smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 複数の指導者に教わる、ということ。 | main | 楽語 1 >>


楽譜を読む、ということ。


















みなさんこんにちは!

さて、今回から「楽譜を読む、ということ」について書いていこうと思います。



吹奏楽やアンサンブル、オーケストラなど、既成の曲を演奏するにあたって絶対に必要なもののひとつに「楽譜」があります。
楽譜がなければ演奏することはできませんね。

作曲者は、自分が作った作品を他の人に知ってもらうために楽譜というものを書いて伝えます。ちょうど小説家が原稿を書き、本を出版することと似ています。
録音という技術がまだなかったり一般的ではなかった時代は、それこそ楽譜を出版するという手段で作品を紹介していたようです。

しかし、作曲家は楽譜という記号の羅列を見てもらうのが目的ではないはずです。なぜなら、楽譜には演奏するための最低限の情報が掲載されているだけで実際作曲家が伝えたかったこと、イメージなどのすべてを掲載することができないのです。

楽譜はあくまでもリズム、音の高低、テンポなどのデータが書かれているだけで、それ以上でもそれ以下でもないのです。

先ほど小説家を例に出しましたが、みなさんは本を開き、活字が延々と羅列しているのを見るだけで感動するでしょうか。感動しませんよね。なぜならそれは紙に印刷された文字があるだけだからです。
ではなぜ人は本を読んで笑ったり泣いたり感動したりするのでしょうか。

それは読む人が本に書かれている活字の羅列からイメージを膨らませて、時には自分が主人公になったりと「心の中」で自由に解釈をした結果なのです。

楽譜も同じです。楽譜という紙も単なる記号が集まったデータですから、そこから演奏する人がイメージを膨らませて形にするという1ステップが加わらなくてなくては音楽は完成されません。
ですから、私たち演奏者は作曲者の伝えたかったことを楽譜から読み取ることも必要ですが、それ以上に楽譜から自分自身の中にある「何か」を感じ取って表現しなければならないのです。


ではみなさんの日頃の楽譜に対する考え方はどういったものですか?

新しい曲が決まって楽譜をもらって練習を始めると思います。最初にすることは楽譜に書いてある通りのリズム、テンポ、音程等をきちんと演奏できるための練習をするでしょう。難しいパッセージがあったらその部分だけを抜き取って反復練習をしたり、強弱がきちんと表現できるように練習するでしょう。
ある程度通せるようになると合奏が始まり、楽譜に書いてある通りのタイミングでみんなとひとつの曲を作っていきます。

そこで終わってはいないか、というところなんですよ。最終的な目標が。


楽譜に書いてある通りに正確に音を出すことや終止線までミスなく吹けるようになること、それはもちろん大切で必要なことです。しかし、充分とは言えません。

もうわかると思いますが、音楽は楽譜という紙に演奏者自身の「心」を加えて初めて完成されるものなのです。

楽譜に書いてあることを正確に演奏するだけなら、コンピュータにでもやってもらったほうがよっぽど良いです。
でも機械の演奏したものは感動を生みません。人間にしかできない「心」を加えた演奏をするからこそ、聴く人の「心」と共鳴するのです。

ですから、みなさんも演奏をする時は、あまり楽譜に書いてあるデータばかりに気を取られず、楽譜から読み取れるものを自分なりに解釈して自由に吹いて下さい(もちろん様々な約束はありますが)。

ということで、次回からは楽譜に書いてあることについて解説していきます。
しばらくの間続くと思いますが、トランペット吹きに限らず他の楽器の人にも読んでもらえれば、と思っていますのでよかったらお友達にもこのブログを紹介して下さい。

それにしても、楽譜は世界共通。すごいことですよね。お互いの国の言葉が喋れなくても楽譜が読める人同士ならアンサンブルできちゃうんですから。楽譜ってすごい。


それでは、また来週!




当ブログの写真・記事等すべての無断利用、無断転載を禁止します。

at 15:43, 荻原明(おぎわらあきら), 楽譜の基礎知識

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。