smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< トランペットを始める年齢 | main | ミュート 1 >>


口の中と管の中のはなし。


















みなさんこんにちは!

さて、突然ですがみなさんが使っているマウスピースのスロート内を覗き込んで下さい。スロートというのはトランペットに差し込む筒の部分です。

キレイですか?ツルツルしていますか?
なんだかガサガサしてるという方いませんか?


《マウスピースブラシ》
みなさんマウスピースブラシは持っていますか?
これ。



マウスピースの中を掃除するための道具です。これをシャンク側(口をつける方の反対側)から差し込んで水で流しながらゴシゴシするだけです。別段ブラスソープとかそういうのがなくても充分だと思いますが、息の入る一番最初の部分ですから、ぜひ定期的に掃除をしてツルツルの状態を保つように心がけて下さい。

マウスピースブラシはとても安いし、楽器屋さんとかヤマハなどで簡単に手に入りますから、もし持っていないという方がいたらぜひ買いましょう。


《歯磨き》
トランペットを吹く前に食事などをとった時、みなさんは歯磨きをしているでしょうか。
今でこそ自分は昼食をまたいで楽器を演奏するという時には必ず歯磨きをするよう心がけていますし、すでに習慣になっているのでそうしないと気持ち悪くて楽器を吹くことができません。

でも、中学生の時などはそんな発想は皆無でした。
自分が現役当時の公立中学校って土曜日は午前中は普通に授業があって、午後はめいっぱい部活ができる日だったんです。

ですから、部活に入っている人は土曜日もお弁当持参で学校に来ていました(当時の横浜市内の公立中学校全部かどうかはわかりませんが平日も給食はありませんでした)。
ですから、土曜日の授業が終わってすぐにお弁当を食べ、すぐに楽器を出して基礎練習をして…。歯磨きをするという意識はなかったんですよね。今思えば気持ち悪いな。

でも、最近になってですよね。社会人の人でもお昼休憩の後の歯磨きをする習慣がうまれたのって。

企業がそれを推してヒットした商品を自分も使っています。


これいいですよ(笑)

自分が歯磨きに目覚めたのは高校生の時です。中学生の時は、ただ単に吹奏楽が大好きなだけでしたが、だんだんと音大に行きたい、もっと専門的に学びたいと思ったのが中学3年のおわりごろ。一生トランペットを吹きたければ、歯を健康に保つのがとても大切だと知り、正しい歯磨きの仕方を調べて毎日丁寧にするように心がけ始めたんです。
おかげで、未だに歯磨きはとても時間がかかっていて、高校生当時はアナログの歯ブラシだったので一回20分くらい、今でも電動を使っているのにも関わらず10分くらいやってるという良いんだか悪いんだかって感じになってしまいました(笑)

まあでも高校生の時にも部活前に歯磨きをしていた記憶がないので、昼食後そのまま楽器を吹いていたんでしょうね。。矛盾してましたね。

ともかく、必ず口の中を清潔にしてから楽器を吹く習慣を身につけて下さい。


《管の凹みは気にするのに》
歯磨きをきちんとしていても管の中には汚れが付着します。
とりあえずみなさんのトランペット、主管(チューニングスライド)を抜いてマウスパイプ(マウスピースに直結している直線の管)の中を覗き込んでみて下さい。

キレイですか?

ここがもし汚かった場合は、その先の管も相当汚れてると思います。時間を見つけてトランペット全体を掃除して下さい。フレキシブルクリーナーというのがヤマハなどから出ていますのでそれを使うと良いと思います。
管の中の掃除については過去に書いたことがあるので、こちらをご覧下さい


なぜ楽器の中がキレイじゃないといけないのか。とても説得力のある説明をしましょう。

みなさん、楽器をぶつけて管を凹ませてしまったら、気持ちも相当凹みますよね。
それは見た目が悪くなってしまうだけでなく、凹むことによって管の中がまっすぐでなくなってしまう=息の流れが正しくなくなるからという大きな理由があるはずです。
あとは修理代がかかるとか(修理しても見た目が直るだけで、もう元通りにはならないのです)。

しかし、楽器を凹ましていなかったとしても、管の内部が汚れでデコボコしていたら、結果としてそれは同じではないですか?

どうでしょう。良いサウンドで、その楽器の本来持っている良いピッチで演奏したいと思うなら、楽器の表面だけでなく内部もキレイにしておかなければならないということがおわかりになったでしょうか。

ですから、まずは歯磨き。そして定期的な管内の掃除。これを必ずしましょうね。


《口の中の健康状態》
たまに「口内炎が痛くて楽器吹くのが辛い」というのを聞きます。
自分自身、結構不健康な食生活をしているのにも関わらず、口内炎って一度もなったことがないんです。あれですよね、ほっぺた噛んじゃった時とかに粘膜がただれてしまったような状態のことを口内炎って言うんですよね。自然発生的に口内炎になったことがないのでよくわからないのですが、確かに口の中を噛んでしまうとアンブシュアを作った時に歯と接触して違和感や痛みを感じたことはあります。

体質なども関係していると思いますが、口内炎になりやすいという方は食生活を見直すこと、規則正しい生活をすること。あと大事なのが歯磨きの仕方をきちんと学ぶことだと思います。
そして、ビタミンBなどを積極的に摂取すること(場合によってはサプリメントやドリンク剤を併用しても良いと思います)を心がけましょう。

肌荒れとかって、精神面からもくる、って言うじゃないですか。
ですから、コンクールとか本番前って練習練習で疲れていて、精神的にも体力的にも疲れますよね。生活リズムも不安的になりやすいし、そうなると食生活も偏りがでてしまうかもしれません。
これって、口内炎になる要素が満載なんですよね。

もし本番前日にひどい口内炎ができたら、ベストなパフォーマンスができなくなってしまいます。
ですから、日頃から意識してなりにくい体質に改善していくことが大切だと思います。

敢えては書きませんが、口内炎だけでなく虫歯とか歯の病気も同じです。
良い演奏がしたいと思うなら、自分の体から整えましょうね。


ということで、今回は管の中のこと、そして口の中のことについて書きました。
良い演奏をするためには良い内容の練習と良いコンディション作り、良い精神状態が不可欠です!
バランスよく日常を過ごせるといいですね。

それではまた来週!

当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 12:01, 荻原明(おぎわらあきら), ケア

-, -, pookmark