smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< スラーの吹き方 1 | main | スラーの吹き方 3 >>


スラーの吹き方 2


















みなさんこんにちは!

さて今回もスラーについて書いてみます。


《なめらか》
前回の記事でも少し触れましたが、スラーというのは「なめらかに演奏する」という意味になるのはご存知の通りです。

ただ、この「なめらか」という日本語が人によってかなり違うニュアンスになっているように感じます。

結論から言うと、トランペットはスラーであってもかなりはっきりした演奏することが基本になります。


《リップスラーの時》
リップスラーを演奏する時にはこれまでにも「舌の役割 3」などで解説した通り「パキッ」っとした音の移動をするように心がけます。

要するに音から音へ移動する間のピッチが聴こえないように演奏しなければいけない、ということなんですね。
そうしないと「トロンボーンのようなグリッサンド」や「ポルタメント」といった他の奏法になってしまいます。


《ピストンを押す時のスラー》
リップスラーが「パキッ」と音を変化させるのであれば、もちろんそれ以外の時も同じように演奏しなければ統一感が生まれません。

よく歌い上げるメロディを吹く時などで見かけるのが、なめらかに演奏しようと心がけすぎてピストンを押す指までもがなめらかに動いてしまっている状態です。中学生の時自分も無意識になっていることが多かったです。
ピストンをなめらかに押すとどんな音の変化があるかは、みなさん自分の楽器でやってみてもらいたいのですが、まあ気持ち悪いですから実際の演奏ではしないように心がけて下さいね。(笑)

ピストンに関してはどんな時でも「叩く」くらいの感覚で演奏することが大切です。

そうすることで、スラーの時にも「リップスラー」と同じく「パキッ」とした音の変化を表現することができます。


そんなにパキパキ吹いてしまっていたら、それはスラーにならないのでは?と思われるかもしれません。
ですが、スラーというのはもっと様々な意味合いがあるんです。
それについてはまた次回以降解説してみますので引き続き読んで頂ければと思います。

それではまた来週!


当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

at 17:52, 荻原明(おぎわらあきら), スラー

-, -, pookmark