smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「走る」ということについて 2 | main | 吹奏楽部の新入生獲得の話。 >>


「走る」ということについて 3


















みなさんこんにちは!
先日の記事で薬指を鍛えましょう、なんて感じの話題を出しました。まあ、ラッパを吹くにあたっては薬指はとっても大切な指ですし、ピッコロトランペットでバロック音楽を演奏する時なんかは、トリルを薬指でかける場面がすーーごく沢山出てきます。
そんな大事な右手薬指を、、、


負傷しました;ヤベ。


重い荷物を持った時に手を滑らせてしまい、そのまま右手の薬指だけ荷物とともに持っていかれちゃいまして、そっくりかえっちゃいました。
手のひら、特に薬指の付け根あたりから今まで聞いたことのない「ペキ」みたいな音がしてからというもの、開いても握っても痛くて。ビキビキしてます。
多分腱が伸びちゃったんでしょう。

あ、でも多分大丈夫です。病院には行ってないんですが数日経った今、少しずつ痛みも違和感もなくなってきている感じですので。

みなさんも怪我には充分気をつけて下さいね。


さて、先々週より「走るということ」について書いています。今回は最終回。


《音価》
音価というのは「四分音符」とか「八分休符」とかのことです。
楽譜は、拍子によって1小節の中に入る音価が決まっていますね。4/4拍子だったら四分音符(または休符)4つ。八分音符(休符)だったら8つ、といったように。

それらの音符は、テンポによってどれくらいの時間をかけるか具体的に決まってきますが、そのひとつひとつの音符が支配する時間の長さが合っていないと走る、もしくは遅れてしまいます。

理屈はともかくそんなことわかっているし、と言うかもしれませんが、無意識に音価が乱れてしまうフレーズというのがあるんです。
もちろんそれは訓練を続けたり、ここは走りやすい(遅れやすい)部分なんだと経験的、感覚的にわかってくれば話は別です。

ということで、とりあえずどんな時に走りやすいのかをここで解説してみたいと思いますがその前に今回書く内容は、楽譜にするとこんな感じです。これを見ながら読んでもらえるとわかりやすいかもしれません。

 ハイドントランペット協奏曲


《全音符(長い音符)》
テンポがどうあれ、ロングノートが出てくると走りやすくなります。この場合走るというよりも「テンポ感覚がなくなっていく」と言ったほうが正しいかもしれません。
ロングトーン練習などでメトロノームをカチカチさせながら吹いている時はそんなことないと思うのですが、吹奏楽曲やソロ曲などの作品を1人でメトロノームなしで練習している時、4拍なら4拍の伸ばしが正確でなくなることが多々あります。

なぜそうなってしまうのか理由は簡単です。拍を数えてないからです。

メロディなどを吹いていて、動きがある時はテンポ感をおおよその感覚だけで吹いていてもなんとかなっていても、途中で長い音を伸ばすだけの全音符が出て来ると、そこで「なんとなく4拍」伸ばすだけになってしまいがちです。

そうならないためにはやはり「常にビート感を持って吹き続けること」が大切です。

また、タイ(小節線をまたいで音を伸ばす記号)が出てくるとテンポが乱れがちになります。これも基本的には上記のことと同じではあるのですが、ちょっと吹き方(感覚の持ち方)にテクニックが必要になりますので、この件についてはまた別の時に詳しく解説します。


《スタッカート》
スタッカートが出てくると走ってしまうことが非常に多くなります。

スタッカートはご存知の通り「音を短く演奏する」という記号ですね。言い方を変えれば「音価よりも音を出す時間を短くする」ということになります。

ここで勘違いしないで欲しいのは、「1小節の時間が短くなるわけでもなく、音価が短くなるわけではない」ということです。
スタッカートだろうがテヌートだろうが、楽譜上にテンポに関する指示がない限り、1拍、1小節の経過時間は変わりません。

文章で書くと理屈っぽいですね。簡単に言えば、

「スタッカートで演奏すると、空白の時間が必ず生まれる」

ということになります。

この「空白の時間」をしっかりと感じていないと「短い音が連発する」=「走る」ということになってしまいます。


《走らないための練習方法》
スタッカートで走ってしまうのもやはり「テンポやビート感をしっかりと感じていない」のが理由です。そのためにはメトロノームを使って様々な音価を吹き分けられるように練習することが良いと思います。

メトロノームの使い方については以前ここでも書きましたが、メロディを練習する時に常にカチカチ鳴らすのはあまり望ましいとは言えません。また、ロングトーン練習をただ単にひとつの音をボーっと鳴らし続ける練習だけやるのもあまり良い練習ではありません。

例えばいつもやっているロングトーン練習を(多分音階練習が主だと思いますので)全音符だけでなく、四分音符のスタッカートやテヌートに変えてやってみるだけでも全然違うかと思います。

そういったようにいつも行っている練習を少し変えてメニューを増やすだけでも「走る」ような単純なミスは防ぐことができます。

基礎練習も練習方法も、いつも同じものをやるだけでなく、様々な角度から新しいものを取り入れてみることが大切だと思います。


《休符》
スタッカートについて書いたのでついでに休符について簡単に書いておきます。

休符というのは音を出さない音価のことですが、この漢字が勘違いを招いていると以前から思っているんです。
何かというと

「休符は休まない」

ということです。もちろん長休符のような8小節、16小節吹かない箇所については休むべき場所だとは思うのですが、メロディの中に含まれている休符や、フレーズとフレーズの間に出てくる休符などは休むために作られた空白の時間などではありません。

ここで一息ついているだけで次の出だしが遅れてしまうこともありますし、メロディの持っている「前に進むパワーやテンション」がそこで萎えて(なえて)しまう原因になってしまいます。

ですから、メロディの中や途中で休符が出てきた時には停止する感覚ではなく「休符をジャンプして飛び越える」と感じて吹いてみて下さい。
以前の記事で「リズムは平面(2D)ではなく立体(3D)で感じましょう」と書いたのですが、まさしくこのことです。




ということで3回に渡って「走る」ことについて書いてみました。
走る演奏はせっかちに聴こえるので聴衆の方が落ち着いて聴けませんから気をつけましょうね。

それではまた来週!



当ブログの写真・記事等すべての無断利用、無断転載を禁止します。

at 03:00, 荻原明(おぎわらあきら), 音楽に対する考え方

-, -, pookmark