smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 音楽に決まりはない。 | main | 聴衆とのギャップ >>


吹きたい曲を吹いてみる


















みなさんこんにちは!


僕が通っていた中学、高校の吹奏楽部はあまり活発ではなかったので、休みの日もあったし、合奏の日以外はパート練習とか個人練習という名の放置プレイだったので、楽器を膝の上に置いてボーーーっとしている部員もいました(それについて何か指摘をするわけでもない)。ああ時間がもったいない。

高校生の時は音大受験のための個人レッスンを受けていたこともあり、課題をこなすのに必死で部活の練習はとても貴重な時間でしたが、中学生の時は課題もないし、合奏でやる曲もテキトーに吹けていたので(と、当時は自信満々に勘違いしてました)、何をしていたかと言うと、それはもう好き勝手にいろんな曲を吹いていました。


僕自身の当時の経験も含めて未だに不思議なんですが、吹奏楽部って与えられた楽譜や決められた基礎練習曲しか吹いてはいけない謎の空気感が漂っていませんか?
これから部活で演奏する曲が吹けていないのに全然関係ない曲ばかり吹いて遊んでいるのは当然ダメすが。


みなさんはどうでしたか?部活で与えられた曲以外に「あの曲吹いてみたい」って思いませんか?



僕は当時、ドラゴンクエストが大好きだったので、ドラクエに出てくる曲のあれこれを吹きたくて仕方ありませんでした。ドラクエってオーケストラ版のCDがあるんです。そしてそのCDジャケットの中に、全曲の楽譜が載ってるんです。楽譜があったら音を出してみたいじゃないですか。しかもトランペットを主要なメロディに使うオーケストレーションが多いのでますます吹かずにいられない。

で、吹いてました。個人練習の時とか、部活が休みの日に自主練習と称して音楽準備室にこもって。周りの部員たちにどう思われてたかはわかりませんが、楽器があって、音が出せて、楽譜があってそれが吹きたいのに我慢する理由などありません。

それはもう楽しい楽しい。吹奏楽で演奏する与えられた楽譜を吹くのも好きでしたが、吹きたい曲を好きに吹いている時ってホント楽しい。

そして吹けないんです。難しい。音域も高いし、もともとプロが吹くこと前提で書いているわけですから、中学生でも楽しく演奏できるようなものとはわけが違う。だからって「こんなの吹けないや。やーめた」とは思えず、悔しくてハイノートを出せるように必死になってみたり、CDと同じサウンドで吹きたい一心で練習してみたり、難しいフィンガリングができなくてイライラしたり。

でも「プロってすげえなぁ、俺には絶対無理だー」って当時は一度も思わず、むしろ「同じトランペットなんだから自分にだってできる」と。怖いもの知らずでした。

そういえば吹奏楽のパート譜(in Bb)と、歌やピアノ譜(in C)では聴こえてくる音が違う、どうなってんだこれ?っていう移調楽器や移調楽譜に関する謎を解消したのもこういった経験からです。

中学生の頃に好き勝手吹いていたからこそ身に付いた技術や音楽性、知識ってとても多かったです。これってすごい大事だと思います。


《曲決め》
中高生の時ってこんな感じだったせいで、部活のコンサートでやってみたい曲が多すぎて困っていました。技術的に無理とかそういうのわからないですから、例えば文化祭で何やるか曲を挙げていく時にものすごい数の無謀なリクエストをしていたり。

だから「曲を知らない」「なんでもいい」って感じの人が信じられませんでした。

だって、少なからず楽器を演奏しているということは、音楽が好きなんですよね?楽器を吹くことが好きなんですよね?自分で演奏をするという技術を持っていて、音楽が好きならもっともっといろんな曲を知りたいって思うものじゃないんですか?それか、他に楽器を吹いている理由があるのでしょうか。

で、ここが面白いのですがコンクールで演奏した曲、知らなかったけど定期演奏会で吹いた曲はどんなにマニアックでも難解な楽曲でも、最後はみんなすっごい大好きになるんです。で、またやりたい!とか言う。マニアックなのに。ということは吹奏楽曲が嫌いではないんですよね。


要するに「自分から動かない、働きかけない」ってことですよね。


ああもったいない!曲なんて探せばいくらでも出てきます。知らなかった曲を耳にして衝撃を受けるかもしれない。そして自分が求めていた作品に出会えるかもしれない。楽器の可能性を知ってもっともっと自分の楽器が好きになるかもしれない。

部活で配られた楽譜だけをただ待っているだけってのはホントにもったいない!
だからぜひCDを聴いたり楽譜屋さんに行ったり、ネットで調べたり、どんどん自分で探して聴いてみて下さい。



最後に、先輩や先生は「おまえにはまだ無理だ」とか「もっと上手になってから」という言葉を投げてはダメです。とりあえずやりたいと言うなら技術的に無理だろうが何だろうが一度は吹かせるべきです。そこから見つかるいろいろな知識や経験が糧になるものです。

ということでまた来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 10:26, 荻原明(おぎわらあきら), 練習に対する考え方

-, -, pookmark