smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
不定期開催トランペット特別レッスン

noteBana.jpg

荻原明トランペットウォームアップ本発売のお知らせ

まるごとトランペットの本



ラッパの吹き方フェイスブック

ラッパの吹き方bot

     
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1300以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
recommend
ISM (トランペット) アーバン金管教則本
ISM (トランペット) アーバン金管教則本 (JUGEMレビュー »)

トランペットの技術をマスターする上でも非常に重要な教則本です。荻原が講師をしているプレスト音楽教室でも多く使用しています。
recommend
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版)
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版) (JUGEMレビュー »)
全編リップスラーしか書かれていない究極のリップスラー教則本です。全てを練習するというよりも自分のレベルに合わせてできる場所から練習すると効果的です。
recommend
Technical Studies for the Cornet
Technical Studies for the Cornet (JUGEMレビュー »)
Herbert L. Clarke
アーバン金管教本と平行して練習したいテクニカルな教本です。最初は難しく感じるかもしれませんが、同じリズムであらゆる調が掲載されているので、非常に効率的にフィンガリング(指使い)の練習ができます。
プロ奏者や音大生の多くもベーシックなウォームアップ練習として使用しています。
recommend
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング (JUGEMレビュー »)
バーバラ・コナブル,ベンジャミン・コナブル
「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『呼吸』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『からだ』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
mobile
qrcode
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories
links




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< あなたはネガティブ?ポジティブ? | main | 吹きたい曲を吹いてみる >>


音楽に決まりはない。

みなさんこんにちは!
今年はうるう年なんですね。2月29日という明日があるのを忘れていました。


《他の勉強と違う》
このブログを読んで下さっているみなさんは、現役の学生さんも社会人の方もいらっしゃるかと思います。社会人の方はちょっと昔を思い出してみて下さい。学校の授業の中で、音楽や美術などの芸術科目は他の数学や科学などのいわゆる一般教科と大きく違う点がありますよね。それは何でしょうか?

「受験に関係ない」とか、いくつか答えはあるかもしれませんが、その中のひとつに「絶対的なものがない」ということが挙げられます。とういうことかと言うと、

例えば「メロディの歌い方」に決まりはありません。
例えば「タンギングのしかた」に決まりはありません。
例えば「トランペットの音色」に決まりはありません。
例えば「フォルテの音量」に決まりはありません。
例えば「リタルダンドの…(以下略)

トランペットを吹くこと、音楽を表現することって「絶対こうでなければならない」という「決まり」がないんですよね。

もちろん、アンサンブルをする上で指揮者に言われたことやみんなで決めた「約束事」、4/4拍子は1小節に4分音符が4つ入るとか、理論上での決まりは少なからずあります。

しかし、ある音を吹いて「そのヴィブラートは『違う』」「それはフォルテの音量『ではない』」と完全否定できるでしょうか。音楽では演奏している当人が「そうだ」「こうするのだ」と言えばそれが(本人にとって)正しいものになります。


《普通の教科》
では数学はどうでしょうか。計算をして導き出した答えは必ず1つですよね。英語でもペンは「pen」というつづりしかありません。地図記号もひとつずつしかありません。
中には複数の回答があるかもしれませんが、無限に正解があるテストや、正解を決められない問題なんて存在しません。

その点、音楽や美術など芸術と言われるものには無限に正解があるんです。

でもこれ、言い換えると「正解がない」とも言えます。ややこしいですか?(笑)
あとでまとめてみますね。


《不思議な質問》
どこかの学校の吹奏楽部でこんな質問をされたことがあります。

「このメロディはどうやって吹けばいいんですか?(歌う、という意味で)」

困惑しました。「吹きたいように吹けばいいじゃん」と無責任に言い放ちたくもなってしまいましたが(そんなことは言いませんけどね)、こんな感じではどうかな?といった「アドバイス」をしました。

文字だとわかりにくいかもしれませんが「正解を教えて下さい」というニュアンスだったんです。
まるで答えがひとつしかないとでも言うかのように。

でもよく考えてみると、学校の勉強っていつも「正解はひとつ」というものばかりですよね。
音楽をその延長上にひいてしまうと、1つしかない回答を求めるような質問になってしまうのかな?と思いました。

ここでの正しい質問の仕方はこうです。
「(実際に楽器を吹いて演奏を聴かせて)こういう演奏をしているのですが(自分はこのメロディをこうやって演奏をしようと練習を重ねてきたのですが)、どうでしょうか?」
これなら非常に良くわかります。


個人レッスンをしていても似た様なものを感じることがあります。

例えばタンギングがあまり上手にいってない時に「もうちょっと舌の位置を下にしてみたら?」と言ったとすると、もう絶対上にいかないように頑張ってしまっていたり(もはや舌の位置に集中しすぎて他のこと全部忘れてる)。
自分としては「アドバイス」をしている感覚でいるので「下に移動してみたらもしかすると良くなるかもよ」というニュアンスだったのですが、レッスンを受けている本人には「方法はそれ1つしかない、今までのは間違っていたのだ」という受け取り方をしているのかなと感じ、聞いてみたら実際そう思っていた、ということもありました。自分の言い方が悪いのかもしれませんが。。。

良く言えば素直。

でも音楽は絶対がないんです。だからあらゆる可能性とか感覚のフィット感、しっくりくるニュアンス、そういうのが大事なんです。


《〜しちゃダメでしょ!》
ちょっと話がそれますが、街中で小さい子をお母さんが「〜しちゃダメでしょ!」と言っているのを目にします。

別にそのお母さんに自分がとやかく言える人間ではありませんし否定もしませんが「理由は説明しないけど禁止事項を増やす」って子どもからしてみるとどうなのかな?って思うことがあります。

自分が子どもの時(多分2歳か3歳)に親から「扇風機にこうやって(前から)指入れちゃダメだからね」とジェスチャー付きで言われたことをとてもよく覚えています。
その時理由を説明してくれなかったので「なんでダメなんだろう?」と疑問に思い、なぜか「じゃあ後ろからならOKだ!」と自己解決をしまして、後方から指を突っ込んだんです。
案の定、高速回転をしている扇風機の羽と指がぶつかり合ってそりゃもうすごい音と痛みが。慌てて親が飛んできました。

まあ大事には至らなかったんでよかったですけどね。
アホな子どもでした。

別に親が悪いとは言いませんよ。そうじゃなくて「世の中って禁止ばっかりだな」ってよく思うんです。
それに「方法」を誰かに導いてもらうことばかりだな、とも思います。

日常の生活をする上ではダイレクトで便利なのかもしれませんが、音楽をやっている時にはこれが結構邪魔なんですよね。


音楽に「制約」はないからです。


《自ら導き出す》
話を戻します。
「音楽には無限に正解があって、そして正解がない」と最初に書きました。

要するにこれは「自信とプライドを持って自ら正解を生み出し、表現しなければならないということ」なんです。

ただし、その生み出した「正解」を他の人に「正解」と認められるかはわかりません。

自分で納得して「こう表現する!」と演奏を聴いてくれているお客さんにアピールした時に「良いセンス持ってるね!」と思われるか「センスないね。。。」と思われるかはやってみないとわかりません。

でも、「あんたセンスないよ」と言われるのは絶対イヤですよね。

だからセンスを磨くんです。
どうやって磨くかは、「この人センス良い!」と自分が思う沢山のプレイヤーを見たり聴いたり、あと習ったマネしてみたりすることです。時には「この人センス悪い!(こういう演奏はしたくない)」というのも刺激になります。反面教師。

そしてまずはセンス良いと思ったものをマネてみる。吸収してみる。
そうするとそれまでに持っていた自分のセンスと混ざり合い、長い時間をかけてオリジナリティが色濃くなっていきます。

もう音楽はひたすらこれの繰り返し。
テクニック練習だけが練習じゃないんです。


ということで今回はちょっとややこしい感じで書いてしまいましたが、ぜひ覚えておいて下さい!
そして良いと思ったことはどんどん吸収して下さい。

本番や聴いてくれる人がいる時には自己満足で完結せずに、自分の表現(センス)が相手にどう感じられているか、どう感じさせているかを何となくで構わないので感じ取れるようにして下さい(演奏に夢中になりすぎて周りが見えないのはダメです)。
これは決して媚(コビ)を売る演奏をしましょう、と言ってるわけではないですよ。

ではまた来週!





[PR]
クローバーアートミュージック

読みやすく、使い勝手の良い荻原明編曲(当ブログ著者)による金管アンサンブル楽譜、販売中!

様々な場面で活用できる金管アンサンブル楽譜をクローバーアートミュージックにて販売中です!製本された楽譜だけでなく、PDFデータ化した楽譜をメールなどで受け取れる購入方法もございます!ぜひ一度サイトをご覧下さい!

無料サンプル楽譜も配布中です!

詳しくはクローバーアートミュージック ホームページをご覧下さい!

クローバーアートミュージックの情報をツイッターでゲット!



クローバーアートミュージックFacebookページはこちら



プレスト音楽教室03

 [プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]
 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!



ご意見・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します。

※演奏に関する質問には個人的な返信は致しません。ただし、非常に多く寄せられる内容があった場合、記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。







当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。


at 12:11, 荻原明(おぎわらあきら), 音楽に対する考え方

-, trackbacks(1), pookmark

trackback
url:http://trp-presto.jugem.jp/trackback/219
とあるラッパ吹きのつぶやき, 2013/10/13 11:07 PM

「音楽は時間の芸術」と言われます。 しかし、だからこそ必ずしも時間を効率よく使うことだけが求められるわけでもないと思います。