smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile


荻原明トランペットウォームアップ本発売のお知らせ

まるごとトランペットの本

不定期開催トランペット特別レッスン

ラッパの吹き方フェイスブック

ラッパの吹き方bot

     
プレスト音楽教室 当ブログ著者、荻原明が講師をしている音楽教室です。生徒さん随時受付中です!
ラッパの吹き方bot 「ラッパの吹き方」ブログから抜粋した1300以上のことばと記事の紹介をしています。練習のお供に、ぜひご活用下さい!
recommend
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社)
トランペット ウォームアップ本 (MyISBN - デザインエッグ社) (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」ブログ著者、荻原明 初の教則本!ウォームアップと奏法の基礎を身につけられる一冊です!
recommend
まるごとトランペットの本
まるごとトランペットの本 (JUGEMレビュー »)
荻原 明
「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」発売中です!
recommend
ISM (トランペット) アーバン金管教則本
ISM (トランペット) アーバン金管教則本 (JUGEMレビュー »)

トランペットの技術をマスターする上でも非常に重要な教則本です。荻原が講師をしているプレスト音楽教室でも多く使用しています。
recommend
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版)
COLIN : LIP FLEXIBILITIES (CHARLES COLIN)コリン : リップ・フレキシビリティーズ (チャールス・コリン出版) (JUGEMレビュー »)
全編リップスラーしか書かれていない究極のリップスラー教則本です。全てを練習するというよりも自分のレベルに合わせてできる場所から練習すると効果的です。
recommend
Technical Studies for the Cornet
Technical Studies for the Cornet (JUGEMレビュー »)
Herbert L. Clarke
アーバン金管教本と平行して練習したいテクニカルな教本です。最初は難しく感じるかもしれませんが、同じリズムであらゆる調が掲載されているので、非常に効率的にフィンガリング(指使い)の練習ができます。
プロ奏者や音大生の多くもベーシックなウォームアップ練習として使用しています。
recommend
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング (JUGEMレビュー »)
バーバラ・コナブル,ベンジャミン・コナブル
「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『呼吸』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

「ラッパの吹き方」を書く上でも自分自身がトランペットを吹く上でも参考にしている本で、基本的な考え方でもあります。

「『からだ』のこと」と合わせて読むのがオススメ。
recommend
sponsored links
mobile
qrcode
        
サイト内検索はこちら↓
new entries
categories
links




archives
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM

コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 2

荻原明トランペットウォームアップ本 まるごとトランペットの本 不定期開催トランペット特別レッスン プレスト音楽教室

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい
 >>「こんな講習会や企画なら参加してみたい!」というご意見を募集しております。
 >>荻原明 著「トランペット ウォームアップ本」Amazonにて好評発売中!
 >>「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本(青弓社)」発売中!

みなさんこんにちは!

さて、前回より「コンクールで良い賞をもらうために大切なこと」と題しまして記事を書いています。

チューナー的ピッチやメトロノーム的テンポが正確なだけでは良い賞、高い評価を得ることはできません。それ以上に大切なことは「芸術=メッセージを伝えるために演奏をする」という意識です。

こんなことが前回の内容でした。前回の記事はこちらからご覧いただけます。


先日まで吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説を行なっていました。以下に各曲のリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。
課題曲のことに触れるというよりも合奏やアンサンブルのときに意識してもらいたいことがたくさん書いてありますので、多くの方に参考になる内容だと思います。

==============================

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 「うた」ってなんだろう/うたいかた

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 自分の思う音楽を作り上げよう/指揮者との関係

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象

==============================

それでは、前回の続きです。

《良いお店探し》



僕は地元の美味しい食べ物屋さん探しが好きで、気になるお店を見つけては、覚えておき機会を見つけて入っています。

ただ、たくさん行きましたが、その後リピートをするお店はかなり限定されてしまいます。イタリアンはここ、ラーメンはここ、とか1ジャンルごとに1店舗といった感じ。

味だけで言えばどのお店もとても美味しいのです。しかし、行くお店はどうしても決まってくる。

これはなぜか。


[食べ物屋なのに味以外での評価が多い]
例えばお店の清潔感、雰囲気、店員の対応、センスを感じるメニュー。あと、これは単なるタイミングの悪さなのかもしれませんが、初めて入ったときにものすごくうるさい集団がいたり、妙にタバコ臭かったり、子どもが走り回っていたりといった印象の悪さも含まれます。

だからといって別に食べログに投稿などしませんが、心の中で無意識に様々な角度から評価をしていて、高得点のところにリピートしている自分がいます。

しかも味ではないところでの(無意識的な)評価がとても多いのです。


[心に触れる部分]
高評価なところ、リピーターやファンが多いところは直接的な技術力以外の「心」に触れる部分が素晴らしいです。

おしぼりがあったかかったり、清潔感があるとか、お店の人の声色や挨拶、笑顔。BGMとか照明とか空間の印象。メニューと食器のチョイスや他のお客さんとのやりとりなど。

自分が求めていたものを満たしているか、ということではなく、様々な面でお客さんをおもてなししよう、という気配り(=心)を感じるのです。


人間にとって食事とは、もはや生命維持のためだけに行うものではなく、リラックスして心を満たすことも大切な要素になっています。ですから、同じお金を払うなら、味が良く、胃が満たされるだけでなく、心も満たされたいと思うのは当然でしょう。

「ああ美味しかった」「満腹」
「幸せ」「楽しい時間だった」「落ち着いた」
 ↓
だから「また来よう」。


《聴く人が楽しいと感じるための最も大切なこと》
「おもてなし」なんて言葉が少し前に流行りましたが、本当の意味でゲストに対しておもてなしをするためには、まず自分自身の心がどうであるかが重要です。

ここで音楽に話しを戻しましょう。

ただ正確なピッチやリズムをキープできる技術をひけらかしたり主張するだけではお客さんの心には何も届きません。
「どうだ上手いだろ」と上から目線の演奏をしたら、それがたとえ本当に上手な演奏でも聴く人はストレスにしかなりません(飲食店で店員に「どうだ美味いだろ」と言われてみてください。心底面倒臭いですよね)。

聴いてくれる方へ感謝の気持ちを持って、心から音楽をする。

よって、ゲストに心から楽しんでもらい、さらにリピーターになってもらうために一番大切なことは、音楽をすることが好きで、その好きであることも含めて聴く人に伝えようという気持ちを強く持つこと。したがって、


「自分自身が心から楽しむこと」


です。自分が楽くないのに、どうやって相手を楽しませることができるでしょうか。


[吹奏楽コンクールでも同じ]
これはコンクールという場面でもまったく同じです。音楽はどんな場面でも音楽であることに変わりはありません。

例えば2つの団体が同じ曲を演奏して、両団体ともにミスがひとつもなく、テンポが乱れず、ピッチが正しく、ハーモニーが良い演奏をしたにもかかわらずどちらか1団体しか代表を選べないとしたら、どうしますか?

演奏技術や表現力とは違う「心を感じる演奏」を選ぶはずです。

(もちろん、審査というのは上記のように技術が高いかどうかを真っ先に判断基準にしているわけではありませんから、表現力なども含め、すべての面において総合的に点数をつけているはずです。)

ですから、今まさにコンクールに向かって毎日一生懸命練習をしているみなさん、また、コンクールだけでなく、オーケストラや他の様々な本番に向けて練習をされているみなさんも、楽譜に書いてあるデータ(テンポ、リズム、ピッチ、音程etc.)を正確に再現するための必要な行為だけを「練習」と呼ばないでください。


もっと広い視野で、自分自身が心から楽しんで演奏する姿勢を忘れないでください(ここで言う「楽しい」は愉快な楽しさというよりも「やる気に満ちている状態」と考えてください)。

その「心」が、コンクールの評価にもつながります。

自分がお客さんとして聴きにいったとき、心から楽しみ、満足できる空間を作り出すために演奏技術以外に何が必要か、それを考え、実践してください。


ということで、また来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。



JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:10, 荻原明(おぎわらあきら), 本番・合奏練習

-, trackbacks(0), pookmark

コンクールで良い賞をもらうために大切なこと 1

荻原明トランペットウォームアップ本 まるごとトランペットの本 不定期開催トランペット特別レッスン プレスト音楽教室

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい
 >>「こんな講習会や企画なら参加してみたい!」というご意見を募集しております。
 >>荻原明 著「トランペット ウォームアップ本」Amazonにて好評発売中!
 >>「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本(青弓社)」発売中!

みなさんこんにちは!

前回までの記事で、「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」が終了しました!
読み返してみると、全然作品について触れていませんが、最初からそのつもりだったのでご了承ください。

誰が読んでも、どんな作品についても大切なことをたくさん書きましたので、ぜひ吹奏楽に無縁の方でもご一読ください。
参考になることたくさんあるはずです。

以下に全作品のリンクと、おおまかな見出しを掲載しておきます。

==============================
吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017 全作品の記事リンク


課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 「うた」ってなんだろう/うたいかた

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 自分の思う音楽を作り上げよう/指揮者との関係

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象


課題曲解説をまとめてご覧になる場合はカテゴリー「吹奏楽コンクール課題曲2017」からお入りください(こちらをクリック)

==============================

では今週から通常に戻そうと思ったのですが、もうちょっとコンクール関連の内容を書きたいのでお付き合いいただければと思います。


《コンクールで優秀な評価、賞をもらうためには何か必要か》



「めざせ金賞!」「めざせ全国大会!」を掲げて吹奏楽コンクールに向けて練習を開始しているところも多いかと思います。

せっかく参加するわけですから、思い残すことなく良い結果をもらいたいものですね。高みを望むことはとても素晴らしいことですし、様々な面で成長させてくれます。

ではもう一歩、深く考えてみましょう。

コンクールで良い賞を獲得するには、どんな演奏をする必要があるでしょうか。


 ミスをしないこと?
 ピッチがチューナーの指し示す±0を指し続けること?
 テンポがメトロノームのクリック音に噛み合い続けていること?
 和音が純正律の響きであること?


どうでしょう。


《芸術ーーメッセージを伝えることーー》
コンクールの審査員は人間が行なっています。カラオケの採点機能のようにコンピュータが予め持っているデータと比較して、減点対象を見つけていく方法とは違います。

そしてもうひとつ大切なことは、審査員は誰一人として手元にチューナーとメトロノームを持ち、それらの示す情報により点数の増減をしてはいません。チューナーがなくてもピッチがわかる力を持っているとか、そういうことでもありません。


では、審査員は演奏の何を聴き、何を審査基準にしているのでしょうか。


[そもそも音楽とはなんだろう?]
音楽は「芸術」というジャンルのひとつです。

課題曲解説の記事(課題曲3「インテツメッツォ」前編)でも書きましたが、芸術とは、「メッセージを相手(の心)に届けるための手段」です。

とても素敵なものを手に入れたから(生み出したから)みんなに知ってほしい、
自分が正しいと思うことを、多くの人にも共感してもらいたい、
それは間違っている!と思うことを、多くの人にも共感してもらいたい

様々なメッセージを、音に託して伝える行為が音楽です。

芸術は時として言葉のように直接的ではありませんから、そのメッセージが何なのか少わかりにくいときもしばしばあります。
ですので、それがたとえ憶測(それが作者のメッセージとは違った)としても一向に構わず、自分自身の考え、イメージすることが芸術そのものだと思います。


[読解]
そういえば国語の授業でも出てきましたよね、「読解問題」。
表面的にはこんなストーリーでしたが、作者は結局何を伝えたかったのでしょうか?というヤツ。

あなたは文章の読解、得意ですか?苦手ですか?

小説(物語)も芸術のひとつですから、音楽と同じように何らかのメッセージが込められているはずなのです。

若干乱暴な言い方になってしまいますが、作者にとっては結局、伝えたかったテーマが重要なのであって、その手段として設定した舞台や時代背景、出演者というのは、すべて道具にすぎないと考えてもいいかもしれません。


読解なんて難しい言い方しなくても、もっと身近にメッセージってたくさん転がっています。

あなたがもし(年齢的なものではなく)大人であれば、こんなふうに思ったこと、きっとあると思います。


「幼い頃見た絵本やアニメ、今見直してみると印象が違う」


例えばアンパンマンとかガンダムとかドラえもんとか何でもいいのですが、幼い頃というのは、バイキンマンが悪さしててアンパンマンにアンパンチ受けて飛んでいくと「ヤッター!」ってなったり、ザクがガンダムに攻撃されて爆発して「ガンダムつえー!」ってなったり。そんな感じだったと思うんです。
でも大人になると、もっと深く考えられるようになる。バイキンマンってもしかして、本当は悪い子じゃないのかもしれない、とか。ジオンも地球連邦もお互いが正しいを考えて戦っているんだな。戦争って正義とか悪じゃないんだな。とか。

そこからもっと深く考えてみる。それが作者のメッセージと違ってもいいからいろいろ考えてみる。

それが読解力だと思うのです。


[表面的なものばかりを受け取るから、炎上が起こる]
ここからは僕の主観として受けて止めてもらいたいのですが、最近はますます表面的なものを表面的にだけ受け止める人が増えてきたように感じます。

SNSなどのインターネット上でよく話題になる「炎上」がそのひとつ。


個人アカウントのTwitterで以前、こんなことをつぶやきました。







ユニ・チャームのCMでお母さんが子育てに奔走するストーリーです。これが炎上をしました。
なんでも、この映像にお父さん(男性)がほとんど出てこず、お母さんばかりが子育てをして、大変な思いをしている。女性だけが育児をしているいわゆる「ワンオペ育児」を肯定しているのでは、ということで話題になり、炎上したそうで。



「ワンオペ育児」っていうネーミングからもう人間味がなく。嫌悪感を抱きます。

ちょっとまってほしいんですよ。

もちろん、物語をどう捉えるのかは個人の自由であり、それについて何を言おうが結構なのですが、最初から批判的な姿勢でしか見ておらず、指摘できるものを粗探しした捉え方すぎないか、と思うのです。

見方を、このCMを作った企業に変えて考えてみてください。企業はいわゆる「ワンオペ育児」を日本中に浸透させよう、育児は女性がするものだ!と訴えたくて、たくさんのお金と時間と人間を使って企業の顔であるCMを作ったとは考られません。

そもそも、そんな理念を持った会社がここまで成長しません。

否定的な捉え方を持ち、炎上させた人たちに言いたいのです。

「この物語の中に込められた本当のメッセージ」を読み取り、それを受け取ってください。その努力を惜しまないでください。

このCMに限らず最近では「SNS映え」する食べ物や「おもしろ動画」などの表面的なものばかりが瞬間的に流行する時代だなと感じています(それは楽しいから否定はしません)。ただ、なんでもかんでも表面的な浅い、心に到達する前に反応できてしまうような直感的面白さばかりを追い求めるのではなく、もっと深いところまで考えてみたり、相手の本当のメッセージが何なのかを受け取る自身の能力をもっと育てる努力をしてほしいのです。

クレーマーとか、モンスターペアレントとか、そういった人たちも、結局は相手の真意やメッセージ、なぜそうしたのかをまったく理解しようとせずに(受け取ろうとせずに)自分を優位に立たせ、自分の都合を最優先するために、自分の子どもまでもそのための道具として利用し(ウチの子に何かあったらどう責任とってくれるの?!というセリフはまさにそれ)、粗探しをしているだけにしか見えません。
みっともないし、人間が持つ貴重な能力である豊かな心やイマジネーションを全然発揮していない。とても残念です。


[音楽における「伝える技術」]
あなたが例えば昨日とっても面白いテレビ番組を観たとします。
翌日、その面白さを友人に伝えるとき、自分の持つイメージを可能な限り理解してもらえるように工夫や努力をする必要があります。

そうしないと全然伝わらなかったり、下手をすると違う解釈をされ、誤解を招く恐れもあるからです。

会話の流れ、チョイスした言葉、緩急や間(ま)、簡潔なまとまり、表情、トーンなどが上手であればあるほど相手は理解してもらえるでしょう。こういった技術を仮に持っていなくても努力すれば伝わりますが、苦労は伴いますから「伝えるための技術」は持っていたほうが何かと便利です。

音楽もまったく同じです。音楽で言うところの「伝える技術」とは、ピッチやテンポの正確性、音色やテクニック、表現力などの演奏技術全般を指します。

しかし、これらの技術はあくまでも「伝えるための技術」なのですから、「伝えるもの」「伝えたいもの」がなければ何の役にも立ちません。

伝えたいこと、伝えるべきことを持たずに、ただ表面的なことばかり(ピッチやテンポ)に意識が向いてしまうのは、例えて言うならプレゼントの外装にめちゃくちゃ気合いを入れて、箱の中身がカラッポだった、といったようなものです。

ということで、聴く人に届ける演奏をするならば、もちろん日々の演奏技術の向上(=テクニックの練習)は大切ですが、それは「伝えたいことを的確に届けるために行なっている」のである、ということを見失わないでください。

次回もこの続きを書いていきます。

それではまた来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。



JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 06:41, 荻原明(おぎわらあきら), 本番・合奏練習

-, trackbacks(0), pookmark

課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 後編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説)

荻原明トランペットウォームアップ本 まるごとトランペットの本 不定期開催トランペット特別レッスン プレスト音楽教室

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい
 >>「こんな講習会や企画なら参加してみたい!」というご意見を募集しております。
 >>荻原明 著「トランペット ウォームアップ本」Amazonにて好評発売中!
 >>「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本(青弓社)」発売中!




みなさんこんにちは!

只今、「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」と題しまして記事を書いております。
今回の課題曲3後編で全曲の解説を書いたことになります。
ただ、このシリーズを始めたときにお伝えしましたが、課題曲解説と言っても、作品の具体的なアドバイスなどを掲載したわけではなく、もっと広い視野で書かせてもらいました。
ですので、課題曲に限らずどのような作品を演奏するときにも参考になる記事ですのでぜひ読んでみてください。

==============================

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲3「インテルメッツォ」/保科洋 前編
 「うた」ってなんだろう/うたいかた

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象

==============================

それでは課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 後編を始めます。


《イメージだけで演奏は大きく変わる》
レッスンでは基礎的な課題を出すことが多いです。生徒さんはそれぞれその楽譜を演奏できるように練習をされ、それを聴かせてもらいますが、たびたび気になるのが「これはただの基礎練習」というスタンスで淡々と演奏してしまっている場合が多いのです。

フィンガリングは正しく、テンポも安定していて、ミスもない。そう言った点では完成度は高く素晴らしいのですが、どこかで「これはただのフィンガリング練習/リップスラーの練習 etc.」と思っているのでは、と感じ、「音楽」に至っていない印象を受けます。

そこで、僕は生徒さんにこ伝えることがあります。

「もしこの(教本のシンプルな)メロディが、吹奏楽のパート譜だったとして、しかも”solo”と書かれていたらどうですか?」

そう伝えると、演奏前から表情や覚悟が変わり、大切に演奏するようになり、途端に「音楽」にレベルアップします。


これは決して「突然上手になった」のではありません。生徒さんのもともと持っている「音楽性」が演奏に反映されたのです。
イメージの持つ力というのは想像以上に強い、ということなんですね。

他にも僕は「ここがレッスン室ではなく、大ホールの舞台でリサイタルを開いているイメージをしてみましょう。満員の客席からみんながあなたの演奏を注目していますよ」とか「もしあなたの演奏をあなた自身が客席で聴いていたとして、どんな評価をしますか?どこを褒め、どんなことにアドバイスをしたいと思いますか?」と質問することもあります。

基礎練習や教本は、どうしても主観的になりすぎる傾向があります。そこで、「本番」とか「お客さん」「ステージ」というワードを投げかけることで、客観的なイメージを持つようになるのです。音楽は演奏を聴いてもらって始めて成立するものですから、それがたとえたった1小節のフィンガリング練習曲であっても「音楽」を感じていて欲しい、と僕は思っています。


《すべてのパートがひとつの作品を構成している》
吹奏楽やオーケストラで演奏する自分のパート譜に”solo”と書かれた箇所があると「ああ、この曲ソロがあるんだよなあ。ドキドキ」と期待と不安が生まれることでしょう。
では、スーザのマーチのトランペット譜のように最初から最後までほとんど裏打ちしかない楽譜の合奏のときはどうでしょうか。「これつまんないんだよねー」「裏打ちしかないから余裕〜」とか思ってしまいませんか?

ソロが重要で、ソロじゃないところは重要でない。そんなわけありませんよね。

ピアノを演奏していて、右手はメロディだから一生懸命で、左手は伴奏だからテキトーな状態で良い演奏などできるはずがありません。

すべてのパートはひとつの作品を構築している音であり、不要なパートなどない、というスタンスで演奏に臨むことが基本です。ソロであろうがメロディであろうが裏打ちであろうが全員が重要なポストに就いていると思ってください。


《テンポ変化》
この課題曲3はテンポの変化が激しいです。変化、というよりも自然に起こりうる音楽的緩急が具体的に指示されている、といったほうが良いかもしれません。

フレーズが変わるところでは若干のテンポ変化(=rit.などは「大切に場面を切り替えて欲しい」という作曲者の気持ちを感じます)があったり、音楽が盛り上がるところではテンポが積極的に前進するようになっています。

[自発的なテンポ]
ピッチについてはしばしば話題になりますが、テンポに関しても誰かに合わせようとするのは合奏として手遅れになります。
テンポというのは、誰かが示したものに従っていくものではありませんし、楽譜に書かれているテンポ指示(メトロノームのクリック音)に従うだけなのもよくありません。

テンポは、まずそれぞれの奏者が自発的に決めておき、演奏するものです。

楽譜の指示やメトロノームは、あくまでも作曲者が想定していたテンポであり、寸分狂わず演奏しなければならない絶対的な存在ではありません。ですので、否定しない範囲で自分の感じるテンポを生み出すことが大切です。

同様に、テンポが変化するところも「rit.って書いてあるから遅くする」のではなく、その場面にrit.があることで作品がどのような印象を持つかをイメージし、演奏することが大切なのです。

なんでもそうですが「書いてあるから」「指示されたから」のような受け身で演奏をするのはよくありません。

音楽の解釈には「間違い」というものはありませんから、まずは自分のイメージで思い切り演奏して、そこから周りの奏者や指揮者の提案に擦り合わせていくように心がけてください。


《指揮者との関係》
指揮者って、なんだか絶対権力者みたいなイメージを持ちやすいですね。多分ですが、部活動などでは音楽の先生や音楽家の講師が指揮をすることが多いので、立場的に逆らえないように感じるからかもしれません。

しかし、指揮者というのは独裁者ではありません。
演奏者は指揮者の奴隷ではありません。

言うならば指揮者とは「現場監督」「プロデューサー」といった感じでしょうか。

指揮者は何もない「ゼロ」の状態から作品を作り上げていくのではありません。

指揮者はそれぞれの奏者が持ち寄ったイメージや表現を尊重しつつ、指揮者自身の中にある「完成形」に近づけていく仕事をする人です。ですから指揮者も、奏者がどんな演奏をしてくれるのか楽しみにしているのです。

しかし、奏者それぞれが好き勝手な解釈で演奏しているだけでは作品は完成しません。そこで指揮者が「方向性」を示し、「(今回は)こういった感じに作り上げます!」と、その名の通り「指揮」するのです。

ですから、例えばあなたのパートにfでメロディがあり、カッコよく激しい演奏がこの場面にはふさわしいと合奏で演奏したところ、指揮者としてはその場面は堂々と落ち着いたイメージを持っていたら、きっとあなたに「もっと堂々とした豊かなサウンドで」と提案すると思います。

しかしこれは、指揮者があなたの演奏を否定したわけではありません。
指揮者のイメージする作品の完成図と今回はたまたま違っただけです。

指揮者の言葉を補足するならこのようになると思います。

「(そういう発想もあるし、それはそれで悪くないけれど、指揮者の持つイメージとしては)もっと堂々と豊かなサウンドで(演奏したものを求めているので、今回はその解釈とは違う表現をお願いします)」

こんな意味合いが含まれている、と考えてください。

指摘されるということは、それだけ表現力が豊かで強い発信力を持っている(指揮者に届いている)ということなので否定されたと落ち込む必要はありません。

同じ場面でもいくつもの表現方法やイメージがあるのは、言って見ればカードをいくつも持っているようなものです。
その差し出したカードが偶然指揮者の求めていたものと違っただけで、そのカードがダメなわけではありません。


[過保護な指揮者は独裁者になってしまう]
指揮者と奏者の関係を解説しましたが、、現実的には指揮者が全部やろうとしている姿を多々目撃することがあります。

奏者たちが自発的に音楽を作り上げる力や方法を持ち合わせていなかったり、その力が弱かったりすると、どうしても指揮者は過保護になりがちて、いつのまにか指揮者が全部面倒を見るスタイルで合奏を進める習慣が身についてしまったのでは、と考えます。

こうなってしまうと指揮者は、まず奏者ひとりひとりの面倒を隅々まで見てあげなければなりません。それだけなら指揮者がひとりで苦労するだけなのでまだ良いのですが、奏者どうしの関係性が弱くなってしまうので、アンサンブルする力が育たないのです。これは合奏としては致命傷です。

結果、「奏者ひとりひとり」対「1人の指揮者」の構図が生まれてしまい、(不本意ながら)指揮者が独裁的存在になってしまうのです。

指導する側もあまり過保護になりすぎず、奏者の意識を育てられるレッスンができると、奏者同士の関係性も深まり、そのメンバーだからできる音楽が生まれます。


ということで、今回は合奏に参加するまでにしておきたいこと、そして合奏での指揮者との関係について書きました。
だれかと一緒に演奏する機会がある方はぜひ参考にしてください!

それでは、今回で吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説2017を終了致します。
作品に対しての直接的な解説はほぼ皆無でしたが、掲載したすべての内容は演奏する上で必要不可欠で意味のあるものと思っています。ぜひみなさんそれぞれの立場で参考にしていただければ幸いです。

次回からも、もう少しだけ合奏やコンクール、本番などに役立つ内容を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。
また来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。




JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 05:39, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2017

-, trackbacks(0), pookmark

課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 前編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説)

荻原明トランペットウォームアップ本 まるごとトランペットの本 不定期開催トランペット特別レッスン プレスト音楽教室

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい
 >>「こんな講習会や企画なら参加してみたい!」というご意見を募集しております。
 >>荻原明 著「トランペット ウォームアップ本」Amazonにて好評発売中!
 >>「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本(青弓社)」発売中!





みなさんこんにちは!

只今、「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」と題しまして記事を書いております。
今回取り上げる課題曲3が最後の解説となります。他の作品に関しては以下のリンクよりぜひご覧ください。課題曲をご存知ない方にも理解でき、参考になる内容になっています。

==============================

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 前編
 音の推進力/音量バランスを整える

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編
 アーティキュレーションの表現方法/強弱のつけかた

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象

==============================


そして今回から課題曲3 インテルメッツォ/保科洋 です。

今年度の課題曲が発表されたときに保科先生の名前があり、とても期待度が高まりました。

保科先生といえば僕の中では大昔の課題曲だった「風紋」がとても印象深く心に残っています。僕は中学3年生のときの吹奏楽コンクールの「自由曲」としてこの作品を演奏しました。課題曲として発表されてからかなり経過してからです(そう言っておかないともっと年上に見られちゃう(笑))。

吹奏楽といえば管楽器も打楽器もみんなでドンチャンドンチャン大賑わいのイメージばかりだった中学生の僕にとって、保科先生の持つ世界観、吹奏楽でもこんな音楽が奏でられるのか、という新しい体験をさせてもらった作品です。

今回の「インテルメッツォ」もやはり保科節と言ってもいいでしょうか、美しい管楽器アンサンブルの世界が終始繰り広げられています。

やはり保科作品の中心軸にあるのは「うた」だな、と思います。

そこで今回の記事では「うた」「うたう」ということについて掘り下げてみます。


《「うた」ってなんだろう》
音楽の世界では「うた」「うたう」という言葉が頻繁に出てきますね。

トランペットを始めたばかりの頃、先生に「もっとうたって!」と言われ、「楽器を吹いているのに歌えるか」と本気で思ったことを覚えています。もちろん、楽器を演奏しているときの「うたう」とは、声に出して「ラララ〜」とうたうのとは違います。

では、「うた」「うたう」とは具体的にはどういったことなのでしょうか。


[歌心]
美しい演奏を聴いたとき、「あの人は歌心があるね」という表現をします。

「うたう」+「こころ」=その人の心の中に「うた」がある

そんな感じでしょうか。


「うた」とは音楽や、その演奏のことを指していると考えられます。


では「心」とはどういう意味なんでしょう。非常によく使う単語ですが、説明するとなると難しいですね。
辞書で調べてみましょう。

====================================
こころ【心】
■人間の体の中にあって,広く精神活動をつかさどるもとになると考えられるもの。
1.人間の精神活動を知情意に分けた時,知を除いた情意をつかさどる能力。喜怒哀楽快不快美醜善悪などを判断し,その人の人格を決定すると考えられるもの。「―の広い人」「―の支えとなる人」「豊かな―」「―なき木石」
2. 気持ち。また,その状態。感情。「重い―」「―が通じる」
3.思慮分別。判断力。「―ある人」
4. 相手を思いやる気持ち。また,誠意。「母の―のこもった弁当」「規則一点張りで―が感じられない」
5.本当の気持ち。表面には出さない思い。本心。「―からありがたいと思った」「笑っていても―では泣いていた」
6.芸術的な興趣を解する感性。「絵―」
7.人に背こうとする気持ち。二心。「人言(ひとごと)を繁みこちたみ逢はざりき―あるごとな思ひ我が背子」〈万葉集538〉

■ 物事の奥底にある事柄。
1. 深く考え,味わって初めて分かる,物の本質。神髄。「茶の―」
2. 事の事情。内情。わけ。「目見合はせ,笑ひなどして―知らぬ人に心得ず思はする事」〈徒然草78〉
3.言葉歌文などの意味内容。「文字二つ落ちてあやふし,ことの―たがひてもあるかなと見えしは」〈紫式部日記〉
4. 事柄の訳根拠などの説明。また謎(なぞ)で,答えの説明。「九月の草花とかけて,隣の踊りととく,―は,菊(聞く)ばかりだ」
(スーパー大辞林より抜粋)
====================================

なるほど。そもそも幅広い用途があるから説明するのが難しいんですね。
では、前回の記事で書いた、アーティキュレーションをつける意味や方法が見えてこないときの対処法と同じように、こういったときは逆転の発想をしてみましょう。


「心がない」


これだと、どんなイメージを持ちますか?


冷たい、感情がない、人間味がない、そっけない、機械的


こういった感じでしょうか。
中でも「機械的」という表現はわかりやすいですね。

機械は、自分の意思や欲求を持っていません。
自分が「こうしたい」というものを実現しようと努力をしません。

それが人間と機械の(現在の)線引きだと思います。時間の問題なのかもしれませんが。

「欲」と聞くとなんだかネガティブなイメージで用いられることが多いのですが、相手に対して「自分の思いを伝えたい」「こう感じてもらいたい」「共感してもらいたい」「考えてもらいたい」とういった気持ちは決してネガティブなものではなく、特に音楽では必要不可欠です。ほとんどの場合、作曲家は何かを伝えたいから作品を書き上げています。音楽にはメッセージが込められていることがほとんどです。


ということで、「うたごころ」とは、「自分が思うことを、音楽(=うた)で聴く人へ伝える力」


と言えるのではないでしょうか。


【「伝える」方法はいくつもある】
テレビやインターネットで面白いもの、興味深いものをみつけたとき、他の人にも伝えたい、知ってもらいたいと思うことはよくありますよね。

「伝えたい」と思ったそのとき、あなたの心の中では「私の感情を理解してもらいたい」「共有したい」「共感してもらいたい」といった状態になっています。

そしてその伝達方法は、ほとんどの場合言葉やジェスチャーによって行われます。一番身近な手段だからです。


しかし「伝える」方法は他にもたくさんあります。


例えば文字におこすという方法。これによって生まれたのが小説やエッセイ、詩、ブログなどです。

視覚で伝える方法もあります。絵画や彫刻、書、写真、建築などです。

そして、音で伝える方法が、音楽です。

いくつかの方法を合体させたものもたくさんありますね。映画、演劇、歌舞伎、能、狂言、バレエ、オペラなど。


このような五感に直接訴えかける表現方法を「芸術」と呼びます。


しかし、使い慣れている言語(言葉、喋り)でさえ、自分の思ったことを理解してもらえるのは苦労がいります。
一生懸命に伝えようとする気持ちだけでは、相手の心に深く刻み込ませることは難しいのです。

方法を間違えると、まったく違う受け捉え方をさせる可能性もあります。例えば、明るく楽しい話題で、それを相手にも感じてもらいたいと思っていたにもかかわらず、声のトーンが低く、ボソボソと暗い顔をして話していたら、内容がどんなに楽しくても「これは怪談なのか」と思われるかもしれません。

そうならないためにも、自分が伝えたいことを的確に届けるにはある程度のテクニックが必要になります。言葉で伝える場合には「喋り」のテクニックです。発する言葉のスピード(緩急)やトーン、滑舌、リズム、強弱、間(ま)、わかりやすい文法や話題の展開、単語のチョイス、ジェスチャー、表情、視線など。

これらは音楽でも同じです。


[まとめ]
これまでの話をまとめてみると、こうなります。

 ■人間は心を伝える気持ちを持っている
 ■音楽は心を伝える手段のひとつ
 ■心を伝えるには技術が必要



【うたいかた】
では具体的にどのような表現方法をとるのがいいのか、という説明をしだすとこのブログ記事が終わらなくなってしまいますし、これまでの内容でご理解いただけたと思いますが、自分がどんなことを想い、その作品を介して伝えるのかによってメッセージは様々に変化していきます。
ですので、感情や作品それぞれのシーンの数だけ表現方法があるわけですから、ここですべてを伝えることは不可能です。

ということで重要なことだけお伝えします。


[自然]
ここで言う自然とは、「地球上」で起こりうる現象を指します。
話題が突然壮大になったように感じますが、とても身近なことです。例えば、以下をイメージしてください。

ボールを上に投げたら…しばらくして絶対に落ちてくると思いますよね。
重い物を落としたときと、軽いものを落としたときのうごきや結果は…絶対違いますよね。
矢を遠くへ放つとどんな軌道を描くか…イメージできますよね。
車や自転車が発車するときのうごきは…少しゆっくり動き出してから速度が上がりますよね。
ブレーキをかけて停車する電車や車は…徐々にスピードが落ち、やがて止まりますよね。

逆に、ボールを上に投げても落ずに浮いていたら、それは不自然であり、地球にいないのかな?と思うはずです。
さっきまでものすごい速さで走っていた電車が、前触れなくピタっと停車したらそれは現実ではない、と思うはずです。


演奏でも、例えばアウフタクトのメロディの出だしをほんの少し時間をかけて演奏すると、「うた」を感じます。テンポは一定でありキープするもの、と思われがちな音楽ですが、車や自転車がスタートしたときの運動に似ているテンポの揺れは、かえって「自然」なものと感じられます。

メロディ(フレーズ)の最後を、楽譜に指示が書いていなくても、少しブレーキをかけて演奏すると「丁寧さ」や「優しさ」を感じる演奏になります。

拍やビートから乱れずに均一な演奏をもとめられがちな音楽ですが、矢を遠くへ放った軌道のような長いフレーズ感でメロディを演奏すると、気持ち良い流れが生まれます。そのとき、多少のリズムのずれやテンポのゆれがあったとしても、強いフレーズ感を持った演奏であれば違和感がありません。


これらは地球上でおこる当たり前のうごきなので「自然」なのです。
「自然(=地球上で起こるであろううごき)」な演奏は聴く人に安心感や共感を与えます。


人間は呼吸をしています。呼吸は自然であり、必要不可欠な存在なので、それが音楽に組み込まれているか、も大切な要素です。
よく「カンニングブレス」とか、「できるだけブレスをしないで長く演奏する」とか「打楽器だからブレス関係ない」とか聞きますが、まったく違います。
メロディでもなんでも、音楽は呼吸を感じられる瞬間が定期的に存在していなければなりません。「ブレスは悪」「(本当はしてはいけないので)コソコソブレスする」といった意識を持っているからこそ、ブレスが音楽と一体にならず、違和感を生み出してしまうのです。ブレスはしっかり時間をかけてとることを基本と考えてください。


[不自然]
しかし、最初から最後まで自然体でいすぎると、リラックスはできますが刺激がありません。
音楽は地球上にいながらどんな表現もできてしまうわけですから、ときには想像を裏切る「意外」な演奏をするのも面白いです。

上記の真逆な表現をする、ということですね。

「うたう」表現には、そういったものも含まれて良いと思います。


[不安定]
テンポや運動について書きましたが、他にも音色の変化やヴィブラート、強弱なども含めた多様な「うた」の表現ができるようになると、より聴く人が引き込まれていく演奏ができるようになります。

しかし、どんなに美しい表現であってもそれを濫用しすぎて不安定になったり、TPOにそぐわないものだと逆効果になってしまいます。


そういったことも念頭に入れて、まずはとにかく機械のように演奏しないことを目指してください。


また、音楽は必ず「サイズ」が存在しています。テンポと拍子、そして小節数によって演奏する時間が決まっているのです。ですから、たとえばうたおうと思ってアウフタクトに時間をかけたり、テンポをゆるめっぱなしにすると、あらかじめ与えられた時間枠に収まらない事態が発生します。
これでは音楽になりませんから、注意が必要です。
テンポが緩まったら、どこかでそれを清算できる箇所が必要になります。

ただ、それは作品や場面、そのときの演奏によって変化しますので、ここでは具体的なことは言えないのですが、こう覚えてもらえるといいかな、と思います。

 ■メロディ以外を音楽を基盤として尊重する(メロディにすべてが合わせていくわけではない)
 ■フレーズの入りや終わりのタイミングは揃うようにこころがける
 ■緩めたら取り戻す時間を設け、常にプラスマイナス0になるようにこころがける
 ■和音が変わる瞬間は、うたい込みすぎず、タイミングを合わせる

こんな感じでしょうか。

ちなみに、うたうのはメロディに限ったことではありません。作品全体が最初から最後まで機械的にならないことが「うた」なので、演奏者全員がうたを感じて演奏することが大切です。ただ、心の中にある「うた」を具体的に表現として出すか、そうではないか、もしくは他の奏者の「うた」を感じて共感したり、うたい込みすぎないように一定の流れをキープするなど、それぞれの役割や意識がどうであるかは変化します。

ぜひたくさんの上質な演奏を聴き、「うたう」とはどういうことか、そしてどんな表現方法があるのかを研究してみてください。

奏者の数だけ「うた」があります。


ということで、今週はここまでです。
また来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。






当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

JUGEMテーマ:吹奏楽


at 07:30, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2017

-, trackbacks(0), pookmark

課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 後編(吹奏楽コンクール課題曲トランペット解説)

荻原明トランペットウォームアップ本 まるごとトランペットの本 不定期開催トランペット特別レッスン プレスト音楽教室

 >> 初めてこちらのブログにいらっしゃった方、最初にこちらをお読み下さい
 >>「こんな講習会や企画なら参加してみたい!」というご意見を募集しております。
 >>荻原明 著「トランペット ウォームアップ本」Amazonにて好評発売中!
 >>「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本(青弓社)」発売中!





みなさんこんにちは!

只今、「吹奏楽コンクール課題曲トランペットパート解説2017」と題しまして記事を書いております。
すでに課題曲1「スケルツァンド」と課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」、課題曲5「メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜」の記事は掲載していますので、以下のリンクよりぜひご覧ください。課題曲をご存知ない方にも理解でき、参考になる内容になっています。

==============================

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 前編
 演奏者はツアーガイド/楽譜を読む、ということ(テンポ、リズム、音の高低)

課題曲1「スケルツァンド」/江原大介 後編
 合奏は演奏者全員の個性を持ち寄る場/音をブレンドする?

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 前編
 パート譜について/行進曲という音楽について

課題曲2「マーチ・シャイニング・ロード」/木内涼 後編
 拍のウラから入るときの吹き方/テンポが走ってしまう原因/ユニゾンを合わせるために大切な3つのこと

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 前編
 現代曲ってなんだろう/楽譜とのジレンマ(異質なところを見つけよう)

課題曲5 メタモルフォーゼ 〜吹奏楽のために〜/川合清裕 後編
 楽譜の「見た目」から得られる印象

==============================


そして前回から課題曲4 マーチ「春風の通り道」/西山友宏 について書いております。前回の記事はこちらからご覧いただけます。


《アーティキュレーション記号の表現》
この作品にも多く出てくる「アーティキュレーション記号」ーーアクセントやスタッカートといったそれぞれの音に対しての演奏の仕方の指示記号ですが、具体的にどう演奏していいのかわからない、という声をよく聞きます。

スタッカートだったら音を短く、アクセントだったらタンギングを強く…確かに大雑把な言い方をすればそれも間違いではないかもしれません。
しかし、ここで視点を変えて考えて欲しいのです。

「作曲者(編曲者)は、どんな演奏をしてほしくてこの記号を付けたのだろう」
「作曲者(編曲者)の中にある完成したイメージとはどういったものだろう」

演奏者側として見た楽譜は「指示書」「マニュアル」のような印象を持ってしまい、「指示されているからその通りやらなきゃ」と、なんだか他人事のような受け取り方をしがちです。しかしそれらの記号ひとつひとつには作曲者の思い、どのように演奏して欲しいか、という気持ちが込められています。

ということは、「その『音符』をどのように演奏すべきか」をもっと視野を広げ、「その『メロディ』は(作品の中で)どのような演奏になることを作曲者は望んでいるのか(どんなイメージを持って作曲したのか)」とまずは考えてみましょう。

もし、もっとイメージを広げることができるのであれば、「この作品(場面)はこのように演奏できたらベストだろうな」と、作曲者の持つイメージを汲みつつ、自分だったらどう演奏するのか、というところまで発展させられるのが理想です。

ただテンポ通り音価通りの機械的な演奏ではなく、イメージを膨らませ、表現力を豊かに発揮して演奏してください。


[イメージがわかないときは]
でも、どうしてもイメージが湧かない、どうやって演奏していいのかわからない場合はこのように考えてみましょう。

「もしその記号がなかったらどんな演奏になるのか」
「その記号と真逆の演奏をするとどうなるのか」

逆転の発想です。

例えばスタッカートが連続している場面があったとします。その部分をわざとテヌートのような真逆の表現で吹いてみましょう。
すると、その演奏は「作曲者が一番望んでいなかった表現」の可能性が高いわけです。

他にも、アクセントのところをわざと棒読みならぬ棒吹きで演奏してみるとか、スラーのところを全部区切ってみるなど、とにかく真反対の表現をしてみます。

このように作曲者のイメージに近くのが難しい場合は、一旦遠ざかってみると比較対象ができて見えてくるものがあります。
ぜひやってみてください。


《ダイナミクス変化の仕組みと演奏方法》
この作品の最後に「fp(フォルテピアノ)+クレッシェンド」が出てきます。
fpは様々なジャンルで要求される奏法ではありますが、なかなか上手に表現できない方が多いように感じます。

なぜか。

それは、fp以前に「ダイナミクス(強弱)の変化を感覚的に行っている」ことが原因ではないか、と思うのです。

そこで今回は、ダイナミクス変化の原理から解説してみたいと思います。


[音量の変化はどこで行われているのか]
音量変化は、「体内の空気圧」によって変化します。みなさんフォルテで演奏するときのほうがお腹にかける力を(無意識であっても)強くしていますよね。詳しいことはここでは割愛しますが、いわゆる「腹筋」に力がかかると腹圧が高まり、横隔膜を下から強く押し上げ、その結果肺を中心とした空気が充満しているところの圧力も高くなります。これがフォルテ時の「体内の空気圧変化」です。


[空気圧は他にも作用する]
体内の空気圧変化によって音量は変わりますが、空気圧が高くなると、同時にアパチュア(唇部分で作った空気の通り穴)を通過する「空気のスピード」も変化します。

空気スピードが速くなると、音のピッチが上がります。
この空気スピードの変化が同時に起こることを理解しているかで、音量変化のクオリティが変化するのです。


[f(フォルテ)演奏時]
大きな音量で吹こうとしてお腹により強い力をかけるところまでは良いのですが、同時に起こるピッチの上昇を抑えなければなりません。
かと言って、アパチュアやその周辺を意識的に変えてしまうと音色を悪くしたり、ツボからずれてしまうことになるので他の方法でピッチコントロールをする必要が出てきます。
こうなると手段はひとつ。「口の中=舌の位置やうごき」を使います。

舌が上アゴから離れていけばピッチは下がるので、fで演奏するときは(それよりも弱い音と比較して)、舌を下げぎみ(口の中を広め)にすることでバランスを整えます。


[p(ピアノ)演奏時]
p演奏時はこの逆です。

fのときと比較して音量を下げていく場合は、空気圧を下げる(お腹の力を少しずつ弱める)とともに、高いピッチを出す方向に舌を移動(口の中の一部を狭く)して、ピッチを上げる状態にします。


このように同じピッチの音を出していても、音量が違えば口の中のセッティング(ピッチコントロール)も変化する、ということなのです。


[cresc.(クレッシェンド)/deceresc.(デクレッシェンド)]
音量が徐々に変化していくcresc.やdecresc.(dim.)の場合は、それらが演奏中に変化していきます。cresc.の場合はお腹の力をかけていくにつれて口の中を広くしていきます。

ところでcresc.はできるけど、decresc.が苦手、うまくいかない(うまくいっていない)方、多くないですか?
音量を小さくしていくと、ノイズが増えたり音色が悪くなったりピッチが上ずってしまったり…。この原因はアパチュアでコントロールしてしまっているからなのです。

音量を下げようとお腹の力を緩めていったとき、同時にピッチが下がっていくことに気づき、ヤバい、なんとかしなきゃ!と咄嗟にアパチュアや口周辺でピッチを保とうとしてしまうと、途端に音色が悪くなってしまいます。

こうならないためにも、

 1.アパチュアは音色を生み出すための仕事だけ!意図的にコントロールしない!
 2.口の中(舌とアゴ)でピッチコントロール
 3.お腹で音量をコントロール

と、それぞれの役割をわけておくことが大切です。


[fp(フォルテピアノ)]
ということで、fp(フォルテピアノ)を表現するためには、ひとつの音の中で素早くからだをコントロールする必要があります。

ただ、fpというのは名前の通り「fのあとpにする」という指示ですから、「f」であると聴く人が理解できる程度の時間は必要です。よく音を出した瞬間に、あまりにも素早くpにしようとしてしまう方がいますが、それだと受ける印象はfpではなくなってしまうかもしれません。

もし可能であれば、イメージしていた結果と実際の演奏のギャップがなくなるまで、自身のfpの演奏を録音し、聴いてみましょう。そして、他の奏者とどのくらいの時間fの状態をキープするか、演奏の統一を目指して一緒に練習してください。


ということで、今回はアーティキュレーションの表現と、強弱の付けかたについて解説しました。
ぜひ課題曲にも反映させてくださいね。

それではまた来週!


【トランペット ウォームアップ本好評発売中!】



「ラッパの吹き方」著者、荻原明によるウォームアップ教本、Amazonにて好評発売中!(こちらをクリック!)

「トランペット ウォームアップ本」は単なる楽譜ではなく、なぜウォームアップをする必要があるのか、具体的に何をすべきかを6つのステップに分けてしっかりと解説しています。レベルに合わせた楽譜も掲載しているので、初心者からベテランの方まで無理なく進めることができます。
また、各ステップの間にはコラムやチェックポイントなどの読み物も充実し、多くのイラストとともに舌の正しい使い方や正しい呼吸についても解説。

この「ウォームアップ本」であなたはもっとトランペットが好きになるでしょう!

[初心者の方には基礎練習の教本として!]
マウスピースのセッティングや音の出し方など基礎中の基礎の解説もしっかり書かれているので、トランペットをはじめたばかりの方には、基礎練習の本としてもご利用いただけます。

荻原明 著
B5伴 63ページ
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-86543-558-0



【「ラッパの吹き方」から生まれた「まるごとトランペットの本」好評発売中!増刷(第2刷)出来!】



当ブログ「ラッパの吹き方」をベースにした著書「まるごとトランペットの本」が青弓社より発売中です。
『トランペットの歴史や種類、選び方、メンテナンス、吹くときの姿勢といった基礎知識から、プロ奏者の著者ならではのウォームアップや練習方法、イメージの作り方、演奏のトラブルシューティング、楽譜の読み方までを多数の写真や楽譜を交えて大紹介!(表紙カバーより)』

全国各書店、大手楽器店、Amazon等インターネットでもお求め頂けます。

 >>Amazonのページはこちら

荻原 明 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7359-8 C0073



【「ラッパの吹き方」Facebookページ 】

 

 過去の記事を掘り出してまとめたり、ブログ更新情報やお知らせなどをしていきます!ぜひこちらもご覧頂き、「いいね!」をお願い致します!

「ラッパの吹き方」Facebookページはこちら
※Facebookアカウントをお持ちでなくても閲覧は可能です。










[プレスト音楽教室(東京・文京区)のご案内]

プレスト音楽教室03

 荻原が講師をしている音楽教室です。音大受験生から初心者の方まで幅広い年齢層の方が受講しています。本格的に上達したい方も、趣味としてゆっくり楽しく吹きたい方も、それぞれのご希望に合わせたレッスンメニューをご用意しておりますのでご安心下さい。無料体験レッスン随時受付中!お気軽にご連絡下さい!

オンラインで楽々お申込み。プレスト音楽教室無料体験レッスン申込みフォームはこちらからどうぞ。




「ラッパの吹き方」ブログに関するご意見、トランペットに関するご質問、各種お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

※頂いたトランペットに関するご質問は、後日記事として使用させて頂く可能性があります。ご了承下さい。
なお、お返事はgmailにていたします。携帯電話へ返信をご希望される場合は、PCやgmailからの受信が可能な状態かご確認下さい。万が一返信できない場合、そのまま放置してしまうこともございます。こちらも合わせてご了承下さいませ。



JUGEMテーマ:吹奏楽




当ブログの写真・記事等の(全部、一部問わず)無断利用、ネット上(TwitterやFacebookなどのSNSを含む)などへの無断転載を禁止します。

at 07:08, 荻原明(おぎわらあきら), 吹奏楽コンクール課題曲2017

-, trackbacks(0), pookmark