smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
profile


noteBana03.jpg



TrpFuteiki_BlogBana20180701.jpg
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
プレスト音楽教室
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot/Twitter
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1400以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
ラッパの吹き方 Facebook
ラッパの吹き方フェイスブック ラッパの吹き方Facebookでは新着記事の紹介のほか、"note"でのハイノート本原稿公開の更新情報、これまでの記事を発掘して紹介をしております。
links
mobile
qrcode
 スマホ版表示に変更

※スマートフォンで閲覧している時のみ作動します
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM


ラッパの吹き方:Re「マウスピースについて考える その2」





ラッパの吹き方:Re 更新しました!



旧ブログ「ラッパの吹き方」より移行してお送りしております。


 
前回に引き続き「マウスピースについて考える その2」





前回の記事では、マウスピースの役割や違いについて解説しました。

それを理解した上で、自身に合ったマウスピースを選びましょう。ということで今回は、実際のマウスピースの選び方について詳しく解説します。

購入してからについても書きました。


ぜひご覧ください。



最新記事はこちら

at 08:07, 荻原明(おぎわらあきら), その他・お知らせ

-, trackbacks(0), pookmark


ハイノート本 原稿公開「4-2.リップスラー1」”note”にて更新





みなさんこんにちは!

火曜日はこちらから移動した新ブログ「ラッパの吹き方:Re」と交互に”note”にて、『トランペット ハイノート本 〜美しい High Bbで奏でるために〜(仮)』を連載しております。






今回は「リップスラー1」です。





音域変化をするための具体的なからだの使い方は目には見えないものですから、感覚的インプットが重要です。

からだのどの部分がどの程度どの位置にどんな形でいることで、どのような結果になるのか。

今回はまず出しやすい音域で、感覚的インプットの練習をしてみましょう。



ぜひご覧ください。



最新記事はこちらからご覧いただけます





なお、note「ハイノート本」の詳しい解説ページは荻原明オフィシャルサイトにもございます。そちらもぜひご覧ください。

at 07:41, 荻原明(おぎわらあきら), ハイノート本原稿公開情報

-, trackbacks(0), pookmark


ラッパの吹き方:Re「マウスピースについて考える その1」





ラッパの吹き方:Re 更新しました!



こちらの旧ブログ「ラッパの吹き方」より引っ越ししてお送りしております。

 
今回は「マウスピースについて考える その1」。





マウスピースとはいったいどんな役割を持っているのか。
初心者にはなぜ「中庸サイズ」をすすめられるのか。
使っていくうちにサイズが合わなくなる感覚を持つのはなぜか。

マウスピースに関する素朴な疑問にお答えします!
ぜひご覧ください。



最新記事はこちら


at 08:05, 荻原明(おぎわらあきら), その他・お知らせ

-, trackbacks(0), pookmark


ハイノート本 原稿公開「4-1.顎のエクササイズ」”note”にて更新






みなさんこんにちは!

火曜日はこちらから移動した新ブログ「ラッパの吹き方:Re」と交互に”note”にて、『トランペット ハイノート本 〜美しい High Bbで奏でるために〜(仮)』を連載しております。








本日はそのハイノート本の更新日です。


ついに最終章である第4章に突入です!


第4章では、これまで手に入れてきた歯車が欠けることなく揃っているか、そしてそれらが正しく噛み合っているかを確認し、広い音域を移動できるかを実践で確認してまいります。

では、早速ハイノートを…と、その前にひとつどうしてもやっておきたいことがあります。それは、


「顎のエクササイズ」


です。


顎を柔軟にうごかせることは、ハイノートはもちろんのこと、トランペットの演奏、コントロールをする際に絶対になければならないものです。

第4章の最初は、最もベーシックな歯車が演奏に反映できるかを動画と譜例をもとに実践でしてみましょう。


ぜひご覧ください!


最新記事はこちらからご覧いただけます





なお、note「ハイノート本」の詳しい解説ページは荻原明オフィシャルサイトにもございます。そちらもぜひご覧ください。

at 08:09, 荻原明(おぎわらあきら), ハイノート本原稿公開情報

-, trackbacks(0), pookmark


ラッパの吹き方:Re「音を出してみよう その2(実践編)」





ラッパの吹き方:Re 更新しました!



こちらの旧ブログ「ラッパの吹き方」より引っ越ししてお送りしております。

 
今回は「音を出してみよう その2(実践編)」。




前回の記事では、唇が振動するためには体内の空気圧とマウスピースや楽器による抵抗感、そしてその間にあるアパチュアといった要素のバランスが整うと自然に唇が振動を開始する、と解説しました。

今回は、本当にアパチュアという穴が空いている状態でも唇が振動するのか実験です。

ぜひ本文をご覧になりながらマウスピースを使って確認してください!



最新記事はこちら






JUGEMテーマ:吹奏楽

at 07:31, 荻原明(おぎわらあきら), その他・お知らせ

-, trackbacks(0), pookmark