smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
profile
ogiwarasite.jpg















eventsmini.jpg

RappaVer2Bana_waku.jpg

academySMALL.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
【販売部数1000部達成!】「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 朝練トランペット 毎日の基礎練習30分/藤井完 | main | 「走る」ということについて 1 >>


教本の応用練習


















みなさんこんにちは!


さて、教本については今回が最終回です。


《教本の応用練習》

1/19の記事「教則本(教本)」でも触れましたが、教本というのは自分のレベルに合ったものを選ぶこと、そして今自分に何が足りないのか(どんなテクニックを習得したいのか)を理解した上で選ぶ事が大切です。

しかし、教本は最初から最後まで一通り吹いて「はい終わり」では非常にもったいない使い方をしているだけでなく、テクニックが身に付いているかも怪しいところがあります。

今もあるのかわかりませんが、自分が小学生の時は算数で「計算ドリル」というものがありました。漢字ドリルってのもありましたね。1ページ10問くらいの計算問題が掲載されていて、とにかくどんどん問題を解いていくという冊子です。

このドリルと同じような感覚で教本を使っている人、結構多くいるように感じます。

教本を使うことで重要なのは自分のテクニックとして身につけること、レベルアップをすることであって、最初から最後まで「ただ吹いた」「やってみた」だけでは教本の意味はありません。
繰り返し練習すること、楽譜に書かれている通りに吹けることができたら(客観的にOKがもらえることがベストです)、その次はフレーズやリズム、テンポを変化させて吹けるように練習してみましょう。


《リズムなどを変化させる》
教本には様々なジャンルがありますから、すべての練習にこれが使えるわけではありませんが、例えば先日紹介した「クラーク教本」「アーバン金管教本」の音階練習、インターバル(跳躍)練習などのリズムが単純で一定の形であるものならやりやすいはずです。

具体的に譜例で解説してみます。

 教本譜例

例えばこんな練習曲があったとします。
これをそのまま練習するなら、結構すぐにできてしまうかもしれません。で、「できたから次行こう」ではもったいないんです。
リズムなどを変化させようと思えば、すべてではありませんがこんなに種類を増やすことができます。

 教本応用

どうですか?最初に掲載した譜例を吹いているだけと、これらすべての楽譜を完璧に吹けるようになるのとでは、レベルアップの度合いが全然違うのはわかりますよね。

そしてさらにこれらの楽譜をテンポや強弱(クレッシェンド、ディミヌエンドなども)を付けたりすれば、もっともっと種類を増やすことができますし、アクセントやテヌート、スタッカートの組み合わせ、さらにそこへ様々なパターンのスラーを付けることで、数えきれない種類になることでしょう。

こういった教本の練習をすることが、本当の意味での「教本を使いこなす」ことにつながります。


また、教本ではなくても合奏で演奏するような作品としての曲でも、フィンガリングやフレージングで吹きにくいとか苦手だという箇所が出てくることが沢山あるはずです。そんな時も苦手なところだけを抜き出して上記のようにリズムやテンポを様々に変化させて徹底的に練習をすると、効率的に吹けるようになります。



ということで、数回に渡って教本について書いてみました。
ぜひ自分に合った教本を見つけて、与えられた曲の練習だけでなく(それ以上に)基礎をしっかりと固める練習を心がけるようにして下さい。
それではまた来週!



当ブログの写真・記事等すべての無断利用、無断転載を禁止します。

at 07:44, 荻原明(おぎわらあきら), 教則本

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。