smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
不定期開催トランペット特別レッスン

noteBana.jpg

荻原明トランペットウォームアップ本発売のお知らせ

まるごとトランペットの本



ラッパの吹き方フェイスブック

ラッパの吹き方bot

     
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1300以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
recommend
ISM (トランペット) アーバン金管教則本
ISM (トランペット) アーバン金管教則本 (JUGEMレビュー »)

トランペットの技術をマスターする上でも非常に重要な教則本です。荻原が講師をしているプレスト音楽教室でも多く使用しています。
recommend
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版)
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版) (JUGEMレビュー »)
全編リップスラーしか書かれていない究極のリップスラー教則本です。全てを練習するというよりも自分のレベルに合わせてできる場所から練習すると効果的です。
recommend
Technical Studies for the Cornet
Technical Studies for the Cornet (JUGEMレビュー »)
Herbert L. Clarke
アーバン金管教本と平行して練習したいテクニカルな教本です。最初は難しく感じるかもしれませんが、同じリズムであらゆる調が掲載されているので、非常に効率的にフィンガリング(指使い)の練習ができます。
プロ奏者や音大生の多くもベーシックなウォームアップ練習として使用しています。
recommend
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング (JUGEMレビュー »)
バーバラ・コナブル,ベンジャミン・コナブル
「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『呼吸』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『からだ』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
mobile
qrcode
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories
links




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM


スラーの吹き方 4

みなさんこんにちは!
今回はスラーについての最終回です。


《フレーズのスラー》
これまで解説してきたスラーというのは2つないしいくつかの音符に対して付けられたもの関してだったのですが、ほかにもこんなスラーの付いた楽譜をみたことがあると思います。

浜辺の歌長フレーズ

これは沢山の音符を小節を越えて付いているいわゆる「フレーズのスラー」です。

フレーズというのはこういった長いスラーがあってもなくても必ず存在するもので、文章で言う「、」から「、もしくは 。」の範囲を表しているのと似ています。

歌詞が付くとよりわかりやすいでしょう。

浜辺の歌歌詞フレーズ

歌詞の切れ目でスラーも分かれています。こういったスラーは視覚的にもわかりやすいフレーズのスラーと言えます。

ではトランペットの楽譜でフレーズのスラーが出てきたらどう演奏すればよいでしょうか。


《トランペットでのフレーズスラー》
基本的には前回まで解説してきた音符と音符をつなげるスラーと演奏の仕方は変わらないと思って良いでしょう。

ただし、以外のような楽譜だったらどう演奏しますか?

キラキラフレーズ1

スラーはタンギングをしないのが約束ですが、この楽譜では同じ音が続いてしまっています。これではタンギングをしないわけにはいきませんよね。

ですから、フレーズのスラーというのはあくまでもフレーズのつながりを視覚的に書いてくれているガイドであって、タンギングをしてはいけない、ということはないんですね。

結果としてこのような演奏の仕方でも良いのではないでしょうか。

キラキラフレーズ2

キラキラフレーズ3

あくまでもこれは一例ですが、実際はこれらのように演奏した上で「フレーズをしっかりと感じている」のが理想です。ですからはっきりと音を区切ってしまうようなタンギングをしてしまわないように注意しなければなりません。そのためには様々なタンギングができるようにする必要がありますね。


《スラーをタンギングする》
フレーズのスラーの吹き方を発展させて考えると「スラーであってもタンギングして構わない」と言うことも可能です。ただこれは多少乱暴な言い方で、スラーが難しいからタンギングしちゃえという妥協の姿勢であってはいけません。
あくまでもスラーの箇所を優しくタンギングすることで結果としてしっかりと動きを聴かせることができる場合に限られます。

これはかなり高度なテクニックですので、やはり最初はスラーはスラー、タンギングはタンギングときちんと吹き分けて演奏できるようにしっかり練習をしましょう。

ということで4回に渡ってスラーについて書いてみました。
キレイなスラーができるようにまずは基礎練習でじっくり磨いて下さいね。

それではまた来週!





[PR]
クローバーアートミュージック

アンコンにも使える!荻原明編曲による金管アンサンブル楽譜販売中!

製本された楽譜はもちろん、メールでも手に入るクローバーアートミュージックのブラスアンサンブル楽譜!今なら全品10%OFF!(〜10/31まで)

無料サンプル楽譜も配布中!

詳しくはクローバーアートミュージック ホームページをご覧下さい!




プレスト音楽教室03

 [プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]
 荻原が講師をしている音楽教室です。無料体験レッスン随時受付中!



ご意見・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します。

※演奏に関する質問には個人的な返信は致しません。ただし、非常に多く寄せられる内容があった場合、記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。









当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。






at 10:44, 荻原明(おぎわらあきら), スラー

-, trackbacks(0), pookmark


スラーの吹き方 3

みなさんこんにちは!

今回もスラーについて書いていきます。

スラーというのは「なめらかに演奏する」という意味から、トランペットでは「タンギングをしないで演奏する」という奏法の指示と捉えることが基本になるとこれまで解説してきました。

ただ、スラーを演奏するにあたって、タンギングをしないで演奏しなければそれで充分とは言い切れません。

そもそも楽譜に書かれているほとんどの記号は単なる「演奏指示」とだけ捉えていると機械的な演奏になってしまい、生きた音楽にはほど遠いものになってしまいます。
音楽をするにあたって楽譜は「必要最低限の指示が書かれた記号の羅列」以上のものではなく、プレイヤーはその記号の羅列から自分なりに、もしくは一緒に演奏する人たちとイメージを統一して「生きた音楽」を表現することがとても大切なことです。

ですからスラーに関しても、ただタンギングしなければそれでいい、と思わないようにしましょう。
ではスラーにはどんな意味が他にあるのでしょうか。


《スラーを付ける意味》

そもそもスラーを音符に付ける(=タンギングをしないで演奏する)指示を作曲家などが楽譜に書き込んだことには何か意味があるはずです。

逆に、スラーがない音というのは基本、タンギングをして演奏しますね。そうすると聴こえてくる音の流れは「区切られた」印象を与えるようになります。
ですから、スラーが付いた音符同士というのは「グループ化」されて聴こえてくるはずです。

これは喋っている時の発音も同じです。

例えば「スピーカーの音量を下げてください」と喋るとして、「スピーカー」を「スピイカア」とは言いませんね。同じように「音量」を「オンリヨウ」とは言いません。

もし「スピーカー」を「スピイカア」と発音して欲しくないと思った時、どこにスラーを付ければ良いか。これが音符に付けるスラーの部分になる、ということです。


《歌曲から見るスラー》

では今度は歌曲を見てみましょう。

浜辺の歌

「浜辺の歌」です。ご存知の方も多いと思います。

この作品の歌詞だけを書いてみるとこうなります。

「あした浜辺をさまよえば/昔のことぞしのばるる」

この作品は(というかほとんどの歌曲は)ひとつの音符にひとつの発音ではありません。ですから、楽譜に歌詞を書き込むと以下のようになります。

浜辺の歌歌詞

さらにこの作品をトランペットで吹くとなった場合(歌詞の発音を尊重して演奏する場合)、スラーを以下のように書き込むのが自然です。

浜辺の歌フレーズ

いかがでしょうか。
このようにスラーというのは単にタンギングをするとかしないという意味ではなく、音楽が自然な流れになるように演奏するための記号なんですね。

これは歌曲でなくても(最初から歌詞のない器楽曲であっても)まったく同じです。
メロディの流れの中でグループ化された音符をどのように演奏するのか、その目安がスラー記号なんです。

更に、メロディ以外の伴奏形を演奏する時のスラーも、その音楽のスタイルを決める音形を作っているものなのでとても重要なものですから、楽譜に書かれているスラーを演奏する時には常に「スラーが付いたことで音楽にどのような印象を与えるのか」をイメージすることが大切です。

ということで今回は「スラーは単にタンギングをしないで演奏する」という意味だけではない、ということについて詳しく解説してみました。

次回はスラーについてのまとめです。
それではまた来週!





[PR]
クローバーアートミュージック

アンコンにも使える!荻原明編曲による金管アンサンブル楽譜が販売開始!

製本された楽譜はもちろん、メールでも手に入るクローバーアートミュージックのブラスアンサンブル楽譜!今なら全品10%OFF!(〜10/31まで)

無料サンプル楽譜も配布中!

詳しくはクローバーアートミュージック ホームページをご覧下さい!




プレスト音楽教室03

 [プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]
 荻原が講師をしている音楽教室です。無料体験レッスン随時受付中!



ご意見・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します。

※演奏に関する質問には個人的な返信は致しません。ただし、非常に多く寄せられる内容があった場合、記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。







当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。



at 08:21, 荻原明(おぎわらあきら), スラー

-, trackbacks(0), pookmark


スラーの吹き方 2

みなさんこんにちは!

さて今回もスラーについて書いてみます。


《なめらか》
前回の記事でも少し触れましたが、スラーというのは「なめらかに演奏する」という意味になるのはご存知の通りです。

ただ、この「なめらか」という日本語が人によってかなり違うニュアンスになっているように感じます。

結論から言うと、トランペットはスラーであってもかなりはっきりした演奏することが基本になります。


《リップスラーの時》
リップスラーを演奏する時にはこれまでにも「舌の役割 3」などで解説した通り「パキッ」っとした音の移動をするように心がけます。

要するに音から音へ移動する間のピッチが聴こえないように演奏しなければいけない、ということなんですね。
そうしないと「トロンボーンのようなグリッサンド」や「ポルタメント」といった他の奏法になってしまいます。


《ピストンを押す時のスラー》
リップスラーが「パキッ」と音を変化させるのであれば、もちろんそれ以外の時も同じように演奏しなければ統一感が生まれません。

よく歌い上げるメロディを吹く時などで見かけるのが、なめらかに演奏しようと心がけすぎてピストンを押す指までもがなめらかに動いてしまっている状態です。中学生の時自分も無意識になっていることが多かったです。
ピストンをなめらかに押すとどんな音の変化があるかは、みなさん自分の楽器でやってみてもらいたいのですが、まあ気持ち悪いですから実際の演奏ではしないように心がけて下さいね。(笑)

ピストンに関してはどんな時でも「叩く」くらいの感覚で演奏することが大切です。

そうすることで、スラーの時にも「リップスラー」と同じく「パキッ」とした音の変化を表現することができます。


そんなにパキパキ吹いてしまっていたら、それはスラーにならないのでは?と思われるかもしれません。
ですが、スラーというのはもっと様々な意味合いがあるんです。
それについてはまた次回以降解説してみますので引き続き読んで頂ければと思います。

それではまた来週!





[PR]
クローバーアートミュージック

アンコンにも使える!荻原明編曲による金管アンサンブル楽譜が販売開始!

製本された楽譜はもちろん、メールでも手に入るクローバーアートミュージックのブラスアンサンブル楽譜!今なら全品10%OFF!(〜10/31まで)

無料サンプル楽譜も配布中!

詳しくはクローバーアートミュージック ホームページをご覧下さい!




プレスト音楽教室03

 [プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]
 荻原が講師をしている音楽教室です。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!



ご意見・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します。

※演奏に関する質問には個人的な返信は致しません。ただし、非常に多く寄せられる内容があった場合、記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。



当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。







at 17:52, 荻原明(おぎわらあきら), スラー

-, trackbacks(0), pookmark


スラーの吹き方 1

みなさんこんにちは!
台風が過ぎたら急に秋になってとってもすごしやすくなりましたね。


それでは、今回はスラーについて書いていきます。


《スラー》
スラーというのはご存知の通り「音と音をなめらかに演奏する」という意味なのですが、トランペットを始めとする管楽器は、スラーが付くと「スラーに囲まれた場所はタンギングをしないで演奏」という意味にもなりますね。

スラーの話をするともうこれで完了してしまうのですが、今回はこのスラーの「切り方」を解説してみようと思います。


《アーティキュレーションを統一》
楽譜にスラーが出てくると、そのスラーの囲まれた中は気を使ってタンギングをしないようにしよう、リップスラーだからキレイに演奏しようといろいろ工夫をして練習をしているかと思いますが、意外にそのスラーの最後の音をどう演奏するか、という点に関してはあまり気を使っていない人が多いように感じます。

例えば以下の譜例を見て下さい。








これら2つの楽譜に出てくるスラー、みなさんはどのように演奏しますか?


正解はこのようになります。








イメージしていた通りですか?

要するに楽譜上では同じスラーであっても、スラーの最後の音の処理の仕方は変化する、ということなんですね。


最初の楽譜はスラーのうしろはスタッカートになります。
これは、スラーに続く音符がスタッカートになっているからで、その音と同じスタイルで演奏しないとメロディの流れに違和感を覚えてしまうからです。

また、下の譜例の場合は、スラーの後にまたスラーですから、音の長さが常に保たれているメロディです。
ですから、スラーのうしろをスタッカートのように短く演奏してしまうとメロディの流れがブツっと切れてしまいます。

このようにスラーを演奏する時は「後に続くアーティキュレーション(音のキャラクター)と統一するのが基本」と覚えておきましょう。


これらの演奏の仕方はいわゆる「暗黙の了解」「一般論」といった感じで、「わざわざ楽譜に書かないでもわかるっしょ」ということで省略している状態と思って下さい。

ですから、イレギュラーな時にはきちんと指示してあります。

例えばこんな感じです。








このように楽譜に指示してある場合はそれに従います。


いかがでしょう。スラーのうしろの吹き方、ご存知でしたか?
単純で一瞬で解説できてしまうことですが、意外に見落として演奏してしまうものですから楽譜に出てきたスラーひとつひとつをきちんと理解して演奏できるように(適当に吹かないように)心がけましょうね。


それではまた来週!





[PR]
クローバーアートミュージック

アンコンにも使える!荻原明編曲による金管アンサンブル楽譜が販売開始!

製本された楽譜はもちろん、メールでも手に入るクローバーアートミュージックのブラスアンサンブル楽譜!今なら全品10%OFF!(〜10/31まで)

無料サンプル楽譜も配布中!

詳しくはクローバーアートミュージック ホームページをご覧下さい!




プレスト音楽教室03

 [プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]
 荻原が講師をしている音楽教室です。無料体験レッスン随時受付中!



ご意見・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します。

※演奏に関する質問には個人的な返信は致しません。ただし、非常に多く寄せられる内容があった場合、記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。








当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。




at 13:00, 荻原明(おぎわらあきら), スラー

-, trackbacks(0), pookmark