smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ソロトーン | main | 音楽に決まりはない。 >>


強い精神力を持つ


















みなさんこんにちは!

荻原編曲の金管アンサンブル作品を出版させて頂いているクローバーアートミュージックのFacebookページができました!Facebookに登録されている方、ぜひご覧下さい!(Facebookページはこちら
クローバーアートミュージック出版楽譜について詳しくは通販サイトをご覧下さい!無料サンプル楽譜もありますよ!



さて、先週テレビなどで沢山報道がありましたが先日、ローザンヌ国際バレエコンクールで日本の高校生、菅井円加さんが優勝しましたね!素晴らしいですね!

帰国後の会見で記者から、高校生だし友だちともっと遊びたいと思いませんか、との問いに菅井さんは「遊びたいと思うこともあるけれど、その時間でもっと他のこと(バレエに関すること)ができるんじゃないかと思ってしまう」と言ってたのが印象的でした。

バレエは身体的にも精神的にも非常に過酷な芸術で、体力的にはバレエほどではないけれど音楽にも通じる部分があるな、と以前から思っていました。

そこで、今回は「精神力」について書いてみます。


《強い精神力》
演奏レベルが高い人というのは強い精神力を持っています。
言い換えるならば精神力の弱い人(自分に負けてしまう人)は天才であっても(ある程度までは行くとしても)伸びません。

精神力が弱く自分に負けてしまう人が伸びないのは、練習を怠けてしまったり、すぐにやる気がなくなって飽きてしまったり、本番や合奏練習の時ちょっとしたミスで逃げ腰になったり、気持ちが内側へ向いてしまってアピールができなくなってしまったり。。。と、様々な面でマイナスになってしまうからです。

そんなふうになってしまうくらいなら精神力を強く持ってたほうがよっぽど良いに決まってますね。
では強い精神力と持つためにはどんなことを心がければ良いのでしょうか。


《根拠のある自信を持つ》
強い精神力と持つには「自信を持つこと」が大切です。

自信を持てるようになるためにはそれなりの「根拠」が必要になります(世の中には根拠もなく自信を持てる人もいますが。理解できないけど)。

ここで言う「根拠」というのは、もうおわかりですよね。「練習」をすることです。

練習を重ねていくことで自分がどんなことが苦手で、どんな練習をすればいいのかが具体的に見えてきます(=自分の演奏を客観的に見ることができる)。また、「○○ができるようになった!」「克服できた!」という自信を持つ瞬間を経験できます。例え練習を重ねていく中でひどく調子が悪くなったりしても、あきらめずに這い上がってこれたその時に自分の大きな自信へとつながっていきます。

でもここでメゲてしまう人が多いんですよね。練習していて上手く吹けなかったところから目を背けてしまったり(自分が吹けるところばかりを吹いてしまう)、「明日頑張ろう」と自分に言い訳してしまったり。。。。

結局のところ、よく考え、練習をどれだけやってこれたかが自分の音楽や演奏に対する自信、本番への成功につながるんですね。


《自分のこと》
自分が音大生の頃の話をすると、当時はそれこそ朝から晩までトランペットの練習に費やしていました。大学が開いた時間から、追い出されるまで、毎日毎日ずっとトランペットを吹いていました。
もちろん、今となってはそんなに長時間吹いていても単に効率の悪い練習をしていたとも言えなくもないのですが、精神面では「自分は毎日これだけ練習をしていたんだ」という自信は確実につながっていました。

音大に入るための高校3年生の時も同じでした。
大学の時は、まわりの同じトランペット専攻の人たちのレベルというのもがわかっていたし、ライバルでもありとても仲の良い友人でもありましたからそれほどでもなかったんですが、これから音大を受験する時というのは日本中から受験生が集まってきて、その人たちがどのくらいのレベルを持っているのかさっぱりわからなかったものですから「ここまでできてれば大丈夫だろう」と思えるラインがわからなかったんですよね。だからそれはもうガムシャラに練習をしていて、毎日毎日時間が許す限りトランペットを吹いていました。
放課後に学校の教室を先生から借りて試験曲を吹き続けていたものですから、見知らぬ生徒が鼻歌で自分の試験曲を歌って「ねえ、これ何の曲だっけ?なんかすごい知ってるんだよね」「それよく聴く!なんだっけ!?」なんて会話を耳にしたくらいです。(笑)


《好きであるべき》
こんな感じで練習ばかりしていましたが、嫌だとか飽きたとか、苦に感じたことは今まで一度もありません。
かなり飽きっぽい性格なんですが、トランペットや音楽に関係することではそれが全然ないんですよね。音楽に関わっていられることが楽しいんです。

やはり音楽を「楽しい」「好き」と思えることが一番大切なんですよね。
そのためには中途半端でやっていては本当の楽しさを味わうことはできません。せっかく始めた楽器なんですから、そう思えるまでとことんやってみるのも良いのではないでしょうか。

また、上手くいかない時に「自分はヘタクソだな」と思うことは決して悪いことではありません。それは次回の記事で書いていこうと思います。

根拠のある自信を持って演奏できるよう、練習に励んで下さいね!
それではまた来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 08:50, 荻原明(おぎわらあきら), イメージ

-, -, pookmark