値はあると思います。また、最近ではカラオケボックスでも音出しをさせてくれるところも多いようです(自分が学生の頃は楽器練習NGでした。カラオケブームで儲かってたからだと思いますが)。
僕が講師をしているプレスト音楽教室もスタジオレンタルを行っていますのでお近くでしたら使ってやって下さい。

外で吹くのも良いと思いますが季節や環境によっては難しいでしょう。楽器にとっても外で吹くというのはダメージが大きいのでおすすめはしません。
ただ、プラクティスミュートを使って家で練習し続けるよりは良いと思います。

プラクティスミュートをおすすめできない理由は過去の記事「呼吸9」に書いてあります。


《練習できないなら無理してやらない》
練習できない時期は、もう仕方がないと割り切ることも方法のひとつです。

練習ができない!というのは「部活が再開した時に下手になってたらどうしよう」という精神的な不安から来るものが大きいです。

ですが楽器が手元にない、音を出せる環境が整っていない、というストレスを抱えるくらいなら、他の角度からレベルアップを図るのも悪くないと思いませんか?

トランペットを上達するために一番大切なことが練習を積み重ねていくことなのは言うまでもありません。
でも、極端な話、日の光も入らない地下室で毎日何十時間もトランペットを吹き続けても、上達するのはテクニックだけだと思います。そこには「音楽」がありません。

トランペットを上達するというのは、単に上手に吹くことが目的ではなく、音楽を聴いてもらう人に届ける、自分の気持ちを音楽で表現することなのですから、練習と同じくらい心を豊かにすることが非常に大切です。
また、知識をしっかり持つことも大切です。例えば楽譜を読む知識、沢山の楽曲を知ることなど。

部活が忙しい時は、どうしても楽器を吹くことばかりに時間をとられてしまいますから、楽器が吹けない時には違うアプローチで上達していくようにすれば良いのではないかと思います。


《様々な角度から音楽の上達を図る》
言い換えれば「芸術的センス」「音楽的知識」を高める時間にする、ということ。

 ■この時期は特にコンサートが多ので、ジャンル、楽器など問わず片っ端から行ってみて下さい。
 ■美術館へ沢山行ってみて下さい。
 ■映画や演劇、落語などを観に行って下さい。
 ■CDやDVDを沢山視聴して下さい。
 ■音楽に限らず沢山の本、小説や美術書、写真集、絵本に出会って下さい。
 ■楽典の勉強をしてみて下さい。
 ■楽器屋さんに行ってみて下さい。
 ■ピアノやキーボードなど、他の楽器を演奏して下さい。

これらのすべては自分の心が成長するきっかけになり、直接音楽(トランペット)に影響します。
表現力やその方法を知る良い機会です。
イメージの引き出しを増やすことができます。

楽譜屋さんに行くこともオススメです。いろんな楽譜を見て「これ吹いてみたい!」と思ったものを手に入れましょう。
部活が始まったら(楽器が吹ける環境になったら)この曲吹くぞ!という気持ちは、良い方向でのストレス(期待感)を持つことになり、楽器を吹く意欲を強くさせます。



トランペットの練習を再開した時に、多少のブランクはあるかもしれません。ですが、毎日コンディションを整えるようにウォームアップをしっかりと行い、基礎練習に力を入れていけば感覚を取り戻すのにそんなに時間はかからないと思います。
部活再開直後にいきなりキツい曲を練習するとか、いきなり合奏するというのはおすすめできません。


長期休暇の間に蓄えた「芸術的センス」「練習意欲」「体の使い方(マウスピース練習、呼吸等)」を部活再開時に発揮できるようにするんだ!という気持ちで、トランペットが吹けない辛さやストレスはあるかと思いますが、もう割り切ってしまって、それを楽しみにできるように変換することも大切ではないでしょうか。


ということで、いろんな提案をしてみましたが、できる範囲で構いませんのでぜひ実践してみて下さい。


それでは今年はこれで終了です。次回はお正月!年中無休で更新しますよ!
楽しいクリスマスを!
良いお年を!


当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 14:44, 荻原明(おぎわらあきら), 練習に対する考え方

-, -, pookmark